給与が日払いであることが多い街頭インタビューのアルバイトは根気があれば、特別なスキルは要しません。

今回は、実際にアルバイトとして働いたことがない方に向けて「街頭インタビュー」のアルバイトについて徹底解説します。

街頭インタビューにはどんな仕事があるの?

街頭インタビューのアルバイト主に、「アンケート(市場調査)」のことです。

言葉通り、店頭や街頭に立ち、道行く人にアンケート調査を行います。

アンケートに協力してくれた方にティッシュや風船などのノベルティーをプレゼントしたりすることもあります。

アンケートなどを使ったの調査

道行く人、年齢も性別もばらばらの人に声をかけ、アンケートに答えてもらいます。

場合によっては年齢層や、性別を絞ったアンケートやインタビューになることもあるので事前に確認しておく必要があります。

間違えないように注意しましょう。

そして初対面での印象を良くしておかないとアンケートに答えてもらえないので身だしなみと、コミュニケーション能力は必要だと言えます。

中にはアンケートを断られる方もいるのでメンタルが強い人に向いているかもしれません。

ノベルティー配布

お仕事案件にもよりますが、アンケートに協力してもらった方にティッシュや風船、またはそのお仕事のサンプル品などをプレゼントする場合があります。

ノベルティーを渡し忘れてクレームになることもあるので忘れずに注意が必要です。

集計

最後にインタビューやアンケートの用紙をまとめ、数を集計することまで行うこともあります。

稀に集計まで行わず、アンケートだけを実施しアルバイト終了(簡単な結果報告だけ)となることもありますので、事前に仕事内容を確認しておくとよいです。

大体のお仕事は「集計」まで行います。

「集計」と言っても数を数えるだけなので特にスキルはいりませんが、大事な調査結果なので最後まで気を抜けません。

数だけは間違えないように注意しましょう。

街頭インタビューバイト求人でよくある募集内容とは?

