OEMというと少し聞きなれない言葉かもしれません。

しかし、実は私たちにとって身近で親しみのある企業のオリジナルグッズや、キャラクター商品を扱う仕事でもあります。

ここではOEMの企業で営業を行う人の仕事内容や、OEM営業に向いている人の特徴などについて、ご説明いたします。

「OEM営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

OEM営業の仕事とはどんな仕事?

OEMとは、「Original Equipment Manufacturer」の略で、自社ではない企業の保有するブランドやキャラクターなどの商品を製造することを言います。

例えば、ディズニーの商品はすべてウォルトディズニー社が製造しているわけではありません。

「ミッキーのイラストを使用したカバンが作りたい」と思った場合にはディズニーに許諾を取り、使用料を支払いカバンの製造を行います。

OEMをメインで行う企業は、その「ミッキーのイラストを使用したカバンが作りたい」と考えている企業に代わり、カバンを製造することを請け負う企業について言います。

もちろん、ブランドやキャラクターに限らず、「自社のロゴ入りキーホルダーを作りたい」「イベントで配布する自社オリジナルクリアファイルを作りたい」という依頼もあります。

OEM営業はそのような依頼のありそうな企業に営業をし、受注を取ってくることと、その後のOEM商品の製造工程で受注してくれた企業とのやりとりを納品まで行います。

時にはデザインについて考えたり、どのようなグッズが良いかをクライアント企業とともに考えたりとクリエイティブな側面もあります。

OEM営業の大まかな仕事内容

OEM営業は、まず自分の担当するクライアント企業の開拓を行います。

これまでに自社ブランドや自社キャラクターを使用してグッズを製造したことのある企業、あるいはこれからノベルティグッズや自社グッズを作る需要のありそうな企業を探し、電話をかけ、アポイントを取り営業に行きます。

その際、相手企業が今後OEM商品を製造するニーズがあるかどうかのヒアリングをするとともに、自社で過去に製造したOEM商品の実績を持参し、見てもらいます。

また、その企業に今後おすすめしたいOEM商品のご提案をすることもあります。

すぐにでもグッズを作成したい需要があれば、詳細をヒアリングしお見積書を提出し、クライアント企業がそのお見積もりに内容を確認し、発注書を提出してくれれば受注となります。

営業訪問し、ヒアリングや自社商品の紹介をしたとしても、いまのところグッズを作成したい予定がない場合もあります。

その場合であっても、今後自社グッズを作成したいと思った時に思い出してもらえるよう実績やどういった商品の製造が得意かをアピールします。

その後、受注が取れたらその企業から使用するロゴやブランド・キャラクターのデータを預かり、作成するグッズへの印刷サンプルを作成して確認してもらいます。

その間納期調整や、クライアント企業の希望通りにグッズが出来上がっているかの確認を行います。

時に工場まで足を運び、その工程を確認したり指示をだすこともあります。

最終的に納品するまでにやりとりを行い、請求書の発行や振り込みの確認を行う場合もあります。

クライアント企業がその後も継続してグッズを依頼してくる場合には定期的に訪問したり、同じグッズをリピート発注してもらうこともあります。

OEM営業が向いている人の4つの特徴とは?

企業の未来を予想することが得意である

まずは受注をとること、自分の担当クライアント企業を獲得することが必要です。

しかし、やみくもに様々な企業にアポイントの電話をかけても、企業は無限にあるため時間の無駄です。

どのような企業であればオリジナルグッズを作成したいというニーズがありそうかの狙いを定めて新規営業をかけることが求められます。

例えば、いつもキャラクターグッズを作成しているがクオリティが低く、他社から乗り換えを希望していそうな企業に狙いをつけることもありです。

ほかにも、今後上場やイベントを予定しておりオリジナルグッズを作成する需要がありそうな企業という視点で新規営業先を探すのも良いでしょう。

このように、企業がこの先自社に対する需要をもってくれそうであるという先が読める人はOEM営業に向いています。

どんなに小さなことでも確認を怠らない

グッズ制作においては、言葉や定量的な観点での確認が難しい場合もあります。

例えば色味やカバンの持ち手の長さなど、人それぞれに好みがあるためです。

しかし、そのグッズの完成イメージを決めるのは自分ではなく、お客様であるクライアント企業です。

「たぶんこの出来栄えでいいだろう」と勝手に決めるのではなく、どんなに細かいことでも、小さなことであっても随時クライアント企業への対応をすることが求められます。

それが出来ない場合、完成してから「こんなグッズになるはずではなかったのに!」とクレームにもつながってしまいます。

クライアント企業の真のニーズを把握する力がある

お客様であるクライアント企業がグッズを作りたいと思った背景や、その企業の将来目指すべきことまでも把握することで、どのようなグッズを作るべきかを考えることが求められます。

