看護師の面接の注意点についての写真

看護師の転職では、面接での受け答えがとても大切です。

特に、多くの医療機関は書類上の経歴よりも、実際に患者様に接する際にどのような印象を与えるかどうかも含め、面接ではチェックしています。

さらに、とっさの時にも判断力や決断力、頭の回転の速さなどを見るためにさまざまな質問をして、あなたの適性を見極めようとします。

そこで今回は、看護師の面接の注意点、面接で言うべきことや、それぞれの職場のおすすめポイントなどをお伝えしていきます。

看護師専門転職エージェントで数多くの面接対策や、実際の面接に同席した経験をもとに解説していきますよ!

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師面接の5個の注意点

転職エージェントに紹介された医療機関での面接の場合、人によっては「転職エージェントが勧めるから一応面接を受けよう……」という軽い気持ちで面接を受ける方も少なくありません。

しかし、軽い気持ちで突破できるほど面接は甘くありません。

事前の下調べや、質問への回答の準備などをしておかなければ、どんなに優秀なスキルや経歴を持っていたとしても「予想できる展開にすら準備ができない人」と思われてしまいます。

注意すべきポイントを5つ見ていきましょう。

面接を受ける医療機関のことはしっかりと調べておく

面接を受ける医療機関のことはしっかりと調べておくことはもちろん当たり前なのですが、可能な限り調べつくしましょう。

何科を保有しているのか、病床数はどのくらいか、などはもちろん、院長の名前や理念、過去に事件や事故などで報道されていないかなど、しっかりと把握しておきたいです。

面接時に必ず聞かれる志望動機につながるのはもちろん、「うちの病院は●●を大切にしていますが……」などと面接で話をされた際に的確に反応できるように、また「師長がインタビューでお話されていたこの言葉に感動して」などと話すことができればよりアピールにもつながります。

さらに、近隣の病院や似たような科を持つ病院、類似の病院についても簡単に調べておくことができればより安心です。

ときにいじわるな質問として「ではうちと同じような隣の△△病院への転職を検討されてはいかがですか?」などと質問される場合もあります。

あるいは、いじわるな質問としてライバルの△△病院を勧められているのかと思ったら、実はその病院は面接を受けている病院の系列病院であった!なんてこともあります。

その場合、「いえ、△△病院は規模も小さく……」などと言えば大変です。

事前に近隣病院の関係性なども調べておきましょう。

特に「徳洲会グループ」「医療法人IMS(イムス)グループ」などの大きな医療法人やグループなどの特徴については把握しておくことをおすすめします。

これら「徳洲会グループ」「医療法人IMS(イムス)グループ」の2つの医療法人については、少し特殊な理念を掲げていたり、職場環境などが他の医療機関と比べ特殊であることが多く、その内容について把握しておきたい医療法人です。

不安な場合は転職エージェントの担当コンサルタントに聞いてみましょう。

また、同じ「徳洲会グループ」「医療法人IMS(イムス)グループ」の医療機関であっても、その特色を色濃く反映されている病院もあれば、グループの訪問介護ステーションであればそこまでグループ色が強くないなど、医療機関によっても異なります。

それぞれの医療機関を見学したり、面接時に入職後の働き方について聞くなどしましょう。

志望動機はその医療機関でなければならない理由のものを考えておく

面接時には必ずその医療機関を志望した動機を聞かれますが、必ずその医療機関でなければならない理由を添えましょう。

例えば、病院希望であれば「二次救急の病院で●●の経験を積める病院を希望しており」といった内容は問題ありませんが、それだけでは「では○○病院でもよかったのでは?」などと突っ込まれてしまうこともあります。

そこで、その医療機関でなければならない理由も付け加えるようにしましょう。

例えば看護への考え方や、医療方針、自分が目指すキャリアには欠かせない理由などがあると説得力が増します。

その際に設備面や立地などのハード面だけを理由にあげることはあまりおすすめできませんが、「看護師長の存在」「医療に対する考え方」などのソフト面をメインに志望動機を考えるようにしましょう。

