皆さんレンタカーを借りたことはありますよね。

仲間や家族など大人数で旅行したり、レジャーでお世話になったりと利用したこともある方が多いと思います。

でも、レンタカー店の仕事内容まではあまり知らないのではないでしょうか?

そこで今回はレンタカー店での仕事の内容や仕事でやりがいを感じる瞬間、またどんな人がレンタカー店で働くのに向いているのか、そして実際働いてみて感じたことなど、意外と奥深いレンタカー店のお仕事を紹介していきます。

これからレンタカー会社への就職を考えている人や、アルバイトをしようかなと思っている人は特に参考にしてみてください。

レンタカー店の大まかな仕事内容

まず、レンタカー店の仕事内容ですが、レンタカー貸し出しにおける接客業務や車両の予約管理業務、車両のメンテナンス業務、法人向けの営業業務などが主な業務内容になります。

地味に見えますが意外なところに奥深さがあります。

レンタカー店での仕事は大きく4つの役割に分けられる

レンタカー店での仕事は多岐にわたり、法人相手や個人相手のお仕事がさまざまありますが、大きくは4つの役割に分けられます。

その1:レンタカー貸し出しにおける接客業務

ネットやお電話でレンタカーを予約されたお客様に対する店舗での接客です。

お客様のレンタカーライフが気持ちの良いものになるかどうかは、スタッフの接客一つで大きく変わります。

きちんとしたマナーと明るい笑顔で接客しましょう。

その2:車両の予約管理業務

1台でも多くのお客様にレンタカーの貸し出しが行えるように無駄の出ないような効率的な予約管理を行います。

タイムスケジュールの管理能力がものを言います。

その3:車両メンテナンス業務

いつでも綺麗で安心な車両を提供するために車両のメンテナンスは欠かせません。

外観や車内はもちろん、ハンドルやシート、ワイパーなども不備がないようにしっかりとメンテナンスしましょう。

その4:法人向けの営業業務

出張などで使って頂けるように法人向けの営業を行います。

特に大口の顧客を獲得することができれば、会社の売り上げに大きく貢献することができるため、大変重要な業務です。

レンタカー店の主な4つの業務を詳しく解説

ここまででレンタカー店の業務はおおまかに4つに分けられることをご紹介しました。

この項目では4つそれぞれの業務内容をより詳しくご説明します。

レンタカー貸し出しにおける接客業務

まずは接客業務の内容について説明していきますね。

料金説明

お客様が借りられるレンタカー及びオプション料金等の説明を行います。

お客様が事前に予約されていることがほとんどですが、期間や車両の種類によって料金が異なりますし、レンタカー店舗によっては 保証内容やカーナビ、スノータイヤの有無によってオプションの追加料金が発生することがあるので、しっかり内容を把握しておく必要があるんですよね。

保険内容及び免責保証の説明

基本的にはレンタカーは対人対物無制限の保険に加入しています。

でも、もし事故をおこしてしまった場合に、状況によってはお客様負担の免責保証料金が発生することがあります。

レンタカー店舗によってはこの免責保証料金までカバーができる保証プランを用意している店舗もあります。

専門的な分野になりますので、わかりやすく説明できる技術も大切になってきます。

その他保証内容の説明

レンタカーの室内が特別なメンテナンスや補修が必要なほど汚れてしまっていたり、すぐに貸し出しができないような状況がお客様の過失によって発生している場合もあります。

その場合は、メンテナンスの期間中、車両を貸し出せないことに対しての休業補償などをお客様に負担していただくことなどもあります。

店舗やレンタカー会社によって内容は異なりますが、たいていのレンタカー店はこの「休業補償」という制度を設けています。

そこで問題になってくるのが、実際にお客様の過失によって休業補償を請求した際に、お客様より「そんなことは聞いていない」とトラブルに発展する可能性がある、ということです。

