現在は入院期間の短縮のため、治療が終わると転院や退院を余儀なくされる場合が増えています。

退院後の生活が不安な方や、一人暮らしの高齢者を中心に訪問看護の需要が増加傾向にあります。

ここでは、訪問看護師の仕事内容についてご説明します。

訪問看護師の仕事は大きく3個の役割に分けられる

利用者様の看護

まず第一に看護業務があります。

訪問看護では、地域で生活する医療管理が必要な方を対象に看護を提供します。

対象となる方は、高齢で退院後の医療管理が必要な方が多く、最近では在宅で最期を迎えたいと希望される終末期の方も増加傾向にあります。

訪問看護の導入により、医療処置が必要な方でも、地域で安心して生活することができます。

頻回な通院が困難な方は、看護師が訪問することで医療との繋がりができ、通院回数の削減を実現している方もいらっしゃいます。

今後ますます需要が増える訪問看護ですが、どのような流れで行われるのかについて後述いたします。

他職種との連携

地域で生活する利用者様を支援するにあたって、支援者は訪問看護師のみではありません。

訪問看護の他に、在宅で必要なサービスを調整するケアマネジャー、主に生活支援を行う介護ヘルパー、デイサービスやデイケアなどの施設職員、福祉用具の事業所などの福祉関係の方が多く関わります。

