皆さんは営業の仕事と言うとどのようなイメージがあるでしょうか。

ノルマとかしんどいとかあまり好印象でない職種に思えます。

また公園とかに日中行くと休んでいるサラリーマンや車の中で休んでいるサラリーマンを見かけたこともあると思います。

その休んでいるサラリーマンの多くが営業の可能性が強いです。

そう営業は他の職種と比較してサボることができやすい仕事でもあります。

ここでは営業職ならではのサボりについてお伝えしていきたいと思います。

「営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業の仕事ってサボりやすいの??

営業の仕事は就労している企業の商品を別の企業だったり個人に対して売っていく仕事です。

これだけ聞くと販売業と似ていると思うかもしれませんがその内情は全く別です。

販売業はお客さんが自ら足を運びお客さんが欲しい商品を買っていくものですが、営業の場合お客が興味もない商品をいかに必要性やメリットをPRして買っていただく仕事になります。

興味がなかったり必要性を感じていない人に買わせると言うのは難しいものです。

また営業は足で稼ぐ必要があり、勤務時間の8割くらいは社外に出ています。

社外に出ていると言うことは本人の意思次第で簡単にサボることはできてしまいます。

仕事の力量やペース等を自分でコントロールできるという点ではサボれる仕事です。

営業のサボり方6個の方法

営業の仕事は本人次第で如何様にもサボることができるというのが分かったかと思います。

ここからは実際にどうサボるのかについてお話していきたいと思います。

サボることは本来良しとされた行動ではありません。

お金をもらってる以上は真面目に働かなくてはいけないことは分かっていると思います。

ですが毎日毎日働いていればたまにはサボりたい。

少し力抜きたいなんて思うこともあるでしょう。

そんな時にこのサボり知識は参考になるかと思います。

車でサボる

営業は基本的に車で移動して外回りをします。

その車が営業車なのか自家用車なのかは企業によって異なってきますが車移動の場合は一歩会社から出てしまえば約束などしていない限り自由な訳ですからコンビニやどこかの駐車場に車を止めて昼寝したりなんてこともできます。

営業のサボりと言うとよく目にするのがこの車内で昼寝をしている人だと思います。

仕事にでないといけないことは分かっていてもサボれる環境にあるためどうしても気が緩んでしまうのがこの仕事の特徴でもあると思います。

ただ、営業車の場合は車に企業名だったり企業情報がプリントされているため長時間のサボりは会社に一報入ってしまう可能性があるため用心が必要です。

自家用車を使う場合どこに行こうがどこで停車してようがバレることは限りなく低いのでどこかにドライブしたり自分のプライベートな時間として利用することもできます。

パチンコ店でサボる

今の若い人達はパチンコなどのギャンブル事にお金を使わないためあまり使える手段ではないかもしれませんが中年代の営業マンであれば一度は使ったことのあるサボりではないでしょうか。

平日の日中にパチンコ店に足を運んだことがある人は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。

スーツを着た人がなんでいるんだろうと。

答えは簡単です。

会社をサボって休んだ人か営業マンのサボりの人です。

中年代以降の方でパチンコやスロットが趣味という方はけっこう多いです。

サボって車の中で休んでてもつまらないという方が足を運んだりするのでしょう。

また運がよければお金が増えるため営業マンでサボってパチンコ店に行ってる人は案外います。

またパチンコ店は駐車場が広いためその中に営業車が停まっていても誰も気づかないため会社にもバレにいくいというのがポイントです。

飲食店でサボる

サボるのに案外穴場となるのが飲食店です。

飲食店は気温も快適で、ファミレスなんかではドリンクバー一つで長時間滞在することもできますし何か作業することも可能です。

またサボってると店員にバレてもお客さんなので何か言われることもないですし万が一職場の人に飲食店で休んでるのを目撃されても言い訳がしやすいのでサボるのにはいい場所です。

お腹が減ったら食事をすることもできますし、トイレも拝借できるので居心地は車やパチンコ店よりもいいかもしれません。

またファミレスであれば値段も安いためお財布にも優しいです。

サボるときはいかに職場の人に見られないか、そして見られたときにどうサボってないように見せるかが重要になりますからそう言った面では飲食店でサボるのは最強かもしれません。

