車のディーラーの事務って、花形でキラキラしているイメージはないですか?

「美人でスタイルもよくないと働けないんでしょ?車のことは詳しくないとダメなんでしょ?」と思っている方が多くいると思います。

いえ、そんなことはありません!免許を持っていて日常から車の運転していることに越したことはありませんが、ペーパードライバーでも働けます(店舗によっては免許なしでも大丈夫という所もあるかもしれません)。

それでは、ディーラー事務の仕事を探している人に向けて、「ディーラー事務の求人の探し方」「仕事内容」や「求人を選ぶ時のコツ」などを紹介していきます。

「ディーラー事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ディーラーとは?販売店とは何が違うの?

次に、ディーラーと販売店の違いについて解説していきます。

ディーラー

ディーラーとは自動車メーカーや自動車メーカーが持っている販売の子会社のことを指します。

言わば特約店契約を結んでいる販売業者のことです。

新車の販売はもちろんですが、メンテナンスや店舗によっては車検を実施している所もあり、アフターサービスもしっかりしています。

販売店

販売店とは民間の企業や個人が経営している車屋さんを指し、サブディーラーという呼称されることもあります。

主な仕入れ先がメーカーではなくディラーになります。

分かりやすいのが、街でよくみかける車屋さんです。

特定のメーカーだけではなく、色んなメーカーの車を扱っている店舗も多いと思います。

販売店にはない、ディーラーで働くメリットは?

特に勤務する上で目立った違いはないような気がします。

ただ、ディーラーは一つのメーカーの車種だけを扱いますので、覚えることは販売店に比べると少ないかもしれません。

また、新車を社員割引で購入出来たり(これは販売店でも可能かもしれません)、その後のアフターケアも社員割引で出来たりすることもあるでしょう。

仕事内容に関しては、ほとんど違いがないと思われます。

仕事内容は?

次に、ディーラーで事務をやる場合の仕事内容について解説していきます。

慣れれば、どなたでもこなせる仕事だと思いますので怖がらなくて大丈夫です!