対象者は高齢者が多く、生活そのものの支援が必要な方も多いのが現状です。

また、医療関係では、主治医や看護師とのやりとりも多くなります。

書類作成

訪問看護は、主治医の指示のもと、計画に沿って実践されます。

その都度書面に表すことが必要になります。

利用者様の看護の3個の業務

訪問看護導入前

訪問看護の導入が決まると、主治医より訪問看護指示書が発行されます。

看護師は、その指示書に基づいて看護を提供します。

退院前に病院でカンファレンスが行われ、現在の問題点や今後在宅で考えられることなどの情報を他職種で共有します。

ポイントは、このカンファレンスで、起こりうる看護上の問題点を見いだし、対応方法を確認しておくことです。

例えば、血糖コントロールが必要な方の場合、最も大切なことはシックデイの対応や低血糖時の指示の確認になります。

緊急性が高い対応が必要な場合は、その指示をしっかり確認し、対応後に医療機関に報告するという手順がとれるようにしておくと慌てずに行動できます。

その他、退院指導の内容や反応、病院での服薬管理方法、インシュリン自己注射の手技などの確認をし、在宅で継続していくために必要な環境を整えていきます。

訪問看護導入

退院後に実際の訪問看護がスタートします。

訪問時の体調確認、服薬状況の確認、医療処置など、主治医の指示に基づいて必要な看護を実践します。

看護の場は、利用者様のご自宅です。

ご自宅を訪問し、生活環境を把握しながら行っていきます。

体調不良や状態の悪化などの際は医療機関に報告し、主治医の指示を待ちます。

このようにして、地域で生活する利用者様が、安心して生活できるように支援していくことが看護師の役割となります。

訪問看護終了

訪問看護の利用は対象となる方によって、利用期間もさまざまです。

何年も続く方もいらっしゃれば、状態が良くなり自己管理に問題がなく終了になる方もいます。

中には、状態の悪化で入院管理が長期になる場合や、お亡くなりになられた方も終了という形になります。

他職種との連携の2個の業務

情報共有

他職種との連携では、まずは利用者様の情報を共有することから始まります。

生活を通して考えられる問題点を共有し、病歴と治療内容から対応方法を統一しておきます。

容態が悪くなれば、訪問看護師が臨時訪問し対応するか、医療機関に臨時受診する形になります。

緊急性が高い場合は、その限りではなくすぐに救急搬送となるケースもあります。

定期的に担当者会議が開催され、情報交換の場となります。

役割分担

他職種との情報共有で利用者様の状態が把握できれば、それぞれ利用者様への支援が開始します。

訪問看護は医療面を中心に関わる事になります。

利用者様は色々なサービスを利用することで生活上の問題点が解決し、地域で安心して生活することができます。

書類作成の業務

訪問看護で必要な書類は、契約時の契約書だけではありません。

まず、看護を実践するにあたり看護計画書の作成が必要になります。

その計画書に利用者様に必要な看護内容を記載します。

そして、月ごとに訪問看護時の利用者様の様子を報告書として医療機関に提出します。

病院での看護業務との仕事内容の違い

訪問看護の業務内容についてご説明しましたが、病院での業務とは何が違うのか気になりますよね。

基本的には看護の視点は変わりません。

しかし、看護を実践する場所が異なるため、実際の業務内容も異なります。

病院では、疾患の治療が第一優先であり、入院をして24時間医療者の監視下です。

看護内容は、バイタルサインの確認の他に、医師の指示に従い処置があります。

病状は急性期であることが多く、処置も多くなります。

その他にも、入院生活の支援(食事介助、排泄介助、保清介助など)があります。

しかし、治療が終わり退院してきた患者様は、今度は生活することが中心となります。

訪問看護では、主に在宅で継続していく必要のある処置が問題なく行えているかの確認や、体調管理を中心に行います。

病状が安定していれば、週に1回程度の訪問を継続します。

ただ、病院では緊急時に医療設備や医師が常駐しているためすぐに対応できますが、在宅では看護師一人で訪問するため、臨機応変で迅速な対応が必要になることもあります。

また、医療設備が病院のように整っていないため、創意工夫が必要となります。

訪問看護師の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

筆者にとってやりがいを感じるポイントは、終末期の利用者様の看護です。

住み慣れた自宅で最期を迎えたいというご本人の願いと、それを支えているご家族の支援になります。

在宅でできる看護は、症状コントロールです。

痛みや排泄のコントロール、食欲不振の方には補液の投与を実践します。

終末期のため臨時訪問は多くなりますが、可能な限り安心して自宅で生活できる手助けとなれることは大変やりがいとなります。

まとめ

訪問看護の業務についてご説明しましたが、いかがだったでしょうか。

訪問看護に少しでも興味のある方の参考になれば幸いです。

これから更に訪問看護の需要が増えるため、訪問看護師として活躍される方が増えることを願っています。


関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。「泌尿器科の看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方が

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把

看護師の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

今回の記事は、看護師の年収や相場、給料をアップするには転職術についての記事をご紹介していきます。看護師は比較的給与の高い職種ですが、できることなら今までよりも給料アップできたらいいなと思うのが本音ですよね。転職する際に、確認しない人はいないくらい大切な条件である給料。具体的な看護師の給料の相場感などご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →看護師の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入職した場合病院や地方によって異なりますが、都心部のケースで紹介すると、手当込で年収350~400万円という所が妥当のようです。大学病院や総合病院などの急性


看護師求人に関するコラム

看護師採用はどんな会社がしてる?3つの病院タイプや人手が足りない科・看護師が求められている役割とは

看護師といえば病院やクリニックで働いているイメージですよね。約9割の看護師は医療や介護の現場で働いています。しかし、看護師免許は医療現場以外でもその資格を活かすことが可能なのです。全体の1割の看護師はどんな職場で働いているのでしょうか?今回は医療現場以外で看護師採用をしている会社に視点をあてて説明を行っていきたいと思います。また、病院や企業など看護師として働く現場の特徴についてもご紹介していきたいと思います。看護師採用はどんな会社がしてる?看護師としての仕事内容は幅広く、医療や介護以外で活躍している看護師は多く存在しています。では、実際にどのようなところで働いているのでしょうか?医療や介護以外

看護師在宅ワークにおすすめな仕事とは?おすすめやメリットデメリットを経験者が教えます。

ここ最近、SNSの普及が充実しておりその中で様々な情報が飛び交うようになりました。その中でも現在注目されているのが「在宅ワーク」です。在宅ワークってどういったことをするのだろうとお思いになる方がほとんどかと思います。ここでは、看護師にオススメな在宅ワークをご紹介していきたいと思います。看護師の在宅ワークにおすすめな仕事とは?そもそも看護師に在宅ワークが必要なのでしょうか?看護師といえば、給料が高いというイメージが多いかと思います。実際私も看護師として働く傍ら、在宅ワークをしている身でもあります。私の場合、現役で働いている時はそこまで在宅ワークに時間をかけることができなかったのですが、妊娠をして

看護師が50代で転職する時に気をつけたい5つのこと。経験者が解説します!

看護師の転職なんていくらでもあります。現在看護師という職業は本当に人手不足で年代問わず優遇される事が多いのです。資格があった方が有利とは言われますが、看護師ほど有利な職業はないでしょうね。今回は50代の看護師が転職する際に注意して頂きたい事をお伝えしていきましょう。私も元医療事務でしたので、気が付いた事を全てお話致します。看護師が50代で転職する人は多い?看護師が50代で転職される方というのはそこそこかもしれませんね。病院勤めをされているか、クリニックで働いてきたかのどちらかになります。30代、40代で転職される方はおりますが、50代となると正直厳しいものがあると思って下さい。確かに看護師とい

耳鼻科看護師の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

耳鼻科の看護師の役割とは何か?また他の科と何がどう違うのか?と気になる方もいるようです。多くの科がある中で、もっとも季節によって左右されると言われている耳鼻科。実は他の科以上に人気があるとされています。今回は耳鼻咽喉科看護師の仕事内容についてお伝えしていきましょう!耳鼻科看護師の仕事は大きく2個の役割に分けられる耳鼻咽喉科の仕事というのは、実際看護助手と仕事内容は変わりません。注射、手当などをする程度くらいでしょうか?私は3年ほど耳鼻咽喉科の看護助手として看護師と共に働いていましたが、いざという時に頼りになるという事でしょうか?点滴、注射などの処置耳鼻咽喉科に来院される患者というのは、結構多い

内科看護師が給料を上げるためにやりたい3個のこと

看護師として働いていると仕事に対してのやりがいも必要ですが、やはり給料も大事なところですよね。今回は、内科の看護師の仕事内容や都道府県別や働き方などを比較した給料、また看護師として働く中で給与をあげる方法などについてお話をしていきたいと思います。なかなか聞けない給与事情についてお伝えしていきます!内科看護師のおおまかな仕事内容内科とは、体の中の疾患に対して手術など外科的な処置をせずに治療する診療科のことをいいます。内科の看護師の仕事は、医師の診察介助、バイタル測定、投薬(注射・点滴)、採血、看護ケアなどが主な業務となってきます。病棟での1日の業務は、バイタル測定し、点滴や採血、食事や排泄などの