夫は外で働き妻は家庭を守ると言われていた時代から一変し、男女共働きが当たり前の社会に変わってきた今日、女性の社会進出も著しいものがあります。

何となく大学にいき就職難にぶつかり、やりたくもない仕事を日々こなしている人も多いのではないでしょうか?

よく周りから「一生使える資格を持っておくと有利」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

人生何があるかわかりません。

急に仕事ができなくなる可能性だって十分に考えられます。

そういった場合、一度仕事をやめてしまうとどうしても再就職は厳しくなってしまいます。

そうなった時に一生使える資格を持っていると、とてもやくに立てることができます。

その中でも、比較的給料が安定していると言われている「看護師」の仕事。

看護師になるには年齢制限もなく一旦社会人を経験してから進学する人も少なくはありません。

そこで、働きながら看護師になるにはどうしたらいいのか。

勉強しておくことなどをお話ししたいと思います。

働きながら看護師になるには?

そもそも働きながら看護師になることは可能なのでしょうか?

ここでは、看護師の仕事とは?

から働きながら看護師になるために必要なルートをご紹介したいと思います。

看護師とはどんな資格?

看護師の仕事とは一体どのようなことをするのでしょうか?

看護師=病院で患者さんの看病をする人とお思いになるかと思いますが、概ねが病院で勤務し外来通院している患者さんや入院している患者さんの日常生活の介助をしたりする方がほとんどです。

また、その他にも医師の診療の補助を行ったり患者さんやご家族のメンタルケアを行うのも看護師の大事な仕事の一つです。

また、ひと昔前に比べ看護師が活躍できる場が広がっており保育園で病児保育を行ったり一般企業で社員の健康管理をするお仕事もあります。

看護師=病院勤務というイコールは薄くなってきているのが現状です。

看護師の受験資格

看護師の免許を取得するには、まず文部科学大臣が指定する規定の学校で決められた科目を学ばなければなりません。

そこで、必要な科目を学んだのちに学校側が卒業できると認めた(卒業見込み)場合、年に一回行われる「看護師国家試験」を受験しそこで合格すると晴れて看護師としての免許が交付され、看護師として働くことができます。

働きながら看護師になるための資格取得ルート

さて、具体的に働きながら看護師になるにはどういったルートがあるのでしょうか。

いくつかご紹介したいと思います。

資格取得ルート1:医療機関で働きながら看護学校に通う

看護学校と提携している病院で、看護助手などとして働きながら看護学校に通うという手段です。

朝〜昼あたりまでは仕事をして、そのあとの時間で授業を受ける形になります。

また、そういった提携校の場合学生は働きながら通っているということが前提なので仕事が終わる時間帯に合わせ、授業を開始するといった学校が多いようです。

また、提携している病院・学校間ではお礼奉公で看護師免許を取得したのちにその病院に就職することで奨学金を返金しなくていいというシステムをとっているところもあるので前もって情報を集めておくと、有利なケースがあるかもしれません。

