自動車ディーラーに就職をした人は、元々から車好きな人が多いかと思います。

例えば、子供の頃からF1カーのシャーシ(自動車の骨格となるフレーム自体を指す)車の基本構成部分を設計したいと言う大きな夢を持った人!

学生時代には、車に係るアルバイトに励みサービスや技能向上に日々努力を積んだ人などがいます。

どちらも車が好きと言える夢や実績であり、実際に就職に結び付く事が出来れば、とても素晴らしい結果だと思います。

そんな夢やアルバイト経験などディーラーに就職した経緯を有りのままの事柄を、就職活動中の人や夢を持つ人に少しでもアドバイスとなれるよう、ディーラーの仕事についてお伝えしていきます。

ディーラーってどんな仕事?

自動車ディーラーの仕事は、大まかには、自動車整備部門、営業部門、事務部門などに分けられます。

中でも、総務課などで事務を行っている者は、直接は自動車に係る訳でも無くて、人事や経理などの職員に対しての業務を担当しています。

営業や整備は自動車の購入時のアドバイスや購入後のメンテナンス、急なトラブルにも対処し、お客様の良きアドバイザーとして安心と安全を与えられる仕事です。

その様にディーラーの仕事は様々な役目に別れています。

人が生活する上では無くてはなら無いに等しい自動車ディーラーは、立派な仕事だと私は思います。

ディーラーの仕事はどんな人に向いている?

