看護の仕事は離職率の多い職種の一つです。

看護に仕事の辛い所や楽しいと感じる所は人それぞれですが、これは経験年数と経験してきた看護内容で違ってきます。

もちろん早くに挫折を味わってしまうと、看護の仕事が辛いだけだと感じてしまう人も多いでしょう。

ここでは、どんな時に看護師を辞めたいと感じてしまう理由や、看護の仕事が辛くなってしまった時にどう乗り越えれば良いのか。

私の経験と体験から看護師の仕事の辛い事やリフレッシュの方法をご紹介します。

「看護師」が自分に向いているか診断したい人はこちら →

看護師の離職率は多い?

看護師の離職率はもちろん多いです。

これは自分の理想とする看護師の仕事と実際の看護師の仕事の内容との違いもあるでしょう。

また自分が考えていた仕事とは全く違う事もしなければなりません。

例えば排泄の介助がそうでしょう。

排泄の介助は看護助手の仕事だと思う看護師は多いです。

看護師は患者さん全体の事を見ていなければなりません。

排泄の状態や時間も把握する事を求められます。

たくさんの情報を把握し、医師が欲しい情報をきちんと伝える緊張感に耐えられない人もいるでしょう。

看護師を辞める理由は何が多い?

看護師の離職率が多い理由はたくさんありますが、本当に辞めてしまう理由は、もちろん人それぞれ違います。

ここではどんな理由で看護師を辞めたいと感じてしまうのかを簡単にご紹介します。

人間関係で悩むことが多い

看護師は「性格が強い人が多い」と言われがちです。

それは精神的に強くないと看護師の仕事は務まらないからでしょう。

もちろん優しい看護師さんもたくさんいます。

しかし優しいだけでは看護師は出来ません。

自分の気持ちも強く持つ事も求められます。

人間関係で悩むのは、看護師の性格が強い事も関係あるでしょう。

自分の考えや見方を主張し合えばもちろんぶつかります。

しかし自分の考えや見方に自信が無ければ、医師への報告も出来ません。

人間関係で悩む事は看護師にはつきものかもしれません。

他の職種でももちろん人間関係に悩む事はありますが、看護師は仕事内容が「人の命に直結」します。

気が強く、自分の意志が強い人でないといけません。

~自分の職場は変わってる?~

仕事で失敗ばかりで自信がない

これは新卒で初めて働く看護師に多い事ですが、初めての注射や点滴、患者さんの状態の把握、カルテの記録の仕方、先輩看護師からの手厚い指導に対するプレッシャー。

たくさんの事が毎日のしかかってきます。

初めてだから、新卒だからという事は患者さんには関係ありません。

ただの自分への「言い分け」です。

それもそうでしょう。

新卒だからと言って患者さんの命の保証が出来ないなんておかしな話しです。

患者さんは自分の体の為の治療に来ているのですから、プレッシャーに負ける事は許されないのです。

そのプレッシャーに負けない心が大切になります。

それを超える事が出来て初めて次のステージに行く事が出来るでしょう。

人の死に向き合うのが怖い

病院や高齢者の介護施設では「人が死ぬ事」をたくさん経験します。

他の職業ではなかなか他人の死を目の前で見る事は無いでしょう。

看護師の仕事内容には「看取り」があります。

これは患者さんが死ぬ所を目の前でまじかで見なければなりません。

これは人の死に触れる事が初めての看護師には衝撃的な事です。

息を引き取る瞬間を見る事は自分の中で大変な出来事として胸に刻まれてしまいます。