資格取得ルート2:看護学校の昼間部に通う

看護学校においては3年間の履修時間が必須になってきます。

病院と提携している看護学校に通う以外は一般的な看護学校の昼間部か夜間部に通う必要があります。

昼間部は9〜17時の間で授業が行われていることが多く、仕事をするとしたらその後の時間か自宅で行える内容に絞られてくるかと思います。

お仕事をしながら昼間部に通うことは現実問題としてなかなか難しいものがあるかもしれません。

資格取得ルート3:看護学校の夜間部に通う

知っている人は少ないかもしれませんが、実は看護学校には夜間部が存在します。

夜間といっても夜授業をしているのではなく、夕方から21時ごろにかけて授業を行なっています。

こちらも3年過程で必修科目を履修していく形になります。

ここで注意して欲しいのが、夜間部といっても実習はお昼行なっているため実習期間は仕事の調整をしなければなりません。

また、お昼働いて夜授業を受けてと時間的には「お!いけそう」と思っても、看護学校の勉強はそこまで簡単なものではなくテストやレポートが山のようにあります。

授業が終わった後に勉強をしたりレポート作成をしなければいけなくなるので、睡眠時間が削られるといった声もあります。

お昼の仕事に影響が出ないように注意しなければいけません。

また、履修科目の単位を取得できないと留年もあり得るので注意するようにしましょう。

資格取得ルート4:准看護師の免許を先に取得して正看護師になる

だいぶ遠回りな方法にはなりますが、まずは准看護師の資格を取得するといった方法もあります。

准看護師の場合は実は国家資格ではなく、各都道府県知事が発行する認定資格という形になります。

都道府県知事が指定する学校で2年間履修したのちに認定試験を合格すると晴れて准看護師の免許が交付される、といったルートを辿ります。

2年間なので正看護師に比べると比較的、短い期間で免許を取得することが可能になります。

また、准看護師の仕事内容なのですが、実際に現場を見てみると正看護師となんら変わりない仕事をしています。

しかしながら、収入は絵師看護師より若干劣るので最初から正看護師を目指す人が多いのが現状です。

「じゃあ、正看護師を目指した方がいいじゃない?」と思うのが本音かと思いますが、都合で3年間の通学は難しいといった場合はまず准看護師として働いてそこから通信学校に1年間通い国家試験に合格することで、正看護師として働くという手もあります。

しかし、現実問題として正看護師の需要の方が圧倒的に多いので准看護師の募集をおこなっていない施設があるのも事実です。

また、都道府県によっては准看護師養成学校自体の新設をストップしているところもあるので時間とお金に余裕がある場合は3年間の通学で正看護師になる方がもっとも最短ルートかと思います。

合格率はどれくらい?

国家資格と聞くと難しいイメージがあるかと思いますが、実際合格率はどのくらいなのでしょう。

まず、看護師の国家試験は毎年2月に行われます。(年に一回)

内容はというと、必修問題・一般問題・設定問題に分類されその年の平均点から合格店のボーダーが決められます。

なので、毎年合格点が変動するので一概に「何点以上とったら合格」というふうにいうことはできません。

また、看護学校に入学して国家試験対策をしていくとわかってくるかと思いますが、国家試験において「必修問題」が大きな鍵になってきます。

いくら総合点が高くても必修問題を8割以上クリアしないと合格することはできません。

これは、看護師国家試験においての決まりであり、毎年変わることはないのです。

実際に、一般問題や設定問題で満点に近い点数を取っても必修問題が6割だと不合格というふうになるのです。

そのため、国家試験対策では特に必修問題に力を入れて勉強を進めていく形になります。

看護師へ転職するメリット

今の企業をやめてでも、看護師になるメリットとはどういった点があるのでしょうか?

いくつかご紹介したいと思います。

年収が高い

働き始めの年収は、今いる企業より少ないかもしれません。

しかし、長い目で見た場合一般的に看護師の年収は、同世代の中でも高い位置にあることがわかっています。

長年看護師としてのキャリアを積むことで、報酬もUPし10年も経つと同世代の平均年収に比べ高いお給料をもらえることが可能になります。

そういった理由で、看護師に転職する方も少なくはありません。

どこでも働くことができる

やはり看護師の一番の武器は、どこでも働くことができる点にあるのではないでしょうか?

止むを得ず仕事をやめなければいけない状況になっても、後のことを心配せずやめることができます。

国内であれば、どこに住んでいたって効力を発揮する資格なので自身にとってもとても強みになるかと思います。

実際の介護に生かすことができる

看護師の仕事はいわば「非日常」であります。

実際は綺麗事だけではなく、おしもの世話をしたり血を見たりしなければいけません。

そういった中で、自身が介護をするとなった場面に直面した時、現場での体験がとても役に立ちます。

私の叔母も看護師をしていますが、祖父が要介護状態になった時に叔母のおかげで

在宅介護が可能になりました。

意外なシーンでも生かすことができるお仕事になっています。

働きながら看護師に就職する方法は?

