営業辛いと感じる瞬間とその乗り越え方についての写真

営業って辛いですよね。

私も経験があるので少しでも皆様のお力になれると嬉しいです。

私の経験も盛り込んだ内容で頑張ってお話して参ります。

「営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業のおおまかな仕事内容とは?

営業とは自社で扱っている商品や技術を相手先に売り込む事が仕事になります。

営業の仕事がきついと言われる10個の理由とは?

営業を初めて経験した方には、きつくて辛いという印象が強く残る事があります。

営業職で入社した方は毎日、新規開拓する為に情報収集したり、自社の特徴をより理解する為に、外回り以外は遅くまで残って勉強したりとやる事が沢山あり、日々、身体を酷使するという事で仕事に対するモチベーションが下がっていき、ポテンシャルすら低下していく負のスパイラルに陥る事もあります。

その要因を少しでも軽く出来る方法をご紹介致します。

ノルマがきつい

会社によって違いはありますが、現状維持をしたままでは会社は成長していかないので様々な分野に自社の商品や技術を理解してもらえるように会社回りを行う必要があります。

と言えど、全員が自由に仕事をしていても意味がありません。

会社成長の要である営業を行う方達に、ノルマを課すのは達成感を得てもらうのと同時に責任感を持って、取り組む事を目的としている事が多いです。

しかしながら、通常業務に加えてノルマがあると、責任という重圧に押しつぶされポテンシャルを発揮できない状態になり、仕事がただきついだけのものになります。

それを乗り越えるための方法とは?

先ずはこなさなければならないノルマを確認しましょう。

1ヶ月でこなすノルマを確認し、逆算して1週間でいくつノルマをこなす必要があるのかを考える必要があります。

その為には自社の強みを理解しておく事と、訪問する相手先の業種によって情報収集が重要です。

内容や知識が薄いと話を聞いてもらえたとしても、切り返しに戸惑ったり、不意の質問に答えられなかったり、どのような利益をもたらしてくれるのか等、相手方につっ込まれた時に言葉が出ずにそのまま終了という事になりかねません。

出来る限り不確定要素を無くし、営業に行く前には事前準備を欠かさないようにしましょう。

ノルマは会社の成長にとって必要なものではありますが、自分のスキルを成長させる為の研鑽の糧として考えるのも一つの方法ではないでしょうか。

プレッシャーがきつい

営業のプレッシャーがきついと感じている男性

営業職では扱っている商品や技術が同じであったり、ある程度似ている業種については取引先の取り合いの為に、ノルマの増加や1件でも多く契約を取る事を、営業を行う方達に伝える事でプレッシャーを与えている所もあります。

ノルマをこなす事は営業を行なった方の成果に繋がるとともに、その部署を統括する上司の成果にも繋がるので、社内での信用度を上げる為に部署内で結果を出す方向にシフトする事もあります。

こういう風に部署として結果を求める時に部署内の社員に向けてプレッシャーをかけて士気を高める事があります。

それを乗り越えるための方法とは?

