ここでは人材紹介とはどういう仕事内容なのか、どういったメリットデメリットがあるのかをご紹介していきます。

人材紹介とはどんな仕事?

簡単に言うと、企業の採用ターゲットを探してきて、採用企業に紹介する仕事です。

売上は、採用が決定した場合に発生する成果報酬であるケースがほとんどです。

人材紹介業には主に3つの役割があります。

ここでは、分業をしている会社を例に説明します。

一つ目が、リクルーティングアドバイザー、略してRAと言われるポジションです。

採用企業に訪問し、求人を獲得してくるのが、RAの仕事です。

続いて二つ目ですが、キャリアアドバイザー、略してCAと言われるポジションです。

こちらは、求職者と面談をして、転職に関する希望を聞いたりアドバイスをするいわゆるコンサルタントです。

三つ目は、リサーチャーと呼ばれているポジションです。

紹介会社は、求職者を企業に紹介し、採用が決定すると手数料をもらうビジネスです。

リサーチャーの役割は、この求職者を集客することです。

媒体を使ったり、自社のホームページに集客する施策を考えたりする人たちです。

この記事では、主にRAとCAの仕事にクローズアップして説明をしていきます。

人材紹介の役割とは?

求職者に正確な現状認識をもたらす

求職者はとかく自分の都合のいいようにマーケットを解釈しがちです。

異職種への転職希望者などはまさにこれといえるかもしれません。

たとえば、営業経験がありつつ、好きだという理由でコピーライターを希望する求職者がいたとします。

素質や努力のあとがあればまだいいですが、中には何も努力をせずに今の仕事が嫌だから他の職種を選択したいという人も残念ながら多数おります。

そんな現状を正しく認識できない求職者に、転職マーケットの実態や、どうすればキャリアアップができるかをアドバイスするのも重要な仕事の1つです。

適材適所の演出が人材紹介会社の役割のひとつと言えます。

企業の採用を代行する

人材紹介業とは、採用を希望する企業に代わって、求職者を探して、クライアント企業に推薦、採用が確定したら、手数料をもらうビジネスだと書きました。

多くの場合は、理論年収の30%を手数料として支払うケースが多いです。

採用企業の人事だけでは採用計画を達成できない場合に、力になってくれるのが紹介会社です。

採用マーケットの状況を企業に伝える

採用企業が、なかなか情報を収集出来ないのが、属している競合企業の動きです。

紹介会社の営業マンたちは、日々自分の得意な業界のクライアントに出入りしているため、様々な情報を持っています。

人材紹介会社の役割は、人を推薦してくれるだけでなく、業界の採用ニーズや、ひいては今後の動向についての情報を、もたらしてくれるところにあります。

世の中に求人を生み出す機能もある

人材紹介業のコンサルタントや営業マンたちが、企業を訪問し顧客にヒアリングを行うことで、企業の採用ニーズが浮き彫りになります。

さらに求人企業が紹介会社に求人を提供すると、1件の求人表ができあがります。

その後に紹介会社が自社のメディアや集客サイトを通じて、求人をオープンにしていくわけです。

そうすると、1件新しい求人が世の中に出現するなることになります。

人材紹介で仕事を探すメリットとは?

求人を自分で探す手間が省ける

求職者の立場で考えると、転職活動の際に自分の力だけで、求人を探すのは、なかなかの労力がかかります。

一方で、紹介会社はその業界やクライアントの実態を把握していることも多く、相談すると多くの情報が得られるケースもあります。

今は転職サイトもたくさんあるので、求人はすぐに検索できますが、プロの目で自分に合った求人を探してくれる点が、紹介会社の大きなメリットと言えます。

業界に精通する人に相談しながら転職活動ができる

自分ひとりの力で転職活動をしても、集められる情報には限界があります。

一方で紹介会社の営業マンは、定期的に企業とコミュニケーションをとっているため、企業の雰囲気や、どんな人が採用されやすいかなども把握していることが多いです。

もちろん、そういう情報収集がへたくそなコンサルタントもおりますので、一概には言えませんが、業界に詳しいコンサルタントから様々なアドバイスを受けることは決してマイナスにはならないでしょう。

給与の交渉も代行してくれる

これは、ステップアップを図りたい求職者からすると、大きなポイントの一つですよね。

あまりに好条件で転職をすると、その分プレッシャーも強くなるもんですが、できれば納得感のある条件で新しい職場に移りたいものです。

紹介会社の営業マンは、転職者の年収の30%を手数料として受け取りますから、できれば年収は高めに設定したいと考えております。

しっかりと自分の希望を伝え、自分も求人企業も、紹介会社もウィン-ウィン-ウィンになるような落としどころが見つかれば最高ですよね。

人材紹介という仕事と出会うチャンスでもあります

人材紹介を通じて自身が仕事を探す中、人材紹介のコンサルタントの仕事に関心を持ち、世話になった紹介会社に転職をする人も中にはいます。

人材紹介は決定を出さないと、売上が立たないという非常に厳しい世界ですが、人の相談を受けながらキャリアアップの提案をする、様々な企業にアプローチをして情報を得ながら営業活動をするとてもやりがいのある仕事です。

個人で独立して事業をやっている方でも、大手企業等と取引をして、大きな仕事をしている人もたくさんいます。

人材紹介で仕事を探すデメリットとは?