時に、クライアント企業でさえも気づいていないニーズを引き出すことで、よりよいグッズを作ることが出来ることもあります。

当初は「ロゴ入りのキーホルダーを作りたい」という依頼であったとしても、OEM営業担当がその企業の将来性まで考え、「ただのキーホルダーではなくエコバッグにもなるキーホルダーにすることで御社のエコ企業としてのあり方もアピール出来ますよ」と提案することが出来ます。

そのようなクライアント企業の真のニーズを把握する力があり、提案まで出来るOEM営業担当はリピートで受注を取ることが出来たり、クライアント企業から別の企業を紹介してもらえるなど信頼される上に売上も安定してとれる営業になることができます。

様々な立場の人を動かす能力がある

グッズはOEM営業担当ひとりでは作ることが出来ません。

クライアント企業だけでなく、実際にグッズの製造を行う工場担当者やデザイナー、検品業者や配送業者とのやりとりを行います。

一般的な企業の担当者とのやりとりとは異なり、工場担当者は少し特殊なタイプの方が多く、コミュニケーションに苦労することもあります。

また、急な納期変更や、何度もデザイン調整・色見本調整が発生するなど、お願いして動いてもらわなければならない事態が多く発生します。

そのため、様々な立場や職種の人を動かす能力が必要とされます。

「OEM営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

OEM営業が向いていない人の3個の特徴とは?

感情的になりやすい

前述のように、様々な立場や職種の人を動かしながら仕事をすることの多いOEM営業担当は、決して感情的になってはいけません。

また、クライアント企業からも度重なる予定変更や「やっぱりやめた」など振り回されてしまうこともあります。

そんな中で、感情的になってしまうことで、周囲からの信頼を失うだけでなく、「あの人の依頼は受けたくない」「あの人に頼みたくない」と思われてしまうため、感情的になりやすい人は向いていないと言えます。

トラブルや急な予定変更に弱い

クライアント企業からの依頼は急きょ変更になることも多くあります。

「この自社キャラクターでと言っていたけれど、やっぱり社長がだめだと言ったのでロゴに変更します」であったり、「納期を1週間早めたい」と言われることもあります。

また、工場から「指示を勘違いして作ってしまった」と言われてしまったり、「機械の故障で失敗してしまったので納期に間に合いません」とトラブルが発生することもあります。

そのようなトラブルの発生や、急な予定変更が起きることは日常茶飯事のため、事前に余裕をもったスケジュールを組んだり、トラブルにも落ち着いてその時出来る最善策を考えるなどの対応が出来ることが求められます。

受注が取れないとへこみやすい

OEM営業担当は受注をとることが出来なければ仕事が始まりません。

しかし、最初はなかなか受注をとることが出来なかったり、特に予算のとれない年度末の時期などスランプに陥ることもあります。

そんなときにやたらとへこんでしまうのではなく、気持ちを切り替えていつもとは違うアプローチ方法を試してみたり、これまでのクライアント企業に再度営業をかけるなどの対応が出来ないと、永遠にスランプに陥ってしまいます。

OEM営業の仕事をするために必要なスキルや適性とは?

これからOEM営業の仕事につきたいと考えている人にとって、必要なスキルや適性はあるのでしょうか。

印刷会社や工場での勤務経験がある

過去に印刷会社や、製品製造の工場での勤務経験があれば、モノづくりについてより深い知識をもともと保有しているため、お客様への提案やイメージがしやすく即戦力となります。

バッグをひとつ作るのにも、その印刷方法には様々な種類があります。

「この素材の生地にはこの印刷方法が適している」などの知識があれば、提案もスマートに出来ます。

また、工場との納期交渉の際にも、むやみやたらと「早くしてください」というのではなく、工場勤務経験があれば「この工程をこう工夫することで1日短縮できませんか」と具体的な交渉が出来ます。

モノづくりが好きで、クオリティへのこだわりがある

OEM営業担当はクライアント企業からの依頼でグッズを作り、納品するのが仕事です。

そのため、モノづくりへの興味があり、クオリティにも妥協しないこだわりの姿勢を持った人物であれば適正があるといえます。

流行に敏感である

グッズを製造する企業であれば、それぞれ提携先工場が異なるため、実績の多いグッズやそうでないグッズがあります。

また、キーホルダーが得意な企業や、クッションなどの布ものが得意な企業など、それぞれOEMにおいての得意分野があります。

しかし、同じクッションでもずっと同じクッションではなく、最近の流行を取り入れたクッションのご提案が出来るなど、よりトレンドを把握していることもOEM営業担当には求められます。

いつも同じような商品しか提案出来ないと思われてしまっては、依頼するクライアント企業も飽きてしまいますし、依頼するメリットを感じてもらえません。

これからOEM営業の仕事をはじめるには、どうしたらいい?