プレッシャーをきつく感じるのは自分に自信がない事と経験が足りない事が大きな要因となります。

人間は初めて与えられた仕事に対して「上手くできるだろうか。」、「失敗したらどうしよう」等のマイナスイメージから入っていく事が多いです。

初めてならば失敗は何度しても構いません。

同じ失敗をしないように経験を積めば良いのです。

全てを完璧に100%しなければならないという状態に陥らないように気を付けてください。

自分の中にマイナスイメージが定着すると、「自分はダメだ」とか「何をしてもダメだ」という気持ちで一杯になって精神的に不安定になり悪化していきます。

先ずはプレッシャーの原因が何なのかを理解する為に、頭で考えるよりも前に紙に書き出して整理してみましょう。

文字として具現化する事で目に見えないプレッシャーに対しての対策を講じる事が出来ます。

そして次に社内で友好的な人間関係を築いていきましょう。

営業は任された個人で行う事がほとんどですが、一人で仕事をしているわけではありません。

同じ部署内の方達はチームであり、味方なのです。

部署内でのコミュニケーションの向上を図る事で意見をもらったり、考え方の選択肢を複数提示してもらったりと協力を得る事が出来るからです。

アポ取りがきつい

自社で扱っている商品や技術が、相手先の利益向上に繋がっていると理解されていればアポイントを取るには容易な事だとは思いますが、基本的に営業の電話と聞けば「面倒くさい」や「関わりたくない」という考えが相手には先行している為、他業種や既に他社との契約を結んでいる所に至ってはアポを取る事は難しく、毎日十数件にアポ取って1~2件商談に繋げる事が出来れば成功、その中で契約を結ぶ事が出来れば大成功と言った感じになります。

ですが、相手方の担当者とのタイミングが合わず連絡待ちか再度の連絡をする事になりかねません。

それを乗り越えるための方法とは?

アポ取りの電話をかける前に準備する事があります。

それは相手の立場に立って利益をもたらす事が出来る提案をする事です。

具体的な案が無いのにアポ取りの電話しても意味がありません。

その為に顧客情報の収集と手間を取らせないように複数の日程を決める事が重要になります。

情報収集は相手がどのような会社や業種で、自社のサービスや技術を必要としているか等の最低限の情報は手に入れなければなりません。

そして、電話をかける時間帯も気にしなければいけません。

営業時間は、何時から何時までで忙しいであろう時間帯を避けて電話をかける必要があります。

最後に部署内で、アポ取り用の会話のロールプレイングを繰り返し行う事で精度を上げていく事が出来るでしょう。

飛び込み営業がきつい

飛び込み営業がきついと感じている男性

確かに飛び込み営業はきついですし、精神的にも疲労が多く続かないでしょう。

予定を立てる事も出来ず下手に出ても門前払いを受けるだけです。

もし、必死になってお願いして話を聞いてもらえて、契約できたとしても相手からはあなたの立場は下に見えてしまい、御用聞きの様になり意見が言えなくなります。

それを乗り越えるための方法とは?

飛び込み営業は今の時代からすると一昔前の営業手法でしかありません。

インターネット等のIT技術が発達しているのですから利用しない手はないのです。

訪問しても断られる事は当たり前という認識を持って1発必中より数撃って1発当たればラッキーぐらいの心構えで挑んでみるのがいいでしょう。

営業手法が過酷

テレアポの場合では、会社が事前に調査した顧客リストに従って、1日に何十件もの顧客に電話をかけなくてはならないし、会社の方針とは別に上司の考え方で、手当たり次第に飛び込み営業をしなければならなかったりと、営業手法が徐々に過酷な方向に向かう事があります。

それを乗り越えるための方法とは?

はっきり言ってしまえば、数撃って当たる事はまずありません。

まぐれ当たりはあるとは思いますが、基本的には門前払いか即電話を終了させる為に聞き流される事があります。

それを乗り超えるためには前述でもお話ししたように、自社で扱っている商品や技術の深い理解と相手の業種に対する理解が必要不可欠です。

それに加えて誰にも文句を言われる事のないようにしっかりと事業計画を立て、過酷になりすぎないようにスケジュール管理を徹底しましょう。

人間関係が辛い

営業と言えば営業職の叩き上げで役職の地位に就いている方が多く居る事で、厳しい上下関係が構築されている会社が多いという印象がありますよね。

就職した先がそのような会社だとノルマは多いし、ストレスは溜まるし、肩身は狭いし、失敗すると怒号が飛ぶし、部署内はピリピリしてるしで出勤するだけで辛いと感じてしまう事もあるでしょう。

出来る人間と出来ない人間の間で壁が出来たりと人間関係がギクシャクしたりします。

それを乗り越えるための方法とは?