いつも忙しそうに見える自動車ディーラーの仕事には、色々なタイプの人が働いています。

一見すると綺麗で清潔に整っていて、ホテルのロビーを思わせる様なワンランク上な雰囲気のショールームを備えたディーラーもあります。

その敷地内には一変して、自動車整備部門では、複雑で高度な機械を備えた作業場所もあリます。

そんな各部門で働くディーラーに向いている人物とは、詳しい立場からお伝えしていきます。

一人一人の立場に立ち考えられる人

お客様が事故や故障の緊急時のトラブルにも親身になり考えられる人だと思います。

一般の人にとっては、事故等を起こした後には不安な精神状態になっています。

修理計画プランを考えて提案し分かり易く説明をしたり、状況に応じては、代車の用意をしたりその人の立場に立ったサービスの提供をします。

自動車のトラブルでは、大なり小なりありますが人命に関わる大問題にもなり兼ねません。

車の構造に詳しくない人間にとっては少しのトラブルでも不安になるものです。

そこで、その人の立場になり原因解明の為に親身に話を聞くことが出来る人、時には現場へ出向き臨機応変に対応出来る人はプロにディーラー社員と言えます。

責任感の強い人

車両整備の作業には、人命の損失にも繋がり兼ねない危険と責任を伴う作業であり、不手際が許されない仕事です。

自動車整備には資格があります。

資格を取るためには、一定上の知識と技能を認めて貰う為の厳しい訓練と勉強をしています。

国土交通省から自動車整備士技能検定規則に準じた試験に合格し、国家資格を有する者が整備士と呼ばれます。

その称号に恥じない様な作業能力と責任感の強さを持つ人物こそが相応しいと思います。

几帳面で我慢強い人

整備の仕事では、几帳面なタイプの人が向いていると思います。

仕事に慣れて要領が良いのも大切ですが、その様な仕事ばかりではありません。

毎日、同じ様な仕事の繰り返しもありますが、自動車には構造上で主要となる神経を使う精密的な箇所の整備も行います。

夏は暑く冬場は寒いその様な環境の下でも診断・点検・分解・組立・修理を規則的に毎日行って行きます。

この整備士の業務は簡単に出来る仕事ではないと思います。

その為複雑な業務ほど、やり甲斐も持てると思います。

仕事ですので、お客様の車を預かっている以上は適当などの気持ちは通用しません。

判断能力と作業をコツコツと我慢強く仕事に対して几帳面な人物が向いているでしょう。

負けず嫌いな人

整備士、営業職、事務職、どの部署に配置されたとしても、出世したいと思う強い野望を持ち日々努力を重ねて向上心を持つ負けず嫌いな人です。

時には落ち込む時もありますが、それがバネとなり自分の弱い部分にも負けない人を指します。

ディーラーは男性が多い職場です。

専門職の為、拘りの強い人などと時には厳しい意見がぶつかり合うでしょう。

意見の合わない業務に手抜きがちな上司などが周りに居たとします。

自動車整備などに対する熱意や情熱が強く、真剣に取り組む余りに意見の相違が結果的に人事異動命令を受けるなど、複雑な上下関係も経験する事もあります。

そんな境遇にも負けずに将来の出世を目指し、自分の意見や信念をしっかりと持つ事が大切です。

出世の為にその場凌ぎな調子の良い態度を取る様な人間ではなく、筋の通ったブレない信念があるタイプが向いていると言えるでしょう。

逆にディーラーの仕事に向いていない人の特徴は?

お客さんの立場でふらっとカーディーラーへ気になってるあの車を見にいこうかななんて事ありませんか?

私はそんな気軽な気持ちで行ったことに後悔した経験があります。

また、車の点検の事で行った場合の社員の対応など、実際の経験や色んな角度から見たディーラーに向いてない人を挙げてみます。

接客対応能力が低い人

これは客の立場として実際にあった話ですが、親身になって頂いた整備担当者さんと車の事に付いてあれこれ相談をしてた時の事です。

忙しい状況の中にも関わらず、トラブルのあった車に付いて熱心な姿勢で私からの質問にアドバイスをしてくれていました。

その時、ディーラーの責任者になる立場の方が近くを通り、整備担当者と私を気難しい目付きで見ていたのに気が付きました。

次々と来るお客さんの対応に忙しい中、整備の方が引止められるのは時間のロスに繋がるのは分かります。

しかし、サービスを売りにした職種では、担当外のお客さんにでも立場を考え常識的な対応するべきだと感じました。

この様な態度は、同じ会社の人間から見ても尊敬の出来ない人物であり、お客様からも非難される事であります。

早く帰って欲しい目で見るなどの行為は、集客を減らし兼ねない態度であり、ディーラーの看板に傷つける残念なタイプの人だと思いました。

部下を育てるのが下手な管理職

従業員を多数抱える企業には、上司がいて部下がいるのは当然な事です。

仕事を行う上では、上司と常識的な関わり方をして行くのは、理想像だと思います。

けれども、現実社会では理想とは大きく違い、置かれた立場に不釣り合いな言動をする上司などがいます。

それは上司の性質に問題があり、部下がお客様の立場に立ち考え、時には利益度返しの対応を行った時の事です。

自分の信念をしっかりと持ち発言力のある姿勢の部下は、煙たい存在に思う上司がいます。

初めて来店するお客様に対して一時の利益率を考えるよりも、またこのディーラーを利用したいと考えるリピート率を上げる対応も時には大切だと思います。

経営面での気苦労も多いのが管理職ですが、部下が日々努力し、技術を伸ばす努力にも目を向けなければいけないのです。

企業のルールを守った上で、時には初心を振り返り部下へ歩み寄る努力や気配りも管理職には必要だと思います。

ディーラーの仕事で、今までの活かせる経験とは?

