営業の仕事はノルマに追われるイメージを始め、あまりポジティブな話を聞かない職種、と思われる方も多いでしょう。

しかしながら、この仕事には実際に従事してみると「楽しい」瞬間もたくさんあります。

今回は私自身の経験をもとに、営業が「楽しい」と感じる理由やシチュエーションについて、いくつか紹介していきます。

営業のおおまかな仕事内容とは?

まずは営業職の仕事をおおまかに把握しておきましょう。

営業職はその名の通り、商品・サービスや会社そのものを「営業」することが職務とされていますが、その方法や手順、求められる結果などによってさまざまな分類が存在します。

たとえば、一般的に営業職といえば「外回り」をしているイメージが強いですが、決まったルートをまわって既存客に営業活動をしていく「ルート営業」に従事している営業マンもいれば、割り当てられたエリアでアポイントなしに直接新規顧客を開拓していく「飛び込み営業」をしている営業職もいます。

顧客が「法人」かまたは「個人」なのかという分類や、営業の型が「提案型」もしくは「御用聞き」なのかといった分類もされます。

このように、一口に「営業職」と言っても、その仕事の中身はさまざまなので、それぞれに求められる役割も大なり小なり異なるのです。

共通している部分を一つあげるとすれば、自社もしくはその商品・サービスを「知ってもらう」きっかけをつくる役割を担う職種、ということができるでしょう。

新規顧客獲得のために自社商品を紹介するような場面だけでなく、既存客に新商品・サービスを提案したり、顧客の困りごとの解決に、どのようなかたちで貢献できるかを提示するような場面も、すべて自社について「知ってもらう」活動である、とまとめることができます。

営業の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

営業は会社でどんな立場にある?

では、営業職は会社でどのような立場にあり、どんな役割を担っているのでしょうか。

上述したように営業職の仕事は商品・サービスを「知ってもらう」ことですので、会社側の視点からは、「フロントマン」や「宣伝隊長」のような役割と考えられるでしょう。

またあたりまえですが、営業職員が契約を獲得してこない限りは、商品・サービスを提供する相手が存在しないことになります。

そのため、営業職の仕事は、事務職や納品、物流担当など、他職種の同僚の「仕事のスイッチを入れる」立ち位置にあるともいえるのです。

このようなことから、営業職は会社内で「花形」「エース」扱いされることも多く、職務内容が精神的・体力的に生易しいものではないにもかかわらず、常に人気職種の一角を占めているのです。

営業の仕事が楽しいと感じる4個の理由

ここからは私の実体験をもとに、営業の仕事をしていて「楽しい」と感じたことについて紹介していきます。

まずは、この仕事が楽しいと感じる「理由」をいくつかあげていきます。

いろんな人に会える

営業の仕事に就くメリットの一つとして、いろんな人に会うことができる、つまり「出会い」が多いことがあります。

営業職は会社の「顔」として既存客や新規顧客はもちろん、お客様以外の社外の方々とお会いすることが多々あります。

最初は人付き合いが苦手であったり人見知りだと思っていても、営業の仕事に慣れていくにつれて、人あたりがよくなり第一印象で好感を抱かれるようになる、といったことはよくあります。

いろんな人に会えるということは、必ずしも気の合う方であったり好印象を抱くような方であるという意味ではないので、中にはネガティブな出会いもあるかもしれません。

しかし、この仕事を通じて培った人脈はその後の人生の役に立ちますし、何よりも今まで出会ったことのないタイプの人間と知り合うことは、素直に「楽しい」と思えるものです。

自分のコミュニケーション能力を磨ける

一昔前の営業といえば「押し売り」のイメージを抱いている人も多く、言葉巧みに商品・サービスを売り込まれると考えているお客様も多かったようです。

最近では商品・サービスそのものを営業する以前に、顧客との「信頼関係」を構築することに重きを置く営業マンが多く、昔ながらの「押し売り」営業をしているとかえって、会社自体のイメージを損ねてしまってマイナス効果の方が大きい、という考え方が定着してきました。

お客様とのコミュニケーションが、直接的な営業を目的にしているのか、関係構築を目的にしているのか、といった違いはあるにせよ、営業職にはいつの時代でも「コミュニケーション能力」が求められるということは違いないでしょう。