それでは、OEM営業の仕事に興味があり、これからはじめてみたいと考えている人はどうすればよいのでしょうか。

まずは求人を探しましょう。

「OEM 営業」「オリジナルグッズ OEM」などで検索するとOEMを行なっている企業を見つけることが出来ます。

他にも、企業のオリジナルグッズなどをもらった際に、タグについている取扱い説明書を確認すると、そのグッズを製造した企業の会社名を確認することも出来ます。

そして、その企業が現在営業の求人を募集しているかを確認し、新卒や中途入社での応募をしてみましょう。

多くの場合、企業への営業経験や、印刷会社や工場での勤務経験があることはアピールできるプラス材料にはなりますが、ないからといって採用しないということはありません。

モノづくりが好きで、クオリティへのこだわりがあるかどうかをより重視する企業が多いです。

経験がない場合でもそこをアピールして自分を売り込みましょう。

また、入社後は様々なグッズの製造方法や、常に流行や新しく登場するグッズについて把握しておくなど、前向きな姿勢で情報や知識を吸収することが求められます。

今は知識や経験がないとしても、今後一生懸命学んでいきたいと思っています、と言い切ることができるかどうかもポイントとなります。

「OEM営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

一般的にはあまり知られていないOEM営業の仕事ですが、実は私たちも数多く触れている企業のオリジナルグッズや、キャラクターグッズなどを製造する楽しい仕事です。

グッズが出来上がっていく喜びや感動があり、モノづくりや、キャラクターグッズが大好きな人にはとても魅力的な業務内容が多いのも特徴です。

また、営業としても多くの企業に訪問し、将来性について考えることのできる奥の深い仕事です。

是非、この記事を読んで興味を持って頂けた方がいらっしゃいましたら、OEM営業を目指してみてはいかがでしょうか?

  営業の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  営業の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

営業求人

営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

保険営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

保険営業と聞くと、どんなイメージを持ちますか?人によっては「なかなか契約がとれなくてきつそう」「なにがなんでも売らなくてはいけない気がして辛そう」というネガティブなイメージを持つでしょう。その反面、「高収入のチャンスがありそう」「女性が活躍できそう」という良いイメージを持つ方もいると思います。これ、全て正解と言えます。保険営業は、売るものが保険という住宅についで高額といわれる商品であるため、売りにくい商品で営業としては大変です。そのため、保険営業の離職率は8割にものぼるといわれています。その反面、未経験でもチャレンジしやすく、高収入の可能性があることもまた事実。保険営業という仕事は、向き、不向

ブライダル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ブライダルにおける営業とは、実際にお客様を接客するウエディングプランナーや集客を行う広報、営業、経営戦略など様々な部署が存在します。会社を運営していく上で非常に重要な役割を持つお仕事となりますが、あまり知られていないお仕事でもありますので、実際の勤務の経験をもとにブライダル営業求人についてご紹介させていただきます。ブライダル営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ブライダルにおいて営業という役割は、「ウエディングプランナー」と呼ばれるお客様へ自社のサービスを販売するお仕事と、新たなお客様に来館してもらうための集客を大きな目的とした営業のお仕事が存在します。それぞれ集客から契約の獲得までを目的

人材営業で転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

「人材営業」と言うとどういった企業をイメージされますか?リクルートやマイナビ、エン転職にDODA。派遣だとスタッフサービスやパソナなど、様々な企業が思い浮かぶかもしれません。有名企業もたくさんありますが、その実、営業職の仕事ってどこまでご存知ですか?今回は、これから人材営業へ転職を考えている方へ、人材営業で転職を成功させるポイントやおすすめの転職先を紹介していきます。人材営業の転職で注意したほうが良い2個のこと仕事のスタイル人材業界で「営業職」と言われると、どんな仕事をイメージされますか?企業のニーズを聞く、求職者のニーズを聞く、求人原稿を作成する…。そんな、色々な仕事をイメージされるかもしれ

