一生の思い出に残る幸せなイベント結婚式。

そんな大イベント結婚式に携われるお仕事なんて、とっても幸せな気持ちになりますよね。

結婚式場で働くブライダルスタッフの中でも人気が高いのが、ウェディングプランナーやコーディネーターです。

ですが他にも結婚式場で働くことができるのを知っていますか?

結婚式場で働くにはどのような職種があるのか、どういった仕事をしているのかをご紹介していきます。

経験者が語る!私はこんな結婚式場で働いていました

私が働いていた結婚式場は、広めの披露宴会場に高砂があるような「THE結婚式場」というような所で、式の人数に合わせてテーブルも用意され、部屋に入ればとっても幸せな空間でした。

お料理を運ぶ配膳係、つまりホールスタッフをしていた私は、お料理を運ぶ際はキッチン側に回り、シェフから出された料理をゲストの方に配膳するという役割。

乾杯の挨拶が終われば一斉にゲストの方々のグラスにドリンクを注ぎに回ります。

あとは順番に出されるお料理を運びつつ、ゲストの方々の食べ具合を見ながら、お皿を下げるという配膳のお仕事です。

一見簡単そうに見える結婚式の配膳係。

料理を運ぶだけでしょ?と思うかもしれませんが、いえいえ、実はマナーや専門用語など、知っていないとゲストの方に不快な思いをさせてしまいます。

せっかくの幸せなイベント結婚式。

新郎新婦はもちろんゲストの方にも、この結婚式はとっても良かったと思っていただけるようにお仕事したいですよね。

とっても広い披露宴会場からは想像しにくい狭めのバックヤード。

もちろん配膳係も大勢いるのでさらに混み合い、自分が次に何をするのかわかっていないとついていけない状況になってしまいます。

結婚式場で働くには?

結婚式場で働く人はブライダルスタッフですが、その中にもウェディングプランナー、アテンダー、フラワーデザイナー、ヘアメイクアーティスト、ドレスコーディネーター、カメラマン、音響係、ホールスタッフ、調理スタッフ、司会者など、様々な職種に分かれたくさんの職業が関わっていることは、ご存知の方も多いと思います。

結婚式にはこんなにもたくさんの職業の人が集まって作り上げるのです。

必ず資格がいるというものは少ないですが、資格や経験があれば就職するのに有利になることは間違いありません。

結婚式場での仕事に就くために、専門学校などに通って知識をつけて就職する人もいますが、経験も大切です。

派遣やアルバイトから始めて地道に経験を積み資格を取るという人もいます。

資格を取って働くも良し、資格を取らずに派遣やアルバイトなどから始めるのも良し。

毎日の仕事場が幸せな場所だなんてとっても素敵ですよね。

結婚式場の仕事にはどんなものがあるの?