働きながら看護師になるルートや、国家試験の合格率についてお話ししましたがいかがでしたでしょうか。

仕事をしながら勉強や実習をこなすのはなかなかハードであることがお分かりになったかと思います。

それでは、国家試験に合格したと仮定して就職するとなった場合、現在働いているのに就職活動をすることは可能なのでしょうか。

ここからは、働きながら看護師を目指している場合の就職活動についてお話ししていきたいと思います。

勉強と同時に就職活動を行うことができる

現在職についている場合でも、病院やクリニックなどへの就職活動は可能になります。

もちろん、現在の職場へも「看護師を目指しているため、看護学校に通っている」ことは報告の上だと思うので、合格後は自ずと退職し病院で働くことになるだろうということは職場も承知の上なはず。

看護学校に通っている場合、時期がくるとあちこちから求人募集がきます。

その中から、自身で病院を選びエントリーする形になるので学校での勉強をしつつ就活も同時に進めていきましょう。

看護師の場合、2月の国家試験で3月の合格発表になるので採用が決まった後での受験という形になります。

もちろん、国家試験で合格しないと採用自体取り消しになってしまいます。

異本的に一つの施設に絞って就職活動をする

一般的な就職活動の場合、いくつか企業にエントリーを出し面接を受ける形になると思いますが看護師の場合基本的に一つの病院に絞って就職活動を進めていくことになります。

そのため、ダブルブッキングはタブーとしていることが多いです。

また、全国的に看護師不足が続いているので的を絞った病院が爆発的な人気じゃない限り(または、その年の採用人数を大幅に削ったりしない限り)不合格になる確率は低いと考えていいかと思います。

大学の新卒と比較し、看護学校の就職内定率は100%を保持しているところがほとんどです。

また、現時点で働きながら看護師を目指しているからといって不採用になるようなことはないとのことなので、もしも不採用になってしまった場合は現在の仕事が邪魔をしていると思わないようにした方が良いでしょう。

看護師の仕事に興味がある方へ

ここまで、働きながら看護師を目指す方法やメリットについてお話ししましたがいかがでしたでしょうか?

18歳で高校を卒業して、看護師を目指すことと違い働きながら資格取得をするということは想像しているよりハードです。

実際、私が看護学校に通っている時も、社会人になってから看護学校に入学してきた人が何人かいました。

そういった場合、家庭を持っていることも多くお子さんがまだ幼いといった方もいます。

そこで大切にして欲しいのが「周りのサポートをフル活用する」ということです。

学校に通うのはあなた自身ですが、決して一人の力で看護師になることは困難です。

家族のサポートであったり、会社のサポートであったり時には学校の仲間のサポートも必要になることだってあります。

そういった方々が、心から「頑張って」といってくれるような、人間関係を日頃から作っておくことが大切ですし、支えてくれる方への感謝の気持ちを忘れてはいけません。

時に迷惑をかけて申し訳ない。

もうやめてしまいたいと思うこともあるかもしれません。

しかし、最大の恩返しは「看護師になる」ことです。

免許を取って感謝の気持ちをお返ししましょう。

きっと辛いことも苦しいこともあるかもしれませんが、経験者の私が言えることは「看護師の仕事は楽しい」ということです。

辛いことも悲しいこともひっくるめて、とてもやりがいがある仕事で一生モノだと思っています。

今回のまとめが、働きながら看護師を目指している方の、お役に立てれば幸いです。

~自分にはどの看護師の仕事が向いているか?~


関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

皮膚科看護師求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

今回は皮膚科での仕事内容や求人について視点をおいてみました!好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてもお話をしていきたいと思います。看護師としてのスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきたいと思います。皮膚科看護師のおおまかな仕事内容皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。手術の必要な疾患であっても内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。そのため、個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。皮膚科の看護師の主な仕事内容は外来での仕事です