今では、社会問題になっているパワハラに対応する為に各会社や労働組合で対策を講じているので、あまり大きな問題にはなってはいませんが小さな問題はまだまだあるでしょう。

個人ではなく部署内をチームだと認識しておく事で様々の方に解決に役立つ情報を聞いてみたり、世間話をしてみたりして、周りに頼る事で人間関係を柔和にしましょう。

労働時間よりも結果で判断される

営業は過程よりも結果によって判断される事が多いです。

どれだけ多くの契約件数を獲得できたかが大きく営業成績に反映されるので、その間に掛かった時間が加味されない事があります。

それを乗り越えるための方法とは?

社会で働いていると結果で判断されたり、評価される事は日常茶飯事です。

最初のうちは結果を出すまで時間が掛かってしまいますが、仕事を続けていく内に自分の行なっている作業を簡素化し効率良く組み立てていけるようになります。

時間が掛かっても構いません。

結果で判断されるのであれば、そこまでの到達時間を短縮出来る様に技術を磨いていけば良いのです。

気負う事無く自分のペースで歩み続けてください。

お客に頭を下げるのが辛い

人間にはプライドというものが存在しているので意識の高い人にとっては人に頭を下げる行為は辛いものだと思います。

会社の為だとは理解していてもあまり軽々しくはしたくない行為ですね。

それを乗り越えるための方法とは?

会社の為でもありますが、先ずは自分を売り込む為に営業をしているのだと考えてみてください。

相手は会社ではなく、窓口である自分を信用して契約を締結するので自身を知ってもらう事が重要です。

頭を下げすぎて、お願い営業にならないように気を付けましょう。

お客を騙している感じが辛い

営業マンの中には話術の上手な方がいらっしゃいます。

巧みに話を構築しながら相手を契約へと導いていきます。

ですが、決して嘘をついている訳ではないのです。

経験が乏しい人からは騙しているように見えて辛く感じます。

中には嘘を組み込んだり、数字を水増しして強引に契約を締結に持っていく輩もいますが、必ずばれて明らかになります。

それを乗り越えるための方法とは?

しっかりと自社のサービスや技術を熟知してください。

自分でしっかりと話を構築して、相手に利益をもたらす事に繋がると理解して商談する事は騙しているのではなく熱意だという自信を持って臨みましょう。

毎日気が張っていて辛い

契約を締結させる為に毎日、自社で扱っている商品や技術に近い考えを持っている顧客リストに目を通しながら、苦悩する毎日を送っているとその日の業務が終了したとしても緊張状態が続いたままになります。

緊張状態が続くと体調不良となり、深刻な事態になりかねません。

それを乗り越えるための方法とは?

一番に行うのはメリハリのある生活を送る事を心掛けましょう。

仕事関係で起きた事は仕事内で処理をし、プライベートに持ち込まず、悩まないようにしましょう。

リラックス出来る時は全力でリラックスして気持ち良く仕事に取り組みましょう。

「営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

キツい時もあるけど、営業がおすすめの理由

どの業界でも通用する営業スキルを磨ける

最初は何から手を付けていいのかが分からず右往左往しますが、営業業務を続けていく内に経験や自分なりのノウハウを活用したルーティンが構築され、業界が変わったとしてもルーティンに当てはめるだけなので多様なニーズに対応出来るスキルに成長できるでしょう。

どの職種にも通用するビジネスの基礎スキルを磨ける

営業のみならずサービス業・接客業でもビジネスの基礎は必要です。

挨拶をはじめとするビジネスマナーや敬語の使い方など自分を売り込む為のスキルを上達させる一つの手段として営業が挙げられます。

多くの会社で定期的にキャリアアップの為の講座が開かれていたりしているので活用してみてはいかがでしょうか。

精神的に鍛えられる

精神的に鍛えられると言っても相手に鍛えられるわけではありません。

断られて落ち込んだり、失敗して怒られたりした時に、自分を奮い立たせる行動をプラス思考で続けていく事でメンタルが鍛えられていくのです。

なぜ失敗したのかを常に考えて次に活かす為に策を講じる事が必要です。

例えば、相手に何度も聞き返されて商談にならなかったのであれば、「声が小さかった」とか「早口だった」等が課題として出てくるので、次に行く場所では「ゆっくりハキハキと話そう」という改善策が生まれるはずです。