社会人になり自動車ディーラーの職に就く為には、サービスやそれなりの技術を身に付けなければいけません。

専門的技術を身に付ける学校に通うなども必要ですが、車が好きだと言う気持ち、それも最大な条件の一つです。

必要な経験などを何点か挙げてみました。

学生時代のガソリンスタンドでのアルバイト

ガソリンスタンドでは、車に関するサービスや点検なども行っています。

現在では、セルフ給油スタンドが多くあり自動化されアルバイト社員が少なく成りつつありますが、以前は一人一人が給油を担当していました。

このアルバイトはお客様と車に直接関わる仕事です。

様々な車種と関わる事が出来ますし、車への興味や関心も高まります。

店舗により車検等で車のお預かりもします。

オイルやタイヤの交換や車に関わるパーツ交換など、車に関する知識が幅広く身に付きます。

その為、学生時代から車への対応力が深く付いていると言えます。

大手カー用品店の整備工場のフロント受付業務

やはり車に精通する事になりますが、大手カー用品店でも同じ様にオイル交換や車検などを行います。

派遣やアルバイトなどから勤務し始める事も出来ます。

大きなカー用品店では、中古車の取り扱いや整備に関する設備が整っています。

また、整備以外でも受付事務や来客者への対応、車検証等のデータの入力をする作業などがあります。

車に関わる事はディーラーと同じ仕事ですので、経験を積む事によりディーラー社員としての職務に活かせます。

他職種での販売や営業経験

ディーラーの営業職は、各企業や個人の顧客などに営業活動へ周り、新車の購入契約やメンテナンスが必要な車の引き取り点検の案内などがあります。

また、この営業活動以外にも、土日などの休みの日にディーラーでのイベント開催なども職務とします。

このイベントは営業職が中心に、車種の説明や実際に見て触って動かしたりして、購入に繋がる集客の為に催し物をしたりしています。

お土産などもあり子供連れの家族にも人気のイベントです。

時には、大手企業や大型ショッピングモールまで車を運び、簡単なイベントを兼ねた展示会の様な営業活動もあります。

臨機応変な接待役をしなければいけない為、様々な業界での営業職経験で培ったイベントの企画力などが発揮出来ます。

自動車はmメーカーサイドからテレビCMなどで宣伝をしてくれていますので知名度があります。

その知名度のある車種をmより庶民へと受け入れて貰える様にするのが営業社員の努力だと思います。

他業界で培った信頼関係を築く力を、ディーラーの営業職でも大いに発揮出来るのではないでしょうか。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

各ディーラーにより異なりますが、就職後には業務経験を積むことにより整備士や事務、営業などから、主任、係長、課長等、キャリアアップをしていくと思います。

これは会社の運営条件にも大きく異なりますし一概ではないお話ではありますが!

整備士資格取得後の数年間に実務を積みます。

その上には自動車検査員と言う資格があります。

それは、一定の資格を有し自動車分解整備事業者から選任され、地方運輸局に届出し受理された者です。

自動車検査官または軽自動車検査員の経験を有する者などの取得には条件がありますが、興味のある人は取得を目指しても良いかもしれないですね。

地方運輸局長が実施する自動車検査員教習を受講し、修了試験に合格するなどの方法で、ワンランク上のキャリアの道が開ける場合もあります。

その様に、自分の日々の努力や継続して勤務することが第一であり、その姿勢がキャリアの道が開けていきます。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

こちらも勤めるディーラーにより異なりますが、各業務の取り扱いに必要な資格を取らせて貰える企業での話です。

ディーラーでは、損害保険、自動車保険等の取り扱いがあります。

その損害保険は一般社団法人、日本損害保険協会主催の損保一般試験と言う損害保険資格の取得制度があります。

自動車損害保険募集人資格や火災保険、傷害疾病保険に分かれます。

この資格が無ければ損害保険は取り扱えません。

この全ての資格を保有する事により、ディーラー勤務以外にも代理店登録または募集人届出が出来る為、実際にはこの保険業界に行く人もいます。

その為、転職や独立などで、損害保険会社の設立の起業も出来ます。

まとめ

近年では、若者の自動車離れが進む時代になりましたが、現状では都会生活以外の地方では車がなければ生活が出来ません。

生活に密接した自動車に関わるディーラーの社員の仕事は、専門的知識やサービス、責任など多くのメンテナンス以外にも大変な作業を抱えています。

けれども、夢を売る仕事の一つであると私は思います。

車好きな人には、待ち望んだ新車種の発売や自動車免許が取れて、初めて自分の車を持った時の嬉しさや、幾つになっても新車購入時の嬉しさは、皆んな同じだと考えます。

大変で複雑な業務の中にも、夢を売る事が出来る自動車ディーラーは、お客様に安心と信頼を与えられる立派な職業です。

今後、再就職やディーラーの道に進んでみたいなと検討中の方の少しでもお役に立てたでしょうか?

是非にディーラー社員の道に進んでみて下さい。

ディーラーの事務求人を探す時は、こちらの記事を参考に!