求人広告営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

求人広告営業での転職を成功させるには、どんな点に気をつければよいのか?そのポイントを解説していきます。求人広告営業の転職で注意したほうが良い3個のこと女性は活躍している職場かどうか実は、求人広告の業界はシビアな営業の現場です。新規営業がほとんどで、昔は、飛び込み営業、今でもテレアポをガンガンやるような業界です。今でこそ業界もだいぶ変わってきましたが、男性が多く働く業界の1つでした。面接を受ける際には、「女性の比率はどれくらいですか」というのは質問をしたほうが良いでしょう。女性が働きやすい職場を実現できている会社は、男性にとっても働きやすい場所である可能性が高いはずです。離職率はどうか前の項目に

ルート営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

ルート営業は、一般の営業とは異なり中々求人に出てくることが少ない職種です。そのため、ルート営業の給与の実情について分からない人も多いでしょう。給与の実態が不明であると、ルート営業の求人に応募するのに足が引けてしまう人もいるかもしれません。ルート営業の求人に応募しようとしている人の不安が払拭されるように、不明な部分が多いルート営業の年収の実情を紐解いていきます。ルート営業の給料の相場はどのくらい?一般の営業の給料が会社によってピンキリであることと同様に、ルート営業も一様ではなく、会社によって給料に差があります。しかし、ルート営業の求人を調査することで、ルート営業の給料相場を割り出すことができます

法人営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

法人営業の仕事をすると、年収はどれくらいなのか?おおまかな相場観が伝わるように解説をしていきます。法人営業の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合業界によって大きく異なるケースもありますが、概ね280万円~350万円程度でスタートと考えておけば良いと思います。月給20~25万円でボーナスが2ヶ月分出ると想定すると、ちょうど280万円~350万円となります。正社員で転職した場合どういうポジションでの転職なのかによって大きく幅が出てきます。たとえば、担当営業での転職場合は、最初は新卒に毛が生えた程度の年収でスタートする場合もあります。部下を持つような管理職になれば、600万円~800万円

フリーペーパー広告営業求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

あなたは営業のお仕事が好きですか?嫌いですか?または、少し興味がありこのサイトに辿り着きましたか?これから挑戦してみたい!!そう思っている方は是非最後まで読んで頂けると嬉しいです。営業が苦手な方にも少しコツをお教えできるかもしれません。今回は、フリーペーパーの広告営業求人についてお話ししていきます。フリーペーパー広告営業の大まかな仕事内容さて、今回はさまざまな営業の中でも、フリーペーパーの営業についてです。まずは、フリーペーパーについて。よく、新聞に月1回挟まっていたり、お洒落なカフェなどに置いていたり、簡単にいえば地元のお店を紹介したりしている媒体です。本のようになっているのもあれば、広告の

内勤営業求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

会社で働くとなった時、多くの方が思い浮かべるのが営業職。商品を売り、利益をもたらすこの職種は会社にとってはなくてはならない存在です。そんな営業職ですが、実は①会社の外に出て商品を売り込む外勤営業②会社を訪れた顧客に商品を売り込む内勤営業の2つに分類されることを知っていますか?外を出歩く外勤営業はよく見かけますしイメージも浮かべやすいですが、内勤営業はイメージを浮かべにくい方も多いのではないでしょうか。今回はそんな内勤営業求人の仕事内容、求人のポイント、疑問点を紹介してきます。内勤営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容会社を訪れた顧客、会社に問い合わせをされた顧客に対して営業活動を行うのが内

貿易営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の4個の特徴と上手に転職するための8個の注意点

学生時代に学んだ英語や多言語を仕事に活かしたいと考えると貿易営業はまず浮かぶ仕事かもしれません。違う仕事に就いたけど貿易の仕事にチャレンジしてみたいとか、今の貿易の仕事より条件のいいところにいきたいと考えている人も少なくはないと思います。今回は、貿易営業の転職を成功させるためのポイントや注意点について紹介します。貿易営業の転職で狙い目な会社の4個の特徴貿易営業へ転職するにあたり気になるのはどういうところをチェックするのか、どういうところが狙い目なのかになると思います。詳しく紹介していきます。資格について言及がある資格取得もしくは資格保持に対して募集内容で触れている会社は、資格を持っていることで

ルート営業正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

もし皆さんが求職者であったら、一般の営業とルート営業の二つの求人が有ったら、どちらに応募をするでしょうか。一般の営業はイメージが湧いたとしても、ルート営業のイメージは湧きにくく、迷ったことがある人もいるでしょう。そんな知られざるルート営業について、ルート営業正社員はどのような仕事内容なのか、おすすめ求人のポイントは何か、などを紹介していきます。ルート営業正社員にはどんな仕事があるの?ルート営業正社員の仕事内容は、一般の営業とは異なる仕事内容となります。一般の営業には無い、ルート営業独自の仕事内容を紹介していきます。既存顧客への新商品、新サービスの営業既存顧客へ新商品、新サービスの営業を行います