こういった自分の失敗した部分を知り、改善し強化する事を繰り返す事でメンタルを鍛えていけるでしょう。

まとめ

ここまで営業に関して、私が知り得る事を紹介してきました。

営業とは相手の信頼を得る為と自社の扱っている商品や技術を相手に知ってもらう事が大きな目的です。

契約を締結するかしないかは相手次第です。

一番大変な仕事であると同時に達成感は大きなものです。

どのような仕事に於いても辛い事は多少なりともあるはずです。

辛いのであれば、そこから少し距離を置いてみるのも一つの方法でしょう。

最初から出来る人はいません。

出来る様に経験を積んでいけば良いのです。

一人で悩まずに周りに相談して乗り切ってくださいね。


関連キーワード

営業求人

営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

保険営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

保険営業と聞くと、どんなイメージを持ちますか?人によっては「なかなか契約がとれなくてきつそう」「なにがなんでも売らなくてはいけない気がして辛そう」というネガティブなイメージを持つでしょう。その反面、「高収入のチャンスがありそう」「女性が活躍できそう」という良いイメージを持つ方もいると思います。これ、全て正解と言えます。保険営業は、売るものが保険という住宅についで高額といわれる商品であるため、売りにくい商品で営業としては大変です。そのため、保険営業の離職率は8割にものぼるといわれています。その反面、未経験でもチャレンジしやすく、高収入の可能性があることもまた事実。保険営業という仕事は、向き、不向

ブライダル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ブライダルにおける営業とは、実際にお客様を接客するウエディングプランナーや集客を行う広報、営業、経営戦略など様々な部署が存在します。会社を運営していく上で非常に重要な役割を持つお仕事となりますが、あまり知られていないお仕事でもありますので、実際の勤務の経験をもとにブライダル営業求人についてご紹介させていただきます。ブライダル営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ブライダルにおいて営業という役割は、「ウエディングプランナー」と呼ばれるお客様へ自社のサービスを販売するお仕事と、新たなお客様に来館してもらうための集客を大きな目的とした営業のお仕事が存在します。それぞれ集客から契約の獲得までを目的

人材営業で転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

「人材営業」と言うとどういった企業をイメージされますか?リクルートやマイナビ、エン転職にDODA。派遣だとスタッフサービスやパソナなど、様々な企業が思い浮かぶかもしれません。有名企業もたくさんありますが、その実、営業職の仕事ってどこまでご存知ですか?今回は、これから人材営業へ転職を考えている方へ、人材営業で転職を成功させるポイントやおすすめの転職先を紹介していきます。「人材営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →人材営業の転職で注意したほうが良い2個のこと仕事のスタイル人材業界で「営業職」と言われると、どんな仕事をイメージされますか?企業のニーズを聞く、求職者のニーズを聞く、求人

求人広告営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

求人広告営業での転職を成功させるには、どんな点に気をつければよいのか?そのポイントを解説していきます。「求人広告営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →求人広告営業の転職で注意したほうが良い3個のこと女性は活躍している職場かどうか実は、求人広告の業界はシビアな営業の現場です。新規営業がほとんどで、昔は、飛び込み営業、今でもテレアポをガンガンやるような業界です。今でこそ業界もだいぶ変わってきましたが、男性が多く働く業界の1つでした。面接を受ける際には、「女性の比率はどれくらいですか」というのは質問をしたほうが良いでしょう。女性が働きやすい職場を実現できている会社は、男性にとっても働きやす