お客様にきちんと漏れがなく説明するスキルはもちろんですが、後々トラブルにならないようにお客様が理解し、納得してくれるような説明ができる力が必要です。

車両の予約管理業務

車両の予約管理を的確に行い、一人でも多くのお客様に車を貸し出すことができるよう、様々な予約に対応します。

また予約管理業務には、お客様に車を貸し出すための管理業務と、車両のメンテナンスのために車検の予定を入れたりする管理業務があります。

こちらの二つは項目ごとに分けてご紹介します。

お客様からの予約期間の整理業務

現在、お客様からのレンタカーの予約はインターネット上で管理を行っているレンタカー店舗がほとんどです。

お客様からしてもわざわざお店に電話したりしなくて済み、クリック一つで予約ができるので大変便利ですよね。

お店側は車両在庫から車両が無駄なく稼働するようにパズルのように予約をあてがい、1台でも多くの車両の予定を空けて無駄なく貸し出せるように調整します。

車検や定期点検の予定管理業務

安全にお客様にレンタカーの貸し出しが出来るよう、車両の定期点検は必要不可欠です。

そのために前もって定期点検の日程を抑えておき、その期間に予約が入らないようにします。

また車検時も同様で、同期間に予定が固まると在庫車両が減ってしまうので、車検や定期点検は分散化させてスケジューリングします。

車両のメンテナンス業務

車両の清掃や簡易的なメンテナンスはレンタカー店舗にて行います。

業務内容はおもにこの2つです。

車両のクリーニング業務

レンタカー店舗に戻ってきた車両に掃除機をかけてガラスを拭いて綺麗に清掃します。

また車体も洗車作業を行い、時にはワックスがけを行い、次の貸し出しに備えます。

綺麗なレンタカーは貸す側も借りる側も気持ちがいいですよね。

車両のメンテナンス業務

レンタカーのタイヤに空気を適正圧分入れたり、灯火類の点検をしたり、ウォッシャー液を補充したりなどの簡易的なメンテナンスは、レンタカー店舗で行います。

ここで車両の不備があった場合はすぐに、専門店にて修理・点検を行います。

この場合は修理に日数がかかる場合もあるので、その間のスケジュール管理も必要になります。

法人向けの営業業務

正直なところ、一般の個人のお客様からに対しての売り上げだけでは、利益的になかなか厳しいものがあります。

やはり重要なのは、法人のお客様に継続的にレンタカーを利用していただく事。

そのために法人向けの営業活動、とくに新規顧客の開拓は非常に重要な業務になります。

電話営業

レンタカー利用の需要がありそうな企業や、地方自治体などに電話にて営業活動を行います。

出張など関連業務で利用いただければ安定して貸し出しが行えるので、とても大事な業務です。

しかし、実際に電話並みで新規契約がとれることは非常に稀なので、実際にはアポイント取りや自分の提案に興味を持ってもらうための第一歩と考えたほうがいいでしょう。

訪問営業

企業に訪問を行い直接営業を行います。

電話営業でアポイントが取れている場合もありますし、アポイントのない飛込営業の場合もあります。

プレゼンなどはとても専門的なスキルが必要になってきますが、新規のお客様が増えた時には何にも変えがたい喜びがあります。

営業業務はレンタカー店舗にもよるとは思いますが、実務経験が長い従業員が行うことが多い業務になります。

レンタカー店の仕事の良いところ

ここまでレンタカー店での仕事内容を紹介してきましたが、やりがいを感じる瞬間がたくさんあります。

お客様からのありがとう

なんといっても、お客様から感謝の気持ちを頂いた時は感無量です!

