華やかでクリエイティブなイメージがあり、就職を希望する人も多い広告会社。

そんな広告会社が行っている仕事内容はどんなものなのでしょうか。

広告業界の実際は、今まで少しでも仕事上で関わったことがなる方でないとわからないものです。

そこで広告会社が行っている業務を経験者が整理して、お教えします。

広告会社の実際を知ってから、就職を考えるのもいいでしょう。

広告会社の仕事は大きく4個の役割に分けられる

営業部門

主にクライアントとの窓口、社内スタッフとクライアントとの橋渡しをする大切な役割です。

打ち合わせ、クライアントの希望のヒアリング、スケジュール管理、見積もり作成、予算管理などを行います。

企画部門

主にどういった戦略で広告を打つかの企画立案と、それを提案する業務です。

広告の企画には、広告したい商品やサービスを取り巻く業界内のトレンドや世相、ユーザーの声などをリサーチし、まずマーケティング戦略をたて、それに基づいて広告企画を立てる必要がありますので、企画部部門は企画だけではなくマーケティングリサーチなどの調査的な役割も担います。

ただ、この二つの大きな柱の業務は、大手ではマーケティング部門と企画部門とに分割しているところもあります。

クリエイティブ部門

実際にどういう媒体を使って、どういう内容の広告を打つか決定したら、例えばそれに基づいたポスターが欲しければデザイナーが必要ですし、そのポスターに入れるキャッチコピーが欲しければコピーライターがコピーを作成しないといけません。

そして印刷物やwebサイトなどビジュアルが伴う広告については、デザイナーやコピーライターなどを総括するディレクターも必要です。

広告会社の規模によっては、これらは外注先を使う可能性がありますが、いずれにしろ広告会社には、実際に広告物を作るセクションが必要です。

企画営業

明確な部門ではありませんが、会社の規模によっては、先述の企画部門の仕事ができるスキルを持った社員が、そのままクライアントとの窓口に立ち、役割的には「企画やマーケティングリサーチができる営業」を立てる場合があります。

営業の3個の業務

受注活動・提案

営業はクライアントとの窓口として、仕事を出してもらえるよう様々な動きをする必要があります。

群雄割拠の広告業界においては常時、新規開拓の必要性もあります。

企画セクションが立案してくれた企画も、クライアントへの提案の場をもらえなければ売り上げには繋がりません。

広告業界の受注は、あまり1社決め打ちということはなく、大概複数社がプレゼンテーションをした上でのコンペとなります。

その場にも企画社員ではなく営業社員が出て行くのが普通です。

内部スタッフのアサインとスケジュール管理

先述した通り、提案して受注すれば、当然、その企画に基づいて実際に広告物を作り、展開していく必要があります。

その際に実際に動くのは現場のクリエイティブ職の社員であり、営業は彼らに作業をアサインし、工程ごとの内的な納期を決め、進行管理を行います。

何人をどの期間、どういう風に運用していくかは予算にも関わることですので、営業はしっかり利益を獲得するためにも、しっかりこの業務は行わなければなりません。

予算と売り上げの管理

大抵のクライアントは、質のいい広告なら予算は湯水のように使ってもいい、なんてことは言いません。

案件、プロジェクトごとに予算があり、効果測定の基準がしっかりあります。

広告会社の営業は、その予算の中でしっかりクライアントの意向と望む効果が出せるように管理し、また自社の利益がしっかり出せるように管理をする必要があります。

企画部門の2個の業務

マーケティングリサーチと分析

広告を打ちたいといっても、どんな層に、そういう風に、どこの媒体で打ち出すか?ということがノープランでは広告は全く効果を奏しません。

広告が利くのは、マーケティングリサーチを行い、戦略として、誰に、どんな広告を、どこで打つのかを決めて、それのに基づいて展開していくからこそです。

この戦略の礎となるのが、広告したい対象の商品・サービスを取り巻く業界の動向や世の中のトレンドをくまなく調べ、それを的確な分析にかけて作った方針です。

この読みを間違うと、全く響かない客層に予算だけを使って広告を打つという致命的な事態を引き起こします。

このリサーチと、リサーチ結果のマーケティング的な解析は、全ての広告企画の基本です。

戦略の策定

クライアントから示されたオーダーとマーケティングリサーチの分析結果を元に、広告の展開を策定します。

広告の企画において、ここで方向付けた戦略が、実際にどういった広告物を作るかの基本になりますので、非常に重要な業務です。

プレゼンなどの場合、企画書の戦略的な部分は、企画セクションの社員のうちの戦略担当が営業に代わり、説明することがあります。

クリエイティブ部門の4個の業務

クリエイティブ戦略の策定

営業、企画からもたらされた広告戦略と、クライアントの意向、その広告施策が目標とすることを擦り合わせて、ビジュアル面やキャッチコピーなどクリエイティブ面の戦略をたてていきます。

