新人看護師の悩みでよくあることについての写真

ここでは新人看護師が抱えている悩みに焦点をあてて、悩みの内容と対処法を紹介します。

看護師の職場に限らず、どの職場でも人間関係は仕事をするうえでかなり大事でですよね。

できることなら仕事以外の人間関係くらいは円満にして仕事をしたいもの。

それ以外の悩みも早めに解決が望ましいです。

本記事では同じように考えているい人に向けた記事となっております!

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

新人看護師によくある6個の悩みとその解決法は?

新人看護師の悩みはいったいどんなものがあるのでしょうか?

これは看護師の先輩にも見てほしい内容となっています。

苦手な先輩がいる

誰にも必ずいます、苦手な先輩!

なんでこんなに出会ってしまうんだろうと思いたくなるぐらいですよね。

私も新人のころにすごくすごく苦手な先輩がいました。

その先輩はなにかにつけて否定から入る人で「でも~」が口癖でした。

そのくせ、肝心のことには触れず、当事者たち問題だけ投げて終わりという、何が言いたいのかよくわからない人だったのですが、そのよくわからない結論で振り回された人は多かったです。

特に新人はどうしたら良いのかわからずに泣いてしまう人が続出でした。

その解決方法とは?

解決方法はただ1つです、気にしすぎないこと。

この件に限らず苦手な先輩はどこにでもいますし、その人に気を遣うことすらいずれストレスに変わります。

必要事項以外は話をしない、本当に嫌であれば露骨に出しても平気だと私は考えます。(実際私は露骨に出すことで苦手だと相手に思わせることができました)

そこで相手も気付いて、どういう対応をしてくるか試してやるくらいでいいと思います。

はっきりさせようとしてくるならはっきり言ってやりましょう。

逆になにも対応してこないのであればそのままで良いと思います。

ただし、大事なのは周りには関係ないので、周りを巻き込むのはやめましょう。

そして、仕事に支障が出るのであれば、それは仕事の話として意見を述べましょう。

さらに、苦手な先輩でも挨拶とお礼だけはしっかり言いましょう。

これをしないとあなたの株を下げる可能性があります。

先輩後輩という立場や苦手得意という現状はあれど、同じ仕事をする仲間であることに変わりはないので、あくまで仕事の付き合いはしっかりと…。

~自分の職場は変わってる?~

新人の業務がどこまでなのかわからない

ほとんどの病院では教育指導や研修を行い、その研修などで習ったことであれば自分たちの部署で行なえるというシステムを取っています。

そのため、できることは断片的に1つずつ増えていくイメージを持っていただけると良いでしょう。

例えば、点滴のルート確保一つにしても、留置する針を刺すことをまだ研修で行なっていないが、そのあとのテープ固定だけは研修で行なったのでできるという状態が病院には寄りますが、あります。

その時に新人は「自分がここまでできるけど、これだけできますというのは逆に先輩の業務の邪魔になってしまうのではないか…」と考えてしまうので、なかなか「テープ固定だけやらせてください」とは言いづらいのです。

その解決方法とは?

解決方法としては、まず新人は先輩に現状を伝えましょう。

研修の日程が組まれているわけですし、正直あなたが看護技術のことで申し訳なく思う必要は1㎜もありません。

ただ、先輩も全員が新人の現状を把握しているわけではないので、必ず伝えることだけは忘れないでください。

先輩たちは新人に現状を聞いてあげましょう。

「この看護技術はどこまで研修でやったの?」たったこの一言で解決します。

忙しい業務だったとしてもそれくらいの余裕は持ちましょう。

「自分から言ってくるのが新人の役目」と思っている人もいるかと思いますが、正直私は古い考えだと思います。

そのようなことをやっていると後輩も新人もこれからできる未来の後輩に同じことをします。

それで部署の雰囲気が良くなるとは到底思えないのでやめましょう。

たった一言聞くことでスタッフ同士のコミュニケーションをとるきっかけにもなります。

失敗すると思うと逃げたくなる(採血&点滴ルート確保)

採血をする看護師

採血と点滴ルート確保はどこの病院でもかならず行う看護師の業務です。

ただし、これは経験がものをいう業務なので新人のうちは100%失敗します。

どんなに優秀な新人でも、抗がん剤の治療を続けている患者の硬くなった血管に針を入れることは、かなり難しいです…。

ただやはり何回も失敗すると患者から「下手くそ」と言われたり「上手い看護師にして」と言われてしまいます。

このような経験をしている人は次に採血や点滴ルート確保をするときに怖くなってしまいますよね。

私はこの気持ちがすごくよくわかります。

その解決方法とは?