私も看護師の仕事をしてきて50人以上の看取りをしてきましたが、初めて自分が看取った患者さんはまだ頭に残っています。

慣れる事は良い事とは思いませんが、人の死に慣れてしまわないと看護師として看取りを行う事自体が辛くなってしまうでしょう。

勉強会ばっかりでプライベートな時間が少ない

病院に勤めていると逃げ切れない行事が「勉強会」です。

この勉強会はほとんど勤務時間外に行われます。

これは看護自体が日々勉強する事が多く、高度医療成長期に入っている日本では、たくさんの新しい技術が開発されています。

その高度医療成長についていく為に欠かせない事ですが、病院の規模が大きくなればなるほど、勉強会の回数は多くなります。

休日を終日勉強会に費やす事もあります。

自分のスキルアップを生きがいとしている看護師にはとても良い事ですが、看護師が全て仕事を生きがいにしているわけではありませんよね。

自分のプライベートの時間も大切です。

日勤が終わってから2時間程の勉強会もありますし、泊りがけで行う事もあります。

人の命を預かるとは言えプライベートの時間を裂く事が多くなると、ストレスの解消も出来ず、辛くなってくるでしょう。

看護の仕事に向いていないと感じる

看護師になる人全てが「天職だ」と感じることはもちろんありません。

人それぞれ向き不向きがあるように看護師も向き不向きがあります。

排泄の介助がどうしても出来な人。

人が死ぬ事が受け止められない人。

大量の血に貧血を起こす人。

たくさん理由はあるでしょう。

どうしても克服できない人ももちろんいらっしゃいます。

上司にお願いして部署を変えてもらう事も出来るでしょうが、上司の理解があればの事です。

上司が「看護師なんだから」と突っぱねる所もあるでしょう。

結婚や出産などのライフスタイルの変化

結婚では、医療関係者と結婚すれば多少なりとも理解してもらえる事もありますが、全くの異業種との人と結婚する人も多いです。

その場合、看護師の業務を理解してもらえず、勉強会や残業で忙しい時に辛い事を言われてしまう事もあります。

自分の仕事を理解してもらえないのは辛い事ですね。

その為看護師の仕事よりも生涯のパートナーに言葉に従う看護師も多くいます。

出産は、自分の生涯の分岐点といっても良いでしょう。

新しい家族の為に看護師の仕事を続ける人と、新しい家族の為に看護師を辞める人もいます。

これは人それぞれですが、私は家族の為に病院での仕事を諦めました。

残業で保育園のお迎えが遅くなってしまったり、子供も保育園で楽しく遊んでいるはずなのに、帰りが遅くなってしまうと可哀想だと感じてしまったからです。

もちろん看護師の仕事は好きなので続けていますが、自分の考え方や主観で看護師人生は大きく変わってくるでしょう。

勤務時間が不規則で体力的にしんどい

病院の看護師は24時間体制です。

介護施設と違って気を抜く事が出来ません。

それは病院が「治療」を目的に集まっている所だからです。

生死をさまよっている人や、痛みで苦しんでいる人もいます。

昼も夜も無く治療は続くわけですから、看護師の仕事も昼夜を問いません。

看護師といえど人間です。

働く時間が長ければ辛くもなりますし、夜になれば眠くもなります。

睡眠時間も一定ではなく、昼に寝て夜間働き、次は昼に働いて夜に睡眠を取らなければならなくなり、自分の体内時計は狂ってきます。

体内時計が狂う事で、不眠になる看護師も多いです。

もちろん病院に長く勤めれば慣れてきますが、慣れるまではかなりの時間が必要になってくるでしょう。

よく聞く辞める理由ベスト3は?