結婚式場で働くには様々な職種があることがわかりましたよね。

では実際にどのような仕事をしているのか。

ブライダルスタッフの仕事を職業別に細かく見ていきましょう。

ウェディングプランナー

ブライダルスタッフの中でも新郎新婦に一番関わりがある仕事です。

様々なことをしなくてはならないのでプロデュース力が必要になり、マナーや言葉遣いもとても大切になります。

ウェディングプランナーは、新郎新婦との打ち合わせから式の当日まで、いろいろなことをしなくてはなりません。

プランの提案

式場の見学に来たカップルの方々に、会場の案内やプランの提案などをして契約をしてもらいます。

契約をしなければ始まりません。

お客様のヒアリングがとても大切になり、イメージに合ったプランを提案することで、契約し結婚式を挙げてもらうことができます。

打ち合わせ・準備

結婚式を挙げるための事前準備です。

予算や日程はもちろん、料理やBGMなどを細かく決めていき、新郎新婦のイメージに合った式になるように、アイテムのレイアウトなども打ち合わせで決めていきます。

受付・ご案内

結婚式当日、式に参列されるゲストの方々の受付をします。

お祝儀を預かり名前を記入してもらうという簡単な作業ですが、これから行う結婚式の入口です。

第一印象といっても良いですね。

結婚式場やお式を挙げる新郎新婦のイメージが悪くなってしまわないように、最高の笑顔で迎えましょう。

受付をしたらゲストの方々を挙式会場や披露宴会場にご案内します。

自由に過ごされている方々が多いため全体を見渡してお声掛けします。

時間をしっかりと確認しながらの行動が大切です。

当日の進行

式が始まる前に、準備で決めた物が全て揃っているかをしっかりと確認します。

時間通りに式を始めることができるか、挙式の進行やゲストの方々の集まり具合にも気を配ります。

BGMや進行内容、料理やレイアウトなど細かなことがたくさんあり、それらをすべてきちんと確認します。

式の進行中もトラブルがあれば臨機応変に対応できるように、常に立ち会ってチェックしていきます。

片付け・清掃

無事に式が終われば、片付けや掃除に入ります。

幸せな時間はあっという間。

次の式が入っていれば急いで片付けて、また準備をしなくてはなりません。

実際にウェディングプランナーの仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

アテンダー(介添人)

新郎新婦のサポートをする人です。

花嫁に寄り添い結婚式当日がスムーズに進むように助ける仕事です。

ウェディングドレスを着ている花嫁は上手く身動きが取れないため、手を差し伸べたり椅子を引いたりと、エスコートやサポートをして常に新郎新婦が華やかに見えるようにお手伝いをします。

フラワーコーディネーター

結婚式の挙式会場や披露宴などに使用する花や植物のコーディネートをします。

新郎新婦のイメージに合った装飾にするために、花や植物を使い、場を華やかにする役割です。

希望に沿った花の種類、大きさや色合い、予算など様々な条件を聞き、コーディネートしていきます。

花嫁のブーケも同じように、ヒアリングして作っていきます。

ヘアメイクアーティスト

結婚式当日、最高の晴れ姿にするために、新郎新婦をヘアメイクします。

どういったメイク、ヘアスタイルにしたいか、事前にしっかりとヒアリングし、満足してもらえるようにヘアメイクをします。

美容室で働くのとは少し違い、言葉遣いやマナーなどもきちんとしなければなりません。

ドレスコーディネーター

花嫁のドレスをコーディネートします。

新婦の体型に合ったものや好みを聞き、ウェディングドレスを一緒に選んでいきます。

新婦だけでなく新郎のタキシードも一緒に選んでいきます。

新郎新婦のイメージに合うように、どんなドレスを求めているのかしっかりとヒアリングすることが大事で、ドレスだけでなくアクセサリーやティアラなども選び、コーディネートしていきます。

実際にドレスコーディネーターの仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

カメラマン

前撮りや結婚式当日の準備から式の流れを写真や動画に収めます。

前撮りは、新郎新婦の理想に近づけるようにヒアリングしつつ、より良いシチュエーションになるように指示しながら撮影します。

結婚式当日は、楽しい雰囲気や感動のシーンなど、写真でも式の流れや空気が分かるように撮影していきます。

音響・照明係

結婚式当日、入退場や乾杯後などのシーン別にBGMを流し、光を操作しライトアップさせる役割です。

BGMは決められた曲を決まった場所でタイミングよく流します。

簡単そうに見えますが、当日は何が起こるかわかりません。

周りに気を配り、トラブルがあったり時間が押したりしても、機転を利かして音楽を流し、できるだけ不自然にならないようにしなくてはいけません。

また新郎新婦の思いが詰まったBGMですから、一曲一曲心を込めて流したいですね。

照明も同じように、入退場などタイミングよくスポットライトを当てなくてはなりません。

曲とのタイミングも重要です。

ホールスタッフ・配膳係

披露宴での食事の際に、新郎新婦やゲストの方々にドリンクや料理を運びます。

乾杯の際のドリンクは皆様に行き渡っているか。

料理は大体の間隔で次の料理を出すと指示があり、出来たものから運ぶこととなっていますが、ゲストの方は各々のペースで召し上がるので、前の料理の皿が空いていれば下げる。