まず新人さんに伝えたいのは、「失敗を恐れてはうまくはならない」ということ。

もちろんたくさん失敗してくださいとも言えませんし、失敗するなというプレッシャーも与えるつもりはありません。

ただ誰しも必ず失敗はします。

ここで考えてほしいのは「なぜ失敗したのか?」ということです。

針を刺す角度が足りなかったのか、それとも深く刺しすぎて血管を突き抜けてしまったのか、選んだ血管が間違っていたのかなど失敗の原因はたくさんあります。

その原因を明らかにすることが解決策であり、次失敗しないためのよい糧になります。

最初は心配でしょうから先輩を捕まえて手技を見てもらいましょう!

同期と比べて自分が劣っているような気がする

同期が数人いると時々意地悪な先輩から、「あの子はこの前すんなりできてたけどね~」と比べられることがあります。

また「あの子はあれできてたからあなたもできると思ってたけど違うんだね、ふーん」なんてことも言われたりと新人にとってはストレスになることばかり言われます…。

するとそのようなことの積み重ねで、同期同士でも仲が険悪になってしまったりと悪循環に陥ることも。

そんなの嫌ですよね。

その解決方法とは?

他の同期と比べてくるのはあなたに「もっとできるはず」という発破をかけていることも考えられます。

もしそうでなくてもそのようにわざと捉えて「はい!頑張ります!」なんてこと言っておきましょう。

また、同期ができるのだからあなたもできないわけがありません。

ただ、手技を行なえる機会に恵まれていないことだってあります。

そんな時はその先輩に「もっと経験したいのでこんなチャンスあったらやらせてください」って言ってやりましょう。

焦る必要はまったくないので、確実に手技を覚えていきましょう。

~悩みは早めに相談・解決して、ストレスフリーになりましょう~

本当に自分は看護師に向いているのか?

自分は看護師に向いているのか考える看護師

新人のうちに何回も頭をよぎるであろうこの悩み。

なにか失敗をしたり、患者に命の危険を背負わせる間違いをしてしまったときに、このように思ってしまうことが多いです。

またこの悩みは新人に限ったことではなく、看護師歴が10年超えている人も悩んでいる人はいます。

その解決方法とは?

看護師歴10年未満の私がアドバイスするのもおこがましいかなと思うのですが、あえてはっきり言うとこれに解決策はないです。

そして、向いているか向いていないかは誰も判断ができません。

きついことを言うかもしれませんが考えるだけ無駄かもしれません。

しかし、1つ言えることはどんな理由であれ「看護師になろう」と思い学校に入り国家試験を通過してきた時点で充分看護師としての素質があります。

素質を十分に生かして行ける職業に就いたのですから、自分を疑うことなく信じて看護師でありつづけてくださいね。

何を目標に頑張ればよいのかわからない…

看護師国家試験という大きな壁を乗り越えてきたは良いものの、これから先の目標がいまだに定まらなくて悩んでいる新人さんも多いはず。

または、希望の配属先にいけなくてまったく興味のないところに配属されてしまい、なにもやる気が起きず目標が見当たらない人もいるでしょう。

配属先に関しては致し方ない所もあるのですが…。

その解決方法とは?

