みなさん、こんにちは。

今回はゴミ処理の仕事についてです。

この仕事には一体どんな人が向いているとか、この仕事が得意な人の特徴やキャリアについてもこれから解説していきたいと思います。

ゴミ処理の仕事にこれから就いてみようと考えている人は一つの参考にしてみて下さい。

「ゴミ処理の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ゴミ処理の仕事はどんな仕事?

ゴミ処理場とは、毎日各地域より集められたゴミを焼却処理する為に造られた専用の施設です。

当然、施設の中では色々な仕事があるため、役割も細かく分けられております。

何のスキルも持たないバイト君がスグに出来るような単純簡単な作業から、専門の資格がなければ出来ないような作業もあります。

ゴミ処理の大まかな仕事内容

ゴミの分別

処理施設には荷台を満載にした業者のトラックやらゴミ収集車両が毎日何回もゴミを持ち込んできます。

住民のみんながみんなきちんと自治体のルールに従ってゴミをしっかりと分別して捨てているのなら何の問題もありませんが、現実にはそういう事はありえません。

可燃ゴミに不燃ゴミが混ざっていたりするのを、作業員がいちいち全てチェックするというのは不可能なので、たまに持ち込み業者に対して抜き打ちで検査をやったり、その場で気づいたものだけ分けるといった程度。

ゴミの処理 機械操作

ゴミを焼却処理する為にクレーンや機械を操作して業務を行います。

当然ながら、オペレーターは機械操作の為の色々な資格を保有する必要があり、誰にでも出来るという作業ではありません。

管理業務

施設内部には様々な設備や機器が備えられています。

正常な業務が遂行され、事故が起きないようにする為にも各設備や機器の点検・調整・清掃、消耗品の交換作業等も重要な仕事となります。

中央制御室での安全や焼却状況の監視 、警報や故障の対応等も行わなくてはなりません。

それでも何年に一回かは、突然機械の故障や不具合に見舞われる事があり、そういう時の対応というのはかなり大変です。

専門の技術者を呼ばなければ我々ではどうする事も出来ませんし、どんどんと仕事が滞ってしまい業務が進まなくなってしまうからです。

「ゴミ処理の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ゴミ処理の仕事はどんな人に向いている?向いている人の3個の特徴とは?

この仕事に向いているのは一体どんな人なのか、簡単ではありますが以下にまとめてみます。

資格保持者

クレーン免許等があればこの仕事で活躍できます。

しかし、この業界では人員が足りず、特に若手が欲しい傾向があるので無資格者であっても入社後に会社の方で資格取得の為に色々とサポートしてくれます。

というか、ほぼ強制で取らされる事になるでしょう。

費用は全て会社持ちなので、自分で試験を受ける場合とはまた違ったプレッシャーがかかるものです。

勿論1回位落ちても会社から特に何も言われる事はありませんが、あまり不合格が続くようだと何だか会社に申し訳ないという気持ちが高まるので、ますます気負うようになって来るものです。

稼ぎたい人

この仕事は一般的にお給料が高めです。

なので、稼ぎたい人にとっては良いと思います。

深夜勤になると更に額もアップ。

会社にもよりますが、初任給200,000円以上というのもそんなに珍しくありません。

長く働いているような人なら年収350~400万という人も。

そのわりに仕事自体はそんなにきついという訳でもないので辞めたがらない人も多いのです。

安定している

この仕事は世の中の景気にはあまり影響を受ける事がなく、不況にも殆ど左右されません。

つまり仕事が安定しているといえるので、リストラにビクつきながら不安を抱えて勤務する必要が無いのです。

家をローンで買った後に仕事を失うというのではしゃれになりませんが、ここではあまりそういう心配もなさそうです。

「ゴミ処理の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ゴミ処理の仕事で活かせる経験

実際にゴミ処理施設で働いたことのある私の経験から見ても、あまり他で活かせる経験というのは見当たらないように思います。

機械操作の経験等は他の工事や作業現場でも応用できるでしょうが。

何分特殊なお仕事ですからあまり他で応用は利かないように感じます。

建物の資格が活かせる

ゴミ処理施設に限りませんが、建物には普通ボイラーや防災設備が付いているものなので、その辺りの資格があれば他の現場で仕事をする事になったとしても経験が活かせるでしょう。

この辺の業務は警備会社や管理会社に委託している事も多く、ゴミ処理作業員の仕事の範疇であるかどうかは不明な所です。

「ゴミ処理の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

この仕事は、何か大きなプロジェクトを成功させたから、とか良い成績をあげたからという理由で昇進や給料が上がるような職種ではございません。

毎日のやるべき事を地道に淡々とこなしていき、年齢と共に徐々にお給料も上がっていくという職場なのです。

ですから、そういう成果報酬的な要素を求めるような人はこの仕事にはあまり向いていないとも言えるのですが、反面降格や減給、リストラ等も起きにくい、ある意味マイペースで仕事が出来る環境でもあります。

ともかく、そういう職場ですから急なキャリアアップは難しいものがあると言わざるを得ませんが、必要な資格を色々もっていれば会社の方でも多少は考慮してくれる事でしょう。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

既に述べたように、資格を持っていれば他へ行ったとしてもビル管理やボイラー、警備会社等でもそれなりに活躍できると思います。

あまりに畑違いの職種でなければ、人間それなりに何とかなります。

まとめ

今回はゴミ処理の仕事について書いてみました。

この仕事は無資格未経験者でも歓迎して募集を出している会社が多いです。

その為、入社後にはしっかりとした研修と資格取得のサポートが受けられるので初心者も臆する事無く面接を受けてみる事をおススメします。

ただ、ゴミの処理の仕事というのは、実際は様々な利権が絡んでいたりして実は結構奥が深く、地域によっては(特に関西)かなりダークな部分も存在するのが事実。

反社会的な勢力や政治がらみの問題もあり、そういった部分は普通に働いている限りは我々従業員が関与する事はありませんが、そういう闇の部分を持ち合わせた仕事でもある、という事も一応知っておくべきだと思います。

「ゴミ処理の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →