ここでは看護師を辞める5個の理由と辞めるのを決める前に考えておきたいことの解説をします!

看護師を辞めたいと思うことは多々あれど、本当に辞めると決めたときはどのような理由があるのでしょうか?

また看護師自体を辞めるのと、職場を辞めるのとでは大きな違いがあります!

その違いも踏まえながら辞めるのを決める前に考えておきたいことも紹介して、少しでも辞めるという考えが個人で納得できるものになるようにしています。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師の離職率は多い?

日本看護協会調べ(2017年度)によると、看護師の離職率は10%前後、新卒でも7%前後となっており近年横ばいもしくは微妙に上昇が続いています。

100人いれば10人は辞めているということですね…。

さほど多くないと感じるかどうかは人それぞれなのですが、世間のイメージは看護師は離職率が多いとされています。

しかし実際は、離職しているのではなく〝休職〟もしくは〝違う病院へ転職〟している割合の方が多いです。

看護師は転職率に関しては相当高いでしょう。

看護師の転職をするときは、こちらの記事を参考に!

看護師を辞める理由は何が多い?

看護師の離職率は10%前後ですが、その中でも多い理由はどんなことが挙げられるのでしょうか?

激務による体調不良

看護師の仕事は激務。

よく聞く言葉なのですが、決して拘束時間が長いというわけではないんです。

むしろ看護師は日勤、夜勤と担当が分かれているので終了時間になれば帰れる仕事なのですが、実際に受け持つ仕事の量が時間内に終わらない量を毎日抱えています。

そのため、勤務終了時間になっても帰れないという事案が発生するのです。

それに稀に起こる長時間の拘束が重なると看護師もさすがに体調不良になります。

さらに、体力は平気でも看護師の仕事は心を削られる仕事なので、精神的に耐え切れなくなってしまうことも考えられます。

1度体調不良が原因で休んでしまうと、他のスタッフに迷惑をかけてしまったという罪悪感にさいなまれそのまま離職という結果につながります。

人間関係のトラブルによる精神状態不良

看護師の仕事の悩みの種NO.1は「女性同士の人間関係」です。

男性看護師が増えてきたとはいえ、まだ女性の方が圧倒的に多い職業です。

この男女比率がひっくり返ることはほぼないと思われるので、看護師の悩みの種はこれからもずっと続くでしょう。

女性同士の人間関係で多いのは「陰口」「陰湿ないじめ」が主です。

「学生かよ!」って突っ込みたくなるくらいバカバカしいことも起こったりするのが看護師の実態です。

そうしたトラブルに巻き込まれないようにしたいのですが、正直誰がいつその標的になるかはわかりません…。

もしなってしまうとその病院ないし看護師まで続けられなくなるほどのことも実際に起きています。

1度精神状態が不安定になると、前述した〝激務による体調不良〟と同じように看護師として職場復帰するという気力を生み出しにくくなってしまいます。

出産後のブランクが怖いから

女性の職場が多いので、結婚や出産の報告が他の職場よりも多いのが看護師の職場の特徴です。

結婚後に離職する人というのはほぼいないと考えてよいのですが、出産後の離職は看護師の中では多く、休職扱いのはずが、気づいたら離職をしていたというパターンも多いです。

