看護師の仕事は何も病院だけではありません。

病院の中でもたくさんの診療科があり、その1つ1つに特徴があります。

ここでは私の体験や経験から、看護師の仕事の内容についてご紹介していきたいと思います。

私が働いてきた病院やクリニック、高齢者施設の看護師で楽な仕事だと感じた事など、病院と比較してクリニックや高齢者施設の業務の内容もご紹介していきましょう。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師のおおまかな仕事内容

看護師のおおまかな仕事の内容は「患者さんの状態の観察」です。

高齢者施設でもクリニックでも患者さんの状態の観察は変わりなく行う看護師の業務になります。

病院では、入院患者さんの病気の観察が主な仕事になりますし、高齢者施設では要介護者の病気の状態と日常生活の状態の観察も行わなければなりません。

状態の観察はバイタルサインを主な観察項目となる病院と、高齢者施設では、精神的な要介護者の発言や、認知症の状態を観察する事も看護師の業務になります。

私の職場変遷

私は自分の生活に合わせて看護師として職場を何度か変わり、病院から高齢者施設やクリニックへと転職しています。

ここでは私の転職してきた体験から、どのような業務があるのかをご紹介しましょう。

1.地方の中規模病院

看護師の資格を取得して、初めに働き始めたのは、自分の地元の中規模の病院でした。

この中規模の病院は内科と整形外科が一緒になっている病院でした。

また外来は呼吸器内科や神経内科もあり、多種多様な患者さんがいらっしゃいました。

また、地元の病院は自分が働いてる病院以外に2つしか無く、1日の外来の患者さんは午前中だけで150人を超えることもありました。

中規模病院の特徴とは?

地元の中規模病院の特徴は、自分の家族や知り合いが入院したり、外来で治療をする事があり、自分の症状が言いやすかったり、自分の知り合いの看護師がいるというだけで気軽に受診する事が出来るという事です。

大規模の病院や大学病院では待ち時間が長く、朝から並んで順番を取っても、予約が多く結局待ち時間が長くなってしまう事が多々ありますよね。

しかし地元の中規模病院では、あまり予約も無く、朝から順番を取り、一旦帰宅して、診療時間に出直しても、待ち時間が少なく受診する事が出来ました。

その点においては、患者さんから見ても、良い特徴と言っても良いでしょう。

地元に中規模病院の働きやすさや待遇は?

地元の中規模病院の働きやすさは、看護師さんも自分の子供と同じ小学校保育園に通っている事もあり、子供の事で緊急に休んでも、先輩看護師や同僚の看護師に頼みやすいという利点はありました。

自分の母や、祖母の事も知っている人が多く、受診の順番を取る時も家族が早めに出勤して、順番を取る事もありました。

また福利厚生も大規模の病院とほとんど変わらず、産休や育児休暇もきちんとあり、昇給も賞与も30万ほどありました。

人間関係もよく、助け合いの看護ができていました。

2.有料老人ホームの看護師

有料老人ホームにもたくさんの種類があります。

私が勤務していた有料老人ホームは、2階が入居者の寝室になっていて、1階がデイサービスと言う形で、日中は1階のデイサービスに行くという有料老人の老人のホームでした。

ここでは特殊な有料老人ホームの看護業務の特徴をご紹介しましょう。

有料老人ホームの特徴とは?

有料老人ホームの特徴は、特別養護老人ホームと比べて医師がいないという事です。

医師がいないという事は、何かあった時に、看護師で対応しなくてはいけないという事です。

私が勤務していた有料老人ホームでは、かかりつけの医師が老人ホームから離れた所がから来て頂いていた為、急変時は看護師の判断で、救急車の乗せたり、家族に報告したりしていました。

その為看護師の判断が重要になってくるのです。

このような有料老人ホームは少なくありません。

契約している医師がクリニックの医師である場合夜の急変は看護師もいないので、介護士が対応しなければならない所もあります。

その為、特別な急変以外の病気や継続看護をしている基礎疾患の状態が悪くならないように、日々看護師が要介護者の状態の観察を行う事が重要となってくるのです。

有料老人ホームの働きやすさや待遇は?