それでは一つずつ見ていきましょう。

受付業務、電話応対

お客様から整備の予約、商談の予約などが電話でかかってきます。

整備の予約は予約表を見ながら、予定を調整します。

この時に、専門用語が出てきたりもします。

例えば、オイル交換。

車を運転する人にはすぐわかる用語だと思いますが、全く車の知識がない方には慣れない用語です。

こういう場合に少しでも知識があった方がいいのですが、全く知識がなくても自然と覚えることが可能です。

自分の頑張り次第で、どんどん知識も身に付いていくでしょう。

ご来店したお客様へお茶出しなどの接客

お客様がご来店されたら、お出迎えをし、席へご案内します。

これは営業マンがすることもあります。

そしてご来店されたお客様が席に座られたら、お茶を出します。

常連さんなどはしっかり顔を覚えておくといいと思います。

また飲み物の好みまで覚えておくと、お客様からは喜ばれるでしょう。

担当の営業マンが他で接客中の時は、少しでも会話が出来れば尚いいと思います。

お客様が帰られたら食器を下げすぐに洗い、新たなお客様を迎えられるよう準備をしておきます。

書類作成、伝票処理

当月商談が成立した件数やそのお客様等を把握する書類を作成したり、新車を納車する際に必要になる書類を作成します。

納車が多い時などは忙しくなりますが、前もって用意できるものや進められる作業もありますので、自分で調整することができます。

またお客様が実施された作業を伝票で確認し、パソコンの顧客管理に内容を打ち込んでいきます。

お客様の情報をしっかりと管理するためにとても重要な作業です。

車の登録処理

新車を登録する際に必要になってくる登録作業をします。

車のナンバープレートを申請するための準備や自賠責を切ったりと他にもたくさん作業があります。

とても難しそうに感じますが、マニュアルもありますし、社内で研修制度もありますので安心です。

車を新車や中古で購入する際の行程などが理解でき、自分自身が購入する際には役立つかもしれません。

金銭管理

毎日の売り上げの管理や銀行への入金作業等を行います。

ほとんどの店舗が事務は2人体制で、経理担当とお茶出しや書類管理をする担当に分かれていますので、すべて一人ですることはほぼないと思います。

経理の経験がない場合でしたら、応募する際に仕事内容をしっかり確認するといいでしょう。

点検や車検などのスケジュール管理

月に1回、点検予定や車検予定のあるお客様に対してDMを送る作業があります。

DMを発送後、営業マンがフォローの電話を入れたりするので、しっかりと管理するのが大切です。

お客様の情報に関してはパソコンにデータが入っていますので、簡単にピックアップ出来ますし、印刷なども簡単です。

すぐに慣れる作業だと思います。

カタログや備品などの発注・管理

ショールームにあるカタログなどの備品を発注することも事務の仕事です。

特にカタログに関してはお客様がよく持ち帰られるものですし、商談には必ず必要なツールですので、細かくチェックして、在庫切れがないように気を付けなくてはいけません。

警察署や陸運局に行く

店舗によっては新車登録の際に必要になってくる書類の申請などで警察署、役所、陸運局に行くこともあるでしょう。

基本的に営業マンが行く店舗が多いのですが、どうしても忙しい時は代わりとして行くこともあります。

店内の装飾

1年を通してイベントの時や季節ごとに店内の装飾を変えたりします。

また、家族連れで来られるお客様に喜んでもらえるようなイベントを企画したりすることもあります。

自分のアイディアやセンスを活かせたりしますので、イベント事が好きな人には楽しい仕事のひとつになると思います。

「ディーラー事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

求人を選ぶときのコツ

雇用形態は、正社員、派遣社員、それともパート?

ディーラーの事務の求人を見ると派遣社員募集も少なくありません。

もちろん新卒から入社する人や中途採用の正社員の人もいます。

また派遣社員の契約終了後に正社員になったという人もいます。

自分が希望している働き方、実際に募集している雇用形態をしっかり把握することが大事です。

雇用形態や店舗によっても任される仕事の範囲は様々なので、事前に確認を

店舗によって募集している雇用形態は違ったりもします。

派遣社員だと全く残業がなかったり、車の運転は全くなかったということもあります。

自分が出来そうな仕事の範囲を把握して、応募や面接の際に実際の仕事内容をきちんと確認しておくといいでしょう。

雇用形態によっては給与や待遇も違ったりするので、そこも事前の確認が必要です。

給与や休日などの基本的な勤務条件は、希望通りもしくは希望に近い?

ディーラーだと大手企業になってくるので、待遇は充実している所が多いでしょう。

給与に関しては昇給やボーナス等の体制もしっかりしています。

休日に関しては、週休2日制ですが、平日のお休みになります。

また、有給休暇は取得しやすいと思いますし、お盆休みなどは社内で調整して順次休んでいくという形態になります。

年間休日は少なくはないと思います。

毎日のことだから、通勤のしやすさは重要

通勤は働くメーカーの車なら車通勤が可能な店舗が多いでしょう。

車での通勤が出来ない方は駅チカなど立地条件をしっかり確認することが重要です。

通勤手当は雇用条件にもよりますが、正社員であれば、ほとんどの会社で支給されるでしょう。

好きなメーカーなら、働きがいもアップ!

自分の好きな車、メーカーで勤務できるなら、モチベーションも上がります。

自分が知らなかった情報を得られたりするかもしれません。

もちろん、働き始めてからそのメーカー、車種を好きになることもあるでしょう。

実際の職場を自分の目で確かめる

職場見学をさせてもらったり、お客さんとして行ったりすると、求人からは分からない職場の雰囲気を直に感じられます。

国内メーカーや海外メーカー、また同じメーカーだったとしても、店舗によっては雰囲気が全く違います。

とても重要になるのが一緒に働くスタッフだと思います。

スタッフの人数や年齢層を事前に確認するといいでしょう。

「ディーラー事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スキルや資格、必須のものとあったら歓迎されるものは?

