健康志向の高まりとともに、その需要も右肩上がりのスポーツジム。

それに伴い、スポーツジムに関する求人も増えてきています。

とは言え、いきなりスポーツジムのインストラクターとしてデビューするのは勇気がいりますよね。

でも、大丈夫。

スポーツジムには、インストラクター以外の職種もあるのです。

それは、入会などの手続きを行う「受付」の仕事。

今回はスポーツジムので働きたいという方のために、受付の仕事について解説したいと思います。

スポーツジムの受付ってどんな仕事?

スポーツジムの受付は、接客業の一種。

主にお客さんの入会・退会などの手続きを行います。

以下で具体的な内容について見ていきましょう。

入会手続き

スポーツジムはほとんどが会員制。

したがって、会員になるための入会手続きがあります。

その手続きを行うのが、受付スタッフの大きな業務のひとつです。

お客様に複数の書類を書いていただいたり、月会費を引き落とす口座やクレジットカードの登録を行ったりと、作業は多数。

不備がないように行わなくてはならないため、集中力と丁寧な作業が必要なです。

退会手続き

入会手続きがあれば、退会の手続きもあります。

複数の書類に記入してもらう入会手続きとは違い、お客様の登録を削除するだけなので作業自体は比較的簡単。

しかし、退会手続きにおいてもっとも重要とされるのは、“退会を引き止める”こと。

退会を申し出たお客様が退会しないように誘導する交渉力が必要です。

見学の対応

入会を検討している人がジムを見学に来ることがあります。

その際、ジムの設備について案内するのも受付の仕事。

ここで大切なのは、ただ案内するだけではなく入会へと繋げることです。

お客様がなぜジムに通おうと思ったのか、なぜ入会をためらっているのかを聞き出し、悩みや不安を解消してあげることが重要。

提案力や営業力が求められます。

販促用のポップなどの制作

スポーツジムでは、常に何らかのキャンペーンが行われています。

お客様の継続を促すようなスタンプラリーであったり、サプリメントの販売会であったりと内容は様々ですが、それらのキャンペーンを盛り上げるのも受付スタッフの仕事のひとつ。

来館したお客様がパッと目を引くような可愛らしいポップを作ったり、華やかな飾り付けを任されることも多くあります。

特別センスが必要ということはありませんが、そのような準備を楽しめる方はおすすめです。

スポーツジムの受付の仕事はどんな人に向いている?向いている人の3個の特徴とは?

仕事内容がわかったところで、次はどんな人に向いているのかについて考えてみましょう。

上記の仕事内容に絡めてご紹介します。

人と関わることが好きな人

まず一番大切なのが、「人と関わることが好きである」ということ。

接客業ですから当たり前と言えば当たり前ですよね。

しかし、会計や料理をサーブする時のみお客様とコミュニケーションをとる販売業や飲食業とは違い、スポーツジムの受付スタッフは来館したお客様の様子を伺って声をかけたり、ジムに通い続けられるよう悩みや不安に寄り添ってあげる必要があります。

つまり、普通の接客業よりも密なコミュニケーションが求められるのです。

したがって、人とコミュニケーションを取ることが好きな人の方が向いていると言えるでしょう。

丁寧に作業できる人

受付のスタッフは、日々多くの書類を取り扱います。

特に入会手続きでは、抜けや漏れのないよう注意しながらお客様に多くの書類を書いてもらわなくてはなりません。

作業が雑だと書類に不備が発生したり、お客様に迷惑をかけたりしてしまうことも。

ミスがないよう見直しを繰り返しながら丁寧に作業できる人の方が向いています。

交渉力のある人

退会を防いだり、入会を迷っている人を入会へと導いたりなど、受付のスタッフには交渉力が求められます。

最初から抜群の交渉力を身につけておく必要はありませんが、交渉ごとが嫌いというよりは好きな人の方が向いているでしょう。

ためらわずに自分の意見をはっきりと伝える力が大切です。

逆にスポーツジムの受付の仕事に向いていない人の特徴は?

