看護師不足と言われている現代、大都市ではなく沖縄のような地方ではどういった人材が求められているのかを掘り下げて説明していきます。

また、同じ沖縄看護師とはいえ公立病院や大学病院は一般病院と比べ給料の面でどのくらい差が出てくるのかも調べ記載し、沖縄の看護師の離職率との関連も同時に説明していきます。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

沖縄の看護師求人でよくある募集内容とは?

高齢化が進む沖縄で、求められる看護師像とは一体どんな人なのでしょうか?

実際に求人内容を見てみると、総合病院に次いで多いのが高齢者施設や訪問看護とうでした。

これは、何をいっているかというと高齢社会と言われている現代を反映しているかのように思います。

特に、沖縄は長寿県であり長年上位を占めています。

喜ばしいことではありますが、反面このような高齢者施設が増えてくるに伴い看護師の求人も増えてきているのが事実です。

給料の相場

さて、きになるのが給料の相場ですよね。

結論から言うと、沖縄の看護師の給料の相場は本土に比べ低い傾向にあります。

全国展開している病院や大手美容外科クリニックなどは大差はない場合もありますが、民間病院になると基本給が下がってしまうところが殆どです。

ここで、民間の総合病院と大学病院、美容外科クリニックの比較をしてみたいと思います。

私がリサーチした結果によると、最終学歴によっても異なりますが(看護大学か専門学校か)民間の総合病院だと20代後半の平均月給は27万で安定しています。

また、大学病院においても大差はなく約28万ほどでした。

そこで若干の差が出てくるのが、全国規模の病院と美容外科クリニックです。

全国展開している総合病院の月給は、民間病院等と有意差はないのですがボーナスの面で大きく差が出てくることがわかりました。

また、美容外科クリニックに関しては保険外診療の幅が広いのでその分、月給も高く30〜35万が相場です。

年収で見てみると、民間病院で350万・総合病院(全国規模)400万・大学病院も同等、美容外科クリニックになると450万ほどと大差が出てきます。

やはり、美容外科クリニックが圧倒的に高給であると言うことがわかりました。

求められる人物像

沖縄で看護師をする上で欠かせないのが、沖縄の土地柄をしっかりと知ることです。

高齢者が多い沖縄では、他県と比較し高齢者と関わる機会が多くなります。

沖縄の高齢者の方が求めてくる人物像はどういった人なのでしょうか。

思いやりがある人

どこでも共通して言えることですが、この職業につく上で必要不可欠なのが「思いやりの心」になるかと思います。

仕事として割り切っても問題はないのですが、心から相手をいたわり心配することで相手もこちらに心を開き良い信頼関係が構築されてきます。

それは、対患者さんだけに限らず同じ職場の同僚に対しても言えることです。

コミュニケーションが上手な人

沖縄で看護師をする上で最も重要なるのが、「コミュニケーション力」だと言えます。

昔から「イチャリバチョーデー」と言う言葉があるように、相手との会話を重んじる傾向にあります。

特にお年寄りの方は、私たちのコミュニケーション力を鋭い視点で見てきます。

残念ですが業務的な人には、それなりの反応しか示しません。

しっかりと、相手と向き合い心で会話することで相手の本心を引き出すことでができそれが闘病意欲の手助けになる場合も少なくありません。

変化に敏感な人

看護師に求められることは数多くあると思いますが、やはり相手の変化に敏感であることはこの仕事をする上で有利だと言えます。

個性があるように、自己主張が強い人や自分の思いを中々言えない人もいます。

そんな人の、声なき変化に気づける力が大事になります。

必要なスキルや資格、経験

一概に沖縄といっても、過疎地も多く医療機器が整備されていないような病院も健在します。

そこで求められるのが「臨機応変に対応できる力」です。

限られた資源をいかに有効活用し、その中で必要な医療・看護を提供できるかが求められてくる場合もあります。

それは、看護師に限らず医師にも同じようなことが言えます。

沖縄で看護師になるために知っておきたいこと

離職率が高い

看護師不足は全国的に叫ばれている問題ですが、特に沖縄は看護師不足が深刻化してきているという現状です。

そのため、求人はたくさん出ているのですが裏を返せば離職率も高いと言うこと。

入社当時に提示されていた業務内容を超えた仕事をさせられることもある場合を頭の隅に置いておく必要があります。

特に、離島に行けば行くほどそうなってくるのが現状です。

地域によって特性が異なる

基地が在住しているため、沖縄中部地区辺りになると外国人の患者さんが多いのも特徴です。

もちろん、病院側の配慮で英語が話せる人を率先して募集していますが場合によって英語力が求められることもあるかもしれません。

楽しいことも満載

海が身近なところにあり、年間を通してマリンスポーツを行うことができます。

しっかりと、自分の時間を確保できる病院を選択すればこういった趣味の時間を存分に満喫できると言うメリットもあります。

実際、その目的で本土から沖縄へ移住し看護師として働くかたわらプライベートを充実させている同僚も数多く存在します。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

