皆さんも、旅行先やターミナル駅などで、お土産販売店を利用したことがあるのではないでしょうか。

利用者も多く、土日などは忙しい仕事ですが、お土産販売バイトならではの良さをご紹介します!

お土産販売のバイトはどんな仕事?

お土産販売と言っても、駅や空港などの交通機関にある店舗、観光地にある店舗、テーマパークなどに併設されている店舗では、業務内容が異なります。

基本的には、遊びに来ていただいたお客様に、ご当地のお菓子やグッズを買っていただくお仕事です。

お土産販売のバイトの大まかな仕事内容

お土産販売は、まず呼び込みから始まります。

観光地にお土産販売店が1店舗だけということはなかなかないので、自分のお店に立ち寄ってもらえるよう、行き交う人を呼び込みます。

お客様に来店していただけたら、おすすめの商品を紹介したり、希望に見合う商品を探すなどして、購入していただきます。

お会計が終わったら、小分けの袋を入れたり、包装したりしてお渡しします。

商品を買っていただくという点では、他の小売店と大きな違いはありませんが、お土産は初めから誰かにプレゼントする想定で作られているので、商品選びや包装にまで気を使う必要があります。

お客様も「観光地に来ている」という特別感がありますので、気分を壊すことなく接客することが大切です。

お土産販売のバイトおすすめ職場5選

お土産販売ができる職場の中で、おすすめのものを紹介します。

観光地

観光地が地元の場合、自分の育った街の良さを紹介しながら、お土産販売をすることができます。

慣れ親しんだ街で新たな発見があるかもしれません。

また、地元が観光地ではない場合は、観光地に住み込みで働くリゾートバイトという方法もあります。

住み込みの場合、住居が用意され、まかないが出る場合もあるので、生活費を節約しながら、働くことができます。

ほとんどが繁忙期の期間限定のバイトなので、各地から人が集まります。

学校の長期休みなどを利用すれば、新たな出会いがあるかもしれません。

テーマパークやアミューズメント施設

テーマパークやアミューズメント施設で、代表的なものは遊園地やスパリゾートです。

家族連れが多い施設なので、小さな子どもと触れ合うことが好きな方におすすめです。

レジャー施設

レジャー施設は、施設のコンセプトによって、来店するお客様の年齢層も様々です。

自分の得意分野に合わせて、子どもが多く利用する施設や、スポーツ系、自然の中でのアクティビティなど、色々な職場を選べるのが魅力です。

公共交通機関の売店

お土産を買う売店としては、観光地と同じくらいポピュラーな場所ではないでしょうか。

お土産の売店は、主に大きな駅や空港に集まっています。

一番のメリットは、交通の便が良いということです。

自分の行動範囲内を選べば、毎日の通勤も楽にできます。

ただし、空港の場合は、必ずしも交通の便が良いわけではありません。

そのかわり、高時給、交通費支給の求人も多いので、効率的に稼ぎたい方にはおすすめです。

デパート

デパートの場合、ご当地のお土産以外にも、おしゃれな洋菓子などを販売している店舗も多くあります。

そのため、お正月やクリスマス、バレンタインなどのイベントのときには非常に忙しくなります。

デパートでは、接客やマナーをしっかりと研修してくれるので、学生が接客業を学びたい場合にも、おすすめです。

お土産販売のバイトおすすめ求人の特徴とは?

お土産販売には色々な職場がありますが、実際に求人を選ぼうと思うと、悩みますよね。

自分に合った職場を選ぶために、おすすめの求人の特徴をご紹介します。

好きな職場で働くのが楽しい

おすすめの職場で紹介したとおり、お土産販売と言っても、色々な種類があります。

まずは、自分がどんなふうに働きたいのか考えてみましょう。

短期間でしっかり稼ぎたい方には、リゾートバイトがおすすめですし、子ども好きなら遊園地、しっかりと接客を学びたいなら、デパートが良いかもしれません。

基本的に、お客様と対面で接客をするお仕事なので、どんな職場でどんな商品を売りたいかを考えて、自分が好きなものを選べば、楽しく働くことができます。

通勤しやすい場所の求人

長期で働くなら、通勤のしやすさもポイントです。

交通機関の売店なら、駅直結で通勤のしやすさは抜群に良いです。

また、遠隔地なら、交通費の補助があるのかどうかをチェックしておきましょう。

忙しい時期を確認しておく

お土産販売には、お客様が多く訪れる繁忙期が必ずあります。

海なら夏、スキー場なら冬といった具合に、仕事の忙しい時期を確認しておきましょう。

自分が休みを取りたいのに、忙しくて休めなかったり、たくさん働きたいのに、暇だからシフトを入れてもらえないこともあります。

自分の働き方と、仕事の忙しい時期を合わせておく方が良いです。

お土産販売のバイトはこんな人に向いている!