スポーツジムの受付に向いている人についてはお分りいただけたと思います。

向いていない人は上記の裏返しになりますが、下記にまとめますので参考にしてください。

人と関わることが苦手な人

コミュニケーションを取ることが億劫な人は、そもそも接客業に向いていないといっても過言ではありませんよね。

それが、より密なコミュニケーションが必要とされるスポーツジムの受付であればなおさらの話。

人と関わることに抵抗があったり、他人と話すことが苦手という方は、この仕事は避けた方がいいでしょう。

作業が雑な人

上記でも述べたとおり、受付のスタッフはたくさんの大切な書類を扱います。

また、書類ひとつひとつにも細かい記入箇所があったりと、かなりの集中力や根気強さが必要です。

したがって、注意力が散漫で作業が雑な人は業務を億劫に感じることがあるかもしれません。

不備がお客様へのご迷惑へと繋がる可能性もあるため、向いていないと言えるでしょう。

自分の意見を言えない人

心に思うことがあっても、伝えなければ意味がありませんよね。

自分の意見や提案が言えなければ、当然お客様の入会数を増やすことも退会を防ぐこともできません。

常に他人の顔色を伺ってしまうというタイプの人は向いていないと言え流でしょう。

スポーツジムの受付の仕事のやりがいとは?

お客様への接客がメイン業務のスポーツジムの受付ですが、どのようなところにやりがいがあるのでしょうか。

主な点について、下記にまとめます。

お客様が入会するとき、入会数を増やせた時

受付スタッフは、入会数の多さが評価に繋がることも。

そのため、入会を迷うお客様が自分の提案で入会を決めた場合などは、とてもやりがいを感じることがあります。

退会を防ぐことができた時

入会数の多さ同様、退会を防いだ数が評価に繋がることもあります。

したがって、お客様が退会を考え直してくれた時などは強いやりがいを感じますし、お客様から「続けていてよかった」という感想をもらった時などは非常に達成感があります。

手続きを担当したお客様をジムで見かけた時

自分が入会を担当したお客様がジムでトレーニングをしているのを見ると、「無事にサポートできたんだ!」と嬉しくなることがあります。

また、そのお客様と定期的にコミュニケーションを取るようになると、さらにやりがいを感じることも。

お客様がジムへ通い続けられるようにサポートするのが受付スタッフの仕事ですから、こういったコミュニケーションにやりがいを感じることが多くあります。

他にもスポーツジム受付アルバイトのやりがいは、こちらの記事を参考に!

スポーツジムの受付の仕事の面白いポイントとは?