営業の仕事を通して自分のコミュニケーション能力が向上しているのを実感するのも、この仕事が楽しく感じる理由の一つといえます。

努力が目に見えやすい

営業職にとっての「結果」とは契約獲得であり成約実績です。

それらの結果は目に見える形で表れることが多く、この点を営業職のメリットと感じている方もたくさんいます。

どんな仕事であれ、会社に対する自分の貢献度合いがわかる職種の方が、やりがいを感じやすいように思います。

どれだけ自分の職務に真摯に向き合っているか、どれだけこの仕事に時間と労力を費やして努力しているか、ということが客観的に把握できる職種というのは、実はあまり多くありません。

その点、とくに他職種から営業職に転職してきたような方々にとっては「努力が目に見える」ということが、営業職の仕事を楽しいと思える理由となっているようです。

自分の好きな商品を世の中に広められる

どのような商品・サービスを扱う営業であっても、まずは自分自身がその商品・サービスについて深く理解すること、そして理想的には商品・サービスの「ファン」になることが大切であるといわれます。

実際に私が勤務していた職場でも、営業成績が良い営業マンほど商品知識が深く、同時にその商品に対して「愛情」ともいえる感情をもっている方が多かったです。

自然と商品が好きになる人もいれば、無理やりにでも商品を好きになろうと努力している人もいました。

過程はどうあれ、結果的に商品のことを好きになった営業マンからすれば、自分自身がこんなにも愛している商品なのだから、ぜひあなた(お客様)にも使っていただきたい、という自然な営業トークが展開できるのでしょう。

営業の仕事を長いこと続けていると、自分のお気に入りの商品を世の中に紹介できることが楽しい、という感情になっていくようです。

営業の仕事が楽しいと感じる4個のシチュエーション

次に、営業職が働く現場において、楽しいと感じる「シチュエーション」にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

「楽しいと感じる理由」同様、あくまでも個人的な意見の域を出ないものもありますが、同僚や上司と話をする中で共通していたことや、一般的に営業職のメリットとして語られていることをいくつか紹介します。

営業目標を達成したとき

営業職の典型的な特徴として、仕事の成果を評価する基準である「ノルマ」や「目標」による圧力が存在することが挙げられます。

そして「ノルマが達成できないのが苦しい」「常に高い目標の達成を求められる環境に耐えられない」といったことを、営業の仕事を離職した方の意見として、よく耳にするのも事実です。

それでもこの仕事に魅力を感じる人が多いのは、ノルマや目標を達成したときの喜びもまた大きいからでしょう。

目標が高ければ高いほど、それを達成したときには自分に自信が持てますし、自己肯定感を高めることができます。

そのような経験を重ねていくとだんだん営業の仕事が「楽しい」と思えるようになってきます。

実際、長く営業の仕事に就いている方の中には、営業目標を達成したときの感覚が病みつきになって、ひたすらに仕事に向き合う方もおり、私が働いていた職場の先輩(営業成績は社内トップクラス)もそのようなタイプでした。

「ありがとう」と言ってもらえたとき

営業の仕事では、お客様から叱責・指導を受けたり疎ましがられる場面も多いです。

とくに私が従事していたような「飛び込み営業」スタイルの営業は、初対面のお客様から門前払いを受けたり怒鳴りつけられることも珍しくありません。

お客様からすれば、頼んでもいないのに勝手に訪問してきて、興味もない商品・サービスの話をされている、と感じるのも当然と言えば当然ですが、そんな環境に嫌気がさして辞めてしまう営業マンはたくさんいます。

しかし同時に、会社の最前線に立ってお客様と向き合う営業職は、お客様が抱く感謝の気持ちを直接受け取れる職種でもあります。

商品・サービスに満足しているお客様は、頻繁に営業マンに対して「ありがとう」とか「がんばってね」といった優しい言葉をかけてくださることも多く、それだけで一日の仕事の疲れが吹き飛んだ気持ちになることもしばしばです。

私はこのようなシチュエーションをよく「心が洗われた」と表現していましたが、お客様から感謝されていることを実感できる仕事というのは、それだけで「楽しさ」を感じることのできる、魅力的な職場といえるでしょう。

難しいクライアントにOKをもらえたとき

営業職が向き合うお客様(クライアント)の中には、話が弾みトントン拍子で商談が進むお客様もいれば、なかなか商談まで進めず、やっとのことで話が前進していっても、最終的な契約をいただけないというお客様もいらっしゃいます。

このようなシチュエーションは営業マンの腕の見せ所といえますが、たとえば新人の頃に、百戦錬磨のベテラン営業マンでも崩せないような、難攻不落のクライアントを任された場合、そこに注ぐ労力は相当なものになります。