時給も高め、日払いであることが多い街頭インタビューのアルバイトは、「今月ピンチ!」なんて人にとってもぴったりです。

あとはお仕事内容や勤務時間などが異なるので、よく調べて自分に合っている案件を選ぶと良いでしょう。

職種

街頭インタビュー、アンケート調査、サンプリング配布、ティシュ配りなど全てが一緒になっている場合もあれば、一つひとつ分担されている場合があります。

また、アンケートやインタビューとは異なりますが、交通量調査などもこのお仕事に分類されるのではないでしょうか。

交通量調査は道行く車や人の数を数えるお仕事です。

インタビューやアンケート、ティッシュ配りなどに比べると求人案件数は滅多にありません。

人と接しない分、交通量のカウントを間違ってはいけないので、失敗は許されない責任があります。

給与相場

時給は1,000円以上が多いです。

平均日給はおおよそ8,000~12,000円ほど。

日給12,000円以上の案件もあります。

東京近郊はほとんどが日給1万円~というところが多いようです。

短期間で稼ぎたいなら、ぴったりなお仕事です。

中には、「出来高制」といって、「アンケートを●●人にし終えたらアルバイト終了」、「ティッシュを全て配り終えたら勤務終了」といった場合もあります。

出来高制は勤務時間は特に関係なく、「数」でお仕事が終わるので、早く終わらせた方が単発でよく稼げた気になれます。

事前にお仕事内容を確認しましょう。

勤務時間や休日、残業

「1日だけ」「土日だけ」といった単発な案件が多いです。

まさにお財布がピンチな時に出勤できます。

派遣会社が募集を出している場合が多いので、ピンチになる前に派遣会社に登録しておくことをおすすめします。

勤務時間も案件により異なりますが、4時間の短時間から12時間と長時間もあります。

稼げる案件ほど、拘束時間が長い場合が多いのが傾向としてあります。

福利厚生

交通費については大体のところが別途支給してくれます。

求人を出している会社やお仕事内容にもよりますが、場合によっては、休憩時間分もお給料が発生したり、お茶やお弁当を出してくれることもあります。

勤務地と面接地がことなり、交通費が支給されない場合があるので、気になる方は事前に確認しておくとよいでしょう。

求められる人物像

街頭で見知らぬ人に声をかけることがメインのお仕事になるので、メンタルが強い人が向いているでしょう。

断られることが大半です。

にこにこ愛想よく声をかけると、アンケートなどの調査に協力してくれたり、ティッシュなどのノベルティーを受け取ってもらえます。

清潔感あるふれる身だしなみにも気を付けるとよいでしょう。

もし仮に、メンタルが強くなくても「気にしない」ことが一番です。

断れるとショックですが、そんなことは気にせず、次の人に声をかけましょう。

断れても根性があればできます!

また、体を動かすお仕事なので体力がある人や、身体を動かすことが好きな人が向いています。

ちょっとダイエットしたい人にもおすすめかもしれませんね。

街頭インタビューバイトのおすすめ求人のポイント

好条件なアルバイトを見つけておくと「お財布がピンチ」な時に役立ちます。

自分に合った派遣会社を見つけておくとよいでしょう。

1日だけの単発OK

単発、短期での案件が多いので帰省したときや、空いた日、時間に働けます。

「1日だけOK」「短期OK」な案件を事前に見つけておくとよいでしょう。

もちろん長期で続ける場合も、自分の生活にあった勤務ができるかがポイントです。

お仕事内容がコロコロ変わるような場合は少ないので、慣れているお仕事を月に数回、長期間で続けていけるとよいでしょう。

福利厚生が充実している派遣会社

単発で稼ぎたいなら「日給が1万円以上」などの条件で選ぶかと思いますが、それ以外に「交通費が支給されるか」、「昼食代も支給されるか」などもチェックしておくとよいでしょう。

「週5日で勤務はしないけど、時々勤務したい」という時でも、交通費や昼食代がでるなら働く気になれますよね。

同世代が多い

ここは外せないかもしれません。

慣れるまでは、断れることが恥ずかしかったり、ちょっとショックを受けたります。

そんなとき、励まし合える同世代のスタッフがいると安心かもしれないです。

同世代でなくても、社員さんやほかのスタッフさん、一緒に働く人が話やすいかどうか、余裕があれば、事前に聞いたり、現場見学したりすることをおすすめします。

稀に一人でお仕事をすることもあるので、何人でその仕事をするかもチェックしておいた方がいいかもしれないです。

街頭インタビューの仕事についてよくある疑問

「はじめてでも大丈夫?」「人見知りだけどできる?」など不安はたくさんあると思います。

そんな疑問にお答えします!

初めてだけど大丈夫?

「声をかけて、アンケートに答えてもらう」この単純作業の繰り返しなので、慣れてしまえば問題ありません。

慣れてこれば声をかけることが楽しくなってきます。

むしろ、断れても「次!つぎ!」と思える強いメンタルを養えるかもしれません。

人見知りでもできる?

はじめはとても緊張するかもしれませんが、一度声をかけ、アンケートに協力してもらうことができれば、緊張や不安が嬉しさに変わります。

断られても気にしないでたくさんの人に声をかけましょう!

その時、普段より少し明るい声と笑顔で「これは仕事だ」と割り切っていけると良いですね。

「人見知り」を克服したい人にとっては、いい経験になるのではないでしょうか。

アンケートに断れたら続けれなさそう…

何度も記載しませしたが、断れても「気にしない」事が一番です。

声をかけ断られても、断った相手は決してあなたを否定しているわけではありません。

断った相手は「急いでいるか」「その商品やアンケートに興味がなかっただけ」です。

きっと「たまたまタイミングが悪かっただけ」ですので、自分を責めずどんどん次の人に声をかけましょう!

きっと話しかけることが楽しくなってきます。

自分の好きな時間に働ける?

