皆さんは、配達員さんによって自分の手元に届く荷物や街中を走っているトラック、働いている職場に送られてくる商品や資材がどのようにして受注先から運ばれて来るのかを疑問に思った事はありませんか?

今回は運送に必要不可欠で中心的な役割をする仕分けバイトについて、自身の体験を織り交ぜつつご紹介していきます。

仕分けはどんな仕事?

発注を受けた会社から発送され、トラックでまとめて送られてくる荷物をそれぞれの地域や販売所ごとに大小関わらず仕分けする仕事です。

バイトの大まかな仕事内容

アルバイトが行う仕事内容は、到着した荷物を荷捌きした後にベルトコンベヤーもしくは手運びで配達先ごとに仕分けする事です。

仕分けの詳しい仕事内容は、こちらの記事を参考に!

仕分けのバイトおすすめ職種4選

仕分けの仕事は一人ではできません。

役割を分担する事によって作業を効率化しています。

その役割について紹介していきます。

ピッキング

会社に送られてくるピッキングリストを配達担当者ごとにまとめ、大まかに仕分けされた荷物からピッキングリストに照らし合わせつつ配達先ごとに仕分けする仕事です。

ピッキングリストには大切な情報が記載されているのでしっかりと確認しなければなりません。

また、ピッキングリストにも不備が見つかる事もあるので隅々まで見ながら作業を行う事が大事です。

最近では、効率化の為にスキャナーを使用している所もあり、精密機械なので慎重に取り扱うようにしましょう。

検品

梱包または配達前に破損がないかを確認する作業になります。

破損があった場合は、直ちに会社と送り元に報告をし、対応を検討してもらわなければなりません。

小さな傷やへこみでも自分で判断せずに上司の指示を仰がないといけません。

私は自分勝手に判断して段ボールを破損させ、かなり叱責を受けたことがあります。

梱包

仕分けした商品をプチプチなどの緩衝材を使って包装したり、段ボールへと詰め込む作業になります。

送り票に書かれた送り先の住所、氏名、電話番号などの記載や記載漏れがないかも確認しなければなりません。

業種によっては専用のカートに積み込む事もあります。

最初は難しいですが、段ボールの場合は出来るだけ隙間なく詰め、カートなどの場合は、荷物が落ちてこないように重い物から先にバランスを考えながら積んでいきましょう。

作業を続けていく内に納得のいく梱包技術が身に付きます。

仕分け

トラックによって運ばれてきた種類や大小様々な商品をベルトコンベヤーなどを使って地域や事業所・配達先ごとに仕分けする作業になります。

スピーディーな作業が要求される為、集中して取り組まなければいけません。

軽い物から重い物や形が歪な物もあるので、コンベヤーから収集カートに商品移動させる時は落下に注意して積み方を考えながら積み込むする事が重要です。

流れてくる商品が多いからと焦る必要はありません。

そういう時はしっかりと申告して安全を第一に作業しましょう。

仕分けバイトのおすすめ求人の特徴とは?

仕分けのバイトには郵便物や小包ような物から機械部品のような物まで幅広く、種類によって扱っている会社も違います。

ここでは、おすすめの働く先の特徴を紹介します。

空調設備が整っている職場がおすすめ

体を動かす仕事なので、空調など働く人が快適に作業できる環境になっているのかを知る事が大事です。

求人誌には書いてあるだけで、どのような環境かはわからないので面接の際に現地に行って確認をするようにして、出来るだけ自分の希望に合った職場を探しましょう。

中には、外で吹きさらしに屋根があるような場所で、大型扇風機が数台置いてあるような過酷な職場もあるので確認は絶対にしましょう。

体力に自信がない人は取り扱い荷物が小さい仕事がおすすめ

体力に自信がないと言っても完全に重い物が無いとは言えません。

応募する会社が取り扱っている商品を求人誌で確認し、面接時に再度、質問するようにしてください。

そして、会社側がどのような対応をしてくれるかも確認するようにしましょう。

仕分けのバイトはこんな人に向いている!

