キャリアカウンセラーと聞くとどのような仕事をイメージされるでしょうか。

今回は職業名からは想像しにくいカウンセラーはどのような相談に乗ってくれるのか、仕事内容から役割まで詳しく紹介します。

キャリアカウンセラーの役割とは?

キャリアカウンセラーの役割とは、「個人のキャリア形成を支援する」仕事です。

キャリアと書くと堅苦しいイメージや一部の優秀な人のイメージを持つ人もいるかと思いますが、生き方そのものを指しています。

なので、「一人ひとりが仕事を通じてどんな生き方をしていきたいか、という理想やイメージに向かうためのアドバイスをする」仕事という意味合いとなります。

キャリアカウンセラーの大まかな仕事内容

キャリアカウンセラーの仕事は多岐に渡りますので、大まかに見ていきましょう。

カウンセリング

「今の会社に不満があるからどうしたらいいのか」「年収を上げたい」「ワークライフバランスを整えたい」等、カウンセリング希望者の悩みの問題解決を一緒に行います。

現在の仕事内容とそれに対する課題、自分の目指したい方向性、その実現の為には現在の環境では何が足りないのか、転職で叶えるべきなのか異動等社内で叶えるべきなのか。

等一人ひとりの状況に合わせてヒアリングをし、状況整理と問題解決の道筋を立てることがポイントです。

カウンセリングを行った結果、転職しない方が良いと希望者が判断した場合は終了ですが、転職すべきだと判断した場合は実際の求人の紹介をし、応募する求人や今後の段取りを決めます。

カウンセリングではカウンセラーが断定するのではなく、話の整理とアドバイスがメインなので、話を聞いた結果求職者の方がどうするのかという所を自己判断してもらい、納得した上で進めていくことがポイントです。

面接サポート

面接の日程調整、面接前に知っておくべき企業情報や面接のポイントを伝え、面接を受ける準備のサポートを行います。

新規プロジェクト等、まだ表に出ていない情報に関わる求人は1個人での情報収集が困難な場合もあるので、カウンセラーからの情報が面接の合否を大きく左右する事もあります。

また、面接慣れしていない場合は面接対策として、模擬面接を実施します。

カウンセラーを面接官として見立てて、面接でこんな事を聞かれたらどうするのかというシュミレーションを行います。

面接時には面接同行する場合もあります。

求人や雇用形態によって同行の有無は異なりますが、同行した場合は求職者が緊張して伝えきれなかったアピール点を補足したり、カウンセラーの立場から見て何故この企業に合っているかを伝えて魅力を押し出したりと、一人では伝えきれない部分をプッシュします。

面接後は面接の感想と志望度を求職者からヒアリングし、企業へのフォローをします。

うまくいかなかった点があればフォローをし、志望度が高ければ、高い旨を伝えて最後の一押しをします。

条件交渉

内定前段階になると必ず出てくる悩みが条件交渉になります。

条件交渉もカウンセラーが行う場合が多いです。

特に年収や入社時期については内定になるまでは言いにくい点であり、内定後に交渉をするとなると企業側の社内事情で通らない場合があったりとトラブルになりやすい為、事前にカウンセラーがヒアリングをし、人事担当者と交渉を行います。

必ずしも交渉が成立するとは限りませんが、志望度と条件と企業側の採用熱度が折り合えば、当初の想定よりも良い条件で内定が出ることもあります。

また、内定後から入社までの間に不明点や相談点があれば、相談に乗ります。

退職交渉が難航している場合の進め方や、転職先の人事に直接聞きにくいけれど気になっている事等、ざっくばらんに話を聞いて必要に応じて企業とコンタクトを取り、スムーズに入社まで進められるようにします。

求人案件の為の営業活動の補佐

所属する企業によっては求人獲得の為の法人営業やその補佐も行います。

法人営業担当と共に企業の人事担当者の元へ訪問し、現在の市況や求職者の動向を伝えたり、預かっている求人の情報について詳しくヒアリングします。

キャリアカウンセラーの仕事はどんな人に向いている?

