昨今、ニュースでもよく耳にする「派遣」。

派遣法の改正に伴う様々な問題点などが取り上げられていますね。

今後、どのように変わっていくのかも注目されている業界です。

あなた、もしくは身の回りの人が派遣社員として働いている、という方も多いのではないでしょうか?

今回は「派遣」というビジネスモデルに欠かせない影の立役者、「派遣コーディネーター」について、仕事内容や向いている人の特徴、その後どのようなキャリアが展開できるのか、について解説していきます。

派遣コーディネーターの仕事にはどんなものがあるの?

ざっくり言うと、「求職者」と「仕事」をコーディネート、組み合わせる事がメインのお仕事です。

派遣会社にともに在籍する営業担当が企業から仕事を持ってきて、コーディネーターはその仕事内容や勤務先、時給などの条件に合う人材にその仕事を紹介しています。

また、自分でアプローチしたスタッフの就業が始まった後も、スタッフが快適に働けるようにサポートするのも大切な仕事です。

では、具体的にどんな仕事があるのか紹介していきます。

派遣登録会の運営

「派遣」とネット検索すると、「まずは登録会へお越しください」という文言が必ず目に入ってきます。

コーディネーターはその登録会の準備から運営を行っています。

インターネットや電話からの参加予約の対応・管理からパソコンのスキルチェック指導、実際の求職者との面談までを幅広く行います。

面談で求職者のしたいお仕事の条件や向いている事を汲み取ります。

求職者によっては、すぐに紹介できるお仕事がある場合もあるので、そのとき取り扱っている求人をある程度頭に入れておく必要があります。

営業担当と企業への同行

より適正な人材を見つける為、実際に営業担当と企業へ赴いて、直接企業のニーズをくみ取るのも大切なお仕事です。

登録会で最近話した人や、人材のデータベースにいる人と思い浮かべながらヒアリングを行い、「たとえばこんな経験がある人はどうですか?」などと、より具体的な提案を企業にする事でよりスピーディーな対応をする事が出来ます。

求人に合う人材へのアプローチ

登録会ですべての求人に合う人材を見つけられるのが一番早いのですが、なかなかそうはいきません。

コーディネーターは人材データベースを元に、希望条件と募集要項が合う人材へ、メールや電話でアプローチを行います。

思わぬ人材が興味を示す場合もあるので、アプローチの条件はあまり狭めずに人選していきます。

就業中派遣スタッフのフォロー

自分が紹介し、無事就業が決まった派遣スタッフが安心して勤務を続けられる様にサポートするのも重要なお仕事です。

初日の勤務が終わった後に、何か困る事はなかったか、続けていけそうかなどをヒアリングし、その後も定期的に仕事の調子を伺う連絡を入れています。

また、派遣先で何か問題が起こったりした場合、派遣スタッフの話を聞き問題を解決できるよう、可能な限りで対応します。

スタッフが長く働けるよう、メンタル面のサポートをする重要なポジションです。

営業のアシスタント業務

時には、営業活動のお手伝いをする事もあります。

取引中の企業へ送るダイレクトメールの準備・発送からポスティングのお手伝いなど内容はさまざま。

いわゆる、営業サポートの業務です。

営業担当がより効率よく企業を回れるようにサポートしています。

人材派遣コーディネーターの仕事内容は、こちらの記事も参考に!

勤務時間について

では、具体的に派遣コーディネーターの実際のスケジュールをご紹介します。

気になる業務量や残業についても触れていきます。

9:00  出社、メール確認

9:10  求人案件の進捗共有:営業担当別に進捗状況を共有します。ここで優先して紹介すべき案件を順位付けします。

9:30  登録会 午前の部準備:ヒアリングシート準備や会議室の清掃を行います。

10:00   登録会 午前の部スタート:派遣について説明、パソコンのスキルテスト、面談を行います。

12:00  お昼休憩

13:30  登録会 午後の部スタート

14:30  コーディネーター間で登録者の情報交換:最新の登録者情報を知れる重要な会議です。お互いの担当案件に合う人材がいることもしばしば。

15:00  電話でのマッチング業務:優先順位の高い求人に合う人材から電話やメールで連絡。同時に古い登録者へ近況伺いの連絡も行っていきます。きちんと自分で仕事内容や条件を把握していきます。