前者は俗にいう燃えつき症候群に近い症状かもしれません。

ただ燃えつきるのにはまだ早いというかまだ燃えてもいないのでは?と思ってしまいます…。

きつい言葉かもしれませんが、看護師国家試験はただの通過点であり看護師としてのスタートラインに立つためのものです。

残念ながらゴールではないので、解決するには気持ちを奮い立たせることしかありません。

もしそれでもダメそうな場合は何でも構いません、できないことを探してください。(たくさんあると思いますが…)

それが100%ミスなくできるようになるまで、先輩から認められるまではそれを目標にしてみるのも良いでしょう。

また、後者のように希望の配属先になれ無かった人に関しては、まず希望の配属先になれなくても学ぶことはたくさんあるということを頭に入れていただきたいです。

きっと希望の配属先で学びたいことがたくさんあったはず。

ですが、正直いまさら変えようもないですし、辞めるなんてもったいないです。

とりあえず、今回はその部署で早く技術を覚えて次のステップに進める努力をしましょう。

その部署で学ぶことも、もしかしたら面白いかもしれませんよ。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

悩んで仕事を辞める・・と決める前に考えてほしいこと

悩んでしまって「看護師辞めようかな…」なんて考えている新人さん、ちょっと待ってください。

それは正直本当にもったいないです。

もし本当に辞めようと思っている人がいるならまずこれを読んでください。

やめてどうするのか考えていますか?

辞めた後のプランが何もないならまだ辞めることをおすすめはしません。

世間の目はそこまで甘くもないですし、見逃してもくれません。

辞めた後のことをしっかり考えて、プランも予測できるリスクもすべて背負えるようになって初めて辞める決断をしましょう。

絶対に解決できない悩みですか?

師長に話をしても解決できない問題ですか?

もしくは話せない理由が何かあるのでしょうか?

他の人に話すことで解決することは多いです。

特に看護の仕事や人間関係に関してはまず誰かに話してみることが大事です。

これはあくまで私の経験上の話ですが、人間関係で悩んでいる新人は単純に思い過ごしのことが多いです。

実際にこじれていると思っている当事者同士で話をしてみると「あ、なんだそういうことだったのか」とお互い納得する部分は多いんです。

そのためもし人間関係などで悩んでいて辞めようと思っているのであれば、一回その当事者と話してみましょう。

思いきり気持ちをぶつけるは決して悪いことではありません。

その職場をやめても看護師の仕事は続けたいと考えていますか?

せっかく看護師国家試験を通過してきた苦労をみすみす捨ててしまうのはもったいないです。

もし、その職場を辞めるだけが目的などであって、看護師という仕事を嫌いになっていないのであれば必ずどこかで続けてほしいです。

まだ新人なのですから、あなたが熱意をもってしっかり再スタートの意思を伝えれば、「伸びしろがある」と捉えてくれる心の広い上司は必ずいます。

看護師という仕事がどうか嫌いにならないうちは続けてほしいです。

退職後の金銭的問題は考えていますか?

退職後、就職先が決まっているのであればまだ平気なのですが、もしなにも決まっていないもしくはこれから決めるという人は金銭的問題も一緒に考えましょう。

退職後のお金はあなたが思っている以上にかかります。

今貯めているお金で果たして足りるのか…それだけはしっかり考えておきましょう!

そこをしっかり考えておかないと退職してからかなり痛い目にあいます…。

~看護師を辞めるべきか、答えを知りたい人は~

看護師を辞めたいと思っている人は、こちらの記事を参考に!

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

以上が新人看護師が抱えてしまいがちなよくある悩み6個の紹介と解決策の紹介、そして辞めると考える前にもう1度考えてほしいことの紹介でした。

新人時代に看護師を辞めた人がほぼ揃って言うのは「看護師を辞めた後の方が辛い」という言葉です。

特別な理由がない人以外はほとんどの人がいセリフということは、それだけ続けておいた方が良いとされる職業なのでしょう。

実際に、1度は看護師を辞めてもう戻ってこないと決めた新人が、数か月後に違う職場で看護師として再スタートをしたという話もあります。

仕事をしていれば人間なので必ず1つや2つは抱えます。

その悩みを上手に解決できる人もいれば引きずってしまう人もいるでしょう。

決して悩みをもって仕事をすることが良いことでありませんが、そのような状態にあるということは自分が真面目に働いて真剣に看護師の仕事に関して考えているという証になります。

どうかその思いや自信だけはなくさずに看護師としての仕事を貫いていただきたいです。

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト
関東・関西・東海専門!高時給求人・保育園等のレア求人が多数! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。「泌尿器科の看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方が

