営業職への就職を希望する時には色々と条件の良い職を選びたいですよね?

給与が良い職場であれば1年目からの年収にも差が出てきて生活の安定感というものも変わってきます。

例えば年間に100万円違ってくればかなりの余裕が出てくることになり、そういった生活になっていけば仕事に対してのやりがいであったり取り組み方にも差が出てくるのです。

営業は楽な仕事ではない分、収入面においての妥協というものは良い結果を生みだしません。

そうした気持ちが就職探しをする上では大事なことになり将来的な成功にも結び付いてくるので注意が必要となります。

それでは、自分が就職をする場合においては、どういった事に気をつける必要があるかがわからないと条件の良いものとはなってきません。

そのようなあやふやな選択をすることは一種の賭けのようでもあり不安にもなってきます。

そこで役立ってくることが条件の良さそうな職種をあらかじめ知っておくことになります。

また、次の職場へのステップとしての経験を積む事も大事なことになります。

自分が営業未経験の場合などはどういった業種を選んでよいのかもわかりません。

そのような場合におすすめ出来る業種というものもご紹介させて頂きますので色々な視点から営業職を決めるようにしましょう。

それでは最初に、営業職の種類についてお話していきたいと思います。

営業職にはどんな種類があるの?

まずは営業職に関してですが色々な分野の仕事が出てきますので自分が選ぶのにも迷いが出てくる方も多くなってくるはずです。

ここで大切になるのは自分の性格なども考慮した上で職場探しをすることになりますが、大きくわけて二つのスタイルとなってきます。

主に違ってくるのは営業先ということになりますが、会社関連を扱うものと個人を扱うものとに分かれますのでその違いというものからお話しをしていきます。

営業先の違い

営業を仕事として希望する時には自分がどのような客がメインとなっていくのが良いのかを決めなくてはいけません。

そこで考えていきたいのが収入をメインとするか仕事のやりやすさを考えるかの2点となってきます。

まずは仕事のやりやすい法人向けの営業というものを見ていきましょう。

法人向けの営業

法人向けというものは営業先が会社関係となり自社で扱う商品を相手先の責任者と交渉して契約をとるスタイルになってきます。

この場合ですが多くの場合が引き継ぎという形をとっていく為に新規での開拓というものがそれほど多くはなってきません。

覚えてしまえばやりやすい営業職となり新規の顧客探しなどが難しいと考える人であればこのスタイルでの職探しが最も適切となってきます。

顧客向けの営業

顧客向けの営業というものは常に新規の開拓をしていくスタイルとなり、会話など高いスキルも必要となる仕事内容となります。

常に見込み客などを洗い出し顧客に対してのアタックをしていかなければいけないのでストレスなども抱えることが多く、途中で挫折してしまう人も出てきます。

但し、法人営業よりも格段に収入面では優遇されていますので経済的に豊かになりたい方であればこちらのスタイルでの職場探しが有効となってきます。

また、扱う商品についてですがこれにも色々な面を考慮していくことが大切になります。

販売商品の違い

営業職では直接商品を売るスタイルとアイデアであったり保険のように目には見えないものを扱うスタイルに分かれてきます。

有形商材

こちらは直接手で触れることの出来るものとなりますがここでも色々な違いがあり、自社で製作しているのか・他社からの製品を在庫として扱っていくのかに分かれてきます。

自社の場合ですとコスト的にも抑えることが出来ますので契約も比較的楽となりますが、他社からの製品を買い付けての営業スタイルは契約する金額も下げることは難しくなるために営業力が必要となります。

無形商材

こちらはコンサルタントや保険・広告などを扱う営業となり、主に必要となるのがコミュニケーション力となってきます。

保険で考えてみるといかに相手のことを考えて提案するかが大事になり、自分を信頼してくれなければ契約までには至りません。

目に見えないものを扱う場合には高い営業力が必要となってきますので、自分でもかなりの努力をしていくことが大切です。

どういう商品や営業方法が良いか決まっていますか?