受付の仕事のやりがいは、主にお客様とのコミュニケーションの中で生まれます。

では、面白さはどのようなところにあるのでしょうか。

以下にまとめます。

様々な人に出会える

スポーツジムに来る人は、富裕層やダイエットが必要な人だけではありません。

年齢や性別、時には国籍も問わず様々な人が来ます。

そんなスポーツジムの窓口である受付スタッフは、毎日様々な人と会話することができます。

そのため、接客を通して他人に対する振る舞い方を学んだり、自分には無い悩みに触れて思考が広がったりすることも。

このように刺激の多さは面白いポイントのひとつと言えるでしょう。

消費動向について学べる

実は、スポーツジムにも繁忙期があります。

時期によって急に入会したい人が増えたり来客が少ない曜日があったりと、入会や来館にはムラがあるのです。

そのムラがなぜ起こるのかについて考えると、世の中の消費動向についても学べるのが面白いところ。

経済学などを学んでいる人、または肌で体感したいという方はいいかもしれませんね。

知り合いが増える

こちらはひとつめの「様々な人に出会える」にも通づるものがありますが、スポーツジムの受付として働いていると顔見知りの人が増えます。

面白いのは、普段関わることがなかったような人とも顔見知りになれるということ。

自分よりもうんと年上の人や、全く違う職業の人と顔見知りになれるは貴重な経験。

何気ない立ち話から、自分に有益な情報を得る事だってできます。

こういった点にも面白さがあると言えるでしょう。

スポーツジムの受付の仕事に活かせる経験

ここまででスポーツジムの受付の仕事内容や、やりがい・面白さなど大体のことはお分りいただけたと思います。

それでもやはり新しく始めるのには勇気がいりますよね。

そこで続いては、スポーツジムの受付として働くにあたって、活かせる経験についてまとめます。

接客経験

受付スタッフの全ての業務に通づるのもは「接客」。

ですから、接客経験は大いに活かせるといっても過言ではないでしょう。

経験した接客業のジャンルが受付とは違っても、全く問題ありません。

大切なのは、お客様に接するときの態度や心がけ。

ぜひ過去の経験を思い出し、スポーツジムでの受付の仕事に活かしてみてください。

事務経験

仕事内容のところでも述べましたが、スポーツジムの受付スタッフは多くの書類を扱います。

したがって、書類を扱うような事務の経験も活かすことができます。

また、書類が多く発生するということはその分整理するものも多いということ。

そういった書類の整理整頓ができるのも重要です。

営業経験

入会手続きや退会手続きは、営業にも通づるものがある業務。

お客様を入会させるためにどのような提案&売り込みができるか、お客様の退会を防ぐためにはどのようなサポートをすればいいかなどを考えて提案しなければなりません。

したがって、何らかの営業経験があるという方は、その経験を存分に活かすことができると言えるでしょう。

その後のキャリアについて

「もう一生スポーツジムの受付がやりたい!」という方はその後のことを考える必要はないかもしれませんが、そんな方はなかなかいらっしゃいませんよね。

また、日々業務に向き合う中で次のステップへ進みたいという気持ちが出てくるかもしれません。

それに備え、スポーツジムでの受付がその後どのようなキャリアに至るかをご紹介します。

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

まず、アルバイトでスポーツジムの受付の仕事をする場合。

第一にキャリアアップとして挙げられるのは、正社員です。

日々の働きぶりが評価されれば、アルバイトから正社員へとキャリアアップすることができます。

続いて、正社員として働いている場合。

この場合は“担当する業務の幅が広がる”という意味でキャリアアップしていきます。

例えば、入会や退会などの手続きだけでなく、どういった販促打てば入会が増えるかという営業方法について考えたり、新しく入ってきたアルバイトや新入社員の教育をしたりなど、マーケティングや人事のような業務を担当するなんてことも。

また、担当できる業務が増えることで、昇進や昇給といったキャリアアップも考えられます。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

再三述べてきた通りスポーツジムの受付スタッフは接客業ですから、大半の接客業に経験を活かすことができます。

決められたトークスクリプトのみで運営されるような接客業とは異なり、たくさんのコミュニケーション能力も身についていると思いますので、営業などの職種にも活かすことができるでしょう。

さらに、受付はたくさんの事務作業を伴いますから、事務職にも経験を活かすことができます。

このように日々しっかりと業務に取り組みスキルを磨くことで、その後の経験も豊かになると言えるでしょう。

まとめ

以上、スポーツジムの受付スタッフについてご紹介いたしました。

インストラクターほど華やかなイメージはないかもしれませんが、実はとても大切な部分を担うのが受付スタッフ。

入会手続きを行う受付スタッフはインストラクターよりも先にお客様と関わりを持つことになりますから、スポーツジムの顔とも言っても過言ではありません。

また、退会に関する相談を聞いたり、ジムを使う上での不具合を聞いたりなど、常にお客様をサポートするような重要な存在でもあります。

縁の下の力持ちとも言える非常にやりがいのある仕事ですので、興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。

実際にスポーツジム受付のバイトを探す時は、こちらの記事を参考に!