パソコンの基本的な操作

顧客管理や基本的な書類作成などはほとんどパソコン上で行います。

特にこのスキルが必要というものはありませんが、WordやExcelの基本的な操作は必ず必要になります。

損害保険募集人

新車を登録する際や車検を受けた際に必ず自賠責保険を切ります。

その為に必要な資格が”損害保険募集人”です。

持っているとすぐに自賠責を切ることが出来るので歓迎されます。

ただ持っていなくても、必要な資格になるのでいつか取得するために試験を受けることになります。

1~2週間程度勉強すれば取得出来る資格です。

「ディーラー事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

業界や職種の未経験者が気になることにお答えします

車のことは詳しくなくてもできますか?

車のことについて詳しくなくても大丈夫です。

ただ、車に関しての知識があって困ることはありませんし、働くメーカーが扱っている車の車種は最低限覚えておく必要はあるかもしれません。

働いていくうちに自然と知識は付いていきますが、電話対応を任されたときに専門用語が出てくる場合もあります。

その時に知識があると対応しやすいでしょう。

車の運転はできないとダメですか?

店舗によって異なると思いますが、こちらも車の運転が出来た方がいいと思います。

お客様の対応は基本は営業マンですが、ちょっとした質問に答えたりすることもありますので、そういう場合に車の運転の基本知識があるといいと思います。

また上で挙げたように、警察署や役所、陸運局へ行くこともあるでしょう。

その時に車の運転が出来たほうが便利です。

やっぱり土日は必ず出勤になりますか?

土日は必ず出勤になります。

ディーラーはお客様が休みの土日に来店されることが多く、土日や祝日が忙しくなりますので、必然的に土・日・祝は出勤になります。

残業は多いですか?

残業はそこまで多くありません。

定時で帰れることも多いと思います。

ただ、土日祝日や会社の決算期は忙しく残業があります。

また、これはメーカーや店舗によるかもしれませんが、ディーラーはお店が開く時間が少し遅めですので、自然に終わる時間も遅くなります。

そのため、1時間だけ残業したとしても、帰れるのは少し遅い時間になると思っていたほうがいいです。

また営業マンの方は、かなり遅くまで残ってることが多いです。

店舗によって雰囲気はあるかもしれませんが、気を遣って少し残業するということも、もしかしたらあるかもしれません。

結婚や出産後も、女性が働きやすいお仕事ですか?

車のディーラーは土日祝日がどうしても勤務となります。

結婚後は働けたとしても、出産後に働き続けるのは正直難しいかもしれません。

もし、働き続けるなら、家族の理解と支援が必ず必要になってくると思います。

ただ、子供がある程度大きくなって、手が離れたので再び働きたいという方も中にはいらっしゃいます。

やっぱり女性のほうが多い職種ですか?男性でもできますか?

必ずしも女性じゃないとダメということはないかもしれませんが、女性の方が好まれます。

最近は女性も増えてきましたが、ディーラーの営業マンはまだまだ男性が多いです。

そのため事務も男性になってしまうと、男性ばかりの職場になってしまい、お客様も入店しづらくなってしうことがあるかもしれません。

また、季節のイベント(ハロウィンやクリスマス)によって店舗をデコレーションしたりします。

そういう細かい作業やセンスは、比較的女性の方が向いていると思います。

「ディーラー事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ディーラーで事務をやってみたいと思われている方へ