さらに、見学時の患者様の様子などにも触れると良いでしょう。

「看護師の方と接する患者様の安心した顔をみてさらに思いは強くなり」などお伝えすると好印象です。

そこから、「私は患者様の安心に常に意識を配って看護をすることを心がけており……」など自分の自己PRにつなげていくのも良いでしょう。

退職理由や、転職希望理由は前向きな理由で

志望動機の次に必ず聞かれる質問は「前職の退職理由」あるいは「今転職をしようと思っている理由」です。

人によりさまざまな理由があるとは思いますが、できるだけ「給与面」「待遇面」「人間関係」などの不満を理由に話をしないようにした方が良いでしょう。

また、「医療に対する考え方が雑で」「衛生面の管理が徹底されていないところがあり」など、前職の悪口のようになってしまうものも避けた方が良いです。

悪口のような理由を口にしてしまうと、「自分の医療機関を退職するときにも悪口を吹聴されるのでは」などと邪推されることもあります。

可能な限り、「転職をすることにより自分のキャリアアップにつながる」「自分の未来をより良いものにするための転職」といった、前向きかつ向上心のある内容を話すようにしましょう。

嘘を作り上げる必要はありませんが、必ずその医療機関を選んだ理由の中には前向きな理由や、その医療機関ならではの良さを感じた部分があるはずです。

ただ「待遇や給与がよかった」といった条件面だけではなく、その医療機関に転職することと自分の人生をリンクさせて、医療機関も自分もお互いに向上し合える関係を彷彿とさせる内容になっていれば完璧です。

「質問はありますか?」と聞かれた時のために質問は用意しておく

面接の最後には多くの場合、「質問はありますか?」と聞かれます。

その際に「特にありません」と回答してしまうと、「志望度合いが低いのかな?」「あまり興味がないのかな?」と思われてしまいます。

必ず2つ程度は質問を用意しておきましょう。

その際に、「賞与はどのくらい出ますか」「有給はいつから使用できますか」など、給与やお休みのことばかり質問すると、「就職する前からそんなことしか興味がないのか」と思われてしまい、最悪の場合「やる気がないのではないか」という印象を持たれてしまう可能性もあります。

そこで、たとえば「どのような看護師を求めていますか」と質問し、その回答を踏まえて「私にも当てはまる部分があります」と自分のアピールにつなげるのも良いでしょう。

あるいは、面接前に内部の見学をさせてもらっていれば、見学の途中で気になったことや、「あれはなにをしていたのですか」などリハビリの様子などについて質問するのも良いでしょう。

理解力・臨機応変さを見られていることを忘れない

看護師は、どのような職場であれ、とっさの事態や緊急時への対応力が求められます。

そのため、面接でも理解力・臨機応変さを見られていると思っておいた方が良いでしょう。

そのため、急にいじわるな質問をされたり、想定外の質問をされることもあります。

感情的にならずに、「今試されている……!?」と冷静に回答を考えましょう。

焦ってしまいそうなときや、即座に回答できない場合は、「少し考えをまとめさせてください」と断ってから30秒以内程度で考えをまとめれば問題ありません。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師の面接で言うべきこととは?

看護師の面接で言うべきことについて

看護師の転職は、ほとんどの場合書類選考を経てたった1回の面接で決まってしまいます。

そのため、その1回の面接でしっかりと自分のことをアピールできなければいけません。

そこで、看護師の面接で言うべきことについて、事前に把握をしたうえでしっかりと準備をして臨むようにしましょう。

必ず聞かれる「志望動機」「転職の理由」意外に、面接で伝えておくべき内容を5つご紹介します。

自分のこれまでの経歴・持っているスキル

面接を担当する方は必ず履歴書・職務経歴書には目を通していますが、改めて伝えておきたい内容は口頭でもアピールするようにしましょう。

また、履歴書・職務経歴書には載っていない内容で、プラスとなりそうなアピールポイントがあれば伝えておきたいです。

「高校時代にアメリカに交換留学で滞在し、その時に現地の医療機関の見学をさせてもらった」「注射が苦手な患者様にも全然痛くないといつも褒められる」など、細かいことであっても自分の考えの原点となった出来事や、得意とすることなどを伝えることでより他の面接受験者と差別化を図り、印象に残りやすくなります。

看護師として大切にしている自分なりの「看護観」

看護師として大切にしている自分なりの「看護観」があれば、その医療機関の理念などと合わせてお伝えすると良いでしょう。

「私は常にこのことについて意識しながら看護を行っており、そのことは貴院との理念にもマッチすると思います」など、伝えることで、「自分なりのポリシーがある」「そのポリシーが転職先と合っている」ということを共にアピールすることができます。

