看護師を辞めたいと思うこと、やっぱり、ありますよね。

私自身、30年余りの看護師人生の中で、そう感じては思いとどまることが何度もありました。

まわりの看護師さんたちが「辞めたい」と悩み苦しんでいる姿も数えきれないほど見てきました。

そんな経験から感じたこと学んだことを踏まえてお話ししたいと思います。

「辞めること」がベストだとは言いませんが、「辞めずに頑張ること」だけがすべてではないとも私は考えています。

一緒にあなたの悩みを解決するための方法を考えてみましょう。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

本当にまだ頑張れますか?限界ではありませんか?自分自身に問いかけてみましょう。

まず、一番初めに見極めて欲しいのは、あなたの現状の深刻さです。

私は、これまで多くの看護師さんに接してきた中で、確信していることがあります。

それは「まじめで頑張り屋、責任感の強いの人ほど、自分の限界を超えて頑張ってしまう」という事実です。

このタイプの看護師さんたちは「辞めたい」という思いを「甘え」だと解釈し、自分自身を厳しく叱咤激励して、さらに追い詰めてしまう傾向があります。

世間のイメージも影響しているように感じますね。

自分を犠牲にして働くことが美徳であるというイメージが、まだまだこの国においては強いようです。

「辞める」ということが「逃げ」や「負け」であると捕らえる人も少なくありません。

もちろん、一生懸命仕事に取り組むこと自体は素晴らしい事です。

しかし、それによって自分自身を追い詰めてしまうことが、果たしてベストな選択なのでしょうか。

私は個人的には違うと思っています。

 

頑張り屋さんな友人の看護師さんが追い詰められてしまった例も…

私の友人である看護師さんは、どうみても「ブラック病院」だとしか思えない病院で、休みも取れず、毎日残業続きの環境で働いていました。

上司のパワハラがひどく、毎日のように「役に立たない」「看護師辞めれば?」などと暴言を浴びせられていたのだそう。

私が「辞めた方がいい」とアドバイスしても「理想の病院を作るために貢献したい」と言って、仕事を辞めようとはしませんでした。

その結果、10㎏以上痩せてしまい、精神的に追い詰められた挙句に、うつ病を発症してしまったのです。

今は「まだ頑張れる」と思っているとしても…

今、この記事を読んでくださっている皆さん。

あなたは自分自身の現状を客観視できているでしょうか。

あなた自身が「まだ頑張れる」と思っていても、実はあなたの心や体はすでに悲鳴をあげているのかもしれません。

本当にまだ頑張れるのか、限界ではないのか、もう一度、自分自身に問いかけてみましょう。

もしも、正確な判断すらできないほど、精神的に追い詰められているのなら、迷わず信頼できる誰かに助けを求めたり、専門家の指示を仰いだりするべきです。

頑張り屋さんな友人のその後

うつ病を発症した私の友人は、その後家族とともに心療内科を受診し、適切な治療を受けたことで、病院を辞めることができました。

1年ほど療養した後、すっかり回復し、今では別の病院で元気に看護師として働いています。

あの時の自分を振り返って「病院側に洗脳されて、辞めることで自分の人生が台無しになるような錯覚に陥っていた」とも語っていました。

病院を辞めたぐらいでそんな事態に陥ることなんて絶対にありません。

もし彼女と同じような状況で、暗闇の中で行き場を失っている人が居るのなら、ぜひ臆せずに誰かに助けを求めて欲しいと思います。

\看護師の仕事に悩んだら、思い詰める前にキャリアアドバイザー相談を/

辞めたい場合の対処法

まず取って欲しいアクション

本当は、上司や人事などに相談して解決していきたいところですが、それが出来ないからこそ「辞めたい」と思っている人が多いでしょう。

また、他の科に異動するにも時間がかかってしまうので、そうすると我慢が続いてしまいます。

そこでまずやるべきはこの2つ。

  • ナース人材バンクなどの転職サイトへ登録してオファーを貰っておく。
  • 辞める事や環境改善を含めて、上司や人事に相談する。


ベストな方法は、「まず転職先の当てを探す」。それが見つかったら「込み入った話を含めて、上司や人事と相談する」という流れです。

上司や人事に相談したり交渉するにも、『他の会社からオファーを貰っている』と心の余裕をもった態度で臨めるからです。(クビにされたら行く当てがない…、と怯えるのも嫌ですよね…)

すぐに転職するか分からなくても、転職サイトに登録しても大丈夫です

真面目な人ほど、「すぐに転職するか分からないけど、転職サイトに登録してオファーを貰っても大丈夫?」と気を遣ってしまいますよね。

もちろん、大丈夫です

今の気持ちとして「辞めたい」と思っているのであれば、『辞めたいと思っているけど、いつ転職するかは分からない。良い転職先があれば検討したい』という姿勢で望めば良いのです。

私の経験から言っても、すぐに転職するつもりはなくても、実際に良い転職先を紹介されたら転職したくなるものです。

また、転職サイトに登録してキャリアアドバイザーや転職エージェントの人と会っておくと、レアな求人をタイミング良く紹介してくれることもあります。

すぐに面接したくない場合でも、まずは登録だけでもして、どんな転職先の候補があるか見てみると良いでしょう。無料なので安心して使えますし。

看護師のおすすめ転職サイトはこちら

ひとまずはナース人材バンクに登録してキャリアアドバイザーに相談するくらいで大丈夫でしょう。

もしそこで良い仕事が見つからなかったら、他のサイトへも登録してみましょう。

年間10万人以上の看護師が利用!

