撮影モデルという仕事は華やかなイメージがあり、憧れるという人も多いはず。

容姿が重視される仕事であるのは確かですが、それだけではありません。

基本的に体力勝負で、気配りも必要です。

知られているようで、意外に実態が知られていない仕事とも言えます。

今回は、撮影モデルバイト求人の仕事の実態について、詳しく解説しましょう。

撮影モデルのバイトはどんな仕事?

撮影モデルの仕事は、まず写真撮影と映像撮影の仕事に大別されます。

写真撮影の場合は表情とポーズが重視されます。

映像の場合はさらに簡単な演技も必要になります。

モデルに求められるポーズや表情は意外に難しいもので、スタッフの指示に的確に従うことも必要です。

撮影の主旨、企画の内容などをよく理解した上で、効果的なポーズや表情が求められます。

たとえば若者向けの広告とシニア向けの広告では、好まれる笑顔の質などがまったく異なるからです。

アルバイトの場合は、エキストラ的に後方にいればいいということもあるのですが、それでも決して簡単ではありません。

主役の人の演技のジャマになったりせず、違和感のないようにさりげなく演技をする必要があるので、素人が思っている以上に難しい仕事なのです。

撮影モデルのバイトの大まかな仕事内容

撮影の集合場所に時間通りに行き、撮影、あるいは自分の出番が終了するまで現場で待機しながら本番に備えます。

場所は内容によって様々です。

スタジオのほか、店舗やオフィス、街頭、野外など、どこにでも行きます。

真夏の猛暑の中で秋冬物の衣装を着たり、真冬の屋外で半袖姿で撮影に臨むことなども少なくありません。

撮影モデルのバイトのおすすめ職種5選

アパレルモデル

アパレルモデルは、商品となるファッションアイテムを身につけて、販売用の写真を撮影する仕事になります。

雑誌などの紙媒体での記事や広告のほか、オンラインサイトでの仕事もあります。

仕事でトレンドアイテムを着るので、オシャレを楽しめるのが魅力です。

ただ、予算の関係で専属のヘアメイクがつくケースは少ないため、指示に従って商品のイメージに沿うようにモデルが自分でアレンジをするケースが多いです。

エキストラ

おもにドラマや映画、CM等の撮影において、通行人など背景となる人物を演じるものです。

単純に群衆として映るだけなら、大量のボランティアを動員するのですが、仕事としてのエキストラの場合は専門的に演技が求められます。

こだわりの強い監督だと、エキストラの歩き方や走り方ひとつでも熱心に演技指導を行う場合もあり、しっかりしたプロ意識を持ってエキストラの仕事をこなしている人も少なくありません。

ブライダルモデル

ブライダルモデル(ウェディングモデル)として、結婚式場やホテルなどがPRに使用する模擬挙式や模擬披露宴の映像をはじめ、ブライダルショーへの出演などが仕事です。

花嫁や新郎の役はもちろんのこと、両親や友人役などの求人もあります。

和装・着物モデル

着物メーカーのカタログ等をはじめ、成人式等のレンタル衣装の業者などが、広告用に着物・和装のモデルを募集しています。

近年の若者で着物が似合う人は貴重な存在となっており、もし着物が似合う人であれば恒常的な仕事につながる可能性もあります。

着物が似合う人とは、顔立ちが上品で、派手すぎないこと、身長が高すぎても低すぎてもダメだとよく言われます。

女性なら160〜165㎝くらいが最適でしょう。

また、体型がスリム過ぎる人も敬遠されます。

フリーペーパーのモデル

仕事内容はアパレルモデルと同じです。

ただ、読者モデルとして公募される場合は人気がある媒体だと応募がかなり多くなり、その分審査も厳しくなります。

その媒体のイメージに即した人が選ばれるので、なかなかの狭き門であるケースも多いです。

撮影モデルのバイトのおすすめ求人の特徴とは?

自分が「何を目的とするのか」を明確にしておくことです。

「撮影現場の雰囲気を味わいたい」のなら、収入などの条件よりも採用される可能性の高い仕事を選ぶべき。

あくまで高収入を望むなら、まずは経験を積んでスキルを身につける必要があります。

どちらにせよ、最初から高収入の仕事に就ける可能性は高くないので、「未経験者歓迎」などとうたった求人から気軽に始められる仕事を選んだほうがいいでしょう。

日給制

時給制のケースもありますが、モデルの仕事は日給制が多くなっています。

撮影内容にもよりますが、日給の相場は5000円〜1万5000円くらい。

時給であれば、1000円〜2000円くらいです。

撮影モデルのバイトはこんな人に向いている!

