夫は外で働き妻は家庭を守ると言われていた時代から一変し、男女共働きが当たり前の社会に変わってきた今日、女性の社会進出も著しいものがあります。

何となく大学にいき就職難にぶつかり、やりたくもない仕事を日々こなしている人も多いのではないでしょうか?

よく周りから「一生使える資格を持っておくと有利」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

人生何があるかわかりません。

急に仕事ができなくなる可能性だって十分に考えられます。

そういった場合、一度仕事をやめてしまうとどうしても再就職は厳しくなってしまいます。

そうなった時に一生使える資格を持っていると、とてもやくに立てることができます。

その中でも、比較的給料が安定していると言われている「看護師」の仕事。

看護師になるには年齢制限もなく一旦社会人を経験してから進学する人も少なくはありません。

そこで、働きながら看護師になるにはどうしたらいいのか。

勉強しておくことなどをお話ししたいと思います。

働きながら看護師になるには?

そもそも働きながら看護師になることは可能なのでしょうか?

ここでは、看護師の仕事とは?

から働きながら看護師になるために必要なルートをご紹介したいと思います。

看護師とはどんな資格?

看護師の仕事とは一体どのようなことをするのでしょうか?

看護師=病院で患者さんの看病をする人とお思いになるかと思いますが、概ねが病院で勤務し外来通院している患者さんや入院している患者さんの日常生活の介助をしたりする方がほとんどです。

また、その他にも医師の診療の補助を行ったり患者さんやご家族のメンタルケアを行うのも看護師の大事な仕事の一つです。

また、ひと昔前に比べ看護師が活躍できる場が広がっており保育園で病児保育を行ったり一般企業で社員の健康管理をするお仕事もあります。

看護師=病院勤務というイコールは薄くなってきているのが現状です。

看護師の受験資格

看護師の免許を取得するには、まず文部科学大臣が指定する規定の学校で決められた科目を学ばなければなりません。

そこで、必要な科目を学んだのちに学校側が卒業できると認めた(卒業見込み)場合、年に一回行われる「看護師国家試験」を受験しそこで合格すると晴れて看護師としての免許が交付され、看護師として働くことができます。

働きながら看護師になるための資格取得ルート

さて、具体的に働きながら看護師になるにはどういったルートがあるのでしょうか。

いくつかご紹介したいと思います。

資格取得ルート1:医療機関で働きながら看護学校に通う

看護学校と提携している病院で、看護助手などとして働きながら看護学校に通うという手段です。

朝〜昼あたりまでは仕事をして、そのあとの時間で授業を受ける形になります。

また、そういった提携校の場合学生は働きながら通っているということが前提なので仕事が終わる時間帯に合わせ、授業を開始するといった学校が多いようです。

また、提携している病院・学校間ではお礼奉公で看護師免許を取得したのちにその病院に就職することで奨学金を返金しなくていいというシステムをとっているところもあるので前もって情報を集めておくと、有利なケースがあるかもしれません。

資格取得ルート2:看護学校の昼間部に通う

看護学校においては3年間の履修時間が必須になってきます。

病院と提携している看護学校に通う以外は一般的な看護学校の昼間部か夜間部に通う必要があります。

昼間部は9〜17時の間で授業が行われていることが多く、仕事をするとしたらその後の時間か自宅で行える内容に絞られてくるかと思います。

お仕事をしながら昼間部に通うことは現実問題としてなかなか難しいものがあるかもしれません。

資格取得ルート3:看護学校の夜間部に通う

知っている人は少ないかもしれませんが、実は看護学校には夜間部が存在します。

夜間といっても夜授業をしているのではなく、夕方から21時ごろにかけて授業を行なっています。

こちらも3年過程で必修科目を履修していく形になります。

ここで注意して欲しいのが、夜間部といっても実習はお昼行なっているため実習期間は仕事の調整をしなければなりません。

また、お昼働いて夜授業を受けてと時間的には「お!いけそう」と思っても、看護学校の勉強はそこまで簡単なものではなくテストやレポートが山のようにあります。

授業が終わった後に勉強をしたりレポート作成をしなければいけなくなるので、睡眠時間が削られるといった声もあります。

お昼の仕事に影響が出ないように注意しなければいけません。

また、履修科目の単位を取得できないと留年もあり得るので注意するようにしましょう。

資格取得ルート4:准看護師の免許を先に取得して正看護師になる

だいぶ遠回りな方法にはなりますが、まずは准看護師の資格を取得するといった方法もあります。

准看護師の場合は実は国家資格ではなく、各都道府県知事が発行する認定資格という形になります。

都道府県知事が指定する学校で2年間履修したのちに認定試験を合格すると晴れて准看護師の免許が交付される、といったルートを辿ります。

2年間なので正看護師に比べると比較的、短い期間で免許を取得することが可能になります。

また、准看護師の仕事内容なのですが、実際に現場を見てみると正看護師となんら変わりない仕事をしています。

しかしながら、収入は絵師看護師より若干劣るので最初から正看護師を目指す人が多いのが現状です。

「じゃあ、正看護師を目指した方がいいじゃない?」と思うのが本音かと思いますが、都合で3年間の通学は難しいといった場合はまず准看護師として働いてそこから通信学校に1年間通い国家試験に合格することで、正看護師として働くという手もあります。

しかし、現実問題として正看護師の需要の方が圧倒的に多いので准看護師の募集をおこなっていない施設があるのも事実です。

また、都道府県によっては准看護師養成学校自体の新設をストップしているところもあるので時間とお金に余裕がある場合は3年間の通学で正看護師になる方がもっとも最短ルートかと思います。

合格率はどれくらい?