自分が営業職での仕事を希望する場合にはこれまでお話をしてきたスタイルをきちんと考えていくことが大切になります。

法人でのルート営業のような場合は仕事面でも楽ではありますが収入は多くなりません。

新規獲得という仕事が少ない為に年収にしてもあまり高い結果とはならないという事を理解して下さい。

自分の性格などにもよりますが営業を希望する場合は常に収入という面を考えることが大切になってきます。

辛い仕事などを嫌がる人が多いですが新規獲得という技術を身につけてしまえば、それは後々の転職であったりと自分を助けてくれるスキルとなってきますので、挑戦する気持ちというものも大事になります。

営業の募集で条件が良いオファーを出している11個の業種

それでは営業職を探す場合の条件の良い業種というものを挙げていきますので、自分でも出来そうなものがあれば職選びでの参考として下さい。

まず最初に考えたものは給与水準となりますよね?

せっかくの特別な仕事なのですかこれを無視した職種選びはあまりにも意味のないことにもなりますで必ず1カ所は考えるようにして下さい。

給与水準の高い業種

営業の魅力は何と言っても給与面の優遇になってきます。

これを無視してしまうのであれば営業職でなくともいいわけで、収入面においては絶対に検討事項として考えていくようにしましょう。

その中でも給与水準が高くなるものは以下の4個となってきますので選択肢の一つとして選ぶようにして下さい。

MR営業

MR営業は製薬会社の営業マンであり、主に病院などが営業先となってきます。

年収的に見ると600万から700万となりますのでかなりの高収入となります。

また、この営業ですが病院がメインとなってくるために土日などの休日をとることも可能となります。

営業職の場合は土日も出勤という場合が多い中でMRの営業は、一般的な休日をとれる場合が多くなりますので特殊なものであるとも言えます。

商社営業

商社営業は商品の仕入れというものがあり、それを会社であったり個人であったり販売していくものとなり、とにかく行動力が全てとなってきます。

契約が出来そうな顧客を見つけたら、すぐに駆けつけるようなフットワーク差が求められますし実際に契約までの行くまでにはかなりの経験なども必要となります。

ここで気になる年収ですが1000万などを超す人も多くなり、動けば動くほど稼げるというスタイルもとっています。

不動産営業

不動産営業とは土地や建物を売っていくスタイルが主になってきます。

ここでは一戸建てのケースで考えてみますが、顧客は主に一般の方となり営業力が求められる仕事と言えます。

年収では1000万などを超える人も多く、入社3年目などで達成する人もいますのでコミュニケーション力に長けている方などにはおすすめになってきます。

証券会社営業

証券会社営業とは主に金融などの商品を扱って法人や個人へアプローチしていく営業職となりかなりの激務が予想されます。

新人であれば電話でのアポイントとりからすることなり、新規開拓が主な仕事にもなってきます。

この職に対する年収ですが、契約本数が増えれば収入アップになることになりますが30代での平均年収が750万となります。

今回挙げたものはどれも600万を超える収入となりうる営業職ですが、どの職種にしてもかなりの努力は必要となります。

但し、自分が頑張ればそれだけに見合った収入を得られますので職選びの際には、どれか一つに応募することも自分の成長のためには大切なことですので実行するようにして下さい。

また、時間的ものがある程度自由にできるものもおすすめとなります。

時間に融通の利く業種

営業職というものですが、最終的には結果が全てということが言われます。

その為に自分の時間を多く持てるという職種も存在してきますので、こちらの視点で考えてみることも大切になってきます。

まずは定番とも言える保険について見てみましょう。

個人向け生命保険営業

昔から生命保険の営業マンは時間的な融通が利くものとして挙げられていますがそれは今でも変わりはありません。

主に個人をターゲットにしていますが、法人の営業もあり多くの顧客を獲得できる可能性のある職種となります。

この営業の一番の利点ですが自分のノルマ的なものを達成できれば比較的自由な時間を作れる点にあります。

多くの営業マンが仕事に追われる中でも保険の営業ではそういったストレスが少ないとも言えますので、自由な時間が欲しいという方であればこのようなスタイルの営業職も選択肢の一つになると言えます。

コンサルティング 営業

こちらは法人及び個人へアイデアを商品とするものになり、時間の自由度も高いものとなります。

但し必要とされる知識量がかなり多くなり常に顧客が見つかるわけではありません。

この営業をするためには色々な経験も必要となってきますので営業職が初めてならば難しいといえますが、何かしらのキャリアを持っている場合の転職などでは選択肢の一つになってきますので参考にして下さい。

それでは営業職を選ぶ場合に未経験という方も当然多くなりますよね?

