みなさまこんにちは。

こちらでは訪問介護の仕事内容や、訪問介護から次のステップアップの選択肢についてなどをお伝えしてまいります。

在宅系の介護をしてみたいと考えている方は、ぜひともご一読いただき参考にしてもらえれば幸いです。

訪問介護はどんな仕事?

訪問介護のお仕事は、要介護認定を取得した高齢者のご自宅に訪問し、ケアマネージャが作成したケアプランにのっとり、身体介護や家事支援などを行う仕事です。

特別養護老人ホームのような施設系介護とは違い、寝たきりの方は多くありません。

そのためがっつりとした身体介護はさほどないでしょう。

利用者の方とコミュニケーションを図りながらその利用者が少しでも在宅生活を継続していけるようにお手伝いをしていきます。

また、ケアマネージャーや医療従事者とも連携を図りながら包括的にその対象者の個別支援にあたります。

訪問介護の大まかな仕事内容

大きく三つに分けると、生活援助と身体介護のお仕事に分けられます。

一つ目は生活援助です。

調理、選択、掃除、買い物代行などがお仕事となります。

二つ目は身体介護です。

食事・入浴・排泄・更衣などの介助や口腔ケアなどがお仕事となっています。

三つ目は医療機関への通院同行支援です。

利用者を医療機関までお連れし、移動支援や受診手続きなどを行ったりします。

仕事上の役割とは?

利用者は介護状態になることで、社会との接点がすくなくなっていきます。

そのため、生活支援を通じて精神的な相談相手としての役割が求められたりします。

また、利用者のご家族さんも、仕事と介護を両立させ、大変ご苦労されている方もいらっしゃいます。

ご家族さんは介護疲れを感じている方も多く、訪問介護を通じて両方のサポートをしていく役割があります。

他にも実は大きな役割があります。

介護保険はご存じでしょうか?

訪問介護も介護保険に則ったお仕事となっており、役割の本質としては、利用者への自立支援が根底にあります。

利用者が主体となり、出来ることはご本人を促し、残存機能を奪わないような配慮が必要になります。

要はなんでもかんでも「やってあげる」「してあげる」が仕事ではないということです。

訪問介護をすることで、要介護状態に歯止めをかけ、出来ないことはできるように支援していくことが介護の基本となります。

訪問介護の仕事はどんな人に向いている?

こちらでは、訪問介護に向いてる資質、性質をもった方がどのような方なのかをご案内していきます。

実は、誰でも簡単にできるというわけではなく、やはり向き不向きは存在していますので、こちらもご参考にしてみてください。

責任感がある人

ここはすごく重要です。

訪問介護の場合、在宅に訪問するわけですから、いってみれば周囲の目があまりないわけです。

言い換えると、いい加減な気持ちで適当な支援をしようとも考えることが出来てしまうわけです。

しかし、安易な考えでそのようなことをしてしまうと大目玉をくらいます。

例えば、食事を作ったはいいけど対象者が食べれるようなものではなかった場合、事業所に対する信用問題に発展したり、対象者のご家族からクレームが来たりと、とても大変なことになります。

ホームヘルパーもしっかりとした専門職の一員ですので、責任感がなければ務められません。

人とのかかわりが好きな人

やはり人とのかかわりを好きといえる人でないと、長続きしないどころか仕事が楽しくできないと思います。

利用者からしてみても、訪問介護員は唯一無二の存在だというケースも少なくありません。

その相手が人とのかかわりが嫌い、苦手であっては利用者の方も困ってしまいます。

さらに、訪問介護も報告、連絡、相談は必須です。

一人だけで仕事はできません。

ケアマネージャーや医療従事者と連携して仕事を進める必要もでてくるため、コミュニケ-ションが得意、不得意にかかわらず、ある程度は人とかかわれる方でないと難しいお仕事となってしまいます。

観察力がある人

利用者のちょっとした変化にいち早く気づける観察力を持っている方には向いているお仕事です。

どんな小さな変化であっても、それが病気や不調のサインであることはよくあります。

そういった些細な変化を見逃さず、しっかりと見て聞いて報告してあげることができる人は訪問介護に適任だといえると思います。

また、そういった観察力は利用者やその家族からも非常に感謝されます。

ちょっとした小さな気づきで命が救われたというケースも少なくありません。

利用者の主体性を考えられる人

仕事上の役割にも記載しましたが、介護の基本は利用者主体であり、自立支援です。

そのためには相手の出来る部分を奪わずに、やれることはしっかりとやってもらうことが大切です。

とは言え、ここは割と難しいんですよね。

利用者からしてみれば、「できないから介護保険をつかっているんじゃないか」「できないからケアマネージャーにプランをたててもらっているんだぞ」、と思われるわけですから。

ここが訪問介護員の腕のみせどころになるわけです。

例えば、ベットのシーツ交換をするシーンを思い浮かべてください。

シーツや布団カバーなどはサイズが大きいので、なかなか簡単にはできないかもしれません。

しかし、枕カバー程度ならどうでしょうか?

もしかしたらできるかもしれませんよね?

