看護師といっても働き口は幅広く、さまざまな分野で活躍することができます。

近年、訪問看護の需要が高まり、訪問看護師へ転職する人も増加傾向にあります。

ここでは、訪問看護師になるにはどのような資格や経験が必要かについて、筆者の経験をもとにご紹介します。

「訪問看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

訪問看護師になるには?

訪問看護師になるためには、看護師の資格を取得する必要があります。

病院やクリニックで看護師として働く資格と同じです。

訪問看護師になるために特別取得する必要のある資格はありません。

ですから、まずは看護師の資格取得が必要となります。

訪問看護師とはどんな資格?

訪問看護師という特別な資格があるわけではありません。

ただ、より専門性を高めたいという意思のある方は、認定看護師の中に訪問看護という分野がありますので、そちらを取得することをお勧めします。

認定看護師とは、その分野においてのエキスパートで熟練した看護技術と知識を持っている看護師のことです。

認定看護師になるためには、看護師資格を取得してから5年の実務経験が必要になります。

そのうちの3年以上は、認定看護分野での経験であることが条件です。

ここをまずクリアしていなければ、認定看護師の教育は受けられません。

看護師免許を取得し、ある程度知識と技術をつけてから訪問看護の経験を積んでいくことをお勧めします。

実際の訪問看護の仕事内容は、医療機関や介護福祉施設ではなく、地域で生活している方を対象にした看護です。

利用者様のご自宅を訪問し、主治医の指示に従って看護を提供します。

訪問看護師の受験資格

訪問看護師は看護師と同じ資格のため、以下看護師になるための取得ルートについてご説明します。

ただ、新卒で看護師免許を取得したばかりの方は、まずは総合病院などで実務経験を積んだ方が良いでしょう。

訪問看護は、基本的には単独で行動します。

看護を提供する際も、一人で利用者様のご自宅に訪問するケースが大半です。

実務経験がないと、十分な看護技術や知識がついていないため、判断したり処置をすることが困難になります。

総合病院で働くと、色々な科をローテーションするため、おのずと総合的な技術と知識が身につくでしょう。

その経験を活かして訪問看護を実践できれば理想的です。

訪問看護師の資格取得ルート

看護師の資格取得ルートは、大きく分けて3パターンあります。

資格取得ルート1

高校卒業後に看護師免許を取得する場合は、4年生の看護大学、もしくは3年生の短期大学や専門学校で決められたカリキュラムを修了する必要があります。

カリキュラムをクリアすれば看護師国家試験の受験資格を得ることができ、国家試験に合格すれば看護師免許取得となります。

資格取得ルート2

中学校卒業後に高等学校5年一貫教育コース(看護師過程)に通うと、同じく看護師国家試験の受験資格を得ることができます。

資格取得ルート3

准看護師から看護師免許を取得するルートもありますが、これから看護師を目指す方にはお勧めしません。

准看護師免許は廃止の方向性になるという話もありますので、正看護師のルートで取得しましょう。

合格率はどれくらい?

看護師国家試験の合格率は、専門分野での教育を受けていることが条件になるため極めて高いです。

平均すると合格率は90%前後を推移しています。

看護学校での教育と病院実習をこなしていくと、必要な知識や経験が身についていきます。

国家試験に向けての対策はもちろん必要ですが、合格率が高いのでコツコツと教員の指導に沿って学習を進めていけば安心でしょう。

「訪問看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

訪問看護師の就職先や募集状況は?