私が長い間働いていて人間観察してきた中で、向いている人の特徴を紹介したいと思います。

黙々と仕事ができる人

与えられた仕事をキッチリとやり遂げられる事が大事ですね。

指示された事を聞いて理解して作業が出来れば、黙々とやっていても大丈夫です。

しかし、多少のコミュニケーション能力は必要になります。

黙々と仕事をしていて完璧にこなしているとしても周りの人達を気にしたり、多少なりの会話が無いと孤独な作業になってしまいます。

仕分けと言ってもチームで仕事をしているので、手助けしてもらえるくらいの関係は構築した方が良いですね。

体を鍛えたい人

狭い事業所などでは、あちこち動き回るよりコンパクトに作業が進んでいくのであまり仕分けで鍛えるとはいかないですが、トラックやフォークリフトが行き交う様な施設になってくると、荷降ろしや荷捌きを行う所だけでカート一杯にぎっしりと大きさ重さ関わらず詰め込まれて来る事もあるし、他の人をフォローする為に動き回る事もあります。

ですが、闇雲に重い物を運んで体を鍛えるよりも怪我や体を壊さないように考えて体を動かすのが良いかもしれません。

無理な持ち方・運び方をして体を痛めて、後々苦労しないように体調管理はしっかりしましょう。

スキルや経歴に自信が無い人

仕分けの仕事はやる気と根気があれば出来る仕事です。

自分が持っているスキルや経歴に自信が無くても働く場所はあります。

必要な物は入社してからでも取得する事が出来るので心配する事はありません。

物怖じしない人

最近は仕分けでも女性の方も増えてきています。

業種によって違いはありますが、女性が増えていると言ってもまだまだ男性中心の体育会系の職場は存在します。

親切に教えてくれる方もいらっしゃいますが、「見て覚えろ」とか「積極的に質問して来い」とか頭ごなしに言ってくる方もいます。

初出勤で作業について右も左も分からないのにこう言われた時は辛かったです。

こういった男社会もありますので、物怖じせずに会話に参加したり、グループに溶け込める方にはおすすめです。

仕分けのバイトでよくある募集内容とは?

「仕分けスタッフ募集」と求人誌では記載がありますが、あまり詳しい内容は書かれていないですよね。

判断に困る事もあると思いますので、一つに指針として参考にして下さい。

時給相場

約800円から1000円位が、地域によって差はありますが相場となっています。

会社によっては研修時は時給が低かったり、固定だったりと様々ではありますが、作業内容の評価次第では昇給もあり得ます。

シフトの入れ具合

今は固定シフトもしくは申告によるシフトで組まれることが多いと思います。

私が働いていた時は、日曜日は完全に休みで土曜日は隔週で出勤、月曜日から金曜日までは普通に出勤していました。

シフトに関しては週5日は基本として隔週勤務をお願いされる事もあるでしょう。

用事などがある場合は早めに予定を組んでおき、仕事に支障をきたさないように気を付け、やむを得ない場合は早めの連絡を心掛けましょう。

求められる人物像

まず、一番に求められる人物として必要なのはやる気がある人になります。

なぜなら、時給欄だけ見て応募してきて、実際働いてみたら想像とは違っていたからと言って辞めるような方に入って欲しくはないからです。

次に根気のある人です。

最初のうちは覚える事も多いので、覚える為に働いていると、いつの間にか仕事の流れとか仕事の効率化を理解し、無意識に出来る様になっているはずです。

ここで必要なのが長く続けていく事です。

仕事を覚えて熟練度が上がっていくと、今まで行っていた作業が同じ事の繰り返しになっていくのでやりがいを無くしてしまいがちです。

しっかりと連絡をできる方も求められます。

社会では報連相(報告・連絡・相談)が重要視されます。

仕事中、自分の身の回りで起きた事故や破損・作業に関わる事に関しては必ずと言っていいほど報連相を行う義務があります。

後は基本として、無断欠勤をしない等の規律を守れる方が求められます。

必要なスキルや資格、経験

必要なスキルはありません。

力仕事がメインなので、体力に自信があって、肉体的にも精神的にも健康であれば問題なく採用されると思います。

経験に関して言えば、中途半端に経験があると、会社によって仕事の仕方が違うので慣れるのに時間がかかってしまうという事もあるので、経験があっても最初は会社の仕事の仕方を受け入れ、慣れてきてからオリジナリティーを出すようにしましょう。