また、先述したように営業職が契約を獲得しない限りは、会社全体の事業活動も滞ってしまいますので、社内からの圧力も感じながら仕事に取り組まなければなりません。

こういった状況下で、なかなか首を縦に振ってくれないクライアントからとうとう契約を獲得出来たときには、声をあげたくなるほど嬉しいものです。

営業成績が給与に反映されたとき

営業職の魅力には、その仕事ぶりが直接給与に反映されやすいということもあります。

通常、営業職の給与体系は「固定給+歩合給」のような形で設計されており、営業成績に応じて変化する「歩合給」の部分をいかに増やしていくかを考えることが、この仕事で稼ぐためには重要です。

特に他職種から営業の仕事に転職してきたような方は、はじめのうちは歩合やインセンティブと名付けられた給与形態がいまいちピンとこず、どれだけ稼げるのかが把握できません。

そのため、給与明細を確認して自分の頑張りが直接的に給与に反映されているのを目にしたとき、営業職に従事する「楽しさ」を実感する方も多いようです。

しかし、歩合給というのはノルマ・目標を達成したときにはより多く稼げる反面、目標未達の場合は給与額が目減りする制度でもあります。

かつては営業成績が悪いと、とことんまで給与額が下落するような制度を採用している会社も存在したようですが、現在では最低限の月給は「固定給」として設定している事業所がほとんどです。

私が勤めていた会社も固定給が20万円ほどで、月ごとに設定された営業目標をクリアすれば、その度合いに応じて歩合給がプラスされるような給与形態でした。

目標未達の場合は会社や上司からの圧力もあり、精神的にも体力的にも追い込まれるのは事実ですが、少なくとも給与面においてはセーフティネットがしっかりしていました。

まとめ

今回は、営業職の仕事に従事していて「楽しい」と感じる理由やシチュエーションについて紹介していきました。

営業職は「しんどい」とか「つらい」といったネガティブなイメージを抱いている方も多く、実際に飛び込み営業を経験した私自身も、けっして楽な仕事ではないなと感じています。

しかし、今回簡単に紹介したように、この仕事ならではの魅力的な側面があるのもまた事実です。

営業職が人気の理由は、他職種に比べてわりと給与額が高めなことに加えて、上述のような「楽しい」と思える瞬間がたくさんあるということも考えられます。

この仕事に限らずどのような職場でも共通しているかもしれませんが、同じ職場に長く在籍している人ほどその仕事のネガティブな面だけでなく、魅力的な部分も知り尽くしていることが多いです。

もし今、営業職に魅力を感じている方は、身近に長期間営業職を続けている方がいないか、まずは探して話を伺ってみてください。

営業職に対する印象が変わるかもしれませんよ。


関連キーワード

営業求人

営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

保険営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

保険営業と聞くと、どんなイメージを持ちますか?人によっては「なかなか契約がとれなくてきつそう」「なにがなんでも売らなくてはいけない気がして辛そう」というネガティブなイメージを持つでしょう。その反面、「高収入のチャンスがありそう」「女性が活躍できそう」という良いイメージを持つ方もいると思います。これ、全て正解と言えます。保険営業は、売るものが保険という住宅についで高額といわれる商品であるため、売りにくい商品で営業としては大変です。そのため、保険営業の離職率は8割にものぼるといわれています。その反面、未経験でもチャレンジしやすく、高収入の可能性があることもまた事実。保険営業という仕事は、向き、不向

ブライダル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ブライダルにおける営業とは、実際にお客様を接客するウエディングプランナーや集客を行う広報、営業、経営戦略など様々な部署が存在します。会社を運営していく上で非常に重要な役割を持つお仕事となりますが、あまり知られていないお仕事でもありますので、実際の勤務の経験をもとにブライダル営業求人についてご紹介させていただきます。ブライダル営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ブライダルにおいて営業という役割は、「ウエディングプランナー」と呼ばれるお客様へ自社のサービスを販売するお仕事と、新たなお客様に来館してもらうための集客を大きな目的とした営業のお仕事が存在します。それぞれ集客から契約の獲得までを目的

人材営業で転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

「人材営業」と言うとどういった企業をイメージされますか?リクルートやマイナビ、エン転職にDODA。派遣だとスタッフサービスやパソナなど、様々な企業が思い浮かぶかもしれません。有名企業もたくさんありますが、その実、営業職の仕事ってどこまでご存知ですか?今回は、これから人材営業へ転職を考えている方へ、人材営業で転職を成功させるポイントやおすすめの転職先を紹介していきます。人材営業の転職で注意したほうが良い2個のこと仕事のスタイル人材業界で「営業職」と言われると、どんな仕事をイメージされますか?企業のニーズを聞く、求職者のニーズを聞く、求人原稿を作成する…。そんな、色々な仕事をイメージされるかもしれ