女性は出産後も目の離せない赤ちゃんの世話もあり、数年は仕事復帰できません。

また保育園などに預けようにも空きがないので現状家で見ることを余儀なくされている人もたくさんいます。

職場に託児所を作っているところもあるのですが、病院にそのような場所を作るのはなかなか難しいものです。

そのため、気づいたら看護師を辞めてから5年たってしまって今から戻るのはちょっときつい…という人がでてきてもおかしくないのです。

仕事と報酬が割に合わない

離職率と間接的な関係を持つ理由なのですが、経験年数が5~10年になり〝中堅〟と呼ばれる立場になると色々な仕事を任されるようになります。

そこで起こる問題が、「仕事量と給与が割に合わない」という件です。

中堅は新人の教育とともに自己の成長もしないといけないため、外部の研修やセミナーに参加することが求められます。

またその日の部署全体のリーダーを任されることもあるので仕事量はかなり多いです。

その割に合わない時期が長く続くとどうしても「看護師として働いている必要はないのでは?」と考える人もでてきてしまい、結果それが離職率の増加につながるのです。

看護師としてのスキルを使った仕事(教師や教授)に就きたい

この理由はベテランの看護師に多いのですが、年齢の問題もあり夜勤の業務が体力的に難しい…と感じるようになっていきます。

ただ看護師として病院で働くには外来か病棟に配属になります。

外来に移れば夜勤はありませんが、給料がガクッと減ってしまいます。

病棟の看護師を辞めても給料はそこまで変えたくないと考える看護師は学生を教える教授や講師を目指すことが多いです。

以上が看護師が離職をするときの理由として多いものの紹介でした。

どんな形であれ、離職してしまうのは何かしらの問題があったからということがわかりますね。

看護師という素晴らしい仕事を辞めてしまう人がいるのはとても悲しいことなのですが、現状を踏まえると仕方ないことなのかもしれませんね。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師を辞めるのを決める前に考えておきたいこと

「看護師を辞めよう…」と決めた人、少し待ってください。

いまのその気持ちは感情に流されて出した答えじゃないかどうか最後にもう一度考えてください。

できれば夜ではなく昼間の明るい太陽が出ているとき考えましょう。(夜に考え事をするとマイナスな考えしか浮かばないので)

実際になにを考えておけばいいのかわからない人はこちらを参考にしてくださいね。

辞めた後の就職先について

看護師から離れたあとの就職先や生きていくための計画は万全ですか?

「辞めたあとから考えよう」なんて思ってるのであれば、それは甘いです。

看護師はなぜかわかりませんが、他の職種に就職することが難しいと言われています。

また辞めた理由もかなり細かく聞かれます。

周りからはなんであんな給料が高くて苦労してとった資格を捨てるのかと疑問に思われてるんでしょうね。

理由はありのままを話せば良いのですが、就職できないことも考えれば離職する前に次の仕事先を見つけておいた方が良いです。

辞めずに解決できる問題で悩んでないか?

看護師を辞めるのは正直もったいないです。

もし辞めずに済むのなら辞めたくないと思っている人もいるはず。

そんな人は誰かに相談しましたか?

相談する相手は同期ではなく看護師長にしましょう。(看護師長が悩みのたねの場合は主査などとにかく位が上の人にしましょうね。)

もし辞めずに済む代替案がでたら一度それでやってみましょう。

もしそれで駄目なら辞めましょう。

今いる職場を辞めたいのか看護師を辞めたいのか

職場を辞めることと看護師を辞めることは全く違うといっても過言ではないでしょう。

職場を辞めるだけなのであれば、まだ看護師の仕事は引く手あまたなので代わりの就職先が見つかりますが、看護師自体をやめるとなると、全く未経験の職種につくことになります。

20代前半であれば会社側としてもしあ擁立は高いのですが、20代後半や30代を過ぎてしまうと全く未経験の職種に就くということはかなり難しいでしょう。

追い打ちをかけるようですが、看護師というのは特殊な仕事のため、積んできたキャリアというのが他の職種に活かしづらいという面を持っています。

そのため過去の職歴を見られて、いくら看護師の仕事がすごいといわれても実際には「看護師のキャリアは自社では役に立たないかもな…」と考えられてしまうことが多いです。

看護師自体を辞めたいと考えている人は、もう1度職場を変えればなんとかなるのではないかということを考えてみてください。

看護師のキャリアを捨てるという覚悟はあるか

看護師のキャリアは積めば積むほど良いものですが、少しでも現場から離れてしまうと積んだキャリアを再び活かすのにかなりの時間がかかります。

また1度失ったキャリアをまた手に入れることはほぼ難しいので、キャリアを本当に捨てても良いのかどうかを考えてましょう。

キャリアだけではなく、培った看護技術も少し現場から離れるだけですぐ忘れてしまうものばかりです。

そのため、出産や育児がある程度落ち着いた人が最初にぶつかる壁は「昔の自分ならできたことができなくなっている…」という壁。

その悩みが払拭できなくて結局辞めてしまった看護師もいるので、看護師自体を辞める場合はそれ相応の覚悟が必要なのです。

看護師を辞めた後に響く家計への影響(結婚、出産をしている人の場合)