有料老人ホームは病院と違って日々看護業務に追われるという事はあまりありません。

日々感観察項目をしっかり記録に残す事が大切となります。

日々看護師として業務を果たすというよりも、介護者と一緒に要介護者を介護する事が多いです。

入浴介助や食事介助を主な業務となります。

その為看護をする事よりも、日々介護をしながら要介護者の状態の観察を行う事で、要介護者と信頼関係を築きながら、観察を行う事が出来ます。

病院で看護御業務を行いながら、たくさんの観察項目を満たしながら、記録や処置業務を行う事よりも、比較的に楽しみながら観察を行う事が出来ます。

有料老人ホームの福利厚生は病院よりも高くはありませんが、産休や育児休暇はしっかりありますし、介護をする人は女性も多くいらっしゃいますので、妊娠中の辛さや気をつける事も理解してくれる事が多いです。

その為、入浴介助や起床介助を変わってくれる事もありました。

病院では自分の看護業務が決まっている事がありましたので、誰かが変わるという事はあまりありませんでした。

その事を考えると有料老人ホームは看護業務がしっかり定まっていませんが、皆と助け合いながら業務を行う事が出来る事が、有料老人ホームの働きやすいポイントと言えるでしょう。

3.有料老人ホーム2

私が勤務した有料老人ホームの2つ目は、デイサービスの提供は無く、入居者が自分の部屋で過ごしながら、たくさんのイベントに参加するタイプの有料老人ホームでした。

ここでの看護師の業務は以前の有料老人ホームと違って、介護と看護の業務がはっきり区別されていました。

もちろん介護をする事もありましたが、内服の管理や処置の業務が主な仕事でした。

ここでは有料老人ホームの違うパターンの看護業務についてご紹介しましょう。

有料老人ホーム2の特徴とは?

ここでの有料老人ホームは介護職と看護職の業務が分かれていた為、介護をする事は、前の有料老人ホームと比較しても少なかったです。

入浴介助の業務はありませんでしたし、オムツの交換も処置のついでに行う事はありましたが、まとめて介護者と一緒に回る事はありませんでした。

ここでも看護師の業務は「要介護者の状態の観察」です。

日々の状態を観察し、基礎疾患の状態の把握や、流行性の疾患を予防する事も看護業務になります。

有料老人ホーム2の働きやすさや待遇は?

ここでの働きやすさは、介護をあまりする事が無いので、体力的に負担が無いという事です。

知識面を使う事が多い為、看護師の知識を日々勉強する事が大切になります。

この勉強を苦痛と思う人もいらっしゃるでしょうが、看護師として勉強するという事は自分の看護師としてのスキルアップが出来るという事です。

病院だけではなく有料老人ホームでも看護師のスキルアップはできました。

ここでの福利厚生は、昇給こそありませんでしたが、賞与の少ないですがありました。

病院では賞与が30万程でしたが、ここでの有料老人ホームでは15万程でした。

しかし有給もしっかりついていましたし、退職する時もしっかり有給を消化する事ができました。

4.介護付き高齢者住宅の看護師

介護付き高齢者住宅は、有料老人ホームと比較して、介護度が低い人が多く、介護が必要な人が少ない為、体力的には今までで1番楽な仕事でした。

しかし看護師として観察する事はもちろんある為、看護師は必要な所です。

有料老人ホームでもなく、高齢者の自宅でも無く、特別な状態の看護師の業務についてご紹介していきましょう。

介護付き高齢者住宅の特徴とは?

介護付き高齢者住宅の特徴は、介護度が低い為、日常生活の援助が必要となります。

身体的な介護よりも掃除や洗濯等の生活の援助が主な仕事になります。

ここで大切な事は、入居者と信頼関係を築く事です。

認知症も無く、少し体が動かない人が多い為、洗濯や掃除が出来ない人が多い為信頼関係が無いと自分が具合が悪い時に訴える事が出来る関係を築いておくことが入居者を守る事に繋がります。

介護付き高齢者住宅の働きやすさや待遇は?