自分にあった沖縄の看護師求人の選び方や注意点

上記で挙げたように、沖縄には他県にない特性が色々とあります。

それを踏まえた上で、自分のライフスタイルに見合った求人を見つける必要があります。

【選び方①】雇用形態から探す

実際に、その病院や施設で正社員として働くと言う手もありますが派遣やパートとして働くという選択肢もあります。

自身がどういった形で働きたいのかを明確にしましょう。

【選び方②】職種から探す

看護師といっても、病棟で働く場合や保育施設なので働くという選択肢もあります。

どのような現場で働きたいのかを、情報収集しながら考えておく必要があります。

【選び方③】会社の業態から考える

こちらも非常に重要なポイントになりますが、要はどういった医療を提供している場所で働きたいかと言うことです。

例えば、眼科のように眼だけを専門にしているような施設で看護師として働きたいのか総合病院のように様々な疾患に対して一つの施設で完結できるような場所で働いたいのかと言うことです。

自身が働きたい分野が明確になっている場合は、前者を選択してもいいかもしれません。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

やはり重要になってくるのが、給料と雇用条件かと思います。

前にもお話ししましたが、働く施設や地域によって大きく変動してきます。

給料はいいのだけど、雇用条件が・・・と言う場合や逆も然り。

納得して働くために、しっかりと吟味する必要があります。

【選び方⑤】エリアから考える

沖縄といっても南から北まで約60キロ以上あります。

しかし、空港は主要都市である那覇市にしかありません。

(沖縄本当の場合)自身のライフスタイルにはどこで働く方が生活しやすいのかをしっかりと考えましょう。

また、離島となるとさらに本土から離れてしまいます。

県内出身の方なら、そこまで問題はないのかもしれませんが本土から沖縄に移住してくる場合は自身の地元との距離を今一度考えてみる必要がありあます。

沖縄の看護師で働くメリット

さてさて、沖縄求められる看護師像についてや沖縄の特性について説明してきましたが理解できたでしょうか?

ここからは、沖縄で看護師として働くとどういったメリットがあるのかご紹介します。

人と人の繋がりが素晴らしい

人間み溢れる人が多いのが沖縄の特徴であると言えます。

何かあったら助けてくれる人が必ずいますし、職場のスタッフ同士仲が良い場合が非常に多いです。

仕事もプライベートも楽しみながら生活できると思います。

時間の流れをしっかりと感じることができる

都会とは違い、ギスギスしていないのも沖縄の魅力の一つです。

仕事だけではなく、自身の時間をゆっくりと過ごすことができるのも沖縄で働くメリットと言えるでしょう。

離島に行けば行くほど、そういった体験を身をもって感じることができるはずです。

看護師間の情報共有がしやすい

県内出身の看護師が大半を占めているのが現状です。

圏内には、限られた数の看護師養成学校しかないのでどこかしらで繋がりが出てきます。

他の病院や施設の情報を、こういった繋がりを通して簡単に得ることができます。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

沖縄の看護師で働くデメリット

さて、メリットをご紹介しましたが反対にどういった点に注意しなければいけないのでしょうか?

沖縄で看護師をする上で、実際に体験したことも交えデメリットをご紹介します。

研修会が限られてくる

実際に、私が沖縄で看護師をしていて不便だと感じたことです。

県内でももちろん研修や講習は行われていますが、限られており大きなものになると飛行機で受講しに行かなければなりません。

また、その際も病院側が費用や休みを確保してくれる場合はほとんどなく、自己出費という形で有給を消化しなければなりません。

シフトの都合上、受講したくても受講できない場合もあります。

認定資格になればなるほど受験するまでに、かなりの労力を費やすることになりかねません。

スキルアップを目指す場合には、少しネックな環境だと言えます。

保育所を完備している施設が少ない

お子さんがいる方に限られてきますが、沖縄の病院や施設は保育施設を有しているところが圧倒的に少ないのも特徴です。

昨今問題とされている「待機児童問題」も、沖縄への移住が増え続けている影響で深刻化しつつあります。

また、今後出産を考えている方にとってこの問題は大きいのではないかと思います。

経験者がよくある質問にお答えします!

