営業コンサルタントという仕事は取っつきにくく、それを本職とする事は難しいハードルの高そうなイメージだと思いますが、そもそも営業コンサルタントそのものの資格は明確には定義できません。

つまり「自分は営業コンサルタントだ!」と声高々に宣言すれば、その人は営業コンサルタントだという事になります。

どうでしょうか?

これで一気にハードルが下がったのではないでしょうか?

誰でもなれそうで、なれない営業コンサルタントという仕事をわかりやすく解説していきます。

「営業コンサルタント」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業コンサルタントとはどんな仕事?

まず、最初に営業コンサルタントとはどんな職業でしょう?

コンサルタントと付く職業には種類が沢山有り、一般的に良く知られているのはMBA等の資格を持っている人(MBAとはMaster of Business Administrationの略で、経営学修士と呼ばれます。)であり、このような資格を有することによりコンサルタント会社への就職、転職等が有利になります。

また、会社としてクライアントである企業の経営や会計、マネージメントなどの広くコンサルタント業務を引き受ける。

そんなイメージでしょうか?

では、そんな中で営業コンサルタントとは何でしょう?

営業コンサルタントが提供できるサービスは、営業力に不安を感じている会社や過渡期を迎えた会社などを製品や会社ごと変革させる事や、売れなくなった商品を市場で売れるように生き返らせるなどの営業業務、商品等に携わる改善、または営業マンの育成業務、営業力改善と営業マンの営業マナー向上などで、提供できるサービスは営業コンサルタントにより様々です。

営業業務の改善等を目的とし、その会社における改善・変革までの道筋を前もって経営陣に示す事で、クライアントがより安心した状態で会社の営業業務を改善・変革できるようにする事でしょうか?

言わば、営業事に携わる困りごとを解消する便利屋という感じに近い印象の職業です。

営業コンサルタントの大まかな仕事内容

営業マンのマナー講習会、営業力強化の勉強会開催、展示会等への出店の手引きと販促計画立案、製品市場の分析と方針指示、他社との業務提携の橋渡し等です。

営業コンサルタントの仕事内容は、こちらの記事を参考に!

営業コンサルタントが向いている人の8個の特徴とは?

性格が明るい。

どんなに苦難な時でも前向きに捉えられる明るさが必要と言えます。

また、私の知っている営業コンサルタントは例外なく皆明るいです。

まめな人

資料作成や急な会社の方向転換など、進め方の変更などに柔軟に対応しなければなりません。

まめな性格な方が多いです。

清潔感が有る。

営業コンサルタントとして、人前に立つ事は非常に多いです。

その為か清潔感がある事は業界に望まれます。

人当たり(第一印象)が良い。

営業は最初の7秒で決まるという方も多いほど、第一印象は大切なものです。

人当たりが素敵な方が多い印象です。

発想豊かであること。

何かを変えていく人や新しきを知る人は、人のまねをしません。

他者と同様な改善を提案する際にも何か自分なりの発想を入れていく事が要求されるせいか、他の業界より発想力の豊かな方が多いです。

コミュニケーション能力が高い

言わずと知れたコミュニケーション能力ですが、例に漏れずこの業界もコミュニケーション能力の非常に高い方が多いです。

聞く力がある

私の印象だと、相手を説き伏せるような説得力よりも人の話を丁寧に聞くことができる聞く力を持った方が向いています。

ロジカルな考え方

困ったときに助けてくれるのはロジカルな思考です。

どうすれば良いのか?

困ったときに道を示してくれます。

「営業コンサルタント」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業コンサルタントが向いていない人の5個の特徴とは?

性格の暗い人

会社が営業コンサルタントを雇おうと決めた時は大抵、会社内に入ったときに暗い印象を受けるのが常です。

その中で、現状を打破することを提案するのですから、暗くてはできないのです。

優柔不断な人

優柔不断な人は、他の人の意見に心惑わされるでしょう。

人の意見を聞くことができるのも才能なら、自分の信念を押し通すのも才能です。

迷いそうになったら迷わず、自分の意見を貫くのが良いと思います。

好奇心の不足した人

好奇心は、営業コンサルタントとしては程よいスパイスです。

何が悪く、何が成功へ導くのか?