その場合ではどういった職種を選んだら良いのかをお話ししていきます。

未経験でも入りやすい業種

一般には営業職はかなり難易度が高いと言われていますが未経験でも入りやすい業種というのも出てきます。

ある程度の社会経験などを積むことに次の職場へのステップアップにもなりますし、長期で勤めることを考えていけば出世というキャリアアップにも繋がってきます。

色々な業種の営業がありますがイマイチ自分では無理そうと思っても、これからご紹介する業種であれば比較的楽なものとなってきますので参考として下さい。

人材営業

こちらは人材を企業などへ紹介する業務などが主になり、比較的未経験でも入りやすい業種と言えます。

この分野はかなりの需要もあることから企業としても、多くの営業マンを欲しがっており人材育成にも力を入れていることなども含めていくと、

営業未経験の方も数多く活躍できる場でもあるのです。

色々な方との面談なども仕事となり営業の基本とも言える会話術であったり、コミュニケーション力が高まっていきますので経験を積む職場としては最適な部分も多くなりますし、収入面でも比較的安定していますので営業という仕事に不安を感じてしまう人であれば、こういった業種を選ぶことも良い選択となってきます。

広告・メディア営業

ネットなどの普及で広告などの形態というのも最近では様変わりをしています。

企業にしてもwebなどを中心とした広告での宣伝を行うことが増えてきていますので、それらの広告の提案を行う営業マンはかなりの需要があると言って良い程です。

そうしたことから未経験でも入りやすい業種となっていて、営業技術の他にも広告などに関する知識を学べる環境となってきます。

中々web広告の技術を個人で覚えることは難しい事にもなりますのでこれからの時代を考えていくと、このような営業先での仕事というものも自分にとっての良い経験ともなってきます。

ネットの普及によってこれからも広告・メディア営業の募集というものは増えていくと思われますので、未経験などの理由で悩みを抱えているような人であればこういったスタイルでの業種を選ぶことも必要となってきます。

IT営業

IT営業というものも現在ではかなりの需要があり沢山の人材を欲しがっている業種であると言えます。

この場合にはある程度の知識も必要にはなってきますが、会社によっては営業だけに専念する方法をとっている場合もありますのでITの分野は穴場的な存在とも言えます。

まとめ

営業職というものですが色々な視点から見てみることも必要となりますよね?

自分の経験であったり知識量で決めていく場合もありますし収入面を第一に検討することも大切になってきます。

楽な仕事ではない為に自分の行動や結果に見合った給与を得ることが一番と理想ともなりますが、まずは経験を積むというような考えを持つことも大切となりますし、自分のスタイルに合ったものを選ぶことも良い結果へと繋がっていきます。

これからの時代は人との関係を上手に築くことが出来る人材がどの分野においても必要となってきます。

ネットの普及などにより様々な職種が生まれている時代ですが、誰かとの橋渡しをする人物というものはいつでも必要となりますよね?

そういった意味で考えていくと営業という職業はどの分野においても自分を売り込むことの出来るスキルを学べる環境であると言えます。

そうしたスキルは普通の仕事をしていても磨けるものではありませんし、常に現場の緊張感などが自分自身を成長させてくれるのです。

営業職をいうものを仕事に選ぶことは自分の幸せの為にも正しい判断でもあり、将来的な不安がなくなる職業ともなってきますが、自分に合った業種を選ぶようにしないと長くは続いてくれません。

その為には性格を見つめ直すことも大切ですし目標を持つ事も必要となります。

将来的にはどういった事をしたいのかを自分でも考えながら仕事場を決めるようにすれば、必ず良い結果となってきますので慎重に職場選びをするようにして下さい。


関連キーワード

営業求人