看護師といっても働き口は幅広く、さまざまな分野で活躍することができます。

近年、訪問看護の需要が高まり、訪問看護師へ転職する人も増加傾向にあります。

ここでは、訪問看護師になるにはどのような資格や経験が必要かについて、筆者の経験をもとにご紹介します。

「訪問看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

訪問看護師になるには?

訪問看護師になるためには、看護師の資格を取得する必要があります。

病院やクリニックで看護師として働く資格と同じです。

訪問看護師になるために特別取得する必要のある資格はありません。

ですから、まずは看護師の資格取得が必要となります。

訪問看護師とはどんな資格?

訪問看護師という特別な資格があるわけではありません。

ただ、より専門性を高めたいという意思のある方は、認定看護師の中に訪問看護という分野がありますので、そちらを取得することをお勧めします。

認定看護師とは、その分野においてのエキスパートで熟練した看護技術と知識を持っている看護師のことです。

認定看護師になるためには、看護師資格を取得してから5年の実務経験が必要になります。

そのうちの3年以上は、認定看護分野での経験であることが条件です。

ここをまずクリアしていなければ、認定看護師の教育は受けられません。

看護師免許を取得し、ある程度知識と技術をつけてから訪問看護の経験を積んでいくことをお勧めします。

実際の訪問看護の仕事内容は、医療機関や介護福祉施設ではなく、地域で生活している方を対象にした看護です。

利用者様のご自宅を訪問し、主治医の指示に従って看護を提供します。

訪問看護師の受験資格

訪問看護師は看護師と同じ資格のため、以下看護師になるための取得ルートについてご説明します。

ただ、新卒で看護師免許を取得したばかりの方は、まずは総合病院などで実務経験を積んだ方が良いでしょう。

訪問看護は、基本的には単独で行動します。

看護を提供する際も、一人で利用者様のご自宅に訪問するケースが大半です。

実務経験がないと、十分な看護技術や知識がついていないため、判断したり処置をすることが困難になります。

総合病院で働くと、色々な科をローテーションするため、おのずと総合的な技術と知識が身につくでしょう。

その経験を活かして訪問看護を実践できれば理想的です。

訪問看護師の資格取得ルート

看護師の資格取得ルートは、大きく分けて3パターンあります。

資格取得ルート1

高校卒業後に看護師免許を取得する場合は、4年生の看護大学、もしくは3年生の短期大学や専門学校で決められたカリキュラムを修了する必要があります。

カリキュラムをクリアすれば看護師国家試験の受験資格を得ることができ、国家試験に合格すれば看護師免許取得となります。

資格取得ルート2

中学校卒業後に高等学校5年一貫教育コース(看護師過程)に通うと、同じく看護師国家試験の受験資格を得ることができます。

資格取得ルート3

准看護師から看護師免許を取得するルートもありますが、これから看護師を目指す方にはお勧めしません。

准看護師免許は廃止の方向性になるという話もありますので、正看護師のルートで取得しましょう。

合格率はどれくらい?

看護師国家試験の合格率は、専門分野での教育を受けていることが条件になるため極めて高いです。

平均すると合格率は90%前後を推移しています。

看護学校での教育と病院実習をこなしていくと、必要な知識や経験が身についていきます。

国家試験に向けての対策はもちろん必要ですが、合格率が高いのでコツコツと教員の指導に沿って学習を進めていけば安心でしょう。

「訪問看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

訪問看護師の就職先や募集状況は?