紹介会社の営業マンが持っていない案件には出会えない

基本的に、紹介会社の営業マンといえど、希望する業界のすべての求人を持っているわけではありません。

得手不得手があります。

むしろ、言葉は悪いですが自分にとって都合の良い企業を薦めてくることだってあります。

なので、紹介会社の言うなりになるだけでは、自分に合った求人は見つけられないので、アドバイスは受け止めながらも、自分の目で判断をするようにしましょう。

入社後にすぐに活躍することが期待されてしまう

給与の交渉などを代行してくれるメリットは先ほど伝えましたが、人材紹介を通じて採用をするということは、企業にとっては、非常に大きな投資と言えます。

年収の30%の金額を払うわけですから、それなりの代償を背負うと言っても良いでしょう。

なので、人材紹介を通じて転職をすることは、入社後すぐに活躍をすることが期待されることだということは把握しておく必要があるでしょう。

担当するコンサルタントによっては的外れなコンサルをされてしまう

求職者として紹介会社に登録をすると、自分の担当のコンサルタントがついてくれます。

この部分に関しては、自分でコンサルタントを指名できないケースも多く、運が悪いと、的確なアドバイスや求人の提案をしてもらえないケースもしばしばあります。

よく言われるのが、大手の人材紹介会社にいくと、求人をたくさん紹介されて、順番に受けていきましょうと、コンサルティングに基づいた提案ではなく、ただの押し付けに近いことをやってくる会社もあるそうです。

紹介会社にいけば、必ず有益な情報を得られるというわけではないので、注意が必要です。

確固たる転職理由がない場合は要注意

なんとなく転職を希望して、転職活動をはじめ、自らの意思決定をせずに紹介会社のコンサルタントの薦めるがままに転職をしてしまうことにはリスクが伴います。

紹介会社のコンサルタントも営業マンですから、目標を達成するために、あの手この手で早期の転職を薦めてこようとします。

中には、人手不足に悩む企業に無理やり転職させようとする人もいるかもしれません。

入社したあとでこんなはずではなかったということもありますので、転職活動は慎重に行ったほうがいいです。

人材紹介の給料事情は?

これは固定給の会社とインセンティブを設けている会社とでは、大きく異なってきます。

人材紹介は採用した人の年収の30%を手数料として、受け取るビジネスですが、企業とコンサルタントが折半したりするケースも少なくありませんので、年収500万円の人の転職を年間10人成功させたとすると、500万円の30%で150万円。

そのうちの50%を受け取るとすると、75万円×10名=750万円。

年間で750万円が手元に入る計算です。

人材紹介会社に属して働くことも良いですが、法人営業のスキルが極めて高い方は、独立して、紹介会社を運営するという選択肢もあります。

その場合、通常通りの手数料で企業と契約ができれば、年収の30%が常に売上として立っていきます。

500万円の年収の方を年間15人決定したとすると、売上は150万円×15人=2250万円

一人で経営している場合は、経営者の人件費と必要経費だけですので、2250万円に近い金額が利益になっていきます。

最大手のジェイエイシーリクルートメントの決算短信を見ると、平成30年1月1日→平成30年3月31日の給与及び手当で約14億円、社員数781人で計算すると、一人あたり約60万円の人件費となります。

単純計算すると、12ヶ月で720万円相当。

最大手ともなると決して低い数値ではないといえます。

人材紹介でよくあるこんな裏事情

売れるコンサルタントの特徴

実績を出す人材紹介のコンサルタントとはどういう人だと思いますか。

たくさんの求職者と会って、たくさん相談を受けるコンサルタントだと思っている人が少なくありません。

しかし、実は、実績を出す紹介コンサルタントに共通している点は、クライアント企業の内情に精通していることです。

つまり、企業理解が深い、法人営業が得意な人がよく決定をだすコンサルタントだと言えます。

企業をよく理解しているコンサルタントの方が、どんな人が転職すれば活躍できるのか、ミスマッチを防げるかも熟知していますし、企業のことを詳しく知っていることで、自ずと求職者からも信頼されます。

なので、法人営業が得意で求人案件を豊富に持つコンサルタントが優秀なコンサルタントだといえるのです。

良いコンサルタントの選び方

前の項目につながる話ですが、良いコンサルタントに相談したければ、法人営業で活躍していたコンサルタントにお願いするに限ります。

紹介会社にいきなり登録にいくと、誰が担当になるかわかりませんので、周囲の知人友人に自分が希望する業界い精通しているコンサルタントがいないかどうか聞いてみるのも、有効な手段だと思います。

また、コンサルタントといっても目標を持った営業担当者ですので、みんなそれなりに転職を勧めてきます。

なので、転職をしないほうがいいという提案をしてくれるコンサルタントは、誠実であり数字にも困っていない可能性がたかいので、良いコンサルタントといえるかもしれません。

個人情報の取り扱いには気をつけて

紹介会社の中には、手洗い営業をするところも少なくありません。

通常は、求職者に企業を推薦して、同意が得られれば、履歴書を企業に送る流れですが、先に企業に履歴書を送ってから求職者の同意を取る紹介会社もあります。

そうすると、何が起こるかというと、別の紹介会社経由でとある企業の選考を受けた際に、企業から「以前書類でNGになっています」というフィードバックが返ってきたりします。

知らないうちに企業の選考を薦められていることもあるので、注意が必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

人材紹介に対してどんなイメージをお持ちになったでしょうか。

人材紹介を利用するメリットには、自分では見つけられない企業との出会いがあったり、条件を交渉を代行してくれたりという点があります。

一方でデメリットは、採用企業が大きな費用負担をする分、入社後の活躍を早期に期待されることがあります。

良い面悪い面ありますが、人材紹介会社がいることで、世の中に様々な求人が出回ることは事実ですし、彼らがいることによって、採用企業と求職者のミスマッチが防がれているということも言えます。

人材紹介を利用することは、求職者にとっても採用企業にとってもメリットがある活動であることは間違いないと思います。