ヒヤリハット経験とその再発防止対策

看護師をしていれば、一度は医療事故や医療ミスにつながりかねない「ヒヤリハット」な経験をしたことがあるかもしれません。

そういった経験があれば、その状況と、再発を防止するために気を付けていることなどを話すのも良いでしょう。

可能であれば、自分の経験ではなく「同僚がこのようなミスにつながりかねない状況だったので、医療ミスにつながらないようこんな対策を提案した」といった内容であれば望ましいです。

なぜ看護師を目指したのか

看護師を目指した理由にエピソードがあれば伝えておくと良いでしょう。

強い信念や「看護師としてこうなりたい」という気持ちを持っている看護師は離職しづらく、向上心をもって業務に取り組んでくれるため好印象です。

「小さいころに家族が入院したときにお世話になった看護師さんに影響を受けた」「現在の医療の現状を変えたいと思い看護師を目指した」など、その理由を詳細なエピソードを交えながらお話すれば共感してもらえることでしょう。

今後看護師としてどのような未来を目指しているか

さらに、今後自分が看護師としてどうなっていきたいのか、何を目指しているのか、キャリアビジョンなども伝えることで、「明確なビジョンと目標があり、簡単には辞めない」と思ってもらうことができます。

さらに、目標やビジョンがある人ほど広い視野を持ちながら業務を行なうことが予想できるため、人材としても期待感を持って迎えてもらうことができます。

看護師の仕事先、こんな場所がおすすめ!

おすすめの仕事先を紹介する看護師

続いては、勤務先別に、どのような人におすすめかをその簡単な業務内容とともにご紹介していきましょう。

自分のライフプランや看護観、目指す未来などと照らし合わせながらチェックしていってくださいね。

看護師としての総合的なキャリアを積みたいなら病院がおすすめ

病院に転職することをおすすめするのは、「看護師としての総合的なキャリアを積みたい方」です。

特にさまざまな科を持っている大きめの病院であれば、科をまたいでの情報交換や、引き継ぎなども発生します。

さらに、勉強会や研修などの制度も充実しており、看護師としてどのようなキャリアを目指す場合であっても、「総合力」がついていることは強みとなります。

プライベート重視ならクリニックがおすすめ

クリニックに転職することをおすすめするのは、「プライベートを重視したい方」です。

多くのクリニックは土日祝日が休みで、土曜日に開いている場合でも午前のみであることがほとんどです。

さらに、時間が決まっているのでそこまで残業も発生しません。

結婚を機に転職を考えている場合などはプライベートも大切にしながら働くことができるのでおすすめです。

また、新しいクリニックであれば働く環境としても清潔感がありオシャレなクリニックであることも多く、通勤も便利な場所にあることが多いのもメリットです。

ブランクがあるなど手技に自信がない方の場合であれば、眼科や皮膚科など注射などの手技を必要としないクリニックを選ぶことが多い傾向にあります。

地域密着型医療を目指すなら訪問看護がおすすめ

自分の地元や、特定の地域の住民への地域密着型医療を目指す方におすすめなのが、訪問看護への転職です。

各ご家庭に医師や介護士などと共に訪問し、その方の家での治療を行うことを目的としています。

ナースコールなどを設けている訪問看護ステーションもありますが、多くの場合は巡回スケジュールが決められているため、そこまで残業などが発生しにくいのもメリットです。

その地域の医療や介護に貢献できるため、とてもやりがいを感じやすいのが特徴です。

治験や企業での活躍もあり

医療現場よりも、企業よりでの仕事を希望される方には「治験」がおすすめです。

製薬会社が新しい薬を生み出す現場で、被験者に対し投薬の管理をおこなったり精神的なケアやデータの取りまとめなどを行い、医療従事者の立場から製薬会社への意見をすることもあります。

カレンダー通りの休日であることや、デスクワークなどが中心になることから、「ザ・医療の現場」に疲れてしまった看護師が多く希望する職種でもあります。

ほかにも、一般企業での産業看護師なども人気があります。

いわゆる、「会社の保健室の先生」のような立ち位置ですが、近年うつや適応障害などの精神疾患が増えているため、企業でもニーズが高まっている職種でもあり、企業に勤務するのと同様カレンダー通りの休日であることや、注射などの手技がほとんど必要とされないことから、人気のある職種です。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師専門転職エージェント経験者が紹介!看護師を目指す皆さんへアドバイス!