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把

看護師の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

今回の記事は、看護師の年収や相場、給料をアップするには転職術についての記事をご紹介していきます。看護師は比較的給与の高い職種ですが、できることなら今までよりも給料アップできたらいいなと思うのが本音ですよね。転職する際に、確認しない人はいないくらい大切な条件である給料。具体的な看護師の給料の相場感などご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →看護師の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入職した場合病院や地方によって異なりますが、都心部のケースで紹介すると、手当込で年収350~400万円という所が妥当のようです。大学病院や総合病院などの急性


看護師求人に関するコラム

看護師採用はどんな会社がしてる?3つの病院タイプや人手が足りない科・看護師が求められている役割とは

看護師といえば病院やクリニックで働いているイメージですよね。約9割の看護師は医療や介護の現場で働いています。しかし、看護師免許は医療現場以外でもその資格を活かすことが可能なのです。全体の1割の看護師はどんな職場で働いているのでしょうか?今回は医療現場以外で看護師採用をしている会社に視点をあてて説明を行っていきたいと思います。また、病院や企業など看護師として働く現場の特徴についてもご紹介していきたいと思います。看護師採用はどんな会社がしてる?看護師としての仕事内容は幅広く、医療や介護以外で活躍している看護師は多く存在しています。では、実際にどのようなところで働いているのでしょうか?医療や介護以外

看護師在宅ワークにおすすめな仕事とは?おすすめやメリットデメリットを経験者が教えます。

ここ最近、SNSの普及が充実しておりその中で様々な情報が飛び交うようになりました。その中でも現在注目されているのが「在宅ワーク」です。在宅ワークってどういったことをするのだろうとお思いになる方がほとんどかと思います。ここでは、看護師にオススメな在宅ワークをご紹介していきたいと思います。看護師の在宅ワークにおすすめな仕事とは?そもそも看護師に在宅ワークが必要なのでしょうか?看護師といえば、給料が高いというイメージが多いかと思います。実際私も看護師として働く傍ら、在宅ワークをしている身でもあります。私の場合、現役で働いている時はそこまで在宅ワークに時間をかけることができなかったのですが、妊娠をして

看護師が50代で転職する時に気をつけたい5つのこと。経験者が解説します!

看護師の転職なんていくらでもあります。現在看護師という職業は本当に人手不足で年代問わず優遇される事が多いのです。資格があった方が有利とは言われますが、看護師ほど有利な職業はないでしょうね。今回は50代の看護師が転職する際に注意して頂きたい事をお伝えしていきましょう。私も元医療事務でしたので、気が付いた事を全てお話致します。看護師が50代で転職する人は多い?看護師が50代で転職される方というのはそこそこかもしれませんね。病院勤めをされているか、クリニックで働いてきたかのどちらかになります。30代、40代で転職される方はおりますが、50代となると正直厳しいものがあると思って下さい。確かに看護師とい

耳鼻科看護師の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

耳鼻科の看護師の役割とは何か?また他の科と何がどう違うのか?と気になる方もいるようです。多くの科がある中で、もっとも季節によって左右されると言われている耳鼻科。実は他の科以上に人気があるとされています。今回は耳鼻咽喉科看護師の仕事内容についてお伝えしていきましょう!耳鼻科看護師の仕事は大きく2個の役割に分けられる耳鼻咽喉科の仕事というのは、実際看護助手と仕事内容は変わりません。注射、手当などをする程度くらいでしょうか?私は3年ほど耳鼻咽喉科の看護助手として看護師と共に働いていましたが、いざという時に頼りになるという事でしょうか?点滴、注射などの処置耳鼻咽喉科に来院される患者というのは、結構多い

内科看護師が給料を上げるためにやりたい3個のこと

看護師として働いていると仕事に対してのやりがいも必要ですが、やはり給料も大事なところですよね。今回は、内科の看護師の仕事内容や都道府県別や働き方などを比較した給料、また看護師として働く中で給与をあげる方法などについてお話をしていきたいと思います。なかなか聞けない給与事情についてお伝えしていきます!内科看護師のおおまかな仕事内容内科とは、体の中の疾患に対して手術など外科的な処置をせずに治療する診療科のことをいいます。内科の看護師の仕事は、医師の診察介助、バイタル測定、投薬(注射・点滴)、採血、看護ケアなどが主な業務となってきます。病棟での1日の業務は、バイタル測定し、点滴や採血、食事や排泄などの