微妙に残っている場合はお声掛けして確認する。

ドリンクは注文されたら注ぐ場合もあり、グラスが空になっていたらお声掛けして確認するなど、常に周りを見渡して状況を把握し、ゲストの方々を気にかけることが大切です。

シェフ・パティシエ・調理スタッフ

披露宴で出すコース料理やデザートを作り、盛り付けます。

バーテンダーがいない場合はドリンク作りも行い、食器洗いまで行います。

司会者

新郎新婦や担当のウェディングプランナーと事前に打ち合わせを重ね、結婚式当日の流れをしっかりと把握しておきます。

司会者の言葉によって式はどんどん進んで行くので、その場をまとめる力が必要です。

スピーチや余興などの段取りが上手く行かない場合もありますが、そういった時もスムーズに進んでいるように、上手く言葉で誤魔化せるようなテクニックが必要になります。

言葉遣いやマナー、笑顔などがとても大切になります。

結婚式場で働くために必要な資格はある?

結婚式場で働くのに必ず必要な資格はありません。

資格を取らなくても結婚式場で働くことはできます。

ですが最近はブライダル業界の仕事が人気になってきている為、資格を持っていれば就職する際に有利になります。

結婚式場への就職を有利にするために取る資格はいくつかありますが、すべて民間の資格になります。

いろいろな種類があるので、自分に合った資格を取ってから就職活動をするのも良いですね。

ではどんな資格があるのか。

早速見ていきましょう。

ブライダルプランナー検定1級・2級

全米ブライダルコンサルタント協会(ABC協会)に認定された資格で、1級・2級とあります。

協会の母体はアメリカのコネチカット州にあり、7大陸・42ヶ国のウェディング業界の最前線で活躍しているプロの組織で、現在は日本にもオフィスがあります。

日本オフィス主催の認定資格として、ブライダルプランナー検定1級・2級の資格を取ることができます。

こちらは受験資格が特に必要でないため、未経験でも受けられる初心者向けの検定です。

また、全米ブライダルコンサルタント協会に認定されている資格は、プロフェッショナル・ブライダルコンサルタント、上級ブライダルコンサルタント、マスター・ブライダルコンサルタントとあり、ステップアップが可能になっています。

アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定(ABC検定)