まずは、クライアントの仕事に興味を持てることが才能としたら、好奇心の不足はこの職業に対して大敵です。

休みの日に家にずっといる人

前述の好奇心と似ていますが、休みの日は町に出てみましょう。

営業コンサルタントは誰よりも世間の商品の流行や何が売れ線の商品なのか?

何が理由で売れているのか?

常に目を凝らす必要があります。

その意味でも、家にこもっていては何も始まりません。

町に出てトレンドに触れてみてください。

いつも同じ道を通って通勤している人

要するに、これも同じような意味です。

よく出来る営業マンは同じユーザの所に行くにもいつも道を変えてみたりします。

同じ道には安心感はありますが、違った道を通ると新たな発見が見えたりするものです。

これは、この職業には必要な性質となるでしょう。

営業コンサルタントの仕事経験は、その後どんな職種・仕事に活かせる?

営業コンサルタントの仕事は、その会社の営業事が効率用出来ているのか?

その製品は市場にあったものなのか?

ユーザはその会社の事をどのように見ているのか?

その会社の持っている技術はこの先どういった分野に使用できるか?

等の分析を行った上で改善等を行う仕事です。

この、分析技法、判断基準、先を見通す千里眼は他の分野の仕事でも役立つことでしょう。

営業職

言わずと知れた、この分析力と行動力をもってすれば営業マンとしても向かうところ敵なしとなるでしょう。

マーケティング担当

会社における製品等のマーケティング部署の仕事は主に分析と計画、この仕事で大切な部分は営業コンサルタントならすぐにできると思えます。

商品企画担当

営業コンサルタントの仕事の中に、新製品の企画化という部分を請け負うことも有りこの分野で使えるスキルが満載です。

司会者業

勉強会や座学の講習会など行う機会も多くなるため、人前でしゃべる事にも慣れています。

その結果、私は司会業も行えたり依頼も来たりします。

「営業コンサルタント」が自分に向いているか診断するにはこちら →

これから営業コンサルタントの仕事をはじめるには、どうしたらいい?

これから営業コンサルタントの仕事を始めるには、まず自分が最も知識があるであろう業種、または、大好きな事(例えば、スポーツや趣味の音楽、食べ物を食べるのが好き等)を分析してみることからお勧めします。

見よう見まねで良いので、どのようにしたらもっと売れるのか?という立場で良い分析ができたら自分に最も縁が深い有識のある方に相談することをお勧めします。

いくら分析事が出来たとしても本当に必要なものは良い縁だからです。

営業コンサルタントとして就職するために

営業コンサルタントの仕事を生業にしている先駆者の方が業界には多く居られます。

そこで個人として講習を受けるなど、具体的手段を習得することも一つの手段ではあります。

資格は必要?

営業コンサルタントの仕事には資格は必要ありません。

必要なスキルや経験は?

各分析手法のやり方、プレゼンテーション作成、プレゼンテーション実行力、業界の製造方法などの守備範囲の広い知識、

営業コンサルタントの仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

営業コンサルタントの仕事を始めるのに、絶対的に覚えなければならない事は少ないと言えば少ないと思います。

しかし、内容を精査していくと必然的に新しいスキルをどんどん身に着ける必要に駆られます。

プレゼンテーション作成能力

人になるべく効率的に物事を伝える方法としてのプレゼンテーションは非常に有効な手段と言えます。

各分析スキル

3C分析、5フォース分析、SWOT分析、マーケティングミックスなど、手法を駆使して分析することは強い味方です。

発声法

声の小さな人の意見を聞く人は少なく、人前ではっきりと発生する手段は学んだ方が良いと思います。

営業コンサルタントのやりがいはコレ!

仕事の根本は、自分が社会の、人の役に立っているのか?という事に尽きると思います。

困っている会社があり、そこに困っている営業部がある。

その方たちに来てもらってよかったと思われる事はこの上ない幸せと感じる事でしょう。

新商品が売れた時の満足感

自分がマーケティングし、一緒に立案し、商品化した商品が予想通り売れた時の満足感は素晴らしい。

営業マンの立派になった姿を見る事

また、自分がマナー教室など行った営業マンが次に会った時に素晴らしい対応ができた時には本当に誇らしいことである。

感謝の言葉をいただいた時

それから継続的に人間関係が続いた後、一緒に酒を酌み交した時に感謝の言葉をかけられた事は感動に値する。


関連キーワード

営業求人