介護付き高齢者住宅の働きやすい所は、業務が詰まっているわけではない為、急な休みにも対応できる事です。

私がこの介護付き高齢者住宅を選らんだ理由は、子供が小さいという事でした。

やはり小さい子供がいるとなかなかフルタイムでの仕事は出来ないものです。

自分の家庭の事を理解してもらう事が出来るという事が1番良い所でした。

福利厚生は病院の比較したら、あまり良いものではありませんが、自分の家庭を大切に出来る事は今の段階ではとても働きやすいと言えるでしょう。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師の中でも楽な仕事は?

ここまで、私の転職した職場を基本的にご紹介してきましたが、看護師としての業務の中で比較的簡単な業務を私の体験からご紹介していきます。

バイタルサインの測定

バイタルサインの測定は比較的簡単な看護業務になります。

持ちろん異常がある患者さんが多ければ時間もかかり、観察する事は多くなりますが、有料老人ホームではあまり異常がある要介護者はいらっしゃいませんでした。

病院でも内科ではターミナルの患者さんもいらっしゃいますので、バイタルサインの測定だけでも2時間程かかる事がありましたが、その他の点滴の管理や、検査の介助と比較しても、患者さんを起こしたりする事はありませんでしたので、体力的には楽な仕事でした。

カルテの整理

カルテの整理は自分の時間がある時に行う事が多いです。

もちろん自分の仕事の一部ですので、患者さんに直接関わる事ではありませんが、ため込んでしまうと大変な仕事になってしまいます。

しかし、カルテの整理はちょこちょことしていけば比較的楽な仕事です。

自分が観察している事だけではなく、他の看護師が観察してきた事をまとめて、これから患者さんに行う計画を立てる事と、今まで立ててきた計画がどのように経過しているのかをまとまる事です。

上手く出来た看護計画もあれば、出来なかった看護計画ももちろんあるでしょう、自分の計画がダメな事はあまりありません。

患者さんの事を考えながら立てる看護計画は患者さんの状態を観察する上で大切な事です。

有料老人ホームの要介護者の観察

病院と比較して、有料老人ホームの看護師の観察は簡単なものになります。

日々病状が変化する病院の患者さんと違って、有料老人ホームの要介護者は病状が安定している為、バイタルサインも安定している人が多く、観察項目もあまり多くはありませんでした。

しかしここで、病院と違って大変だったことは、病状が内服と関係が多いという事です。

内服の管理をする事も看護師の仕事だった為、内服に対する新しい知識が必要でした。

また、病状が悪くなってしまった時は看護師は忙しくなります。

しかし介護職に比べ、仕事量が少ない為急な異変にも対応しやすくなります。

その為に老人ホームに看護師が必要なのです。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私が体験した看護業務を中心にご紹介してきましたが、福利厚生の面から見たら、もちろん病院がだんとつで良かったですが、自分の人生の節目に対応出来るのは、やはり高齢者施設の看護師でした。

子供の事や家族の事に対応出来るのが良いのか、自分の看護師としてのスキルアップを優先するのかを決めるのは自分自身です。

中規模の病院やクリニックでは、看護師の人数がぎりぎりの為、なかなか緊急的な休みが取れにくい事も見てきました。

看護師の仕事として楽な事は、看護師としてのスキルアップが遅くなる事は必須です。

しかし、すこしづつでも看護をしている事で、子供の手が離れた時や人生の分岐点に対応する事も出来ます。

自分の考え方や働き方を考慮する事が出来る職業の為、比較的楽な仕事をしながら、ゆっくり過ごす時があっても良いですし、忙しく仕事しながら、お給料や賞与を貯める事良いでしょう。

自分の人生設計を考えながら、看護師の仕事内容を見て転職しながら看護師を続けて行く事も1つの働き方でしょう。

自分の今の段階で考えながらしっかり働いて行きましょう。

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師仕事


看護師仕事に関するコラム

外科看護師の仕事内容13個の業務。経験者が教えます!