病院勤務の方で訪問看護に興味のある方は就職先や募集状況が気になりますよね。

看護師の実務経験があれば、ほぼ確実に訪問看護への転職は可能だと思います。

就職する場所によって条件はさまざまですので、生活スタイルに合った就職先を選択しましょう。

訪問看護師の主な就職先

主な就職先は、病院やクリニックなどの医療法人や訪問看護の事業所を経営する株式会社などがあります。

病院・クリニックなどの医療法人など

就職先は病院になります。

病院から訪問看護の部署に配属されて訪問看護を提供する形です。

医療保険での訪問看護を提供します。

対象者はその病院やクリニックにかかっている患者様になります。

訪問看護事業所をもつ株式会社など

街中では訪問看護ステーションという名称で事業所を見かける方も多いと思います。

近年、訪問看護の需要が高くなっているため、事業所も増加傾向にあります。

規模はその経営者によってさまざまです。

対象は医療保険での利用のみではなく、介護保険での利用も可能です。

細かい規程は法律で定められており、利用者様の病状によって利用方法が決定します。

病院やクリニックの訪問看護よりも対象者の幅は広がります。

その理由としては、どの医療機関にかかっている方でも対象となるため、さまざまなところから利用依頼が来るからです。

筆者の訪問看護事業所は株式会社の事業所の一つです。

株式会社ですが市外にある医療法人を核としている総合医療グループ企業になります。

医療・看護・介護が一体となってサービスを提供しています。

市内のあちこちから依頼が来ます。

高齢で退院後の生活に不安のある方、医療処置の自己管理ができない方の利用を始め、末期癌や老衰などで病状が不安定な方、特定疾患や障がいを抱えており定期的な医療介入が必要な方、小児なども対象になります。

訪問看護師の働き口はどの程度あるの?

近年、訪問看護の需要が高まり、訪問看護師の働き口はかなりたくさんあると思います。

その背景としては、入院期間の短縮化や超高齢化社会となり高齢者世帯や高齢者の独居世帯が増加していることが考えられます。

また、2000年に介護保険制度が開始し、地域で安心して生活できるようなサポート体制が徐々に整ってきており、今まで長期入院や施設に入所せざるを得なかった状態の方々が地域で生活できるようになったということも大きな特徴です。

介護者の日常生活のサポートを得て、できる限り住み慣れた地域で生活したいという高齢の方はたくさんいらっしゃいます。

医療者も訪問という形で介入し、定期的に医療者の状態観察があることで、利用者の方は継続して医療管理を行うことができます。

また、病状悪化時の早期発見や、体調不良時の相談の窓口となりますので、調子が悪くても病院受診になかなか踏み切れない方も早期に対応することができます。

このように、医療機関と訪問看護が連携することで、以前よりも病状管理がうまくいっている方は増えています。

利用者様も、自宅に看護師が訪問することで安心して生活されています。

これらのことから、今後、ますます利用が増えると考えられる訪問看護師の働き口はたくさんあると言うことができます。

訪問看護師の転職事情

訪問看護師の転職は、需要が高いだけにそう難しくはないはずです。

今までは総合病院で夜勤や残業をこなしていた方も、結婚して子育てが始まると、このまま仕事を継続できるだろうかと不安になる方も多いと思います。

夜勤や残業の少ないクリニックへの転職や、訪問看護への転職で、子育てと仕事の両立がしやすくなったという声もよく聞きます。

病院勤務とは違った環境での看護になりますので、覚えることが多いことや慣れるまで戸惑いはありますが、看護の視点は変わりません。

筆者は病院勤務から訪問看護へ転職しましたが、現在は子育てをしながら、また、二人目の子を妊娠しながらフルタイムで継続することができています。

訪問看護にやりがいを感じ、これからも続けていきたいなと思っています。

子育てのために転職をお考えの方は、詳細をしっかり確認の上就職を決めることをお勧めします。

訪問看護でも、夜間のオンコール(電話当番、緊急時の訪問など)が必須の事業所もあります。

また、人員に余裕がない事業所の場合、急な子どもの発熱で呼び出されたときに、代わりに訪問する人がいないという問題も発生するようです。

子どもが小さい頃は発熱もしやすく、やむを得ず早退となる場合が多いことへの周囲の理解があると、気持ちよく働くことができますよね。

心配なことは採用前にしっかりと相談しておくと、働き始めてから気まずくなることもないでしょう。

訪問看護師の仕事に興味がある方へ(まとめ)