求人広告営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

求人広告営業での転職を成功させるには、どんな点に気をつければよいのか?そのポイントを解説していきます。求人広告営業の転職で注意したほうが良い3個のこと女性は活躍している職場かどうか実は、求人広告の業界はシビアな営業の現場です。新規営業がほとんどで、昔は、飛び込み営業、今でもテレアポをガンガンやるような業界です。今でこそ業界もだいぶ変わってきましたが、男性が多く働く業界の1つでした。面接を受ける際には、「女性の比率はどれくらいですか」というのは質問をしたほうが良いでしょう。女性が働きやすい職場を実現できている会社は、男性にとっても働きやすい場所である可能性が高いはずです。離職率はどうか前の項目に

ルート営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

ルート営業は、一般の営業とは異なり中々求人に出てくることが少ない職種です。そのため、ルート営業の給与の実情について分からない人も多いでしょう。給与の実態が不明であると、ルート営業の求人に応募するのに足が引けてしまう人もいるかもしれません。ルート営業の求人に応募しようとしている人の不安が払拭されるように、不明な部分が多いルート営業の年収の実情を紐解いていきます。ルート営業の給料の相場はどのくらい?一般の営業の給料が会社によってピンキリであることと同様に、ルート営業も一様ではなく、会社によって給料に差があります。しかし、ルート営業の求人を調査することで、ルート営業の給料相場を割り出すことができます

法人営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

法人営業の仕事をすると、年収はどれくらいなのか?おおまかな相場観が伝わるように解説をしていきます。法人営業の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合業界によって大きく異なるケースもありますが、概ね280万円~350万円程度でスタートと考えておけば良いと思います。月給20~25万円でボーナスが2ヶ月分出ると想定すると、ちょうど280万円~350万円となります。正社員で転職した場合どういうポジションでの転職なのかによって大きく幅が出てきます。たとえば、担当営業での転職場合は、最初は新卒に毛が生えた程度の年収でスタートする場合もあります。部下を持つような管理職になれば、600万円~800万円

フリーペーパー広告営業求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

あなたは営業のお仕事が好きですか?嫌いですか?または、少し興味がありこのサイトに辿り着きましたか?これから挑戦してみたい!!そう思っている方は是非最後まで読んで頂けると嬉しいです。営業が苦手な方にも少しコツをお教えできるかもしれません。今回は、フリーペーパーの広告営業求人についてお話ししていきます。フリーペーパー広告営業の大まかな仕事内容さて、今回はさまざまな営業の中でも、フリーペーパーの営業についてです。まずは、フリーペーパーについて。よく、新聞に月1回挟まっていたり、お洒落なカフェなどに置いていたり、簡単にいえば地元のお店を紹介したりしている媒体です。本のようになっているのもあれば、広告の

内勤営業求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

会社で働くとなった時、多くの方が思い浮かべるのが営業職。商品を売り、利益をもたらすこの職種は会社にとってはなくてはならない存在です。そんな営業職ですが、実は①会社の外に出て商品を売り込む外勤営業②会社を訪れた顧客に商品を売り込む内勤営業の2つに分類されることを知っていますか?外を出歩く外勤営業はよく見かけますしイメージも浮かべやすいですが、内勤営業はイメージを浮かべにくい方も多いのではないでしょうか。今回はそんな内勤営業求人の仕事内容、求人のポイント、疑問点を紹介してきます。内勤営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容会社を訪れた顧客、会社に問い合わせをされた顧客に対して営業活動を行うのが内

貿易営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の4個の特徴と上手に転職するための8個の注意点

学生時代に学んだ英語や多言語を仕事に活かしたいと考えると貿易営業はまず浮かぶ仕事かもしれません。違う仕事に就いたけど貿易の仕事にチャレンジしてみたいとか、今の貿易の仕事より条件のいいところにいきたいと考えている人も少なくはないと思います。今回は、貿易営業の転職を成功させるためのポイントや注意点について紹介します。貿易営業の転職で狙い目な会社の4個の特徴貿易営業へ転職するにあたり気になるのはどういうところをチェックするのか、どういうところが狙い目なのかになると思います。詳しく紹介していきます。資格について言及がある資格取得もしくは資格保持に対して募集内容で触れている会社は、資格を持っていることで

