ファーストフードの代表格であるハンバーガー。

手軽に食べられボリュームあるので、老若男女問わずおすすめできる食べ物です。

今回はそんなハンバーガーを製造するお仕事の詳しい内容、向き不向き、仕事の始め方を紹介しますので、興味のある方は参考にしてください。

ハンバーガー製造の仕事とはどんな仕事?

ハンバーガー製造の仕事は、簡単に言うと「素材となる食材を組み合わせて一つのハンバーガーを完成させる」ことが目的です。

ハンバーガーの素材はパティ(肉)は冷凍のまま、バンズ(パン)や野菜は袋詰め状態など店舗での調理を必要とする状態で工場や産地から届けられるのが一般的です。

それらを調理し、組み合わせ、包装して一つのハンバーガーとしてお客様に提供するのがハンバーガー製造の仕事の役割となります。

ハンバーガー製造の大まかな仕事内容

まずは事前に調理した素材を組み合わせてハンバーガーにすることが求められます。

例えば、チーズバーガーを作る時はパティ(肉)、トマトやピクルスなどの野菜、チーズをバンズ(パン)で挟んで完成となります。

このようにして、働いている店舗で提供されているハンバーガーの作り方を一つ一つ覚えていきます。

経験を重ねてすべてのハンバーガーを作れるようになると、次はパティ(肉)をグリルで焼き上げたりフライヤーでポテトを揚げるなど素材を調理する仕事も任せられるようになります。

ハンバーガー製造が向いている人の6個の特徴とは?

手先の器用さに自信がある方

素材の調理、組み合わせ、包装など出来の良いハンバーガーを作るには手先の器用さが不可欠です。

子供のころから図工や絵画、折り紙などに自信のあった方は仕事の習熟スピードも速いです。

モノ作りに興味のある方

いかにお客様の満足するハンバーガーを作るかというモノ作りの基本を学べます。

多くのハンバーガー販売チェーンでは、ハンバーガーの出来の良さや製作スピードの速さを競う大会も開かれているので、人に負けない一芸を極めたいという方にもおすすめです。

飲食店の仕事に興味のある方

飲食店での仕事に興味のあるかたにとっては、実際に厨房に入ってお客様の要望通り料理を作りお届けする事を体験できるチャンスとなります。

飲食店のでの仕事を本業にしたい方にはおすすめできる仕事です。

創意工夫が好きな方

どのように作ればハンバーガーが綺麗な形になり作成スピードを早められるか、常に考え試行錯誤することが求められる仕事です。

自分の努力が確実に現れますので、創意工夫が好きな方にはおすすめの仕事です。

ハンバーガーが好きな方

勤務時間中ほとんどハンバーガーと接することになるので、ハンバーガーが好きな方にとっては天職になります。

店員だけの特典としてまかないでハンバーガーをいただいたり、商品の割引などもあります。

黙々と仕事をこなしたい方

直接お客様と接することは少ないので、コミュニケーションが苦手という方にもおすすめの仕事です。

ただし、様々なオーダーを柔軟に対処するため同僚とコミュニケーションをとることは必要です。

ハンバーガー製造が向いていない人の3個の特徴とは?

マルチタスクが苦手な方

忙しい時間帯はオーダーが大量に来たり、急にオーダー内容が変更されたりと様々な事態に対して柔軟に対応する事が求められます。

マルチタスクが苦手だとうまくこなせなかったり、ミスを起こしてしまったりと苦痛に感じるかもしれません。

多くの人としゃべるのが好きな方

どちらかというと黙っている時間の方が多いので、多くの人間とコミュニケーションをする仕事が好きな方には不向きです。

黙々とハンバーガーをひとつずつ丁寧に作っていく事が求められる仕事となっています。

手先が不器用な方

手先が不器用だとなかなか仕事をマスターできません。

手間取るとオーダーの遅れやミスに繋がってしまい、モチベーションが下がりかねません。

手先に自信のない方にはおすすめできない仕事なので注意が必要です。

ハンバーガー製造の仕事をするために必要なスキルや適正とは?

飲食店での勤務経験のある方

スムーズにオーダーをこなす、迅速にスピード感をもって仕事をするなど飲食店で勤務したことがある方は経験を活かせます。

料理に対する基礎知識もあるので、ハンバーガー作りの習熟スピードも速くなります。

商品を組み立てる仕事の経験のある方

ハンバーガー製造の仕事の基本は、調理済みの食材を組み立てて一つのハンバーガーを作る事です。

工場などで、素材を組み立てて一つの商品を作るような仕事を経験した方は、すんなり仕事になじむ事ができるでしょう。

一つの仕事を極めた経験のある方

ハンバーガー製造の仕事は「ハンバーガーを効率的に美しく作る」ことだけを求められます。

趣味や習い事や部活など、なんでもよいので一つの事に集中して取り組んだ経験のある方にはおすすめできる仕事です。

料理経験のある方

経験を積んでいけば食材の調理なども任せれるようになります。

必須事項ではありませんが、日頃から料理に慣れ親しんでいる方は適性があります。

バイトリーダーなどの役職者にも昇進しやすくなります。

自分でハンバーガーショップを開店したい方

経験を積んでいけば、食材の調理なども任せれるようになります。

必須事項ではありませんが、日頃から料理に慣れ親しんでいる方は適性があるといえるでしょう。

バイトリーダーなどの役職者にも昇進しやすくなります。

チームワークを重んじる方

一人では完結しない仕事なので、他の同僚と力を合わせ気遣いを絶やさずに仕事をすることが求められます。

サッカーなどスポーツ経験がありチームワークを学んできた方はこの仕事もうまくこなすことができるでしょう。

これからハンバーガー製造の仕事をはじめるには、どうしたらいい?

これまでハンバーガー製造の仕事について紹介してきましたが、ではハンバーガー製造の仕事を始めるにはどうすればいいでしょうか?

必要な資格や行動を最後にご紹介しますので、ハンバーガー製造の仕事に興味のある方は参考にしてください。

ハンバーガー製造の仕事で就職するために

ハンバーガー製造の仕事に就職するには、ハンバーガーショップで働くことが一番の近道となります。

求人はほとんどアルバイトで占められてますので、まずはアルバイト求人に応募してみることをおすすめします。

経験を積んでいけば正社員に昇格できる店舗もありますので、着実に仕事をこなし正社員としてステップアップすることを目指しましょう。

資格は必要?

ハンバーガー製造の仕事に特別なスキルや資格は必要ありません。

求人も豊富にありますので誰でもすぐに始められる仕事となっています。

ただし、今後のキャリアを開けるかと聞かれると疑問符が生じる仕事でもありますので、ハンバーガー製造の仕事に挑戦したい方は目標をしっかり設定してから仕事を始めましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ハンバーガー製造の仕事は単純そうに見えて奥の深い仕事です。

手先に自信のある方、一芸を極めたい方、チームワークに自信のある方、飲食業に興味のある方はぜひ挑戦してみてくださいね。

実際にハンバーガーショップの求人を探す時は、こちらの記事を参考に!