たくさんの看護師の仕事の中で辛いと感じてしまう事をご紹介してきましたが、次に私の体験から看護師が実際に辞める時に多い理由をご紹介します。

ベスト1 人間関係が悪い

病院で働く時に一番辞める理由が多かったのは、人間関係が悪い時です。

特に「上司との人間関係が悪い」時は退職者は増えます。

直属の上司だったり経営者との人間関係が悪い時もあります。

直属の上司と良い人間関係が出来ないと、自分の看護業務以外でストレスがかなり溜まります。

私が経験した上司との人間関係が悪かった理由は「人に優劣をつける上司」でした。

若い男性看護師には、失敗や多少の白衣の乱れも許されていましたが、他の新卒の看護師には許さなかったり。

自分の業務を人に回し、自分は他のデスクワークをしていたりしていました。

やはり、他の看護師ほ許された事が自分は許されなかったりすると、とても嫌な気分にもなりますよね。

小さい事でも積み重なると「自分が出来ないから」とか「自分はこの上司に嫌われているから」とかそんな考えが生まれてしまうでしょう。

ベスト2 お給料が安い

私の体験ではないのですが、正看護師の免許を取得し国立の病院に就職したにも関わらず、その病院は早期の退職率が高かったのです。

私の同僚看護師もその病院に勤めていましたが、1年で退職しました。

その理由は「初期の給料設定が安すぎた」との事でした。

明細こそ見ていませんが、地方の准看護師の初任給よりも5万程も低かったのです。

その病院では昇給を重視していて、長く務めた看護師には、それなりのお給料が支払われていました。

しかし、女性看護師になると、出産や結婚等、自分の人生でも大切な事は起こります。

その時昇給がストップしてしまったり、夜勤の手当も格差が大きかったりすると、やはり仕事をする士気はそがれてしまいますよね。

新卒の看護師には勉強会も多く参加しなければならず、それでいてお給料は少ないと、早期に転職を考える看護師が後を経たないそうです。

ベスト3 人の死を受け入れられない

病院では「人が死ぬ事が当たり前」な事です。

もちろん治療が終わって家に元気で帰る人もたくさんいらっしゃいます。

しかし癌の末期や治療が困難な人な病院は「死を待つ所」に変化します。

人が死ぬ所をまじかに見る事はそうありません。

人が死ぬ瞬間は本当に言葉にならないような気分になります。

最後の一呼吸を見て心臓が止まる瞬間を何人も目の当たりにすると自分の感覚がおかしくなる事を自覚します。

「死」もたくさんの種類があります。

病死、事故死、自殺。

たくさんの死体を見る事が看護師にはあります。

そしてたくさんの死後の処置をしなければなりません。

家族への死後処置の説明や、家族を落ち着かせる事も看護師の仕事である事があります。

たくさんの人の「死」に関わる事で、自分が生きる患者さんを相手にする事が、辛くなる事があります。

自分が何故看護師になったのかすら分からなくなる事もあります。

人の死を見るという事はそれほどの影響力があるという事です。

たくさんの人はお葬式等で人の死体を見る事しかないでしょう。

しかし、看護師は違います。

その少しの違いが看護師の人生を狂わせるのです。

それなりの覚悟と強い心構えが無いと看護師として長く務める事は出来ないでしょう。

~看護師を辞めるべきか、答えを知りたい人は~

「看護師」が自分に向いているか診断したい人はこちら →

復職率も高いのが看護師なんです

ここまで、看護師の大変な仕事内容についてご紹介しましたが、復職率が多いのも「看護師」です。

ここではその復職率が多い理由を簡単に説明します。

復職率が高い理由

復職率が多い理由の1番多いのは「お給料」です。

やはり安定してお給料が支払われるという事は自分の生活を保障してくれるという事です。

自分の人生の波も中で、確実にお給料が支払われる事の方が大切な時期が多々あるでしょう。

その時に看護師の資格を持っていると、病院やクリニックに復職を考える人が多いのです。

もちろん以前に看護師の仕事を辞めた理由で、復職する所は変わってくるでしょう。

人の死に耐えられなくなった人が復職する場所は「クリニック」が多いです。

それは人が死ぬ現場がほとんどない為です。

人間関係が嫌になって看護師を辞めた人は、人が少ない病院や診療所が多いでしょう。

1度好条件の看護師を辞めるという事は看護師の仕事に多少なり「トラウマが残っている」と言う事です。

それでも復職を考える時は自分のトラウマに1番遠い所を自然と選ぶようになるでしょう。

辞めるのを決める前に考えておきたいこと

今の職場の仕事環境が悪かったり、看護師の仕事自体が嫌になる人はもちろんいらっしゃいます。

しかし看護師の仕事は継続する事が大切です。

ブランクが長くなればなるほど、看護師として復帰する事が難しくなります。

ここでは、看護師を辞める前に、1度考える事をご紹介します。

職場を変えることで改善できることはありませんか?

看護師の仕事が今の職場でしかできないものではありません。

たくさんの病院やたくさんの職場があります。

高齢者施設やクリニックもあれば、逆に新しい病院もあります。

看護師の転職を考える事も1つの手でしょう。

人間関係が悪い事や、看護業務の待遇が悪い事は職場を変える事で解消できるかもしれません。

夜勤が辛い場合は夜勤のない施設への転職も選択肢の一つです

病院の夜勤が辛かったり、嫌になる人は多いです。

体内時計が狂う事でそう感じる人が多い中、病院では夜勤が出来ない看護師の求人はなかなかありません。

夜勤が出来ない=看護師の求人がないわけではありません。

夜勤の勤務がない看護師の求人はたくさんあります。

例えばクリニックや高齢者施設です。

高齢者施設でも、特別養護老人ホームのような介護度が高い人達が多い所では、看護師も夜勤が求められる所もあります。

しかし有料老人ホームや介護付き高齢者住宅では、看護師の夜勤はほとんどありません。

診療所などでは、夜勤と言うより「当直」がある所もあります。

自分が望む条件はしぼれていますか?

自分が看護師で働く為条件があるはずです。

時間の短縮が出来る病院や、残業が少ない病院等自分が感がる勤務条件は人それぞれ違います。

しかし条件が多ければ多いほど、病院は絞られてしまいます。

その病院でうまくいかなければ、働く病院もなくなってしまいます。

自分の働く条件は「出来るだけ少なくすること」が長く働く事に繋がります。

しかし自分の中で絶対に譲れない条件だけはしっかり持っておきましょう。

多少なり妥協する事も忘れてはいけません。

辞めた後のキャリアプランは明確ですか?