看護師の給与は女性の職業の中でも割と高いので、看護師を辞めるとやはり家計に響くでしょう。

特に男性看護師の場合は家庭を支える立場にあるので、辞めることは考えづらいのですが、もし万が一辞めてしまう場合はかならず違う仕事を見つけてからにしましょうね。

以上が看護師を辞める前に考えておきたいことの解説です。

かなり重い話になってしまいましたが、看護師自体を辞めるということはそれなりに大きいリスクが生じるので慎重に考えていただきたいという思いもあるので、書かせていただきました。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

番外編!行き詰ったときのリフレッシュ方法

看護師の仕事や人間関係、その他のことで行き詰ったらぜひ以下のことを試してみてください。

他の仕事と同様に看護師も行き詰る仕事です。(そもそも行き詰らない仕事なんてないです)

ただ、看護師には専門職なりの行き詰り方があるので、それに特化したリフレッシュ方法を紹介します!

就業後を趣味に使う

趣味は人それぞれ。

就業後に勉強などをしないといけないところもあるのですが、体を休めるのも社会人として大事な仕事です。

心が病んでしまうと体も病んでしまいがちになるので、心だけでもリフレッシュできるようにしましょう!

軽い運動をする

もし体力的に余裕があるのなら、軽い運動(ストレッチでもOK)で汗をかきましょう。

運動をしているときは人は余計なことを考えることが極端に少なくなります。

私は休みの日には必ず動的リフレッシュとしてジョギングを取り入れています。

個人差はありますが、ジョギングをしていると周りの景色などを楽しむことができて、気持ちにも余裕が生まれるのでオススメです。

友人と遊ぶ、ご飯を食べる

友人を誘ってご飯を食べたりするのも人によってはリフレッシュにつながります。

しかしここで注意しておきたいのは〝友人は全く関係ない職種の友人にする〟ということです。

もし誰も見つからない場合はしょうがないのですが、同じ職種や同じ部署の同期とご飯に行くと部署の愚痴大会になってしまい、リフレッシュにはなりません。

リフレッシュというよりも逆にストレスや嫌悪感を抱いてしまうことも…。

そうならないように、全く関係ない人と遊んだりご飯に行きましょう!

アロマや落ち着く音楽を楽しむ

ストレスや行き詰った考えを自分の部屋にまで持ち込むのはよくありません。

家に着いたら自分がゆっくり何も考えずに過ごせるようになる音楽をかけてみましょう。

また気持ちが落ち着くアロマなどもたけるとなお良いでしょう。

私はよくジブリのBGMなどをレンタルショップで借りて聞いていました。

意外と落ち着けるのでオススメです!

思い切って寝る

嫌なことは寝て忘れるとはよく言ったものですが、私はこの方法はかなり有効だと考えています。

早めに寝ることは脳のリフレッシュには最適で、次の日には脳がかなりすっきりした状態になるのでオススメですよ!

以上がオススメのリフレッシュ法でした。

行き詰っているときこそ正しい食事と最適な睡眠をとることがなによりもリフレッシュにつながるので、行き詰ってもあまり考えこまずにしっかりと心と体を休ませましょう!

私も行き詰ったりうまくいかないときは食事と睡眠を意識して過ごしていました。

また、リフレッシュ方法とは違うのですが、正直に言うと行き詰ってしまう時はその場でなにを考えこんでも解決策は見出せません。

技術の向上が必要なことであるならなおさらです。

そういう時はシンプルになにが上手くいかなかったかを見出し、次回からその反省を活かせばいいと考えるだけで問題ないでしょう。

あまり深く考え込んで上手くいかないことの方が多かったりしますよ。

まとめ

以上が護師を辞める5個の理由と辞めるのを決める前に考えておきたいことの解説、リフレッシュ方法の紹介でした!

看護師の仕事は正直ストレスがたまりますし3K(汚い、きつい、危険)がすべて当てはまります…。

しかし、せっかく看護師資格を苦労して獲得したのですから、勢いで辞めると考えるのはもったいないですし、絶対に後悔します!