『ナース人材バンク』は、上場企業が運営する国内最大級の看護師専門の転職支援サイトです。

ナース人材バンクがおすすめな理由

  • 年間利用者数は10万人以上!紹介実績No.1
  • 給料などの条件交渉専任キャリアコンサルタントがやってくれる
  • 給与高めの求人も多く掲載されている

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

そこまで深刻な状況ではない。「辞めたい」とは思うが、冷静な判断が可能で頑張れるという方へ。

ほとんどの方は先述した内容ほど深刻ではなく、自分で冷静な判断が下せる、頑張ることができるという状況なのでしょう。

でも、現状に不満があり「辛い」「苦しい」と感じていることは確かですよね。

それならば、具体的な行動を開始してみましょう。

「辞めたい理由」別に講じるべき対策を挙げてみます。

「仕事がきつい」場合の対策

対策として

  • 勉強や努力、自分なりの工夫によって効率化をはかる。
  • 上層部にかけあって業務改善をすすめたり、人員の補充を依頼したりする。
  • パート勤務や部署移動を願い出る。
  • 家族の協力を得て休養時間を確保する。
  • 通勤方法の変更、引っ越しなどの検討をする。

などが考えられるでしょう。

あまりにも過酷な状況なのであれば、転職を検討するのも一つの方法です。

自分が仕事において「きつい」と感じることは何なのかを見極め、それを改善できる職場を探しましょう。

例えば「夜勤が辛いのであれば日勤だけの病院を選ぶ」「重労働が負担なのであれば眼科や耳鼻科などを選ぶ」「医療処置が多く勉強すべきことが多いのが負担なのなら、介護施設などへの転職を検討する」などという具合にです。

「待遇に不満がある」場合の対策

職場にかけあって改善される場合もありますが、無理なようであれば、転職を検討してみるのも一つの方法です。

ただし、同じ過ちを繰り返さないよう、きちんと情報取集をして慎重に転職先を選ぶことが重要になります。

一方で、現在の職場のメリットも見直しておきましょう。

そのメリットを失っても本当に後悔しないか、確認した上で転職を決意したほうがいいですね。

「人間関係がつらい」場合の対策

「辞めたい」と感じる理由としてもっとも多く、事態が深刻化しやすいという一面もあります。

もちろん例外もありますが、いったんこじれた人間関係は、簡単に修復できるものではありませんし、人間関係のトラブルを引き起こすような人が、急に心を入れかえて善良な人に変わることも、ほぼ期待できません。

  • 我慢して自分なりに改善策や妥協策を講じる。
  • パート勤務や部署移動、夜勤専従などに勤務を変更し接触する回数を減らす。
  • 転職して新たな人間関係を構築する。

などの対策が考えられるでしょう。

ただし、転職した場合は、転職先で同じようなトラブルに巻き込まれないよう注意する必要があります。

トラブルの要因が少ない職場を選択した上で、自分自身の要因(大人しくてNOと言えない、説明がうまくできず誤解されやすいなど)があるのなら、それをあらかじめ説明して協力を得るなどの対策を講じて事前にトラブルを回避する努力をしましょう。

待遇や人間関係などは一朝一夕には変わらないもの。

考えすぎて自分のメンタルを痛め続けるのはあまりよろしくありません。

そんな時は、職場を変えることを視野に入れて、他の求人を探したり、看護師専門のキャリアアドバイザーに無料で相談してみてはいかがでしょうか?

ここではおすすめサイトを2つ紹介します。

最後に

看護師の仕事は、本当に大変な仕事です。

でも、やりがいがありますし、人に感謝されることが多い幸せな職業でもあります。

なによりお給料が他の職業より高額ですしね(笑)できることなら一人でも多くの看護師さんに、辞めないで仕事を続けて欲しいと思います。

でも、自分自身の限界を超えてまで仕事を続ける必要はありません。

看護師の仕事には、無理をして仕事を続けることによって仕事中ミスをおかした場合、人の命を奪うことにもつながりかねないという一面もあります。

もしそのような事態を招けば、あなたは現状の悩みや苦しみに加えて、さらなる重荷を背負うことになります。

その時になって「辞めておけばよかった」と後悔するような事態は避けたいですよね。

これらの点をよく考えて、ご自身の現状と照らし合わせながら、決断を下してほしいと思います。

そして、しっかりと考えて決断を下したのであれば、それを信じて、まっすぐ前を向いて歩んで行って欲しいと思います。

大丈夫、あなたならきっと乗り越えていけるはずですよ。

\看護師の仕事に悩んだら、思い詰める前にキャリアアドバイザー相談を/

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師の働き方で悩んでいるなら、こちらの記事を参考に!

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
日本最大級の医療機関情報を掲載!非公開求人も多数あります 公式サイト 公式サイト
年間利用者10万人以上!国内最大級の看護師転職支援サイト。全国エリア対応。 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

辞めたい 看護師求人