私はこれまでに看護師専門転職エージェントで数多くの面接対策を行い、実際の面接に数多く同席してきました。

その中で、とても大切なことを3つだけ最後にお伝えできればと思います。

転職先に「長く働いてもらえそう」と思ってもらうための言動を心がけよう

看護師は売り手市場が長く続いています。

そのため、どの医療機関も看護師不足に悩まされつつも、「採用してもすぐにやめてしまう」といった悩みを抱えています。

看護師を採用するのにはコストがかかります。

転職エージェントを経由して採用すれば、その看護師の年収の30%程度を手数料として支払います。

さらに、インターネットや新聞折り込み広告などの求人媒体への掲載にもお金がかかります。

たとえ、自分の医療機関のホームページや張り紙などのみでの募集を行っていたとしても、面接をし、1人の看護師を受け入れるのには事務長や人事担当者などが稼働するためコストがかかっています。

しかし、それだけのコストや時間をかけて採用をしたにも関わらず、転職してきた看護師がすぐにやめてしまうことを医療機関は恐れています。

そこで、面接時には「すぐにはやめない人がいいな」「長く働いてくれそうな人を採用したい」と思っています。

面接では、「自分はできるだけ長く働きたい意思がある」「そのためにこれだけの想いをもって貴院への入職を希望しています」「夢があるので簡単には看護師をやめません」といったアピールができれば内定に近づくことができると言えるでしょう。

スキルだけでなく「お人柄」も大切にしよう

看護師にとって、これまでの経験やスキルは転職をする上で武器となるとても大切なものです。

しかし、大切なのはそれだけではありません。

看護師は多くの患者様と直接接する機会が多く、医師よりも患者様の精神的なケアなども任される機会が多くあります。

そのため、スキルだけではなく、「お人柄」も重視して面接時に確認するという医療機関の担当者が多くいます。

無理に取りつくろう必要はありませんが、へたにかしこまったりクールな雰囲気を装うのではなく、自分らしく「話しかけやすい」「明るい」「とっつきやすい」といった印象をもってもらうために笑顔を絶やさないようにすることを心がけると良いでしょう。

緊張してしまいそう・面接に慣れていないのであれば何度も練習をして臨めば怖くない

面接が苦手、緊張してしまいがちという方はとても多くいます。

初めての転職であれば、「転職の面接ってどんなだろう」「うまく話せるかどうか不安」など思うのは当たり前のことです。

しかし、看護師として医療の現場に初めて立った時も緊張したと思います。

それでも何度も場数を踏むうちに慣れてきたのではないでしょうか。

転職の面接も同じです。

多くの場合、転職活動時の面接は質問される内容やアピールすべきポイントは決まっています。

そこで、転職エージェントや家族・友人などにお願いをして面接の練習をしてみてはいかがでしょうか。

自分ひとりで質問に回答する様子をビデオに撮影して練習をしたという看護師の方もいらっしゃいました。

客観的な立場で第三者の方に面接の練習をしてもらったり、あるいは自分がしゃべっている様子を撮影し自分で確認することで、自分のクセなどに気づくこともできます。

また、練習により「場数を踏んで慣れる」ことで、本番でも緊張しにくくなります。

転職エージェントでは、あなたが自信が持てるようになるまで、何度でも面接の練習に付き合ってくれます。

直接会うのが難しい場合には電話などで対応してくれることもあります。

ぜひ何度も練習をして、自信を持って面接に臨みましょう。

まとめ

今回は、看護師の面接時の注意点、面接で言うべきことや、それぞれの職場のおすすめポイントなどを看護師専門転職エージェントで数多くの面接対策や、実際の面接に同席した経験をもとに解説していきました。

看護師の転職は、一般的な転職と比べ少し特殊な一面もあるため、看護師以外の友人にアドバイスを求めることも難しいかと思います。

しかし、今回ご紹介したようなことに気を付けていれば、きっとあなたを必要としてくれる医療機関に巡り合うことができるはずです。

これまでに自分が積み上げてきた経験や経歴、努力して得たスキルや、常に意識している看護観などをしっかりとアピールすることで、よりあなたが働きやすい職場への転職を成功させましょう。