そういった小さなことでも、利用者さんがやれる可能性があることが積極的に促すようにするのです。

ではどのように促すのか、「○○さん、これぐらいならできるでしょ?やってくださいよ」、これは良い言葉かけではありません。

「○○さん、シーツと布団カバーは私がきれいに入れ替えておくので、枕カバーはお任せしてもいいですか?もし難しければこちらでお手伝いもしますので、一緒にやりましょう」、こちらのほうがベターですよね。

このように、常に相手が主体であり、相手が自分で動けるように指示語ではない言葉がけで誘発を狙う、このようなかかわり方ができるかた、得意な方には非常に向いていると思います。

向いているというよりも天職ではないでしょうか。

訪問介護の仕事で活かせる経験

みなさんのいろいろなこれまでの経験が訪問介護にそのまま活かせるというケースも多々あります。

簡単ではありますが、こういったお仕事や経験をしていた方はその経験が活かせます、という内容をいかに記載します。

グループホームで勤めた経験がある方

グループホームを経験した方は、訪問介護のお仕事もなんなくこなせると思います。

食事作りなどの家事支援から、身体介護までを一通り抵抗なく前職の延長線上でやれると思います。

ご両親もしくは祖父母の介護をした経験がある方

身内の介護をしたことがあるかたもなんなくこのお仕事に活かせると思います。

むしろご家族の苦労を身をもって体験していきているでしょうから、誰よりも適任なのかもしれません。

家政婦のお仕事を勤めた経験がある方

業務の本質に違いはありますが、実働の部分はだいぶ似ていますので、食事づくりや掃除に洗濯など、経験があるかたは訪問介護でも活かせると思います。

訪問介護の仕事で働くメリットとは?

自分のライフスタイルに合わせられる

なんでも希望通りにはいかない部分もありますが、職場への直行直帰や稼働時間の調整などがしやすいです。

他の仕事をしながらや、子育てや家事をしながら働きやすいように働けるという部分は十分なメリットとして挙げられると思います。

人間関係に悩まされない

比較が福祉施設となりますが、施設系の介護に比べ、訪問介護は人間関係に悩むことが少ないと思います。

実際私も知人から、「福祉施設から訪問介護に転職し、職場内の人間関係で悩むことがなくなった」という話を聞きました。

一歩踏み込んで話を聞いてみると、福祉施設では大勢多数の介護職員がおり、個別支援の在り方一つに対しても、それぞれの介護観や価値観に左右されるため、「あの人の介護はやりすぎだ」「あの人の介護は自己満足に過ぎない」などと中傷ともとれる言葉があったそうです。

それに比べて訪問介護の場合は「しっかりとあたえられた内容と時間の中で、自分にしかできない介護を誰に中傷される心配もなくできる」、「自分のカラーを思いきって出せる」と話していました。

在宅での訪問介護は一対一の個別支援だからこそ、そういった部分はやりやすいのかもしれませんね。

利用者の個別支援にあたれる

同じ介護でも施設系では個別支援といえど、1時間単位で個別支援をすることは非常に難しいです。

しかし、在宅であればその利用者にじっくりと向き合った個別支援が可能となります。

一人の支援に入っている間、集中してじっくりと人の支援をしたいという方にとっては大きなメリットになると思います。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

まずは介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)、そこから実務者研修(旧ヘルパー1級)、そして国家資格である介護福祉士へと進む道のりがあります。

そのまま訪問介護の業界で従事するのであれば、サービス提供責任者やケアマネージャーへの道もあります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

訪問介護の経験は福祉系の業種であれば、概ねどの業種でも経験を活かせます。

これは私の主観ではありますが、グループホームの介護職員や軽費老人ホームの介護職員、養護老人ホームの支援員あたりが一番経験を活かしやすいのではないかと思います。

特にここ最近の軽費老人ホームや養護老人ホームは在宅の介護保険を利用しながら生活をする人が増えており、訪問介護サービスを使っている方が多いです。

施設に勤めても訪問介護で培った内容はそのまま仕事としてすんなりと入っていきやすいと思われます。

自分にあった訪問介護の仕事の求人の選び方や注意点

ここからは訪問介護の仕事を探すにあたり、どういった求人の探し方が良いのか、注意するべきポイントの有無などについてご説明していきます。

【選び方①】雇用形態から探す

直接雇用の正規社員・有期社員と登録社員の2種類のパターンが非常に多いです。

直接雇用の場合は、事前にしっかりと職場の情報収集を怠らないようにしたほうがよいです。

登録社員の場合は複数のかけもちでもいけるようです。

はじめは登録社員から複数をかけもったりして、どこが自分にあるのかを見定めるのもよいかと思われます。

【選び方②】職種から探す

職種から探す場合、路線は2つです。

一つ目は訪問介護員、二つ目はサービス提供責任者です。

注意しなければいけないのが、訪問介護員であれば、介護職員初任者研修だけでもOKですが、サービス提供責任者の場合が実務者研修まで終えていないとできません。

【選び方③】会社の業態から考える

事業所によって、単独事業をしていたり、併設事業をしていたりします。

単独というのは文字通り訪問介護事業所一本で運営している状態です。

併設というのは、高齢者向け住宅等と訪問介護事業を併設して運営しているタイプです。

前者であれば、近隣地域の高齢者が対象になります。

後者であれば近隣もそうですが、併設事業所内の訪問介護がメインとなったりもします。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

ホームヘルパーの正規職員の年収は3300万~350万前後になると思います(賞与込み)

パートアルバイトの場合は、時間給が1,200円強です。

雇用条件を結ぶにあたり、正規職員のほうが安定した給与になりそうです。

しかし、パートアルバイトのほうが時間的融通を利かせ安いため、自身のライフスタイルがどのようなものなのかに左右されそうですね。

【選び方⑤】エリアから考える

ご自宅から遠く離れた場所に勤めてしまうと、土地勘がなくなり在宅訪問も大変になってしまいます。

自宅近隣とまではいかずとも、あまりご自宅かた離れていない適度な距離の事業所を選んだほうがよいと思われます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

訪問介護のお仕事は、冒頭にも書いた通り、身体介護や生活援助を行うお仕事です。

施設系の介護とはまた一味違った良さやおもしろさがあります。

責任感があり、人とのかかわりが好きなかた、観察力をおもちのかたにはもってこいのお仕事になるかと思います。

少しでも興味があるかたがいらっしゃれば、是非とも一度チャレンジしてみてください。


関連キーワード

訪問介護仕事