単発や短期での募集が多いので、「お財布がピンチ」ってときにぴったりでしょう。

1日空いた時間を確保しておけば、お小遣い程度は稼げます。

時々派遣会社から「この日入れる?」と連絡があるので、事前に登録しておいたり、同じ派遣会社で何度か単発でアルバイトをしておくと気が楽に働けるでしょう。

プライベートの予定と合わせて調節してくれる場合が多いので自分の好きな時に働けるかと思います。

ツラくないの?

もちろんアンケートに答えてくれる人がいなくて、連続で断られるとつらくなるかもしれません。

たまたまタイミングが悪かっただけと、気持ちを切り替えれるとよいですね。

「声をかける」→「アンケートに答えてもらう」といった繰り返しなので断られることもあるかもしれませんがツラいをは思わず、いろんな人に声をかけることを楽しめるといいでしょう。

飽き性の人にとっては退屈しないアルバイトかもしれないです。

やりがいは?

はじめでも声をかけるだけなのではじめやすいアルバイトかもしれないです。

声をかけることも、断られることも慣れてしまえば、「楽なアルバイト」だと思えるでしょう。

また、いろんな商品のPRや、アンケートを扱うので、今まで知らなかったことを知れたり、発見があるかもしれないです。

調査内容も含めて自分の興味のある分野であれば、より一層このアルバイトを楽しめるでしょう。

求人内容を良く調べておくと良いですね。

街頭インタビューの仕事はこんなところがオススメです!

初めてでも緊張しなくなる!

初対面の人と話すとき、どうしても緊張しがちですが、街頭インタビューのアルバイトで経験を積むことで嫌でも初対面の人に声をかけるので、飲み会やサークルなどで初対面の人と会っても緊張しなくなります。

人見知りを無くしたい人にとってはいいかもしれないですね。

普段関わらない人と接することができる

街頭インタビューする相手が絞られている時は別の話ですが、基本性別問わず、幅広い年齢層の人と接することができます。

インタビュー中の会話で普段聞けない話が聞けるかもしれないですね。

単発で稼げる!

上記でも記載した通り、「1日だけ」「土日だけ」など単発や短期で入れるアルバイト案件が多いのが特徴です。

また日給も平均で1万円なので1日入っただけでお小遣いがGETできるかと思います。

派遣会社からの募集が多いので、「お財布がピンチ」になる前に一度派遣会社へ説明会と面談に行き、スタッフ登録をしておくとよいでしょう。

逆に街頭インタビューの大変なところは?

足がパンパンになる

基本的には1日中立っていることが多いアルバイトですので、足が筋肉痛になることもあります。

いい運動だと思える人にとってはいいかもしれないですね。

中には、カウンターを設け座ってアルバイトすることもあります。

交通量を調査する時は基本座って行います。

断られ続けると凹む

上記でも記載しましたが、断られることもあります。

1日ずっと断られることはさすがにないかと思いますが、連続で断られると凹むこともあります。

アンケートやインタビューに答えてくれる人を見つけることは大変ですが、気弱ず次の人へ声を掛けましょう。

あまりにも凹む場合は休憩してもいいかもしれないですね。

まとめ

街頭インタビューにはいろいろなお仕事内容があります。

調査することによって、お店の売り上げに繋がったりするので大事なお仕事です。

中には、雑誌編集のアシスタントとして街ゆくかわいい人や、かっこいい人に声をかけ、街頭インタビューや、スナップ写真を頼むというアルバイトもあります。

かなりレアで、求人を探す方が大変です。

ネットに載っている求人サイトだけでなく雑誌を見たり、知人の紹介ではじめれるようです。

街頭インタビューのアルバイトは、声をかけることも、断られることも、慣れてしまえば楽なお仕事です。

身体を動かしたい人にも、単発で稼ぎたい人、人と話すことが好きな人にはぴったりです。

また、人見知りでも「最初」の緊張や、不安の壁さえ打ち破ることができれば、楽しくお仕事できるはずです。

人見知りを克服したい人にとってもいい経験としてやってみるのもいいでしょう。

断れて凹むこともありますが、気にしないことが一番です。