ディーラーで事務をすることは、色んな知識が増えたり新車を社員割引で購入出来たりと、割とメリットが多いと思います。

車の知識がないからと躊躇している方でも、実はそんなに敷居が高い業界ではありません。

もちろん、車の運転経験があれば良いですが、なくてもなんとかなるのが正直なところです。

また、必要なのは、笑顔とちょっとした気遣いです。

常連さんも多く来店されますので、お客様の顔や乗っていらっしゃる車種、お茶の好みなどを覚えておくととても喜ばれます。

また最近は女性が車を購入する機会も増えてきています。

店内を女性が来店しやすい雰囲気にしたり、女性に喜ばれるものを置いたりするという気遣いがあれば良いと思います。

決して難しくはないので、悩まれている方がいれば、是非応募してみて欲しいと思います。

「ディーラー事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

  ディーラー事務の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  ディーラー事務の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
女性のための転職サイト!一般事務・営業事務・データ入力など色々なタイプの事務仕事がたくさん募集中! 公式サイト 公式サイト
テレビCMでもお馴染み、派遣の事務を探すなら!種類別に事務仕事を探せるから自分にピッタリなのも見つかりやすい! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

事務求人

事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

大学事務の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3つの特徴やキャリアについて解説します

決して華やかではないけれども、人気職種としてあげられるのが、大学事務です。派遣会社にも案件はありますが、なかなか合格にこぎつけられないのが実状です。大学事務は、その名の通り、大学内での事務なので、交通の便を含めた環境がとても良く、生徒の授業時間に合わせたはっきりした勤務時間で、働きやすい環境といえます。資格なしで始められるのも利点です。そのため、他業種から転職したスタッフも多くいます。しかしながら、誰もが好きになることができる仕事というのは、この世にはありませんよね。大学事務の仕事を得意とする人は、どういった人なのでしょうか。大学事務が誇りの仕事にできる人を調査してみたいと思います。大学事務の

特許事務求人でよくある募集内容や雇用形態やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは特許や知的財産権という言葉を聞いたことがあるかと思います。この特許や知的財産権はどうやって保護するか知っていますか?特許や知的財産権を守るためには特許庁に特許を申請しなければなりません。では誰がやるのか?特許庁へ特許申請や知的財産権の保護を申請するのは弁理士の役割です。ただ、特許申請などに関しての書類作成は弁理士ではなく特許事務が取り扱っています。特許申請に必要書類を作成と聞くと特許事務の仕事は難しい仕事や必要な知識がなければチャレンジすることができない仕事のイメージがあります。実際は未経験者でも特許事務の仕事をすることが可能です。今回は特許事務の求人に関して色々とまとめてみました。

金融事務求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

金融事務は雇用元が金融機関であるという安心感から、事務職の中でも人気の仕事です。金融事務の求人もよく見かけますが、どういう仕事内容なのかよく分からないという方も多いかと思います。そこで今回は、金融事務の仕事を検討している方や求職中の方に向けて、金融事務の仕事について解説していきます。金融事務のおおまかな仕事内容金融事務といっても、具体的な仕事内容は想像しづらいもの。この章では、金融事務のおおまかな仕事内容や、求められる役割について紹介していきます。おおまかな仕事内容金融事務の仕事内容は、銀行と証券会社で異なります。まず、銀行は窓口業務とバックオフィス業務が主です。銀行の窓口業務では、口座の開設

医療事務への転職を成功させるために!狙い目な病院や転職方法、準備・勉強しておくべきこととは?

医療事務での転職を成功させるために必要な事はいくつかあります。気になる病院やクリニックのホームページを見ておく事が成功のカギですね。知識のない方は単純に医療事務になりたいと思っている方もたくさんおられますので、こういう方は失敗する可能性が非常に高いので注意して下さいませ。医療事務への転職で狙い目な病院の条件とは? 医療事務への転職で狙うならどこが良いか?という事ですが、まずご自身が何を重視されるかですね。忙しいのは嫌だ、病院ではなくクリニックが良い、残業ありかなしかを考えるとなるとそこが大きく異なってきます。医療機関によって全然違いますので、何科が良いかはご自身にもよりますが、口コミなんかも調