そうならないためにもこの記事で少しでも考えが変わってくれたら幸いです。

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト
関東・関西・東海専門!高時給求人・保育園等のレア求人が多数! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。「泌尿器科の看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方が

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把

看護師の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

今回の記事は、看護師の年収や相場、給料をアップするには転職術についての記事をご紹介していきます。看護師は比較的給与の高い職種ですが、できることなら今までよりも給料アップできたらいいなと思うのが本音ですよね。転職する際に、確認しない人はいないくらい大切な条件である給料。具体的な看護師の給料の相場感などご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →看護師の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入職した場合病院や地方によって異なりますが、都心部のケースで紹介すると、手当込で年収350~400万円という所が妥当のようです。大学病院や総合病院などの急性


看護師求人に関するコラム

看護師採用はどんな会社がしてる?3つの病院タイプや人手が足りない科・看護師が求められている役割とは

看護師といえば病院やクリニックで働いているイメージですよね。約9割の看護師は医療や介護の現場で働いています。しかし、看護師免許は医療現場以外でもその資格を活かすことが可能なのです。全体の1割の看護師はどんな職場で働いているのでしょうか?今回は医療現場以外で看護師採用をしている会社に視点をあてて説明を行っていきたいと思います。また、病院や企業など看護師として働く現場の特徴についてもご紹介していきたいと思います。看護師採用はどんな会社がしてる?看護師としての仕事内容は幅広く、医療や介護以外で活躍している看護師は多く存在しています。では、実際にどのようなところで働いているのでしょうか?医療や介護以外

看護師在宅ワークにおすすめな仕事とは?おすすめやメリットデメリットを経験者が教えます。

ここ最近、SNSの普及が充実しておりその中で様々な情報が飛び交うようになりました。その中でも現在注目されているのが「在宅ワーク」です。在宅ワークってどういったことをするのだろうとお思いになる方がほとんどかと思います。ここでは、看護師にオススメな在宅ワークをご紹介していきたいと思います。看護師の在宅ワークにおすすめな仕事とは?そもそも看護師に在宅ワークが必要なのでしょうか?看護師といえば、給料が高いというイメージが多いかと思います。実際私も看護師として働く傍ら、在宅ワークをしている身でもあります。私の場合、現役で働いている時はそこまで在宅ワークに時間をかけることができなかったのですが、妊娠をして

看護師が50代で転職する時に気をつけたい5つのこと。経験者が解説します!

看護師の転職なんていくらでもあります。現在看護師という職業は本当に人手不足で年代問わず優遇される事が多いのです。資格があった方が有利とは言われますが、看護師ほど有利な職業はないでしょうね。今回は50代の看護師が転職する際に注意して頂きたい事をお伝えしていきましょう。私も元医療事務でしたので、気が付いた事を全てお話致します。看護師が50代で転職する人は多い?看護師が50代で転職される方というのはそこそこかもしれませんね。病院勤めをされているか、クリニックで働いてきたかのどちらかになります。30代、40代で転職される方はおりますが、50代となると正直厳しいものがあると思って下さい。確かに看護師とい

耳鼻科看護師の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

耳鼻科の看護師の役割とは何か?また他の科と何がどう違うのか?と気になる方もいるようです。多くの科がある中で、もっとも季節によって左右されると言われている耳鼻科。実は他の科以上に人気があるとされています。今回は耳鼻咽喉科看護師の仕事内容についてお伝えしていきましょう!耳鼻科看護師の仕事は大きく2個の役割に分けられる耳鼻咽喉科の仕事というのは、実際看護助手と仕事内容は変わりません。注射、手当などをする程度くらいでしょうか?私は3年ほど耳鼻咽喉科の看護助手として看護師と共に働いていましたが、いざという時に頼りになるという事でしょうか?点滴、注射などの処置耳鼻咽喉科に来院される患者というのは、結構多い

内科看護師が給料を上げるためにやりたい3個のこと

看護師として働いていると仕事に対してのやりがいも必要ですが、やはり給料も大事なところですよね。今回は、内科の看護師の仕事内容や都道府県別や働き方などを比較した給料、また看護師として働く中で給与をあげる方法などについてお話をしていきたいと思います。なかなか聞けない給与事情についてお伝えしていきます!内科看護師のおおまかな仕事内容内科とは、体の中の疾患に対して手術など外科的な処置をせずに治療する診療科のことをいいます。内科の看護師の仕事は、医師の診察介助、バイタル測定、投薬(注射・点滴)、採血、看護ケアなどが主な業務となってきます。病棟での1日の業務は、バイタル測定し、点滴や採血、食事や排泄などの