病院勤務の方で訪問看護に興味のある方は就職先や募集状況が気になりますよね。

看護師の実務経験があれば、ほぼ確実に訪問看護への転職は可能だと思います。

就職する場所によって条件はさまざまですので、生活スタイルに合った就職先を選択しましょう。

訪問看護師の主な就職先

主な就職先は、病院やクリニックなどの医療法人や訪問看護の事業所を経営する株式会社などがあります。

病院・クリニックなどの医療法人など

就職先は病院になります。

病院から訪問看護の部署に配属されて訪問看護を提供する形です。

医療保険での訪問看護を提供します。

対象者はその病院やクリニックにかかっている患者様になります。

訪問看護事業所をもつ株式会社など

街中では訪問看護ステーションという名称で事業所を見かける方も多いと思います。

近年、訪問看護の需要が高くなっているため、事業所も増加傾向にあります。

規模はその経営者によってさまざまです。

対象は医療保険での利用のみではなく、介護保険での利用も可能です。

細かい規程は法律で定められており、利用者様の病状によって利用方法が決定します。

病院やクリニックの訪問看護よりも対象者の幅は広がります。

その理由としては、どの医療機関にかかっている方でも対象となるため、さまざまなところから利用依頼が来るからです。

筆者の訪問看護事業所は株式会社の事業所の一つです。

株式会社ですが市外にある医療法人を核としている総合医療グループ企業になります。

医療・看護・介護が一体となってサービスを提供しています。

市内のあちこちから依頼が来ます。

高齢で退院後の生活に不安のある方、医療処置の自己管理ができない方の利用を始め、末期癌や老衰などで病状が不安定な方、特定疾患や障がいを抱えており定期的な医療介入が必要な方、小児なども対象になります。

訪問看護師の働き口はどの程度あるの?

近年、訪問看護の需要が高まり、訪問看護師の働き口はかなりたくさんあると思います。

その背景としては、入院期間の短縮化や超高齢化社会となり高齢者世帯や高齢者の独居世帯が増加していることが考えられます。

また、2000年に介護保険制度が開始し、地域で安心して生活できるようなサポート体制が徐々に整ってきており、今まで長期入院や施設に入所せざるを得なかった状態の方々が地域で生活できるようになったということも大きな特徴です。

介護者の日常生活のサポートを得て、できる限り住み慣れた地域で生活したいという高齢の方はたくさんいらっしゃいます。

医療者も訪問という形で介入し、定期的に医療者の状態観察があることで、利用者の方は継続して医療管理を行うことができます。

また、病状悪化時の早期発見や、体調不良時の相談の窓口となりますので、調子が悪くても病院受診になかなか踏み切れない方も早期に対応することができます。

このように、医療機関と訪問看護が連携することで、以前よりも病状管理がうまくいっている方は増えています。

利用者様も、自宅に看護師が訪問することで安心して生活されています。

これらのことから、今後、ますます利用が増えると考えられる訪問看護師の働き口はたくさんあると言うことができます。

訪問看護師の転職事情

訪問看護師の転職は、需要が高いだけにそう難しくはないはずです。

今までは総合病院で夜勤や残業をこなしていた方も、結婚して子育てが始まると、このまま仕事を継続できるだろうかと不安になる方も多いと思います。

夜勤や残業の少ないクリニックへの転職や、訪問看護への転職で、子育てと仕事の両立がしやすくなったという声もよく聞きます。

病院勤務とは違った環境での看護になりますので、覚えることが多いことや慣れるまで戸惑いはありますが、看護の視点は変わりません。

筆者は病院勤務から訪問看護へ転職しましたが、現在は子育てをしながら、また、二人目の子を妊娠しながらフルタイムで継続することができています。

訪問看護にやりがいを感じ、これからも続けていきたいなと思っています。

子育てのために転職をお考えの方は、詳細をしっかり確認の上就職を決めることをお勧めします。

訪問看護でも、夜間のオンコール(電話当番、緊急時の訪問など)が必須の事業所もあります。

また、人員に余裕がない事業所の場合、急な子どもの発熱で呼び出されたときに、代わりに訪問する人がいないという問題も発生するようです。

子どもが小さい頃は発熱もしやすく、やむを得ず早退となる場合が多いことへの周囲の理解があると、気持ちよく働くことができますよね。

心配なことは採用前にしっかりと相談しておくと、働き始めてから気まずくなることもないでしょう。

訪問看護師の仕事に興味がある方へ(まとめ)

