今回の記事は大学病院に看護師で転職したいと考えている方のために転職に失敗しないように知っておいた方が良いこと、人気の大学病院を中心に紹介していきます。

人気のある大学病院といっても、自分に合った職場でないと長続きはしません。

この記事を読んで、自分に合った就職先を見つけていきましょう。

「大学病院の看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

大学病院の看護師への転職でよくある転職理由

大学病院に就職したいと考えている方のおもな転職理由をまとめてみました。

最先端の医療体制で看護経験を積みたい

大学病院は、病院としての役割以外にも研究や教育の機関の役割もあります。

認可が下りたばかりの医薬品だったり、最新の手術だったり、出たばかりの医療器具だったりと最新・最先端の医療に触れられます。

常に新しい知識・技術を吸収していきたいと考えている方は大学病院に転職する傾向があります。

研修制度や福利厚生が充実している場所で働きたい

毎年多くの新人看護師が入職してきたり、キャリアアップのためにクリニカルラダーのような研修制度を組まれている病院も多数存在すると思います。

職員が働きやすいようにと福利厚生も完備されているところがほとんどです。

こうした条件で働きたいと考えている方が大学病院に転職してきます。

看護師の教育課程を学びたい

看護師をしていて、病院に学生が実習先として来ることも多いと思います。

学生を指導した経験がある人ならばわかると思いますが、学生にうまく指導できているのだろうかと思ったり、以外に指導したりすることに向いているのではとかやりがいを感じる人もいると思います。

大学病院は、教育課程を学ぶことも可能なので、のちのちは教員になりたいと考えている方が一般の病院から大学病院へ転職をしている方も少なくありません。

大学病院の看護師への転職で注意したほうが良い2個のこと

休みはどれくらいあるのかを事前に確認する

求人情報などでは、休日も明記されていますが、大学病院はこの休日通りに休めるのかというとそういう訳にもいかない理由があります。

自分の休日に会議が組まれていたり、研修が組まれている場合ですと休日であるのも関わらず出勤しなければならなかったり、委員会活動や係の仕事などで病院に出向かなくてはならない場合もあります。

休日の出勤しても給与に反映されない場合が多く、それが理由で辞めていってしまう方もいるくらいです。

実際は働いてみないとわからない部分でもありますが、もし家庭上の理由などで休日は必ず休みを取りたいなどあれば、入職する前に確認しておくべき事項かなとは思います。

通常業務以外の勉強会はどれくらいあるのかを確認する

スキルアップのため、たくさん勉強したいと考えている方は、どのような勉強会がどのくらいの頻度で開かれているか確認しておくのもよいでしょう。

逆に給与や待遇がいいから大学病院に入ったが、あまり勉強はしたくないという方もどのくらいの頻度で行われているかを確認したほうがよいかと思います。

なぜなら、勉強会は勤務時間に行うことは少なく、たいていの場合は業務が終了した後だからです。

自分の仕事が終わっていなくても、強制参加の場合は、勉強会には参加せざるをえず、これが残業多くなることににつながります。

大学病院は勉強会が多いことでは有名なので、ある程度勉強会に参加することは頭に入れておいた方がいいと思います。

「大学病院の看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

大学病院への転職を成功させるためには何をすれば良い?

最低限の給与額を決めておく

現在は国立、公立大学病院ともに病院ごとに待遇が決められる時代となっていますので、給与額も変わってきます。

転職の場合は、以前働いていた病院よりも給与が下がってしまうことも考えられるので、自分なりにどのくらい給与を得たいのか決めておく必要があります。

現役看護師がおすすめする人気の病院3選

東京大学医学部付属病院

やはり日本一の大学に付属する病院なので、ブランド力と言いますか一度は働いてみたい病院として選ばれています。

東大病院で働いていたというのはいいキャリアとなるでしょうね。

東京都の災害拠点病院であり、小児医療センターや救命救急センター、総合周産期母子医療センターなどもあり、急性期医療や高度先進医療の役割もあります。

おすすめポイント

標準教育計画や職務行動評価表、ラダー評価表など東大式の体制が個別的・段階的に組まれていることや認定看護師や専門看護師などの資格取得、スキルアップのための支援制度が整っていて、籍を置いたまま2年間大学院に通う体制が整っています。

日本医科大学付属病院

東京都の文京区にあります。

明治の頃創設されて、現在は1000床近くある大きな病院で歴史があります。

高度救命センターだけでも50床近くあり、CCUやICUも合わせると、100床近い数のベット数となります。

日本で初めて救命救急センターができた所のようなので、救命を学びたい看護師にとってあこがれの病院のようです。

おすすめポイント

研修制度は新人も中途者でもプログラムがしっかりと組まれていて、スキルアップできる環境が整っています。

また、がん相談、ストーマ、失禁、不妊症などに困っている方のために看護専門外来があり、自分のスキルアップやスキルを生かすことも可能です。

東京医科歯科大学医学部付属病院

歯科大学となっていますが、もちろん色々な診療科を有する病院です。

患者を尊重した医療を展開し、安全で良質な高度・先進医療を提供し続けています。

がんの遺伝子検査や手術支援ロボットを導入させて手術を成功させたという実績もあります。

おすすめポイント

看護師育成のために研修制度が充実しているので安心です。

初年度の年収が大学病院の中では、トップクラスのようです。

「大学病院の看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

今回ご紹介した大学病院は東京都に限定して紹介しましたが、各地方に大学病院が存在しており、独自の研修プログラムや待遇を完備しています。

インターネットなどで情報を知ったり、実際に見学会などを通じて病院に出向いて見たり、現場の声を聴いたりして探してみるのがおすすめです。

しかしながら、大学病院の場合はいつでも入職できるわけでもなく、研修プログラムなどが組まれているためか年度初めに入職するという所が多いと思いますので、大学病院に就職したいと考えている方は、そのあたりをご注意くださいね。

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト
関東・関西・東海専門!高時給求人・保育園等のレア求人が多数! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。「泌尿器科の看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方が

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把

看護師の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

今回の記事は、看護師の年収や相場、給料をアップするには転職術についての記事をご紹介していきます。看護師は比較的給与の高い職種ですが、できることなら今までよりも給料アップできたらいいなと思うのが本音ですよね。転職する際に、確認しない人はいないくらい大切な条件である給料。具体的な看護師の給料の相場感などご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →看護師の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入職した場合病院や地方によって異なりますが、都心部のケースで紹介すると、手当込で年収350~400万円という所が妥当のようです。大学病院や総合病院などの急性

大学病院転職の注意点をもっと具体的に知りたい人は
こちらでキャリアアドバイザーが解説!