ここで実際に展開する広告物のデザイン面などの方向性が固まります。

クリエイティブ部門を統括するでディレクターを選定し、それぞれの作業にスタッフをアサインし、チーム編成を行います。

クリエイティブ戦略のプレゼン

チーム編成が決まったら、制作物をどういうコンセプトで作成していくのかを固めていきます。

プレゼンの際は、この部分の提案・説明はクリエイティブ担当が受け持つ場合があります。

実際に、世間の目に触れる「広告としての形」を決め、そして作る工程ですから、全体的な広告戦略がスタッフ全員の頭に入っている必要があります。

広告は企画だけでは一切、前に進みませんので、やはり実際の制作を担当するこの部門の責任は重大です。

制作・制作管理

制作物についての提案が通れば、実際に制作に入ります。

会社の規模や方針によっては外注先への手配が多くなるセクションですので、ディレクターは外注先に任せる作業も含めてスケジュール管理、およびクリエイティブ業務の一切を管理します。

校正

クリエイティブ業務を外注で行っている場合は、受注先でも校正・検閲の作業は行われますが、クライアントから直接、広告施策を承っているのは広告会社なので、当然、誤字・脱字・誤植などのチェックは、広告会社も責任を負います。

その場合はクリエイティブ部門で、しっかりチェックします。

文字についての「間違い探し」だけでなく、景品の授与などが広告の企画に含まれ、印刷物やwebなどでそれを謳う場合は、景品表示法などにも注意します。

またwebから安易に参照して使用した画像に関する著作権が問題になるなどのリスクもチェックします。

広告会社の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

一見、華々しそうに見える広告会社での仕事ですが、ここまで見てきて、意外と地道に確実に一要素ずつ、しっかり進行していく業務が多いということがわかっていただけたと思います。

そんな広告会社の実際の仕事の中で、やりがいが感じられるのはどんな時でしょうか。

広告の成果は計量的で目に見える

世の中にいくつもある広告。

その効果は一見、抽象的に見えますが、昨今ではその効果測定もしっかりしたマーケティング理論で測られるため、非常に具体的。

そんな中で、自分の考えたり提案したり、作ったりした広告が、良い効果を残したとなると広告マンとしてはこの上ない喜びとやりがいを感じます。

広告は提案をクラアントに理解していただいたり、実際に作ったりする過程では非常にスケジュール管理もシビアですし、頭を悩ます問題も多いです。

ですのでひとしお、結果が出た時のやりがいは大きいのです。

クライアントに喜んでいただける仕事である

広告は販売促進の手段なので、クライアントである企業にとっては絶対的な根幹に当たるところにテコを入れ、より収益をあげることが広告を打つ本質的な目的です。

ですので、その広告の分野で良い結果が出れば、それはそのままクライアントである企業の一番の目的とするところで、非常に喜ばれることでしょう。

全てのビジネスが顧客やクライアントの満足によって対価を得ることですが、広告はクライアンの企業活動そのものをサポートする仕事ですから、結果を見てクライアントと喜びを分かち合える仕事なのです。

面白いポイント

広告会社の仕事は派手な部分もあり、一方、地味な部分もあります。

加えてクライアントの事情重視で動く必要のある仕事でもあるので、時には休み中でも動かなければならない場合もあります。

そんな厳しさもある広告会社の仕事の面白みはどんなところなのですしょうか。

世の中を動かしている感覚

世相を反映し、しっかりマーケティング戦略をたて、アイデアを振り絞って世の中に広告を放ち、それが話題になったりすると、世の中の動きや流行を動かしている感覚があります。