住宅事務求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

憧れのマイホームを建てるために訪れるのが住宅展示場。今回はそんな住宅展示場の事務仕事である「住宅事務」の求人募集内容についてや、仕事内容・おすすめの求人チェックポイントをご紹介していきます。住宅事務のおおまかな仕事内容ハウスメーカーや工務店などの住宅展示場には、営業さんだけでなく事務仕事をしている人もいます。そんな事務仕事はどんな仕事内容なのか、どういった役割なのかをまずは順番に見ていきましょう。おおまかな仕事内容集計をする営業さんがお客さんと打ち合わせした結果ややりとりの内容、進行状況などを営業さんに聞き取り、パソコンで入力して表にまとめていきます。契約や打ち合わせのノルマが決まっているので

貿易事務派遣求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

派遣の貿易事務に応募したくても、いざ求人を見るとなかなか決められないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは自分に合った仕事を探したい人のために、派遣の貿易事務について待遇や仕事内容を解説します。派遣の貿易事務はどんな仕事?派遣の貿易事務は海貨業者やフォワーダーなど、輸出入を担う業者で通関書類を整えて船舶等を手配したり、商社やメーカーなどで関連業者と連携しながら輸出入書類を作成し、物の流れや請求、支払いなどのお金の面を管理する仕事です。貿易事務は派遣社員の需要が高い分野で、初心者でも補助業務を見つけやすいですし、キャリアを重ねて必要なスキルを身につけて行けば、年齢に関わらず働き続け

医療事務の派遣会社のおすすめ7選。元内部関係者の私が解説します

医療事務として働くには、病院に直接雇用してもらう他に派遣会社の社員として働くという方法があります。最近は、派遣社員という働き方を選択する方が増えているそうです。その理由の一つが、派遣社員の報酬です。私は以前医療事務を派遣する会社で働いていましたが、病院で直接雇用されているパートのスタッフよりも派遣社員の方が高い報酬を受け取っている派遣社員は実際多いです。報酬を理由に、派遣として働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし国内には数多くの派遣会社があるため、医療事務として働きたいと考えた時にどの会社を選べば良いのか迷ってしまうと思います。そこで今回は医療事務派遣の元内部関係者として、

医療事務の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき2個のことも紹介します

医療事務の年収の相場ってわかりにくいものですよね。他の仕事と比べると医療職というのは、賞与や昇給はちゃんとしているイメージを持たれている方は多いでしょう。よく医療事務の資格がある人でないとできないという事もあるのですが、実際は経験をつめば何とでもなります。資格は確かにあった方が有利にはなりますが、問題はそれだけではありません。医療事務のような職業の年収は、何年務めているかというのは関係がないと考えて下さいませ。私はこんなところで医療事務の仕事をしていました私は過去に透析施設の医療事務として仕事をしていました。内科や小児科など他の科と比べると、来院患者さんは同じ方ばかりになるので、基本的にやる事

金融事務正社員求人の年収や仕事内容は?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

事務職を探している皆さんにとって、「事務」の仕事はどんなものがあるのか未知の世界ではないでしょうか。「事務」と言っても、業種によって仕事の内容や求められることは変わります。今回は事務の中でも少々特殊な金融事務の正社員求人について紹介していきます。尚、主にクレジットカード業界を中心に書いています。金融事務(クレジットカード会社)の正社員はどんな仕事?クレジットカード会社の場合、「内勤」として業務を行います。業務内容は、幅広く事務をするよりも「専門職」として働くことが多いです。クレジットカード会社での事務は未経験や知識がなくても始めることができますが、スキルアップしていくには当然専門知識を身につけ

一般事務派遣求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

一般事務の派遣や契約社員、正社員経験者としての目線で説明させていただきます。求人の募集要項のみでは、実際に働いてみないと分からないこともいっぱいです。こんなの聞いていなかったというようなことも多々ありました。募集要項というのは、多くの場合、派遣会社や派遣先の企業にとって都合の良い部分しか書かれていないことも多いです。「聞いていなかった」などと思うことのないようにしっかり調べてみるのがおすすめです。一般事務派遣はどんな仕事?一般事務派遣は、基本的には、正社員の事務員の人の補佐的な業務です。データ入力や電話対応が主な仕事です。データ入力の業務が多いので、パソコンの操作は必須です。人員が足らないとこ