18:00  求人案件の進捗共有:今日1日で動いた案件を共有します。

18:30  退社

以上がよくある日のスケジュールです。

登録会が複数回あるのでその前後はバタバタしますが、残業は求人が多くなりやすい夏休み期間や年末年始前の時期以外はほとんどありません。

中には、お子さんを預けて出社してそのまま登録会へ、16時には退社するママさんも何人か一緒に働いていました。

ある程度スケジュールが決まっているので、子育て世代にも働きやすい職種でもあります。

派遣コーディネーターの仕事はどんな人に向いている?

仕事内容を見て、気になるのが「実際どんな人が活躍できるのか」ですよね。

実際に働いてみて思う、このお仕事が向いている人の特徴を紹介していきます。

聞き上手な人

コーディネーターは派遣登録者や営業、企業との間において話を聞く側に回ることがほとんどです。

就業中の派遣スタッフは同じ派遣会社から複数名勤務している場合が多いですが、中には派遣社員が自分ひとりだけの職場で働く方もいます。

同じ境遇の人が職場にいないストレスから、派遣契約を更新したくない、という問題がしばしばあります。

そんな時、聞き上手なコーディネーターであれば、その派遣スタッフの話に丁寧に耳を傾ける事でスタッフの不安が緩和され、壁を乗り越えて派遣契約の更新に至る、というケースも数多く存在します。

そのような人材は派遣スタッフ、社内からも重宝されています。

言葉遣いや立ち居振る舞いが丁寧な人

派遣会社にとってのお客様は企業ではありますが、求職者や派遣スタッフの方も大切にしなければならない存在です。

登録会での接し方や電話口での話し方など、接客のお仕事で培ったおもてなしスキルを活かせる場面は数多く存在します。

特に、派遣会社が多く乱立する現代では、いかに他社との差別化を行うかが重要であり、そこで「なんだか話しやすくて丁寧なコーディネーター」という存在は派遣会社を選ぶのに重要なポイントとなります。

人と話すのが好きな人

求職者のざっくりした希望条件は登録会の時にご記入頂くヒアリングシートで大枠は把握できますが、コーディネーターはその希望を出した理由までを聞き出す必要があります。

いきなり不躾に聞いてしまうとあまり印象が良くないので世間話をして相手の警戒心を解く必要があります。

そうする事でもっと細かい条件を聞き出す事が出来るので、より幅広いジャンルのお仕事を紹介できるようになります。

他人事ではなく「自分事」で物事を考えられる人

求職者に仕事内容を正確に伝える為には、正しくて具体的な情報を集めることが大切です。

企業や営業担当から淡々と聞くのではなく、自分が働くと仮定して、「何を、どのくらいの期間で、どのくらいの量を」というポイントをメインに聞いていくと、より適正な人材を企業に紹介する事が出来ます。

そのような姿勢のコーディネーターは、企業はもちろん求職者から多くの信頼を得られます。

何事にも情熱的に取り組める人

ひとつの募集に対し、一人でも多くの候補者を紹介しなければならないので、アプローチにはある程度の根気が必要です。

登録者の中には快く話しを聞いてくれる人もいれば、そうでない人もいます。

そこでいちいちめげずに、「人と仕事を繋げる」情熱を持って乗り越えてこそ、適正な候補者をあげて企業に自信をもって提案できるのです。

また、成約数が上がればもちろん社内の評価も上がり、キャリアや給与の面でUPする事も可能なので、とてもやりがいのあるお仕事です。

逆に派遣コーディネーターの仕事に向いていない人の特徴は?