日本の社会でも過去、一本のCM、一本のキャッチコピーが世の中を動かし、話題になり、流行語にまでなった事例がいくつもあります。

広告の仕事はそんなスケールの大きな面白みがある仕事です。

クリエイティブな仕事であること

広告の仕事はクリエイティブに溢れています。

放送メディア、印刷物、webと様々な媒体を駆使し、色々な仕掛けを企画して商品やサービスをプロモーションするダイナミックさは、なかなか他の仕事では味わえない感覚です。

企画やデザインワーク、キャッチコピーなどを生み出す「生みの苦労」は並大抵のものではありませんが、そのぶんひとつ一つの行程に面白みがぎゅっと詰まった魅力ある仕事です。

戦略を積み重ねて、より効果的な広告

広告会社が仕掛ける広告は緻密な戦略に基づいて、より効果的でオリジナリティーのあるものでなければなりません。

しっかりとマーケティングデータを読みとり、そこから見えてくる傾向を加味して、広告展開を組み立てるのは非常に知的な醍醐味に満ちています。

世相や流行をデータで先読みし、新しい波をマーケットに吹き込むことは非常に面白みがあります。

広告会社の仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

クライアントの仕事とその業界の事情

広告の仕事の基本はクライアントが製造・販売する商品やサービスの売り上げを伸ばすプロモーション活動を仕掛けることです。

そのためにはまず第一にクライアントの仕事と、それを取り巻く業界の事情を詳しくかつ正確にリサーチし、把握する必要があります。

営業職であれ、クリエイティブ職であれ、クライアントのビジネスの実際を知らない人間は、クライアントにとって魅力的な広告の企画を打ち出すことはできません。

リサーチ能力

広告の役割とは、ある商品やサービスの売り上げを伸ばすため、その商品・サービスの良さを、より目立つように、よりインパクトある方法で広め、告知することです。

より高い効果の広告を企画、施策するためには、まず消費者の考えや業界の動きを的確に掴む必要があります。

企画マンや営業がいくら効果的で面白い広告だと思っても、それが消費者の心理や業界の今の状況に即していなければ、おそらく思ったような広告効果は望めないでしょう。

広告会社のスタッフとして、全セクションのスタッフが、利己的なアイデアや策に溺れることなく、しっかりと各種リサーチ結果やマーケティングデータを読み取った上での動きを覚えていかないと、広告会社としての発展はないでしょう。

正確な効果測定

あまり受注、売り上げが伸びない広告会社によくあるパターンが企画が「やりっぱなし」であることが多いです。

クラアインとから対価をいただいて、広告企画を提案、受注するわけですから、何らかの効果測定は当然求められるでしょう。

ただ、結構、その効果測定の方法が悪い、あるいは事後の案件に活かせず、データや手法の積み重ねができなていない広告会社が多いのです。

失敗の報告を恐れて、広告効果を多少粉飾するなどはもってのほかですが、真面目にレスポンスの確認をしていても、それを「なぜそういう結果になったのか?」「よかったところと改良点は?」「それがら事後、どんな案件のどんなところに活かせるのか」をノウハウやデータとして残し積み重ねていくということをするためにも、しっかり効果測定の方法と積み重ねの方法を理解しておきましょう。

広告会社のやりがいはコレ!

なにはともあれ、クライアントに喜んでもらえること

広告会社の社員として一番のやりがいは、その広告が「ウケる」ことではなく、そういった結果を出すことでクライアントに喜んでもらえることでしょう。

クライアント企業にとって、自社の商品やサービスは思いを込めて開発した我が子のようなもの。

それのPRや広報を任されるわけですから、その広告が功を奏してクライアントから喜びの声を聞くことを広告会社として、いつも一番の目的・目標にしたいものです。

世の中を動かす仕事ができる!

過去に優れた広告から生まれたキャッチコピーやCMの映像が一世風靡した例がいくつもありますが、そういったスケールの大きな可能性が広告という仕事には存在します。

そこまでいかなくても、優れた広告は見る人を鼓舞し、楽しませ、それを見た人の心を動かして、広告対象の商品の売り上げに影響します。

一つの広告の企画が、多くの人に影響をあたえるような、そんな大きな力を持った仕事が広告という仕事です。

広告会社についてよくある疑問

広告会社の求人に応募しようとする人が、不安に思ったり、わかりにくいと思ったりすることは結構決まってきます。

ここではそんなよくある疑問に答えていきましょう。

応募方法は?

