「看護師辞めたい・・・」

多くの看護師をされている方が一度は思ったことがあることだと思います。

看護師を辞めたいと思う理由は様々ですが、今回の記事は、看護師を辞めたい、辛いと感じる理由や自分が思う看護師を続ける理由についてご紹介させて頂きます。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師を辞めたいと思うよくある理由

体力的にきつい

看護師は慢性的な人手不足の状態です。

女性が多いことから、出産や育児などで退職する方も多く、新人看護師が入職しても、その分だけ退職されてしまう病院も多いはずです。

さらに残業が多い、夜勤勤務がある、重労働を課せられる機会も多いなどが加わり、体力的な負担はきつくなっていきます。

年齢を重ねるにつれて、「これ以上は体力が持たない」と退職や転職を考える人も結構います。

精神的にきつい

どんな仕事でもミスは許されませんが、看護師という職業は人の命に直結するミスもあります。

そういった意味では、常に緊張感を持ち続けなければいけない職業でもあります。

自分の体調が悪かった、とても疲れきっていて眠くてしょうがなかったなどでもミスは許されません。

そんな感じなので、精神的にきついですよね。

また、看護師は人間の極限状態に関わることが多い仕事でもあります。

死を迎え入れる方、交通事故で若い年齢ながらも半身不随になってしまった方、精神疾患をお持ちで精神状態が安定していない方などに接する機会がとても多いです。

そのためか、精神的に病んでしまい、退職を余儀なくされる看護師も多いです。

人間関係がとても面倒

看護師というポジションは様々な人間の間に挟まれています。

医師、患者さん、患者さんのご家族、検査技師、薬剤師、リハビリスタッフ、事務等々、その間に挟まれて仕事を調整していかなければいけないので、とても疲れます。

それに加えて、他の看護師との人間関係もあります。

女性が多い職業である、責任が重い仕事なので厳しい先輩も多い、上司も厳しいなど、パワハラ、いじめなどが横行しており、それが原因で退職してしまう看護師も相当数いると思います。

給与や待遇に満足できない

新人として働き始める方にはない退職理由だと思います。

年数を重ねることに役割も増えていきます。

看護師としての業務の他に委員会、勉強会の資料作り、学生指導、チームリーダーなどの仕事が増えていきます。

しかし、それに対して給与は上がるわけでもなく、むしろ病院に拘束される時間が長くなっていきます。

同期の看護師が「今働いている所は残業もないし、給与も前よりもらっているよ」なんて話を聞くと、看護師の仕事自体ではなく、働いている病院や施設に不満が出てきて辞める方が多いです。

それでも辞めなくて良かった!ナースを続けることの意味

上記で挙げたことが理由で看護師を辞めたいと何度も思ったことがあると思います。

自分は10年ほど看護師を続けていますが、続けることによって嫌な事以上に看護師という仕事にたくさん魅力を感じるようになりました。

その理由をいくつか紹介します。

生きることの意味を感じることができる

死という言葉は、ストレスにも感じますが、仕事をしているうちに「自分も事故や病気でいつ死ぬかわからない存在なんだな」ということを強く感じて、今を大切に生きようと思うようになりました。

そして、自分一人で生きているのではなくたくさんの人に支えられて、日々支えながら生きているんだと実感することがあります。

人の役に立てること

看護師を長くやっていると、「ありがとう」とか「お世話になりました」などの言葉に慣れすぎてしまい、あんまり実感がわかない方もいると思いますが、やっぱり感謝されることはうれしいものですし、生きる上で大切な健康に関するお手伝いができるということがやりがいにもつながると思います。

どこに行っても仕事に困ることはない

看護師の求人はどこでも募集していますし、いざ仕事を探そうと思っても簡単に見つかります。

夫の仕事が転勤になったとしても、仕事があるからなどの理由で夫が単身赴任となることも避けられますし、新しい土地に行っても、容易に仕事が見つかります。

看護師は転職する回数が非常に多い職種だと言われているくらいで、2~3回の転職は普通にありえます。

平日に休みがとれる

自分はこの理由が一番大きかったりします。

シフト制の仕事が多い看護師の仕事柄、土曜日や日曜日よりも平日の休みが多いです。

平日は買い物に行くにしても、空いてますし、旅行の予約も楽です。

子供がいる方ですと、平日にある学校行事も、休日だけではなく、夜勤明けなどでも参加できるので助かるかもしれません。

休みと関連して、夜勤明けに帰るとき、他の方々は仕事に通勤していくのに、自分はこれから帰って遊んだり、寝たりできるんだと思うと多少の優越感を感じることができます。

ライフイベントに合わせて働くことができる

女性が大半をしめる業種なので、他の会社と比べて、出産や子育て、介護などのライフイベントに理解があります。

看護業界はいち早く、短時間勤務制度や育児休暇を取り入れた業界でもあります。

最近では、大きい病院や施設となると必ずといっていいほど託児所や保育所を備えています。

休暇に取りやすさに関しても、上司は大抵は女性ですし、子育てや出産などに理解を示してくれる方が多いと思います。。

休暇や育児、休暇などで実際に数年休んでいたとしても、看護師として復職しやすい環境にあります。

女性にとっては、看護師を続けることの理由の1つであるという方も多いのではないでしょうか。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

看護師という職業は、体力、精神、人間関係などのストレスが重なるため、楽な仕事だと言えません。

辞めたいと感じる人が多いのもわかります。

しかし、続けていればこそわかるやりがいもある職業であることは間違いありません。

ストレスで辞めたいと感じている方は、看護師を辞める前に一度働く場所を変えてみたり、正社員からアルバイトになってみたりと環境を変えることをおすすめしたいです。

人間関係に悩んでいて、看護師を辞めようと思っていた方が、職場を変えたことで人生が変わったと言っていた方もいます。

退職したり、職場を変えることでもストレスを感じるとは思いますが、ずっと悩みながら働いているよりは、数倍マシだと思いますよ。


関連キーワード

看護師求人