外科といえば、脳神経外科、消化器外科、呼吸器外科、整形外科というような診療科をイメージすると思います。また、手術・処置が多いことは想像できるのではないでしょうか。そんな外科で働く看護師といえば、急変対応ができたり、テキパキした人しか向いていないのではないかと思われがちが、それくらい展開が早いのが特徴でもあります。この記事では、外科看護師の役割や仕事内容を、筆者の経験をもとに述べていきますので、外科看護師とはどんなことをしているのか、参考にしていただければ幸いです。外科看護師の仕事は大きく2個の役割に分けられる外科看護師と聞けば、病棟看護師をイメージすることが多いと思いますが、外来にも外科担当の

看護師の仕事種類7個の業務と看護師が働ける施設とは?経験者が教えます!

看護師は国家資格です。せっかく取った資格なのにもっとこんな業務に関わりたい、思っていた業務内容と違ったなんて気持ちを持ちながら働くのは辛いですよね。そこで今回は看護師の資格を活かせる仕事の種類と業務内容についてお伝えしたいと思います。看護師の仕事種類・業務可能な施設は大きく7個の役割に分けられます。病院診療所社会福祉施設訪問看護ステーション看護師等学校養成所市町村一般企業病院大学病院や国立病院等様々な医療機関があります。また、機能別にも分かれています。国立病院(厚生労働省/独立行政法人国立病院機構/独立行政法人労働者健康福祉機構)公立・公的・社会保険関係法人の病院(都道府県/市区町村/地方独立

看護師の仕事が大変と言われる6個の理由とそれを乗り越える方法とは?

看護師と言えば、人の命を扱う仕事のため、また夜勤など不規則な生活も想像されるためか、とても大変な仕事のイメージがあります。今回は看護師の仕事が大変と言われる理由と、その大変さや不規則な生活などを乗り越える方法についてご紹介していきます。さらに、その大変さや不規則な生活などを乗り越えてでも看護師の仕事を続ける原動力となる「看護師のやりがい」についてもお伝えしていきたいと思います。看護師としてその大変さや苦労に悩んでいる方は必見です!看護師を大変と感じてしまう6個の理由とその乗り越え方とは?看護師は、どんなに「看護師になりたい!」「病気やけがで苦しむ方のために役に立ちたい!」と高い志を持ってなった

看護師の仕事はきつい?そう思う人の理由と実はそれ以上にやりがいがあると感じる3個のポイント

看護師と聞くと皆さんどのような事を思い浮かべるでしょうか。「一生の仕事」「高給与」「きつい仕事」と言うイメージが強くあるでしょう。看護師の資格を取ったからと言って、必ずしも看護師の仕事を続ける人ばかりではありません。それは、やはり看護師の仕事内容が辛いものであったりきついものであったりする事が理由となるでしょう。ここでは看護師の仕事の中できついと感じた事や、辛い事があっても看護師を辞めないやりがいはどのような事なのかをご紹介しましょう。看護師の仕事がきついと言われる4個の理由とは?看護師の仕事がきついと言われる理由は人それぞれあると思いますが、一般的にこの作業は辛いだろう。これはしたくないと思

デイサービス看護師の仕事内容18個の業務。経験者が教えます!

医療行為も少なく、基本的に日勤帯のみの仕事であるデイサービスの看護師の仕事。ブランクのある方や高齢の方でも勤めやすいので、人気のある仕事です。デイサービスの規模によっては、看護師が常在ではなく週に何度か何時間だけ勤務しているというところも少なくなく、そういった職場であれば扶養の範囲内での仕事も可能になります。現在は派遣職員の看護師も増えています。実際の仕事内容はどんな事をするのでしょうか?デイサービス看護師の仕事は大きく4個の役割に分けられる利用者のバイタルチェックデイサービスはたくさんの種類がありますが、全てのデイサービスで共通するのは「利用者が来たらバイタルを測り記録する」という事です。こ