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト
関東・関西・東海専門!高時給求人・保育園等のレア求人が多数! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

皮膚科看護師求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

今回は皮膚科での仕事内容や求人について視点をおいてみました!好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてもお話をしていきたいと思います。看護師としてのスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきたいと思います。皮膚科看護師のおおまかな仕事内容皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。手術の必要な疾患であっても内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。そのため、個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。皮膚科の看護師の主な仕事内容は外来での仕事です

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方がいるので、一人一人にあった、オペ後ケアを行う必要があります。ま

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現


看護師求人に関するコラム

看護師で稼ぎたい!稼ぐのにオススメな働き方や勤務場所などをご紹介

看護師として働いていて、こんなに働いているのに給料と労働力が見合っていないと感じることありますよね。国立病院などで働いていると給与は良いと思います。しかし、総合病院などは忙しいわりに給料が見合っていないと感じている看護師は少なくありません。では、どうやったら看護師の資格を活かして稼ぐことができるのでしょうか?今回は看護師の資格や経験を活かして稼ぐことができる方法についてお話していきたいと思います。どのような場所で働くと高収入を得ることができるのか?看護師として働きながら副業を行うにはどのようなことができるのか?このような内容についてお話していきたいと思います。看護師の仕事で稼ぐにはどうすればい

看護師が苦労する7つのこと。経験者が紹介します!

看護師とイメージすると色々なイメージがありますよね。優しい印象、やりがいがある印象、人のためになる仕事など好感を持つイメージも多いです。また、それとは反対に危険、大変、体力的にも辛いなどマイナスな印象もあります。私も実際に自分の職業を話す機会があると、「看護師さんなんだ!大変だね」とほぼ9割近くの人に言われます。一般的なイメージからも看護師と聞くと大変な仕事という印象があるようですね。今回は看護師ならではの苦労した話についてご紹介します。一言に大変な仕事と言ってもどんな苦労があるかはなかなか体験してみないと実感できませんよね。イメージできる具体的な場面やその苦労の乗り越え方について私なりに分か

看護師採用はどんな会社がしてる?3つの病院タイプや人手が足りない科・看護師が求められている役割とは

看護師といえば病院やクリニックで働いているイメージですよね。約9割の看護師は医療や介護の現場で働いています。しかし、看護師免許は医療現場以外でもその資格を活かすことが可能なのです。全体の1割の看護師はどんな職場で働いているのでしょうか?今回は医療現場以外で看護師採用をしている会社に視点をあてて説明を行っていきたいと思います。また、病院や企業など看護師として働く現場の特徴についてもご紹介していきたいと思います。看護師採用はどんな会社がしてる?看護師としての仕事内容は幅広く、医療や介護以外で活躍している看護師は多く存在しています。では、実際にどのようなところで働いているのでしょうか?医療や介護以外

看護師在宅ワークにおすすめな仕事とは?おすすめやメリットデメリットを経験者が教えます。

ここ最近、SNSの普及が充実しておりその中で様々な情報が飛び交うようになりました。その中でも現在注目されているのが「在宅ワーク」です。在宅ワークってどういったことをするのだろうとお思いになる方がほとんどかと思います。ここでは、看護師にオススメな在宅ワークをご紹介していきたいと思います。看護師の在宅ワークにおすすめな仕事とは?そもそも看護師に在宅ワークが必要なのでしょうか?看護師といえば、給料が高いというイメージが多いかと思います。実際私も看護師として働く傍ら、在宅ワークをしている身でもあります。私の場合、現役で働いている時はそこまで在宅ワークに時間をかけることができなかったのですが、妊娠をして

看護師が50代で転職する時に気をつけたい5つのこと。経験者が解説します!

看護師の転職なんていくらでもあります。現在看護師という職業は本当に人手不足で年代問わず優遇される事が多いのです。資格があった方が有利とは言われますが、看護師ほど有利な職業はないでしょうね。今回は50代の看護師が転職する際に注意して頂きたい事をお伝えしていきましょう。私も元医療事務でしたので、気が付いた事を全てお話致します。看護師が50代で転職する人は多い?看護師が50代で転職される方というのはそこそこかもしれませんね。病院勤めをされているか、クリニックで働いてきたかのどちらかになります。30代、40代で転職される方はおりますが、50代となると正直厳しいものがあると思って下さい。確かに看護師とい