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方がいるので、一人一人にあった、オペ後ケアを行う必要があります。ま

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現


看護師求人に関するコラム

看護師で稼ぎたい!稼ぐのにオススメな働き方や勤務場所などをご紹介

看護師として働いていて、こんなに働いているのに給料と労働力が見合っていないと感じることありますよね。国立病院などで働いていると給与は良いと思います。しかし、総合病院などは忙しいわりに給料が見合っていないと感じている看護師は少なくありません。では、どうやったら看護師の資格を活かして稼ぐことができるのでしょうか?今回は看護師の資格や経験を活かして稼ぐことができる方法についてお話していきたいと思います。どのような場所で働くと高収入を得ることができるのか?看護師として働きながら副業を行うにはどのようなことができるのか?このような内容についてお話していきたいと思います。看護師の仕事で稼ぐにはどうすればい

看護師が苦労する7つのこと。経験者が紹介します!

看護師とイメージすると色々なイメージがありますよね。優しい印象、やりがいがある印象、人のためになる仕事など好感を持つイメージも多いです。また、それとは反対に危険、大変、体力的にも辛いなどマイナスな印象もあります。私も実際に自分の職業を話す機会があると、「看護師さんなんだ!大変だね」とほぼ9割近くの人に言われます。一般的なイメージからも看護師と聞くと大変な仕事という印象があるようですね。今回は看護師ならではの苦労した話についてご紹介します。一言に大変な仕事と言ってもどんな苦労があるかはなかなか体験してみないと実感できませんよね。イメージできる具体的な場面やその苦労の乗り越え方について私なりに分か

看護師採用はどんな会社がしてる?3つの病院タイプや人手が足りない科・看護師が求められている役割とは

看護師といえば病院やクリニックで働いているイメージですよね。約9割の看護師は医療や介護の現場で働いています。しかし、看護師免許は医療現場以外でもその資格を活かすことが可能なのです。全体の1割の看護師はどんな職場で働いているのでしょうか?今回は医療現場以外で看護師採用をしている会社に視点をあてて説明を行っていきたいと思います。また、病院や企業など看護師として働く現場の特徴についてもご紹介していきたいと思います。看護師採用はどんな会社がしてる?看護師としての仕事内容は幅広く、医療や介護以外で活躍している看護師は多く存在しています。では、実際にどのようなところで働いているのでしょうか?医療や介護以外

看護師在宅ワークにおすすめな仕事とは?おすすめやメリットデメリットを経験者が教えます。

ここ最近、SNSの普及が充実しておりその中で様々な情報が飛び交うようになりました。その中でも現在注目されているのが「在宅ワーク」です。在宅ワークってどういったことをするのだろうとお思いになる方がほとんどかと思います。ここでは、看護師にオススメな在宅ワークをご紹介していきたいと思います。看護師の在宅ワークにおすすめな仕事とは?そもそも看護師に在宅ワークが必要なのでしょうか?看護師といえば、給料が高いというイメージが多いかと思います。実際私も看護師として働く傍ら、在宅ワークをしている身でもあります。私の場合、現役で働いている時はそこまで在宅ワークに時間をかけることができなかったのですが、妊娠をして

看護師が50代で転職する時に気をつけたい5つのこと。経験者が解説します!

看護師の転職なんていくらでもあります。現在看護師という職業は本当に人手不足で年代問わず優遇される事が多いのです。資格があった方が有利とは言われますが、看護師ほど有利な職業はないでしょうね。今回は50代の看護師が転職する際に注意して頂きたい事をお伝えしていきましょう。私も元医療事務でしたので、気が付いた事を全てお話致します。看護師が50代で転職する人は多い?看護師が50代で転職される方というのはそこそこかもしれませんね。病院勤めをされているか、クリニックで働いてきたかのどちらかになります。30代、40代で転職される方はおりますが、50代となると正直厳しいものがあると思って下さい。確かに看護師とい