求職者や派遣スタッフにとっては頼れる縁の下の力持ちである派遣コーディネーターだからこそ、相手に寄り添った接し方をする必要があります。

そんなポジションには向かない人の特徴をご紹介します。

相手を思いやった丁寧な対応ができない人

「向いている人の特徴」でも触れましたが、コーディネーターの対応は求職者がどの派遣会社にメインで任せるかを決める重要な基準となります。

登録会でがさつな対応をしたり、電話口で思いやりや気遣いを欠いた話し方をしてしまった場合は他の派遣会社との印象の差別化に負けてしまう為、向いていないかもしれません。

自分のペースで淡々と働きたい人

大学生、主婦、フリーター、定年退職後のシニアなど、いろいろな人が派遣での仕事を探しています。

人によって、話したり考えたりするスピードは様々、十人十色です。

面談で話すときや電話をするときは、相手が比較的暇な時間帯にかける、相手に伝わりやすい話し方をするなど、相手にペースを合わせる態度が大切です。

自分を主体として働きたい人

コーディネーターはあくまで「サポート役」です。

派遣スタッフが条件に合う場所で快適に働ける事を支援するお仕事なので、自分の意見より相手の意見を尊重していく事がとても重要です。

話を聞き、時にはアドバイスをするなどサポート役として適格な対応を取ることが必要です。

派遣コーディネーターの仕事で活かせる、今までの経験

私が働いていた派遣会社には色んな経験を持つコーディネーターが活躍していました。

その中で、私が仕事をする上で参考にしていた先輩方の経歴と活かせるポイントを2つ紹介します。

接客業

先にも述べました通り、接客業における「相手への丁寧な対応」というマインドはとても重要で、求職者が派遣会社を選ぶのにメインとなるポイントです。

私がまだ見習いだった頃、接客業出身の先輩が面談時、いつも求職者にお茶を出していました。

基本的にお茶出しはしていなかったのですが、お茶を出す事で「私はあなたの話をじっくり聞きますよ」という求職者への意思表示に繋がっていたようで、その先輩のヒアリング時のメモはいつも真っ黒で、成約数もかなり良かったのを覚えています。

そのような形で接客業のマインドを活かし、求職者の満足度、そして成約数UPへと繋げることも出来ます。

講師、インストラクター

お仕事を紹介するにあたり、仕事内容を正確に伝える事は派遣コーディネーターの重要なミッションです。

そこで必要になってくるのが「伝える力」です。

そこで講師やインストラクターの「相手に正しく伝え、理解してもらう」という経験は存分に発揮できるスキルです。

また、老若男女それぞれに合った対応に慣れているという点でも、活躍できる機会は多くあります。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

コーディネーターとしての昇格、または営業担当へ転身する事が可能です。

業務に慣れてくると、営業兼コーディネーターとして企業へ単身で赴く事が多くなり、自然と営業ポジションへ移行していく事が多くありますが、マッチングのスペシャリストとして大手企業の求人をメインに担当するようになったり、急ぎの案件を担当したりと責任感のあるポジションを目指す事も可能です。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

人と人、人とモノを結びつける職種に活かせるスキルを培うことが出来るので、そのような要素のある仕事に生かすことが出来ます。

私の場合、この仕事を経験した事で、お見合いコーディネーターや結婚式相談カウンター、結婚式場の営業スタッフのような人と人、場所を結びつける仕事に興味を持ちました。

まとめ

派遣を支える、派遣コーディネーターについてお話しして来ましたがいかがでしたでしょうか?

正社員、アルバイト、パートと並んで選択しやすい働き方となった派遣。

派遣がここまで浸透したのもコーディネーターさんたちの努力の賜物かもしれませんね。

人と仕事を結びつける仕事は、時には辛い事もありますがとてもやりがいのある仕事です。

「企業と人の役に立ちたい」という情熱さえあれば、チャレンジ出来るお仕事だと思うので、少しでも興味を持って頂けたら是非その道も検討してみて頂けたら幸いです。