ルート営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

ルート営業は、一般の営業とは異なり中々求人に出てくることが少ない職種です。そのため、ルート営業の給与の実情について分からない人も多いでしょう。給与の実態が不明であると、ルート営業の求人に応募するのに足が引けてしまう人もいるかもしれません。ルート営業の求人に応募しようとしている人の不安が払拭されるように、不明な部分が多いルート営業の年収の実情を紐解いていきます。「ルート営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →ルート営業の給料の相場はどのくらい?一般の営業の給料が会社によってピンキリであることと同様に、ルート営業も一様ではなく、会社によって給料に差があります。しかし、ルート営業の求人を調査

法人営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

法人営業の仕事をすると、年収はどれくらいなのか?おおまかな相場観が伝わるように解説をしていきます。「法人営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →法人営業の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合業界によって大きく異なるケースもありますが、概ね280万円~350万円程度でスタートと考えておけば良いと思います。月給20~25万円でボーナスが2ヶ月分出ると想定すると、ちょうど280万円~350万円となります。正社員で転職した場合どういうポジションでの転職なのかによって大きく幅が出てきます。たとえば、担当営業での転職場合は、最初は新卒に毛が生えた程度の年収でスタートする場合もあります。

フリーペーパー広告営業求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

あなたは営業のお仕事が好きですか?嫌いですか?または、少し興味がありこのサイトに辿り着きましたか?これから挑戦してみたい!!そう思っている方は是非最後まで読んで頂けると嬉しいです。営業が苦手な方にも少しコツをお教えできるかもしれません。今回は、フリーペーパーの広告営業求人についてお話ししていきます。フリーペーパー広告営業の大まかな仕事内容さて、今回はさまざまな営業の中でも、フリーペーパーの営業についてです。まずは、フリーペーパーについて。よく、新聞に月1回挟まっていたり、お洒落なカフェなどに置いていたり、簡単にいえば地元のお店を紹介したりしている媒体です。本のようになっているのもあれば、広告の

内勤営業求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

会社で働くとなった時、多くの方が思い浮かべるのが営業職。商品を売り、利益をもたらすこの職種は会社にとってはなくてはならない存在です。そんな営業職ですが、実は①会社の外に出て商品を売り込む外勤営業②会社を訪れた顧客に商品を売り込む内勤営業の2つに分類されることを知っていますか?外を出歩く外勤営業はよく見かけますしイメージも浮かべやすいですが、内勤営業はイメージを浮かべにくい方も多いのではないでしょうか。今回はそんな内勤営業求人の仕事内容、求人のポイント、疑問点を紹介してきます。内勤営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容会社を訪れた顧客、会社に問い合わせをされた顧客に対して営業活動を行うのが内

貿易営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の4個の特徴と上手に転職するための8個の注意点

学生時代に学んだ英語や多言語を仕事に活かしたいと考えると貿易営業はまず浮かぶ仕事かもしれません。違う仕事に就いたけど貿易の仕事にチャレンジしてみたいとか、今の貿易の仕事より条件のいいところにいきたいと考えている人も少なくはないと思います。今回は、貿易営業の転職を成功させるためのポイントや注意点について紹介します。貿易営業の転職で狙い目な会社の4個の特徴貿易営業へ転職するにあたり気になるのはどういうところをチェックするのか、どういうところが狙い目なのかになると思います。詳しく紹介していきます。資格について言及がある資格取得もしくは資格保持に対して募集内容で触れている会社は、資格を持っていることで

ルート営業正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

もし皆さんが求職者であったら、一般の営業とルート営業の二つの求人が有ったら、どちらに応募をするでしょうか。一般の営業はイメージが湧いたとしても、ルート営業のイメージは湧きにくく、迷ったことがある人もいるでしょう。そんな知られざるルート営業について、ルート営業正社員はどのような仕事内容なのか、おすすめ求人のポイントは何か、などを紹介していきます。ルート営業正社員にはどんな仕事があるの?ルート営業正社員の仕事内容は、一般の営業とは異なる仕事内容となります。一般の営業には無い、ルート営業独自の仕事内容を紹介していきます。既存顧客への新商品、新サービスの営業既存顧客へ新商品、新サービスの営業を行います