モデルの仕事はとにかく体力勝負です。

どんなに容姿が優れていても体力に自信のない人は向いていません。

逆に、容姿に自信がない人も諦めることはありません。

たとえば、太った人や身長が低い人が求められる撮影も少なくないので、幅広いタイプの人材を集める事務所も多いからです。

体力に自信がある人

撮影が早朝から深夜にまでかかることも普通にありますし、長時間の移動もあります。

時間が不規則なので体調管理が難しい面も無視できません。

体力に自信があることがきわめて重要です。

メンタルが強い人

スタッフの中には、気むずかしい人もいます。

指示が伝わらないとイライラして、怒鳴りつけるような人も中にはいます。

叱られて泣いてしまうような人では絶対に務まりません。

また自分の出番まで、数時間以上も待たされたあげく、撮影したカットがまったく使われないというケースも少なくありません。

それでもガッカリするようではダメなのです。

モデルの仕事にはそんな精神的な強さも必要です。

自分磨きができる人

容姿だけでなく、内面を磨く意識も必要です。

商品としての自分の価値を高める努力を怠ってはいけません。

知識や教養を身につけ、情報感度が高い人ほど、現場での評価につながります。

「自分が好き」でないと務まらない仕事なので、常に自分磨きができる人が向いています。

コミュニケーション力が高い人

モデルには、スタッフの指示を的確に理解することが必要です。

彼らはわかりやすい言葉で話してくれるとは限らないので、「自分に何が求められているのか」を正確につかめる人が、モデルとしてのスキルが高い人でもあるのです。

撮影モデルのバイトでよくある募集内容とは?

前述したように、フリーマガジンやEC運営サイトのほか、あるいはブライダル関連などの募集がよくあります。

ほかにモデル事務所が登録者を募集するケースもあります。

時給相場

時給制であれば、1000円〜2000円くらいが相場です。

ただ、日給の場合も多く、日給の相場は5000〜1万5000円です。

必要なスキルや資格、経験

資格は特に必要ありませんが、撮影内容によってメイクやヘアを自分でアレンジすることが多いので、その面でのスキルは必要です。

もちろん、着こなしのセンスも磨かないといけません。

あとは現場でのスタッフとのコミュニケーション能力も求められます。

自分にあった撮影モデルのバイト求人の選び方や注意点

何を目的とするかを明確にして選びましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

単発の撮影でのモデルのほか、モデル事務所に登録するケースもあります。

ただし後者の場合は、研修などが必要なケースもあり、費用が発生する場合があります。

【選び方②】職種から探す

一般的な撮影モデルのほか、エキストラやショーモデルの場合もあります。

ブライダルモデルは、撮影とショーの双方の仕事をこなす場合が多いです。

撮影モデルのバイトで働くメリット

自分の魅力をアピールできるので、自分という商品で勝負したいと思っている人にピッタリです。

カメラマンや監督、ディレクター、編集者、広告代理店など、マスコミ業界のさまざまなジャンルの人と関わることが多いので人脈も広がります。

美意識が高くなる

自分と向き合うことの多い仕事ですから、より自分の魅力を高めたいという意識が芽生えます。

一流のモデルやタレントさんたちと一緒に仕事をする機会があれば、「こんな風になりたい」と憧れることで、自然と美意識を高められるでしょう。

自分が好きになる

自分自身の魅力を高めていくことが必要な仕事なので、「自分が好き」でないとできません。

逆にモデルの仕事を続けることにより、「もっと自分が好きに」になり、人生が充実する可能性も大きいのです。

撮影モデルのバイトで働くデメリット

魅力的な仕事ではありますが、モデルの仕事は時間が不規則で、大変な仕事であることは事実。

決して収入のいい仕事とも言えず、それなりのデメリットがあることも覚悟しておきましょう。

体調管理が大変

撮影は早朝から深夜に及ぶこともあり、拘束時間が長い仕事です。

しかも屋外撮影では、猛暑や酷寒の条件下に何時間もさらされることも多く、体調管理が本当に大変です。

勤務時間が不規則

早朝や深夜に仕事が及ぶことも多く、時間が不規則であることだけでなく、仕事が安定していないことも事実。

つまり安定収入を得るには向いていない仕事です。

まとめ

モデルの仕事は決して華やかな面だけではありません。

とても厳しい仕事ですが、それでも自分の活躍が世間に知られるという面では、やりがいの大きな仕事でもあります。

これまでテレビや雑誌で見ていたタレントさんや俳優さんに会うことができる機会があるかもしれません。

刺激もあり、大変魅力的な仕事だとも言えます。

たとえ容姿に自信がなくても、「自分には無理」などと思わず、積極的にチャレンジしてみるのもいいでしょう。