最後に、訪問看護師の仕事に興味がある方へ、筆者の体験を中心に少しでも参考にしていただけたらという思いでご説明します。

訪問看護は、前途しましたように、近年需要が高まり働き口も多くあります。

病院勤務とは異なる点が多いため、どのような点で異なるかについてご紹介します。

病院では、何らかの疾患のため治療が必要で入院されている患者様が対象となります。

主治医による治療方針に沿って、看護ケアを展開するため、急性期から病状が安定、もしくは治癒するまでの間の看護ケアが中心です。

配属された科での業務になるので、患者様の疾患はその科特有の疾患になります。

医療従事者である看護師と、病気を患った患者という関係性が強い傾向にあります。

一方、訪問看護は対象者の幅が広く、病状が安定している方や不安定な方などさまざまです。

対象者の例としては、病状が安定して退院されたが、高齢のため継続が必要な医療処置や医療管理が困難な方が多いです。

看護内容としては、服薬管理、血糖コントロール、ストーマ造設後の管理、創傷管理、排便コントロール、入浴介助、病状観察が多い傾向にあります。

また、十分な食事や水分摂取が維持できない方には、定期的な点滴治療の指示が出たり、胃ろう造設後の胃ろう管理もします。

自己排痰が困難な方、気管切開をされている方には痰吸引の処置もします。

基本的にはご本人やご家族でも対応が可能な処置も多いため、協力できる介護者がいる場合は指導も兼ねて手技の確認やアドバイスを行い、同時に病状観察も行っています。

比較的病状が安定してる方は、週に1回、30-60分程度の訪問が一般的です。

ここ最近は、癌と診断され手術や化学療法、放射線療法をしたが、完治は難しいという状態の方も増加しています。

徐々に癌が進行し、末期癌の状態になっても住み慣れた自宅でできる限り生活したいという方も多く、ご家族の協力があれば、最期までご自宅でケアすることも可能になっています。

その場合は、在宅往診をしている医師が主治医になり、定期的な主治医の往診のもと、症状コントロールを行い、残された生活をできる限り安楽な状態に維持できるように努めます。

現在は、ポータブルの輸液ポンプやシリンジポンプもあり、24時間の輸液管理や微量な量での疼痛コントロールも在宅で行っています。

訪問は、基本的には単独で行います。

受け持ちの利用者様を定期的に訪問し、状態の報告を主治医へ行います。

そのため、受け持ち看護師の観察力が早期発見につながることになります。

事業所内の先輩や同僚に相談したり、かかりつけの医院に相談したりすることは可能ですが、その場の判断力と対応力が求められる点が病棟看護師とは異なるところでもあります。

特に、状態変化時や急変時は、臨時訪問の上、迅速で的確な判断が必要になることもあります。

これらのことは、新卒での訪問看護師への就職が困難な理由の一つと言えるでしょう。

訪問看護は、看護の環境が病院ではなく利用者様の自宅です。

必要な医療物品は全て用意していきます。

また、点滴を吊す支柱台はハンガーなどで代用しカーテンレールなどに吊すなどの創意工夫も必要です。

入浴介助も一人ひとりのご自宅の浴室環境は異なるため、事前に確認しておき、福祉用具の利用なども取り入れて安全に介助できる環境を確認します。

介護が必要な方は、介護保険の利用もされている場合が多く、ケアマネジャーをはじめ、さまざまな職種の人との関わりも出てきます。

地域で生活する利用者様を支援する人との関わりは、それぞれの職種の人たちはどのような役割を持っているのかということへの理解や介護保険制度の理解が必要になります。

長々とご説明しましたが、訪問看護はとてもやりがいのある仕事です。

利用者様からも頼りにされることが多く、看護にも力が入ります。

興味があり転職をお考えの方は、思い切ってやってみるというのも一つの方法です。

筆者もそのパターンでした。

転職をお考えの方は、よりやりがいのある職場が見つかることを心から祈っています。

訪問看護師の仕事内容については、こちらの記事を参考に!