看護師を辞めた後は、自分の仕事のキャリアが、ガラッと変わってしまうでしょう。

自分に合わないからと言って直ぐに看護師を辞める事を決めてしまうと、自分の人生設計やキャリアプランが途絶えてしまいます。

辞めた後に自分がこれからどうしたいのか、しっかり決めてから退職を考えましょう。

一瞬の思いつきで判断していませんか?

仕事で嫌な事があると「もう辞めたい」と思うでしょう。

しかしその嫌な事が1度あっただけで看護師自体を辞める事は、それなりのリスクを伴います。

思いつきだけで退職を決めてしまっては、自分のこれからの生活を困難なものにしてしまうでしょう。

看護師でも他の仕事でも、嫌な事は必ず来ます。

自分の中で耐えきれない程の事が起こってしまっても1度落ち着いて考える事が大切になります。

変われるのは自分自身です

自分の考えや、価値観を変えられるのは「自分自身」だけです。

仕事も価値観や患者さんに対する価値観も人の死に対する価値観も変えられるのは自分だけです。

しかし、自分が1度感じてしまった事はなかなか変える事は難しくなってしまいます。

そんな時は先輩看護師や上司に相談する事も手段でしょう。

~看護師を辞めるべきか、答えを知りたい人は~

番外編!行き詰ったときのリフレッシュ方法

看護師として働く為に自分で出来る事は「ストレスの解消」です。

病院でなくても小さいクリニックや診療所でも多少なりストレスは溜まります。

自分の中でストレスの解消が出来なければ、嫌な事も溜まり自分も辛くなってしまいます。

ここではどうやってストレスを解消すれば良いのか分からない人の為に、私のストレス解消の方法も踏まえてご紹介します。

気分転換することで気持ちが前向きに

辛い時に気分転換する事は大切な事です。

勤務中でも休憩中の少しの時間でも気分転換する事で午後の仕事に向かうモチベーションが違ってきます。

上司に怒られたり、観察項目を間違えたりすると、同じ間違いをしてしまったり、おどおどしながら仕事に向かってしまったりしてしまいます。

気分転換し、自分の気持ちを落ち着かせる事で、看護の業務がスムーズに行う事が出来るでしょう。

自分の気持ちを話せる相手を見つける

看護師の仕事は個人情報を扱う事が多いです。

患者さんの事や同僚の看護師の事を話したくなる事もあるでしょう。

しかし簡単には話す事ができませんよね。

そんな時に同じ病院で自分の事を少しでも理解してくれる相手がいる事は「救い」になります。

女性に多いですが、話す事で気が楽になる事も多いでしょう。

愚痴を言ったり、自分で理不尽だと思う事を相談したりすることで、気持ちの整理が出来たり、違う見かたでアドバイスを貰える事もあるでしょう。

思い切って休みをとる

誰かに話したり、気分転換をしても自分の気持ちが整理できない時は、思い切って1カ月や半年でも休みを取る事も考えて良いでしょう。

看護師の仕事はチームワークが大切ですが、自分の事も大切にしなければなりません。

看護師も人間なのです。

患者さんの治療をする為だけに生きているわけではありません。

気持ちの整理に必要な時間は人それぞれ違います。

休みを取る事で自分の気持ちの整理や看護に対して考える事が出来るのであれば、1度思い切って決断してみましょう。

自分の好きな事に集中する

これは私が実際に行っている気分転換の方法です。

私は自然が好きなので、休日は森林浴に行きます。

病院のアルコールの臭いも無く、静かな所でぼーっとする事が好きです。

山に行ってみたり、海を見に行ってみたり、静かな所で心を落ち着かせてみると、自分の心に余裕が出来ます。

自分の好きなものをたくさん食べる

甘いものやちょっと高いコーヒーや友達とバイキングに行ったり、自分の好きなものを食べる事で、幸せを感じる事が出来ます。

もちろん頻度は考慮しますが、これは「セロトニン」というホルモンが関係しています。

このセロトニンは別名「幸せホルモン」と言われ、心を落ち着かせる事が出来るホルモンです。

このホルモンが出る事でリフレッシュする事が出来ます。

筋トレや温泉で汗を流す

温泉や筋トレをする事で汗が出ますよね。

汗を出す事で、体の中のデトックスが出来ます。

デトックスが出来れば、体がすっきりしますし、しっかりとした睡眠がとれます。

しっかりとした睡眠を取る事で頭の中を整理し心も整理する事が出来ます。

リフレッシュと言うより「体と心の整理」をする意味を持ちます。

「看護師」が自分に向いているか診断したい人はこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか。

看護師の仕事の内容は緊張感が伴う事が多く、自分の精神的な部分を酷使します。

新卒の看護師は特にそうです。

自分の看護能力が付くまで、たくさんの試練がありますし、患者さんとのコミュニケーションがうまくならないと、観察能力も身に付きません。

しかし、困難を乗り越え、看護師として仕事がスムーズに行えた時は看護師としての達成感ややりがいを見つける事が出来ます。

たくさんの経験とたくさんの試練を乗り越えて自分の目指す看護師に成れるように努力していきましょう。

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