最後に、訪問看護師の仕事に興味がある方へ、筆者の体験を中心に少しでも参考にしていただけたらという思いでご説明します。

訪問看護は、前途しましたように、近年需要が高まり働き口も多くあります。

病院勤務とは異なる点が多いため、どのような点で異なるかについてご紹介します。

病院では、何らかの疾患のため治療が必要で入院されている患者様が対象となります。

主治医による治療方針に沿って、看護ケアを展開するため、急性期から病状が安定、もしくは治癒するまでの間の看護ケアが中心です。

配属された科での業務になるので、患者様の疾患はその科特有の疾患になります。

医療従事者である看護師と、病気を患った患者という関係性が強い傾向にあります。

一方、訪問看護は対象者の幅が広く、病状が安定している方や不安定な方などさまざまです。

対象者の例としては、病状が安定して退院されたが、高齢のため継続が必要な医療処置や医療管理が困難な方が多いです。

看護内容としては、服薬管理、血糖コントロール、ストーマ造設後の管理、創傷管理、排便コントロール、入浴介助、病状観察が多い傾向にあります。

また、十分な食事や水分摂取が維持できない方には、定期的な点滴治療の指示が出たり、胃ろう造設後の胃ろう管理もします。

自己排痰が困難な方、気管切開をされている方には痰吸引の処置もします。

基本的にはご本人やご家族でも対応が可能な処置も多いため、協力できる介護者がいる場合は指導も兼ねて手技の確認やアドバイスを行い、同時に病状観察も行っています。

比較的病状が安定してる方は、週に1回、30-60分程度の訪問が一般的です。

ここ最近は、癌と診断され手術や化学療法、放射線療法をしたが、完治は難しいという状態の方も増加しています。

徐々に癌が進行し、末期癌の状態になっても住み慣れた自宅でできる限り生活したいという方も多く、ご家族の協力があれば、最期までご自宅でケアすることも可能になっています。

その場合は、在宅往診をしている医師が主治医になり、定期的な主治医の往診のもと、症状コントロールを行い、残された生活をできる限り安楽な状態に維持できるように努めます。

現在は、ポータブルの輸液ポンプやシリンジポンプもあり、24時間の輸液管理や微量な量での疼痛コントロールも在宅で行っています。

訪問は、基本的には単独で行います。

受け持ちの利用者様を定期的に訪問し、状態の報告を主治医へ行います。

そのため、受け持ち看護師の観察力が早期発見につながることになります。

事業所内の先輩や同僚に相談したり、かかりつけの医院に相談したりすることは可能ですが、その場の判断力と対応力が求められる点が病棟看護師とは異なるところでもあります。

特に、状態変化時や急変時は、臨時訪問の上、迅速で的確な判断が必要になることもあります。

これらのことは、新卒での訪問看護師への就職が困難な理由の一つと言えるでしょう。

訪問看護は、看護の環境が病院ではなく利用者様の自宅です。

必要な医療物品は全て用意していきます。

また、点滴を吊す支柱台はハンガーなどで代用しカーテンレールなどに吊すなどの創意工夫も必要です。

入浴介助も一人ひとりのご自宅の浴室環境は異なるため、事前に確認しておき、福祉用具の利用なども取り入れて安全に介助できる環境を確認します。

介護が必要な方は、介護保険の利用もされている場合が多く、ケアマネジャーをはじめ、さまざまな職種の人との関わりも出てきます。

地域で生活する利用者様を支援する人との関わりは、それぞれの職種の人たちはどのような役割を持っているのかということへの理解や介護保険制度の理解が必要になります。

長々とご説明しましたが、訪問看護はとてもやりがいのある仕事です。

利用者様からも頼りにされることが多く、看護にも力が入ります。

興味があり転職をお考えの方は、思い切ってやってみるというのも一つの方法です。

筆者もそのパターンでした。

転職をお考えの方は、よりやりがいのある職場が見つかることを心から祈っています。

訪問看護師の仕事内容については、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

看護師求人