真心で接客してよかったな、と感じる瞬間です。

返却時のご予約

レンタカー返却の際に次の予定で使うレンタカーを予約して帰っていただけるとレンタカー店従業員冥利に尽きますね。

常連さんの近況報告

常連さんができてくると、近況報告などをしてくれる時があります。

また、お互いに名前で呼びあえる仲になれることもあり、単なる仕事上の関係ではなくなってくることにとてもやりがいを感じます。

意外な面白み

レンタカー店での仕事に携わっていく中で感じた「ここが面白い!」いう点、また仕事を始めてから気づいた意外な面白みなどを自身の経験を元にをご紹介します。

予約の予測的中

大型連休や行楽シーズンなどに向けて予約管理を行い、長期貸し出しの予約などをいただいた時はとても嬉しいです。

また地域のイベントなどのローカル情報を事前に仕入れておいて、ロスなく大量予約をいただけると、まさに「してやったり!」という気持ちになれます。

いろんな車に乗ることができる

レンタカー店によって異なりますが、多種多様なレンタカーがあります。

軽自動から普通乗用車、貨物仕様のバンやトラック、はたまたスポーツカーやファミリーカーそして高級乗用車まで。

普段なら乗ることがないような自働車を運転することもあります。

これは役得ですよね。

日常生活のカーライフが豊かになる

プライベートで車両のちょっとした不備などは自身でメンテナンスが可能になるので充実したカーライフが送れるようになります。

また 正しい洗車の方法も身につけることができるので、常に気持ちのいい状態でクルマに乗れます。

相乗効果で友人や恋人を誘ってドライブに行きたくなることも増えるかもしれません。

レンタカー店の仕事が向いている人

ここまでレンタカー店の色々なことを紹介してきましたが「こんな人はレンタカー店の仕事が向いているよ」という条件をピックアップしてみました。

綺麗好きでマメな人

いつもレンタカーを綺麗にしてるとお客様に喜んでいただけます。

車両の何気ない異変に気がついてメンテナンスをしていれば、顧客満足度も自然と上がります。

またインターネット上の予約管理は売り上げに直結します。

マメであればあるほど 昇進も早いかもいれません。

説明力のある人

わかりづらい保険内容や保証内容をお客様にわかりやすく説明するのは意外と難しいものです。

そのことで頭をかかえる事も多くあるかも知れません。

しかし、お客様の反応を見れば自身の成長が直にわかります。

トークスキルや説明力というのは欠かせない能力になります。

クルマ好きな人

クルマが好きな人にもとてもおすすめな職業です。

ただドライブするだけでなく、車両の構造やメンテナンス方法を覚えるには良い機会にもなります。

レンタカー店の業務を始める前と実際に始めてからのギャップ

レンタカーは筆者自身も旅行やレジャーそして 仕事などで利用することは何度かありました。

しかし実際のところ働いてみるまではこんなにの細かな気配りをしてくれていることに全く気付きませんでした。

利用客として利用する時には感じなかったことや、店員さんの心使いがレンタカー店での業務の中にはたくさんありました。

始める前はこんなイメージでした

レンタカー店の仕事のイメージは、正直なところ自身が働く前までは貸し出し時の接客のイメージがものすごく強くて、その他の業務内容を気にすることはありませんでした。

いわゆる「接客業」として一言でくくってしまっていました。

利用客側から感じるレンタカー店の仕事のイメージと実際従業員として感じるレンタカー店での仕事のイメージにどんなギャップがあったと思いますか。

実際に働いてみて感じたこと

レンタカー店での従業員として自身が実際に業務に携わり、まず最初に思ったことは、思った以上に複雑な、接客業務の中での説明事項です。

「保険と保証の内容をいかにわかりやすくお客様に伝えるためにどうしたものか」と試行錯誤したものです。

また予約を無駄にしないために車両のスケジューリングに頭を悩ませたり、リピーター獲得のために道路状況を事前に把握しておいてスノータイヤなどのオプション品の提案をしたり、細やかな気配りから丁寧な作業までが必要な、総合サービス業であると感じました。

このように利用客側からは分からないことを実際に働いてみると強く感じることができました。

興味がある仕事はもちろんのこと、なかなか興味が持ちづらい仕事にしても実際に働いてみるとその仕事に対してのイメージがガラリと変わる事があるので、何事もチャンスがあれば経験してみるのも有りだと思います。

まとめ

いかがでしたか?

今まで何気なくレンタカーを借りられていた皆さんも、レンタカー店の内側を少しではありますが覗くことができたのではないかと思います。

興味が湧いた方はぜひレンタカー店のお仕事も経験してみてくださいね。