皮膚科看護師求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

今回は皮膚科での仕事内容や求人について視点をおいてみました!好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてもお話をしていきたいと思います。看護師としてのスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきたいと思います。皮膚科看護師のおおまかな仕事内容皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。手術の必要な疾患であっても内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。そのため、個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。皮膚科の看護師の主な仕事内容は外来での仕事です

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方がいるので、一人一人にあった、オペ後ケアを行う必要があります。ま

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現


看護師求人に関するコラム

訪問看護師とはどんな仕事?仕事内容や看護においての役割、なり方など詳しく解説します!

看護師というと、病院やクリニックなど施設で働いているイメージが強いと思いますが、看護師の働く場所は病院ばかりではありません。それは、全ての患者さんが入院している訳ではないからです。病気や障害を抱えながら、自宅で生活している患者さんもたくさんいます。そんな地域にいる患者さんの元に出向いて看護をするのが訪問看護師です。ここでは、訪問看護師の仕事内容から必要な経験、なり方までまるっとご紹介いたします。訪問看護師とはどんな仕事?訪問看護とは地域で生活している、看護が必要な人のところに出向いて看護をするお仕事です。ここでいう地域とは、自宅やグループホームなど、病院などの施設以外を指します。現在、国の方針

小児科看護師の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

小児科には0歳~15歳の子ども達が受診する病院です。受診される患者さんは、産まれたばかりの赤ちゃん(乳児)、小さな子ども(幼児)、また小学生~高校生(青年期・思春期)の子ども達がメインとなります。子ども好きな人にとっては憧れる診療科のひとつでもありますよね。可愛い子ども達と関わることができる診療科という以外にも看護師としてさまざまな経験できる診療科でもあるのです。小児科外来の看護師として働いた経験を元に、仕事内容ややりがいについて今回お話をしていきたいと思います。小児科看護師の仕事は大きく4個の役割に分けられる小児科での看護師の役割りとはどんなことがあるのでしょうか。さまざまな役割がありますが

看護師のチームワークを強化するためにやるべき4つのこと

看護師として働いているとチームワークについて考える機会はとても多いです。患者さんの治療を行う上ではチーム医療というのはとても重要視されています。なぜそんなにチームワークが大切なのでしょうか?医療現場では様々な職種が連携し、業務を行っています。看護師だけでなく医師、看護師、薬剤師、栄養士、事務、作業療法士、理学療法、看護助手など多くの人が関わっています。このような環境で質の高い看護や治療を行うためにはチームワークは必須なのです。今回はチームワークの重要性とそこから得ることができるもの、またチームワークが不十分であるがために起こりやすいことについてもお話をしていきたいと思います。看護師の仕事ってど

看護師で稼ぎたい!稼ぐのにオススメな働き方や勤務場所などをご紹介

看護師として働いていて、こんなに働いているのに給料と労働力が見合っていないと感じることありますよね。国立病院などで働いていると給与は良いと思います。しかし、総合病院などは忙しいわりに給料が見合っていないと感じている看護師は少なくありません。では、どうやったら看護師の資格を活かして稼ぐことができるのでしょうか?今回は看護師の資格や経験を活かして稼ぐことができる方法についてお話していきたいと思います。どのような場所で働くと高収入を得ることができるのか?看護師として働きながら副業を行うにはどのようなことができるのか?このような内容についてお話していきたいと思います。看護師の仕事で稼ぐにはどうすればい

看護師が苦労する7つのこと。経験者が紹介します!

看護師とイメージすると色々なイメージがありますよね。優しい印象、やりがいがある印象、人のためになる仕事など好感を持つイメージも多いです。また、それとは反対に危険、大変、体力的にも辛いなどマイナスな印象もあります。私も実際に自分の職業を話す機会があると、「看護師さんなんだ!大変だね」とほぼ9割近くの人に言われます。一般的なイメージからも看護師と聞くと大変な仕事という印象があるようですね。今回は看護師ならではの苦労した話についてご紹介します。一言に大変な仕事と言ってもどんな苦労があるかはなかなか体験してみないと実感できませんよね。イメージできる具体的な場面やその苦労の乗り越え方について私なりに分か