求人を見て、楽しそうな職場で働いてみたいと思っても、自分に向いているかどうか、不安はつきものです。

ここでは、一般的にお土産販売のバイトに向いている方の特徴をまとめました。

人と接するのが好きな人

お土産販売は、他の小売店に比べて、お客様と接している時間が長くなります。

そのため、とにかく人と接するのが好きな人に向いています。

お客様も、観光地ならではの特別感を持って来店されるので、単純に接客するだけでなく、お客様を楽しませることができると、より楽しく仕事をすることができます。

体力がある人

お土産販売の忙しさは、本当に目が回ります。

しかも、狭い店舗も多いので、食事の時間以外に、座ったり休憩したりすることが難しい場合もあります。

どんなに忙しい日でも、走り切る体力がある人に向いています。

地元愛の強い人

お土産販売では、商品の説明を求められたり、おすすめの商品を聞かれる場面が多くあります。

また、ついでに地元のレストランや、観光地について聞かれる場合もあります。

そのため、地元に詳しいほうが向いているでしょう。

もちろん、今は地元に詳しくなくても、先輩の対応を見て、勉強していく姿勢があれば問題ありません。

要は、お土産を販売している場所に、愛情がある方が良いということです。

お土産販売のバイトでよくある募集内容とは?

お土産販売の仕事内容などをご紹介しましたが、魅力的なお仕事ですよね。

しかし、実際に働くとなると気になるのは待遇面。

よくある募集内容をご紹介します。

時給相場

地域によって異なりますが、他の販売業務よりも少し高めに設定されていることが多いようです。

東京都内だと、1,000円~1,200円くらいです。

シフトの入れ具合

平日は基本的に混み合いませんので、シフトは少なくなります。

土日祝日や、長期休みの期間は特に忙しくなりますので、かなり多くのシフトが入ることになります。

また、海やスキー場など、季節に左右される職場は、季節労働となる場合もあります。

求められる人物像

販売ですので、明るく元気な人、フットワークが軽く、体力がある人が求められます。

また、お客様を楽しませたいというサービス精神に富んだ人だと、より仕事を楽しめるでしょう。

必要なスキルや資格、経験

特定のスキルは必要ありませんが、販売経験がある方が良いでしょう。

また、海外からの観光客が多い場所なら、英語などが話せるほうが良いです。

派遣やバイトは正社員とどう違う?

ここまで、バイトをする場合の仕事内容などについてご紹介しましたが、バイトから正社員へのステップアップを考えている方もいるのではないでしょうか。

派遣やバイトと、正社員の違いについてご説明します。

仕事の量や責任の度合いは変わる?

バイトと正社員では、もちろん仕事の量や責任の度合いは変わります。

バイトでも、店舗での仕事以外に、商品の在庫管理などを任される場合もあります。

しかし、正社員の場合はバイトの仕事をマネジメントし、店舗の売り上げを上げていかなければいけません。

そのため、バイトから見ると同じような仕事をしていても、責任の度合いはかなり大きくなります。

仕事内容は変わる?

正社員でも、バイトと同じような仕事をする場合もあります。

それに加え、売上の管理、売上アップのための施策づくり、また、バイトなどのスタッフの管理をします。

また、バイトがミスをしたときのフォロー、クレームの対応なども、バイトに代わってする場合もあります。

実際に正社員になると、仕事の内容は大きく変わったと感じるでしょう。

それぞれ求められるスキルは?

バイトの場合、明るく元気のある方であれば、販売の経験がなくても、他のスタッフのサポートで十分に仕事ができます。

必要なスキルは、実際に仕事をしていくうちに身につけることができますので、特別なスキルは求められません。

正社員の場合、バイトスタッフをマネジメントしていく必要がありますので、バイトスタッフの模範となる人間性が求められます。

また、売上などの数値管理をしますので、ある程度のパソコンスキルや、報告のための文章能力、コミュニケーション能力も求められます。

収入面は?

仕事量や責任の度合いが違いますので、正社員の方が安定して収入を得ることができます。

正社員

正社員の場合、月給制を取っている場合が多いです。

ただし、販売の仕事は他の業種に比べて、必ずしも給与が高いというわけではありません。

しかし、企業によっては目標達成時のボーナスなどが用意されています。

派遣

派遣スタッフは、必要な時期だけ短期で働く場合も多く、比較的時給が高めに設定されます。

しかし、長期で働くことは難しいため、学生が長期休みだけ働く場合などに適しています。

バイト

バイトスタッフは、忙しい時期にはしっかり働いて、暇な時期にはシフトが少なくなる場合が多いようです。

そのため、月によって収入のバラつきが出てきます。

ずっと忙しいというわけではないので、忙しい時期に貯金して、暇な時期には貯めたお金で旅行に行くといった楽しみ方もできます。

まとめ

お土産販売の仕事内容などをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

実際に働き始めるまでは不安も大きいと思いますが、観光やレジャーで訪れているお客様を喜ばせる、とても魅力的な仕事です。

特に、人の喜ぶ顔が見たい方にはおすすめなので、是非挑戦してみてください。