状況に応じて様々な顔を持つ必要があるキャリアカウンセラーですが、どのような人が向ているのでしょうか。

話を聞くことが上手な人

キャリアカウンセラーは個人の話を聞いてアドバイスを行う事が仕事なので、話すことが得意な人よりも、話を聞くことが得意な人の方が向いています。

いかに個人から本音を聞き出せるか、信頼して悩みや相談を話してもらえるかで納得のいく転職活動のサポートができるかどうかが左右されます。

リスクを察知する事ができる人

転職活動をする上ではネガティブな思考を持ちながらサポートをする方が事前にリスクをつぶしこむ事ができます。

この点が人事担当者は引っかかるのではないか、こんな点を知らないともしかしたら面接で躓くのではないか等、想定し得るリスクを洗い出し、その点を事前に潰しこみながらサポートをする事で、より面接の成功の可能性が上がります。

精神的にタフな人

キャリアカウンセラーを希望する人の中では精神的につらい思いをしている人もいらっしゃいます。

また、人生を左右する大切な場面なので、一つのミスが大きなクレームを引き起こすこともあります。

そういった時に精神的なタフさがないと乗り越えきれない事があります。

キャリアカウンセラーの仕事に向いている人については、こちらの記事も参考に!

キャリアカウンセラーの仕事をするために活かせる、今までの経験は?

キャリアカウンセラーの仕事を大まかに見てきましたが、今までどんな経験をしてきた人がこの仕事で活躍できるのでしょうか。

営業経験のある人

求人活動に対する営業もそうですが、求職者の良い点を企業にアピールする時に営業経験が活かせます。

また、営業職でたくさんのお客様と関わった経験がある人は話を聞くことが得意な人や、話を引き出す事に慣れている人が多いので、経験が十分に生かせるのではないでしょうか。

挫折した経験がある人

子供の頃に不登校の経験がある、受験勉強で失敗してしまった、就職活動が上手くいかなかった等、人生には色々な場面で挫折してしまう事があります。

それはマイナスな事と捉えられがちですが、失敗して悩んだ経験がある人ほど、キャリアカウンセラーの仕事には向いています。

カウンセリングを希望する人は何らかの悩みを持っているので、共感し、悩んでいる苦しさや辛さを理解できるからです。

好奇心旺盛な人

キャリアカウンセリングには様々な仕事、様々な考えを持った人が訪れます。

一人として全く同じ人はいないので、好奇心旺盛で人に興味がある、仕事内容に興味を持っている人の方が興味を持って個人と接する事ができます。

また、企業の求人も市況に応じて新しい求人が出たり、同じ求人でも状況が変わるので、何故だろうと興味を持てる人の方がより深く情報を得られる場合が多いです。

キャリアカウンセラーで働くメリットとは?

色々な仕事を知ることができる

キャリアカウンセラーの仕事のメリットは何といっても幅広い業界の仕事に関する知識を習得する事ができることです。

今までの経験では出会う事がなかった職種の人や、関わる事がなかった年代の人と関わり、仕事や人となりを知る事ができます。

それにより、今までの固定概念を覆されたり、視野が広くなります。

国家資格取得ができる

平成28年4月よりキャリアコンサルタントの国家資格ができました。

受験資格は厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した方、技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験に合格した方、平成28年3月までに実施されていたキャリア・コンサルタント能力評価試験の受験資格である養成講座を修了した方等、実務経験が必要な場合がほとんどです。

国家資格を取得する事により、民間企業だけではなく、ハローワークや大学等の職業選択の間口が広がる可能性が高く、且つ一定レベルの能力を保有している事を証明出来るため、求職者からも企業側からも信頼される可能性が上がります。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

キャリアカウンセラーとして就職した後のキャリアアップの道はたくさんあります。

キャリアカウンセラーとして対応できる職種や業種を増やす事はもちろんですが、エグゼクティブクラスといわれる管理職や役員、経営陣等のハイクラスの求職者へのカウンセリングが出来るのは知識と経験が豊富なカウンセラーだけです。

また、キャリアカウンセラーの経験を生かして人事職に就き、採用業務を行う人もいます。

転職だけではなく、企業内でキャリア開発を行う企業内キャリアカウンセラーも近年増えてきています。

民間企業だけではなく、大学でもキャリアカウンセラーを置き、学生の就職相談や支援を行う事もあります。

一口にキャリアカウンセラーといっても様々なキャリアップの道がありますね。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