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

皮膚科看護師求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

今回は皮膚科での仕事内容や求人について視点をおいてみました!好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてもお話をしていきたいと思います。看護師としてのスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきたいと思います。皮膚科看護師のおおまかな仕事内容皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。手術の必要な疾患であっても内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。そのため、個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。皮膚科の看護師の主な仕事内容は外来での仕事です

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方がいるので、一人一人にあった、オペ後ケアを行う必要があります。ま

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現


看護師求人に関するコラム

看護師で稼ぎたい!稼ぐのにオススメな働き方や勤務場所などをご紹介

看護師として働いていて、こんなに働いているのに給料と労働力が見合っていないと感じることありますよね。国立病院などで働いていると給与は良いと思います。しかし、総合病院などは忙しいわりに給料が見合っていないと感じている看護師は少なくありません。では、どうやったら看護師の資格を活かして稼ぐことができるのでしょうか?今回は看護師の資格や経験を活かして稼ぐことができる方法についてお話していきたいと思います。どのような場所で働くと高収入を得ることができるのか?看護師として働きながら副業を行うにはどのようなことができるのか?このような内容についてお話していきたいと思います。看護師の仕事で稼ぐにはどうすればい

看護師が苦労する7つのこと。経験者が紹介します!

看護師とイメージすると色々なイメージがありますよね。優しい印象、やりがいがある印象、人のためになる仕事など好感を持つイメージも多いです。また、それとは反対に危険、大変、体力的にも辛いなどマイナスな印象もあります。私も実際に自分の職業を話す機会があると、「看護師さんなんだ!大変だね」とほぼ9割近くの人に言われます。一般的なイメージからも看護師と聞くと大変な仕事という印象があるようですね。今回は看護師ならではの苦労した話についてご紹介します。一言に大変な仕事と言ってもどんな苦労があるかはなかなか体験してみないと実感できませんよね。イメージできる具体的な場面やその苦労の乗り越え方について私なりに分か

看護師採用はどんな会社がしてる?3つの病院タイプや人手が足りない科・看護師が求められている役割とは

看護師といえば病院やクリニックで働いているイメージですよね。約9割の看護師は医療や介護の現場で働いています。しかし、看護師免許は医療現場以外でもその資格を活かすことが可能なのです。全体の1割の看護師はどんな職場で働いているのでしょうか?今回は医療現場以外で看護師採用をしている会社に視点をあてて説明を行っていきたいと思います。また、病院や企業など看護師として働く現場の特徴についてもご紹介していきたいと思います。看護師採用はどんな会社がしてる?看護師としての仕事内容は幅広く、医療や介護以外で活躍している看護師は多く存在しています。では、実際にどのようなところで働いているのでしょうか?医療や介護以外

看護師在宅ワークにおすすめな仕事とは?おすすめやメリットデメリットを経験者が教えます。

ここ最近、SNSの普及が充実しておりその中で様々な情報が飛び交うようになりました。その中でも現在注目されているのが「在宅ワーク」です。在宅ワークってどういったことをするのだろうとお思いになる方がほとんどかと思います。ここでは、看護師にオススメな在宅ワークをご紹介していきたいと思います。看護師の在宅ワークにおすすめな仕事とは?そもそも看護師に在宅ワークが必要なのでしょうか?看護師といえば、給料が高いというイメージが多いかと思います。実際私も看護師として働く傍ら、在宅ワークをしている身でもあります。私の場合、現役で働いている時はそこまで在宅ワークに時間をかけることができなかったのですが、妊娠をして

看護師が50代で転職する時に気をつけたい5つのこと。経験者が解説します!

看護師の転職なんていくらでもあります。現在看護師という職業は本当に人手不足で年代問わず優遇される事が多いのです。資格があった方が有利とは言われますが、看護師ほど有利な職業はないでしょうね。今回は50代の看護師が転職する際に注意して頂きたい事をお伝えしていきましょう。私も元医療事務でしたので、気が付いた事を全てお話致します。看護師が50代で転職する人は多い?看護師が50代で転職される方というのはそこそこかもしれませんね。病院勤めをされているか、クリニックで働いてきたかのどちらかになります。30代、40代で転職される方はおりますが、50代となると正直厳しいものがあると思って下さい。確かに看護師とい