ルート営業正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

もし皆さんが求職者であったら、一般の営業とルート営業の二つの求人が有ったら、どちらに応募をするでしょうか。一般の営業はイメージが湧いたとしても、ルート営業のイメージは湧きにくく、迷ったことがある人もいるでしょう。そんな知られざるルート営業について、ルート営業正社員はどのような仕事内容なのか、おすすめ求人のポイントは何か、などを紹介していきます。ルート営業正社員にはどんな仕事があるの?ルート営業正社員の仕事内容は、一般の営業とは異なる仕事内容となります。一般の営業には無い、ルート営業独自の仕事内容を紹介していきます。既存顧客への新商品、新サービスの営業既存顧客へ新商品、新サービスの営業を行います


営業求人に関するコラム

営業が上手い人の特徴とは?今すぐ真似したい5個のポイントを紹介します

営業マンになったはいいけど、ノルマが達成できない、伸び悩んでいる、という人も多いのではないでしょうか。小手先のやり方は色々ありますが、根本的な問題から改善した方が、数字につながるかもしれません。営業が上手い人の特徴を参考に、今すぐ改善に向かえる余地はないかを検討してみましょう。営業の仕事内容についておさらいしておこう営業は自社そのもの、または商品やサービスを売る、契約を取り付けるのが仕事です。店などで物を売るのとは違い、購入意志が明確ではない人に対して意欲を掻き立てねばならず、なかなか骨の折れる仕事です。顧客との信頼関係の構築ができるかどうかが、重要なポイントといえます。営業が上手い人の特徴9

営業のコツで知っておくべき15つのコツ。某企業で法人営業統括を務めた私がすべて明かします

突然ですが、皆様は「営業」という仕事に関して、どのような印象をお持ちでしょうか?営業職の経験がない方だと、テレビドラマなどの影響もあり、ノルマが厳しい、過酷、大変な仕事などのネガティブな印象が強い方が多いように感じております。営業という一言で表現されますが、法人向けの営業、個人向けの営業など営業対象によっても異なりますし、飛びによる新規開拓営業や、既存客向けのルート営業など営業形態によっても大きく異なります。営業とは簡単に言うと、顧客に自社のサービスや製品の購入を促し、契約・受注を取り付ける仕事ですが、売るもの、売り方、相手先によって全くと言っていいほど内容が異なってきます。ここからは営業の詳

女性が営業で活躍するための6つのコツや、得意な人の4つの特徴

現在は男女平等の時代です。昔は男性が営業というのは当たり前の時代ではありましたが、女性が営業というのは中々ありませんでした。強いて言うなら生命保険の営業職くらいというイメージしかなかったでしょう。今回は女性が営業で活躍するためのコツとは何かをお伝えさせて頂きます。営業の大まかな仕事内容営業の大まかな仕事内容をご説明致しましょう。そもそも営業とはお客がお求めているけど当人は気が付いていない、会ったら役に立つというのもを提供していく仕事になります。保健や備品のセールスなんかがそうですよね。セールスというとあまり良いイメージはないかもしれませんが、ニーズに合わせた戦略によってお客さんが購入してくれる

営業コンサルタントの仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

みなさんは、「営業コンサルタント」と聞いてどのような業務を思い浮かべるでしょうか?「コンサルタント」と聞いたら、アドバイスする人・経営を立て直してくれる人…様々なイメージがあると思います。「コンサルタント」と一言で言っても、その種類や業態は様々です。どのような領域を担当するかによって業務内容はもちろん変わっていきます。しかし、共通しているのは「コンサルタント」は、困っている人のアドバイザーということです。今回は、そんな困っている人のアドバイザーである「コンサルタント」の中でも、“営業”に特化している「コンサルタント」の仕事内容を、主に3つに分けてご紹介します。少しでも「コンサルタント」という職

商社営業の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

商社営業と聞くとかなり仕事ができそうなイメージですよね!ドラマのようなスーツをぴしっとしてアタッシュケースを持ち、かっこよく客先の会社へ行きプレゼンをして商談を決めてくるというイメージ。私自身も学生の頃はそんな印象を持っていました。だから、そんな商社営業マンにもなりたかったですし、まだ商社営業マンにはなれないとも考えていました。そして、学生の頃より社会経験を積んだ今は商社営業の実態を分かってきました。だから、今回は商社営業の仕事内容についての話をしていけたらと思います。商社営業の仕事は大きく3個の役割に分けられる販売先の営業これは鉄板・鉄則です!商社とか関係なく営業と名のつくものは常に販売先に