キャリアカウンセラーの経験を活かして他の仕事に転職するとしたら選択肢は何があるのでしょう。

結論としては幅広い職業に対応できます。

無形商材の営業職や個人向けの営業で今までの経験が活かせます。

また、営業以外ですと人材コンサルタントや企業内の育成コンサルタントという道もあります。

転職が当たり前になっている世の中なので、会社側も社内でいかに優秀な人材を確保するかがポイントになっています。

そういった状況ですので人材育成に関しては特に力を入れています。

そこでキャリアカウンセラーとしての経験を活かして、社員の教育やモチベーション、社内でのキャリアップ方法等のコンサルティングや講習を行う人材育成コンサルタントという道もあります。

自分にあったキャリアカウンセラーの求人の選び方や注意点

【選び方①】雇用形態から探す

雇用形態と一口にいっても現在は様々な雇用形態がありますよね。

正社員、契約社員、登録型派遣、常用型派遣、紹介予定派遣、業務委託、パート、アルバイト等。

昔は正社員=良いというイメージでしたが、正社員は異動、昇進によるキャリアチェンジ、転勤等で必ずしも良いとはされなくなってきています。

やりたい事やどんな仕事をしたいのかによって雇用形態を考えるとよいかと思います。

例えば、技術者としてキャリアアップしたいのであれば、正社員で一つの部署に居続けるのではなく、派遣社員として様々な案件を担当し、能力を磨く方がキャリアアップにつながります。

今まで経験した事のない新しい仕事にチャレンジしたいのであれば、正社員としての求人ではなかなか採用されにくいので、経験を積むという意味で契約社員からスタートして、経験を積んで別の雇用形態として再チャレンジもできます。

家庭の事情で就業に制限があるのあれば、パートやアルバイトで経験を活かせる業務に就く方が働きやすい場合もあります。

このように目的によっては雇用形態を考えるとより選択肢が広がり、自分のやりたい事ができるチャンスがあるのではないでしょうか。

【選び方②】給与や雇用条件から考える

働く上での大きなモチベーションにつながる給与と雇用条件はとても大切ですよね。

給与については求人選びの際に注意をする必要があります。

それは年収に関する考え方です。

求人票に記載されている年収は、月給や賞与を含む全ての手当てを年間で支払う事を想定した金額です。

想定ですので、確約ではありません。

入社直後に未曾有の不景気が訪れれば賞与は支払われない可能性があります。

また、月給も手取りの金額ではなく、税金等を差し引く前の額面での金額が記載されています。

こういった情報を知らずに入社して、思ったよりも少ないという状況に陥る方がいるため、求人票に記載されている金額は額面の金額である事と年収表記に関するリスクを知った上で参考とし、実際の金額については面接を進めていく上で確認していくことが良いかと思います。

【選び方③】エリアから考える

働くエリアは生活する上でとても大切ですよね。

まず、実際に通勤可能なエリアを考えてみましょう。

そこから現在の自分の生活、今後の生活を考えて、どこまで広げられるかを考えるとよりイメージがわきやすいと思います。

また、初任地も大切ですが、今後想定される転勤の可能性についても調べながら求人を選ぶ事が大切です。

国内外問わず働きたいのか、なるべく現在のエリアから離れずに働きたいのかによって求人は大きく変わります。

転勤の可能性が高い求人は記載されている事が多いので確認が必須な事と、転勤を避けたい場合は面接で転勤の有無や頻度について確認するとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

キャリアコンサルタントの仕事は幅が広くて奥が深いですよね。

決して簡単な仕事ではありませんが、たくさんの人との出会いや知識の習得が出来て、人生の岐路の手伝いが出来るやりがいのある仕事だと思います。

転職が上手くいった事で人生が良い方向にいったというお礼の言葉を頂く事も少なくありません。

何かの機会に自分がサポートした方の活躍を見る事もあります。

そういった時に自分がその人の人生の背中を押したんだと思える、素晴らしい仕事です。