広告会社が人材募集によく使うのが就職サイト・転職サイトです。

自社サイトでリクルーティングすることも、もちろんあります。

一方、紙媒体の求人誌への求人広告出稿は少なめの傾向にあるのではないでしょうか。

これはやはり、広告自体がwebを使うことも多くなり、素養としてインターネットメディアへの親和性が高い人の獲得を狙うという意味合いもあると思います。

また、大手広告会社、広告代理店の求人はもちろん新卒採用も活発ですが、どうしても即戦力を求めがちになる中・小クラスの広告会社の求人は転職に特化した求人サイトを使うことが多いです。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

広告会社は、その仕事の特性上、職種を問わず提案力やアイデア力を重視しますので、「もし入社したら、どんなもののどんな広告に関わってみたいか」をよく聞きます。

もちろん、細部の精度を求める質問ではありません。

ただ、どんなことをやりたくて、それに対してどんなアプローチを考えていて、どれだけ情熱を持っているかをみるための質問ですから、思い切って、自分が広告業界を目指した理由と、入ったらやりたいことを臆せず話してみましょう。

未経験でも応募できる?

基本的に新卒を採用している会社もあるので、未経験者でも可能だと思いますが、中・小規模の即戦力を求める求人も多いので、求人の絶対数で言えば経験者対象ないしは経験者優遇の求人の方が多くなるでしょう。

特にクリエイティブ職は、その技法や基本的なノウハウから会社で教えている余裕はほとんどないはずです。

なので、特にデザイナーやコピーライター、ライターは経験者か、専門学校等で該当のスキルを身につけた人の方が有利です。

会社の雰囲気は?

何より人とコミュニケーションを取ることが広告の仕事の第一ですので、結構、話好きで、ユニークで、好奇心旺盛な明るい感じの人が多くなる職場だと思います。

ですので、自分もその雰囲気に乗っていける人が向いていると思います。

ただ、納期仕事なので、スケジュールや効率には先輩や上司から、なかなか厳しいことも言われることも多いと思います。

残業って多いの?

広告会社・広告代理店の一般的なイメージとして、残業が多かったり、締め切りに追われていたりといったことが頭に思い浮かぶかもしれません。

確かに広告会社はモノ作りの会社ではないので、クライアントごと、案件ごとにいわば「オーダーメイドの広告を作っている」仕事をしていると言えます。

なので、スケジュールも段取りもクライアントが動かなければ動かないといった側面もあり、その結果、納期直前にバタバタとしたり、休み中に動かなければいけなくなったりするのも事実です。

しかし広告業界も、度重なる過去に社会問題となった激烈な勤務体制や、そこからくる過労といったことから改革が進み、プロジェクトチーム化して仕事の割り振りをしやすくしたり、クライアント側の意識の変化も働きかけながら、労働条件の改善が進んでいます。

ただ、それもある程度、自己管理もした上でのことですので、社員各個人もタイムマネジメントの意識を持つことが必要です。

まとめ

これまで、広告会社の仕事や求人の実際をまとめてみました。

いかがでしたでしょうか。

広告の業界は、一見華々しく見えるかも知れませんが、実際は地道に調べたリサーチデータやマーケティングデータに基づき、アイデアを絞り出し、クライアントに提案して採用を勝ち取り、一度受注したら、その広告の実施と事後の効果測定まで緻密に細かく的確にこなす必要があるコツコツ型の仕事の側面もあります。

またある種、アイデアや好奇心が旺盛な人が重宝がられる業界でもありますので、そういったアンテナや感覚が鋭い人の特性によくあった職場でもあります。

求人の件数自体は、営業職か企画職かクリエイティブ職かで多少変わってきますが、そんなに少ないという状況ではないでしょう。

ただ、クリエイティブ職の求人は採用に際しても、入社してからの楽さや待遇の面で経験者が有利といった側面はあります。

ともあれ、非常に可能性に満ちた、自由度が高く、また人間関係の輪が広がる、すごくやりがいの詰まった仕事であることには間違いありません。

ただ、残業やオーバーワークにならないための自己管理はしっかりやらないと、メリハリがない働き方は動きのクオリティーを落とすだけでなく、続けていけないといった残念な結果を招くとこになるでしょう。

まずは、広告会社で何をやりたくて、どんなところを会社やクライアントに認めて欲しいのか、将来の展望はどんなものかということをしっかり考えた上で取り組みたい仕事です。