公益社団法人日本ブライダル文化振興協会に認定された資格です。

この試験に合格すると、BIAブライダル・コーディネーター検定という試験の受験資格を取ることができます。

BIAブライダル・コーディネーター検定

こちらも、公益社団法人日本ブライダル文化振興協会に認定された資格になります。

実務知識や具体的な接客技術など、ブライダル業界で仕事をするのに必要なことを問われます。

ペーパーテストの他にも面接や論文試験などが行われる検定になります。

IWPAウエディングプランナー日本資格

IWPA(International Wedding Professional Association:国際ウェディングプランナー協会)に認定された資格です。

誰でも実務経験なく受けることができますが、難易度が高く、基本的にウェディングプランナーとしての現場経験がある人を対象としている検定です。

カラーコーディネーター検定

東京商工会議所が実施する検定で、色彩に関する知識や技能を問う検定試験です。

3級から1級まであり、誰でも受験することができます。

フラワーデザイナー検定

公益社団法人の日本フラワーデザイナー協会が実施する認定試験に合格すると得られる資格です。

日本フラワーデザイナー協会(NFD)の公認校またはNFD講師が勤めるスクールに通い、所定の単位を履修します。

1級から3級まであります。

ウェディングプランナーとして働くには、上記のような資格があれば、就職の際に有利になるかと思います。

他にもヘアメイクアーティストなら美容師免許やメイクアップ技術検定。

調理スタッフなら調理師免許など、職種によって、とてもたくさんの資格や検定があり、持っているほど就職できる可能性はアップするかと思います。

結婚式場で働くために勉強しておくべきこと

結婚式場で働くとなると、いろいろな職種から選ぶことができますが、どの職種でも新郎新婦にとって一大イベントとなる結婚式に携わります。

幸せな場だからこそ、些細なミスも許されません。

また印象がとても大切になり、常に笑顔で接することが大切です。

では他にはどのようなことを勉強し覚えておくと良いのでしょうか。

マナー

結婚式での基本的なマナーを頭に入れておかなければ、お客様に不快な思いをさせてしまいます。

接客マナーや配膳マナーなどをしっかりと覚えておくとよいでしょう。

言葉遣い

新郎新婦やゲストなど、相手によって尊敬語や謙譲語を使い分けたりする他に、使ってはいけない忌み言葉も覚えておくと良いですね。

結婚式は特別な場所。

再婚を連想させるような、再び・再々・重ね重ねなどの言葉。

離婚や不幸を連想させるような、別れる・切る・離れる・滅びる・失うなどの言葉。

できるだけ使わないように心がけましょう。

専門用語

ブライダル業界ではフォークやスプーンなどの銀食器を「シルバー」と呼んでいます。

他にも専門用語がたくさんありますが、知識としてよく使われるものはあらかじめ勉強しておくと、仕事も覚えやすいですね。

勉強しておくと働きやすいことはいろいろありますが、まずは笑顔で元気に挨拶!

基本的なことは忘れずに明るく振る舞いましょう。

結婚式場で働くために必要なスキル5個

資格がなくても働けるブライダル業界ですが、やはり資格を持っている方が有利に就職できますが、スキルや経験があれば優遇されることもあり、必ずしも資格を取ったりスクールに通ってからでないと働くことができないということはありません。

では、結婚式場で働くにはどのようなスキルが必要になってくるのでしょうか。

コミュニケーション能力

ウェディングプランナーはもちろん、ヘアメイクアーティストやドレスコーディネーター、司会者なども、新郎新婦の意見や提案をしっかりと聴き、イメージに合った結婚式を作り上げていきます。

そのため相手の話をしっかりと聴く力が必要になってきます。

また少しでも曖昧な点があれば、きちんと確認してお互いが納得して分かり合えるようにし、時には誤解をなくすための話し合いなども必要となってきます。

細かな気配りと機転を利かせた対応

結婚式当日は何が起こるかわかりません。

トラブルやハプニングなどで、打ち合わせやリハーサル通りに進まないこともありますよね。

そんな時も失敗を思わせないように、スムーズに進行させる対応力が必要になります。

プランナーやアテンダー、調理スタッフやホールスタッフなどは、新郎新婦やゲストの方に細かな気配りをしつつ、機転を利かして良い方向に進めることが大切です。

マナー・言葉遣い

結婚式場で働くために勉強しておくべきことと重なりますが、マナーや言葉遣いがとても大切な場です。

相手を嫌な気持ちにさせないように、丁寧な言葉遣い・マナーはもちろん、挨拶やお辞儀の仕方なども身につけておくと良いでしょう。

パソコンスキル

接客がメインの仕事ですが、ウェディングプランナーは結婚式のプラン提案などを行います。

その際はパソコンを使いプランや見積書などを作成するため、ある程度のパソコンスキルは必要になります。

おもてなしの心

新郎新婦やゲストのために常に動く仕事です。

最高の一日にするために人のために動く。

最高の笑顔で最高のおもてなしをするという心が大切です。

必要なスキルはいろいろありますが、仕事をしていくうちに覚えていき、身につくスキルもたくさんあります。

知識やスキルを増やして最高の一日のお手伝いをしたいですね。

結婚式場の仕事に興味がある方へ

新郎新婦にとって人生の大イベントとなる結婚式。

そんな幸せなイベントに関わることのできる仕事ってとっても素敵ですよね。

誰かの一生の思い出に残るお手伝いをすることができる仕事なんて、なかなかないと思います。

だからこそ、些細なミスも許されないような気の張る大変な仕事ですが、働いている側も幸せになれるような、やりがいのある仕事だと思います。

華やかな場所で働く割に大変なこともたくさんありますが、新郎新婦やゲストの方々から言われる「ありがとう」は、この仕事のやりがいでもあり、達成感も感じることができるハッピーな職業です。