さて、一通り沖縄で看護師をする上で必要な情報をご説明いたしましたがいかがでしたでしょうか?

ここからは、実際に沖縄で看護師をしている私の体験も交えてよくある質問にお答えしようと思います。

どんな人が採用されやすいですか?

これは、沖縄に限らず看護師になるにはハキハキとしていてコミュニケーション力にたけた人が有利だと言えます。

面接官のとっさの質問にも、難なく答えられるといいでしょう。

未経験でもなれますか?

もちろんなれますが、離島に行けば行くほど経験者を優遇する傾向にあります。

なぜかと言うと、前述した通り離島は医療環境が完備されていない施設も多くそれなりのスキルが求められるからです。

面接ではどういうことを聞かれますか?

どういった看護師になりたいか、なぜこの病院(施設)を選んだのかは絶対に聞かれます。

また、経験がある方だとなぜ前の職場を辞めたのかも聞かれます。

本土からの移住になると、何年沖縄にいる予定かは必ず聞かれる質問になります。

持っていると有利になる資格ってありますか?

沖縄は高齢化かがどんどん進んでいるので、保健師の資格も合わせてもっているととても有利になります。

このお仕事をしていて嬉しかったことはなんですか?

やはり、病んでいる人が元気になって自宅に帰られたときやベタですが、「ありがとう」のお声掛けを頂いた時は「自分のやってきたことは間違いじゃなかった」ととても嬉しくなると同時に、自信につながります。

このお仕事をしていて一番辛かった業務はなんですか?

さっきまで生きていた人が亡くなることです。

仕事柄何度もそう言う場面に直面しますが、何年経験しても慣れると言うことは正直ありません。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

病院・施設によっては、正社員の募集だけではなく派遣やアルバイトなどの募集を行っているところもあります。

自身の希望する、働き方から求人を見つけることをお勧めします。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

正社員フルタイムの夜勤ありの場合が、一番多く稼ぐことができます。

夜勤の有無で給与に差が出てきますし、また働く時間が短いほど給料も低くなるといった具合です。

また、派遣で月給は高くてもボーナスがなく年単位の収入で見ると正社員で時短勤務の方が、年収が高いといったケースもあるのでじっくりと調べる必要があります。

歩合制ではないので、入職した後の給料変更はないと考えてください。

残業って多いの?

働く病院や施設によってかなりばらつきがあると思います。

また、病院内でも病棟によって忙しさが異なるのでなんとも言えませんが看護師の仕事自体、全体的に見て残業が多い仕事だと言われています。

シフトの自由度ってどうなの?

勤務する場所の師長の采配によると思いますが、わりかし融通はきくと思います。

休みの希望を前の月に調査しそこで調整が入るので、希望が被らない限りは基本的に通ると思っていいと思います。

資格って必要なの?

看護師の資格があれば、働くことは可能です。

初心者でもできるの?

看護師は最初は皆んな初心者です。

規定の学校を卒業し、免許さえ保有していれば初心者でももちろん働くことはできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

沖縄で看護師をするといっても、奥が深いものですね。

どんな場所にも土地柄があるように、沖縄は沖縄でとてもいい場所だと私は思います。

郷に入れば郷に従えといったように、もしかすると最初はやりづらさを感じるかもしれませんが絶対にあなたの味方になってくれる人がいるはずです。

月日の流れとともに、次第に居心地の良い場所へと変わってくるに違いありません。

深刻な高齢化と離職率が問題になってはいますが、とても素晴らしい場所だと思うのであなたも一緒に沖縄で働きませんか?

この記事が参考になってくれれば幸いです。

~自分にはどの看護師の仕事が向いているか?~

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
看護賠償保険への無料加入や、社会保険完備・有給休暇付与など派遣で働きたい人に優しい制度がたくさん! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

皮膚科看護師求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

今回は皮膚科での仕事内容や求人について視点をおいてみました!好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてもお話をしていきたいと思います。看護師としてのスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきたいと思います。皮膚科看護師のおおまかな仕事内容皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。手術の必要な疾患であっても内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。そのため、個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。皮膚科の看護師の主な仕事内容は外来での仕事です

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方がいるので、一人一人にあった、オペ後ケアを行う必要があります。ま

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現