営業求人に関するコラム

営業のコツで知っておくべき15つのコツ。某企業で法人営業統括を務めた私がすべて明かします

突然ですが、皆様は「営業」という仕事に関して、どのような印象をお持ちでしょうか?営業職の経験がない方だと、テレビドラマなどの影響もあり、ノルマが厳しい、過酷、大変な仕事などのネガティブな印象が強い方が多いように感じております。営業という一言で表現されますが、法人向けの営業、個人向けの営業など営業対象によっても異なりますし、飛びによる新規開拓営業や、既存客向けのルート営業など営業形態によっても大きく異なります。営業とは簡単に言うと、顧客に自社のサービスや製品の購入を促し、契約・受注を取り付ける仕事ですが、売るもの、売り方、相手先によって全くと言っていいほど内容が異なってきます。ここからは営業の詳

女性が営業で活躍するための6つのコツや、得意な人の4つの特徴

現在は男女平等の時代です。昔は男性が営業というのは当たり前の時代ではありましたが、女性が営業というのは中々ありませんでした。強いて言うなら生命保険の営業職くらいというイメージしかなかったでしょう。今回は女性が営業で活躍するためのコツとは何かをお伝えさせて頂きます。営業の大まかな仕事内容営業の大まかな仕事内容をご説明致しましょう。そもそも営業とはお客がお求めているけど当人は気が付いていない、会ったら役に立つというのもを提供していく仕事になります。保健や備品のセールスなんかがそうですよね。セールスというとあまり良いイメージはないかもしれませんが、ニーズに合わせた戦略によってお客さんが購入してくれる

営業コンサルタントの仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

みなさんは、「営業コンサルタント」と聞いてどのような業務を思い浮かべるでしょうか?「コンサルタント」と聞いたら、アドバイスする人・経営を立て直してくれる人…様々なイメージがあると思います。「コンサルタント」と一言で言っても、その種類や業態は様々です。どのような領域を担当するかによって業務内容はもちろん変わっていきます。しかし、共通しているのは「コンサルタント」は、困っている人のアドバイザーということです。今回は、そんな困っている人のアドバイザーである「コンサルタント」の中でも、“営業”に特化している「コンサルタント」の仕事内容を、主に3つに分けてご紹介します。少しでも「コンサルタント」という職

商社営業の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

商社営業と聞くとかなり仕事ができそうなイメージですよね!ドラマのようなスーツをぴしっとしてアタッシュケースを持ち、かっこよく客先の会社へ行きプレゼンをして商談を決めてくるというイメージ。私自身も学生の頃はそんな印象を持っていました。だから、そんな商社営業マンにもなりたかったですし、まだ商社営業マンにはなれないとも考えていました。そして、学生の頃より社会経験を積んだ今は商社営業の実態を分かってきました。だから、今回は商社営業の仕事内容についての話をしていけたらと思います。商社営業の仕事は大きく3個の役割に分けられる販売先の営業これは鉄板・鉄則です!商社とか関係なく営業と名のつくものは常に販売先に

営業経験を活かせる仕事おすすめ7選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

営業の仕事を経験した人、今営業をしていて将来のキャリアアップに活かせないか考えている人は少なくないと思います。営業の仕事ができたら色んな場面に活かせると営業職の人から言われたことがある人もいるかもしれません。ただ、実際に営業経験がどういう仕事に活かせるのか、営業経験を活かして転職ができるのかなど具体的な話を聞いた人は少ないかもしれません。今回は、営業経験を活かしてできる仕事について紹介します。営業職で働いていて転職を考えていたり、営業職を辞めて違う仕事を考えている人など参考にしてもらえたら幸いです。営業経験を活かせる仕事ってどんなもの?まず、営業職として働いて得られるスキルはどういうものかにつ