次に資格についてですが、資格というよりフォークリフト免許があれば良いです。

即戦力になりますし、会社によっては手当てが付く時があります。

フォークリフトの免許は会社持ちで試験を受けさせてもらえる事もあります。

仕分けのバイトになるために他にも知っておきたいこと

空調のききにくい倉庫の仕分けは辛い

最近は空調設備が整ってきた施設が多くなってきました。

私が働いていた職場は、屋外で大きな倉庫で側面が荷受けや荷降ろし場として解放された所でした。

夏は蒸し暑く、仕事中は常に汗だくで涼めるのは大型扇風機の前だけでした。

冬は寒かったですけど、体を動かしていたので意外に快適に仕事が出来ていたと思います。

ジャンパーを貸与されていましたが使った事はありませんでした。

皆さんは就業を考える前に面接時に現地見学をするようにしてくださいね。

大きな荷物の仕分けバイトは大変

郵便物や小包などの軽量物を取り扱っている所であれば、大きさより個数の方が大変ですが、機械部品だったり、資材系統になると数よりも大きさや形がネックになります。

荷物は自分の身長と横幅以内なら問題なく持ち運びできますが、それを超えたら持ちにくかったり、支えにくかったり、ベルトコンベヤーからはみ出したりと急に問題児になります。

自分にあった仕分けのバイト求人の選び方や注意点

ここでは、求人誌やサイトではあまり詳しく紹介されない情報について紹介していきます。

【選び方①】業務内容から考える

まずは、業務内容ですが、ピッキングと梱包は一緒にされる事があります。

なぜなら、別にしてしまうと検品作業が2度手間になってしまうからです。

なので一番重要で責任を問われる作業になります。

検品作業はどの段階でも行われる作業です。

ピッキング時でも仕分けの段階でも簡単な検品作業は発生します。

最後は仕分けですが、力仕事をしたい人や不特定多数の方と関わりたくないのであればお勧めします。

でも、労働環境や勤務施設の確認は忘れずにしてください。

【選び方②】会社の業態から考える

業態から考えたい方は、会社がどのような商品を扱っているかを確認してください。

小包や封筒など様な軽作業の得意な会社やコンビニやスーパーなどの商品を卸すのに特化した会社、資材や機械部品を専門に扱う会社など業種によって様々あるので興味を持った会社に応募してみましょう。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

一番大事な給与や雇用条件から考えたい方は、まずは各種保険への加入があるかどうかを確認してください。

どれだけ時給が高くても、保険への認識の低い会社は問題外です。

次に待遇についてですが、研修制度がしっかりとしている所や最低限必要な物を貸与してしてもらえるかどうか、バイトから社員を目指す方は社員登用制度があるかなどの確認をしてください。

【選び方④】勤務場所から考える

今までも何度か触れましたが、快適な環境で仕事をしたいと考えるのは基本です。

その為には、会社が運営している施設の見学は絶対するようにしましょう。

屋外施設は当然ですが、屋内にしてもプレハブ小屋や冷凍庫作業というような体に影響を与える環境もあります。

じっくりと考慮し、不明な時は面接時にしっかりと質問する様にして下さい。

まとめ

今回は仕分けバイトについて紹介してきました。

今では労働環境も少しずつ改善され、女性の数も徐々に増えてきている事で今まで男性社会だった職場が綺麗になり、風通しが良くなり、雰囲気が柔らかくなってきています。

求人誌を見て自分には向いてなさそうだと思っても、一度詳しい内容を聞いて判断してみてはいかがでしょうか。

扱う商品には自分が見た事の無い物もあるかもしれません。

興味を持たれたは是非参考にしてみて下さい。