国家資格と聞くと難しいイメージがあるかと思いますが、実際合格率はどのくらいなのでしょう。

まず、看護師の国家試験は毎年2月に行われます。(年に一回)

内容はというと、必修問題・一般問題・設定問題に分類されその年の平均点から合格店のボーダーが決められます。

なので、毎年合格点が変動するので一概に「何点以上とったら合格」というふうにいうことはできません。

また、看護学校に入学して国家試験対策をしていくとわかってくるかと思いますが、国家試験において「必修問題」が大きな鍵になってきます。

いくら総合点が高くても必修問題を8割以上クリアしないと合格することはできません。

これは、看護師国家試験においての決まりであり、毎年変わることはないのです。

実際に、一般問題や設定問題で満点に近い点数を取っても必修問題が6割だと不合格というふうになるのです。

そのため、国家試験対策では特に必修問題に力を入れて勉強を進めていく形になります。

看護師へ転職するメリット

今の企業をやめてでも、看護師になるメリットとはどういった点があるのでしょうか?

いくつかご紹介したいと思います。

年収が高い

働き始めの年収は、今いる企業より少ないかもしれません。

しかし、長い目で見た場合一般的に看護師の年収は、同世代の中でも高い位置にあることがわかっています。

長年看護師としてのキャリアを積むことで、報酬もUPし10年も経つと同世代の平均年収に比べ高いお給料をもらえることが可能になります。

そういった理由で、看護師に転職する方も少なくはありません。

どこでも働くことができる

やはり看護師の一番の武器は、どこでも働くことができる点にあるのではないでしょうか?

止むを得ず仕事をやめなければいけない状況になっても、後のことを心配せずやめることができます。

国内であれば、どこに住んでいたって効力を発揮する資格なので自身にとってもとても強みになるかと思います。

実際の介護に生かすことができる

看護師の仕事はいわば「非日常」であります。

実際は綺麗事だけではなく、おしもの世話をしたり血を見たりしなければいけません。

そういった中で、自身が介護をするとなった場面に直面した時、現場での体験がとても役に立ちます。

私の叔母も看護師をしていますが、祖父が要介護状態になった時に叔母のおかげで

在宅介護が可能になりました。

意外なシーンでも生かすことができるお仕事になっています。

働きながら看護師に就職する方法は?

働きながら看護師になるルートや、国家試験の合格率についてお話ししましたがいかがでしたでしょうか。

仕事をしながら勉強や実習をこなすのはなかなかハードであることがお分かりになったかと思います。

それでは、国家試験に合格したと仮定して就職するとなった場合、現在働いているのに就職活動をすることは可能なのでしょうか。

ここからは、働きながら看護師を目指している場合の就職活動についてお話ししていきたいと思います。

勉強と同時に就職活動を行うことができる

現在職についている場合でも、病院やクリニックなどへの就職活動は可能になります。

もちろん、現在の職場へも「看護師を目指しているため、看護学校に通っている」ことは報告の上だと思うので、合格後は自ずと退職し病院で働くことになるだろうということは職場も承知の上なはず。

看護学校に通っている場合、時期がくるとあちこちから求人募集がきます。

その中から、自身で病院を選びエントリーする形になるので学校での勉強をしつつ就活も同時に進めていきましょう。

看護師の場合、2月の国家試験で3月の合格発表になるので採用が決まった後での受験という形になります。

もちろん、国家試験で合格しないと採用自体取り消しになってしまいます。

異本的に一つの施設に絞って就職活動をする

一般的な就職活動の場合、いくつか企業にエントリーを出し面接を受ける形になると思いますが看護師の場合基本的に一つの病院に絞って就職活動を進めていくことになります。

そのため、ダブルブッキングはタブーとしていることが多いです。

また、全国的に看護師不足が続いているので的を絞った病院が爆発的な人気じゃない限り(または、その年の採用人数を大幅に削ったりしない限り)不合格になる確率は低いと考えていいかと思います。

大学の新卒と比較し、看護学校の就職内定率は100%を保持しているところがほとんどです。

また、現時点で働きながら看護師を目指しているからといって不採用になるようなことはないとのことなので、もしも不採用になってしまった場合は現在の仕事が邪魔をしていると思わないようにした方が良いでしょう。

看護師の仕事に興味がある方へ

ここまで、働きながら看護師を目指す方法やメリットについてお話ししましたがいかがでしたでしょうか?

18歳で高校を卒業して、看護師を目指すことと違い働きながら資格取得をするということは想像しているよりハードです。

実際、私が看護学校に通っている時も、社会人になってから看護学校に入学してきた人が何人かいました。

そういった場合、家庭を持っていることも多くお子さんがまだ幼いといった方もいます。

そこで大切にして欲しいのが「周りのサポートをフル活用する」ということです。

学校に通うのはあなた自身ですが、決して一人の力で看護師になることは困難です。

家族のサポートであったり、会社のサポートであったり時には学校の仲間のサポートも必要になることだってあります。

そういった方々が、心から「頑張って」といってくれるような、人間関係を日頃から作っておくことが大切ですし、支えてくれる方への感謝の気持ちを忘れてはいけません。

時に迷惑をかけて申し訳ない。

もうやめてしまいたいと思うこともあるかもしれません。

しかし、最大の恩返しは「看護師になる」ことです。

免許を取って感謝の気持ちをお返ししましょう。

きっと辛いことも苦しいこともあるかもしれませんが、経験者の私が言えることは「看護師の仕事は楽しい」ということです。

辛いことも悲しいこともひっくるめて、とてもやりがいがある仕事で一生モノだと思っています。

今回のまとめが、働きながら看護師を目指している方の、お役に立てれば幸いです。


関連キーワード

看護師求人