公園でサボる

営業マンのサボりの定番が公園という印象なのではないでしょうか。

確かに公園はいい場所ですが、残念なことに長時間サボるには不向きです。

歩いて疲れたときに一休みする程度であれば公園はいい場所になりますけど、なかなか長時間はいれないです。

公園で休んでるとどうしても周りの視線が気になります。

日中とは言え公園は高齢者から子供連れのママさんなど案外人が来るため一休みには便利ですが長々休めません。

また公園は天気や季節にも左右され夏は暑すぎて休むことができませんし、冬は寒くて留まっていられません。

春は虫が多くて休めませんし案外サボりにくい場所でもあります。

家でサボる

続いてのサボる方法は自宅です。

サボる場所を考えるときに案外盲点なのが自宅です。

やはり外でサボると周りの目が気になったりバレるかもしれないという心配があるかもしれませんが、自宅はその心配がなく、のびのびとサボることができます。

サボることに抵抗がある人でも自宅であればリラックスできる環境ですから存分にサボれると思います。

また家ほど快適な場所はなく、昼寝をするのも食事を取るのも絶好のサボりスポットです。

ただ自宅でサボるとつい時間の感覚やサボってるという感覚を忘れがちになってしまうため、ついサボりすぎるなんてこともあるかもしれないのでそこだけ注意が必要ですね。

漫画喫茶でサボる

漫画喫茶もサボるのにはうってつけの場所です。

個室で他のお客さんと顔を合わせる機会も少ないですからサボってるのが目撃される心配も少ないですし、パソコンからマンガから飲食物もあります。

そのため時間潰しにはかなり使えるところです。

漫画喫茶は滞在時間に応じて金額が変動するのですが比較的値段も安いので例えば午前中だけサボるのに利用したり天気が悪い日なんかにも利用しやすいところです。

また資料の作成だったり仕事をすることもでき気がついたらつい一日中滞在してしまいそうな場所です。

ただここでサボることが癖になってしまうと月の出費が大きくなってしまうためそこだけ注意する必要がありそうです。

サボりをすべきじゃない5個の理由

ここまで営業のサボりかたを幾つかご紹介してきました。

どのようにサボるかは人それぞれでサボることは、息抜きにもなったり気持ちを入れ換えるのにはいい手法だと思います。

ですがどうしても一度サボってしまうと、それに味をしめて明日もサボろうと思ってしまうのが人間です。

ここからはサボるべきじゃない理由についてご紹介していきます。

会社にバレる

一番の理由はこの会社にバレるというものです。

同じ営業の人がサボっているところを目撃したり、上司が見回りをしているときにサボっているところを目撃されたり、住民から連絡が入ったりなどサボっているのがバレる要因はいくつもあります。

どれだけ警戒していてもバレるときはバレてしまいますし、またバレた時会社からの信用が欠落してしまったり悪い評価がついてしまいます。

他にも一度ついてサボる印象はそう簡単には払拭できるものではなく、仕事で結果を残せないとまたサボっているんじゃないか など想像されてしまいます。

サボることは基本的に勤務態度としては褒められたものではありません。

ですからもし仮にサボる選択を取ったのであれば、バレないようにする必要がありそうです。

成績が上がらない

当然ながらサボる人とサボらない人とでは成績に差が出てくるものです。

中には利口で賢い人なんかは短時間で結果を残してそれ以外の時間をサボるなんて人もいるかもしれませんが、そんな事ができるのは一部の人だけです。

やはり一般的にはサボれば活動時間が少なくなり、活動時間が少なくなれば結果を残せる機会も少なくなります。

また成績が上がらないということは給料にも影響してきます。

営業職はどうしても成績に応じて給料だったりインセンティブ、賞与が増えたりと自分に還元されるのが特徴でもありやりがいにも繋がるため成績が上がらないというのはけっこうな悪循環に繋がっていくことになります。

癖になる

サボるという行動はどうしても癖になってしまうものです。

人間はずるい生き物ですからサボる楽さを覚えてしまうと次もサボってしまうものです。

特に仕事だとついめんどくさい気持ちがあったりするかと思います。

そんな時自分のさじ加減一つでサボれたら誰だってサボってしまいますよね。

でもそれが落とし穴になってしまうこともあるんです。

今日も少しくらいサボろう。

今日もサボってしまおう。

毎日毎日そんなサボっているとどうしてもサボるスパイラルから抜け出せなくなってしまいます。

人は怠けると徹底的に怠けて、いかに怠けるかを考えるようになります。

そうなったらなかなか真面目さを取り戻すのは難しいかもしれません。

そうならないためにも極力サボらないという事を念頭において仕事に励んだほうが結果も残せるでしょうし、評価も上がっていくことでしょう。

モチベーション低下

これは癖と似た理由になってしまうかもしれませんが、サボると仕事に対するモチベーションというのは確実に下がっていきます。

ここで一つ思い返してみてください。

土日休んで迎える月曜日はものすごい嫌じゃないですか?

また長期休暇からの出勤日はしんどくなるなんて経験誰もがしたことあるのではないでしょうか。

休日とサボるでは少し違う気もしますが仕事を休んでいるという観点では同じと言えます。

このように一日であればモチベーションは保つことができますが、二日や三日 又はサボる事が慢性化した人にとってはモチベーションの維持ができないのです。

そもそもサボるのであればモチベーションを維持する必要もありません。

ですがそうなってしまうと遂には辞めてしまう結果に繋がりかねません。

モチベーションの低下を防ぐためにもサボる事はしないほうがいいでしょう。

人間関係の悪化

営業職はチームワークを重視するよりも個人戦です。

個人個人がいかに成績を残せるか。

そのため人間関係は関係ないと思うかもしれませんが、同じ職場でサボっている人がいると知ったらどう思いますか?

人によってはライバルが減って助かるという人もいるかもしれません。

ですが中には伝染することもあります。

あの人もサボってるし自分もサボってしまおうと悪いものは伝染しやすいのです。

また仕事をサボっている人と仲良くしたいと思うでしょうか。

先程も言ったように仲良くなれば伝染します。

よって人間関係はどんどん悪くなってしまいます。

そこから逆転するのは至難の技といってもいいでしょう。

仕事もサボっていたせいでモチベーションが上がらない、職場の人間関係も良くない。

この状況下でずっと働ける人はそういないでしょう。

恐らく辞めてしまう人がほとんどだと思います。

仕事をサボる事で人間関係にも影響してくるためサボることはオススメできません。

「営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまで営業職のサボり方からサボるべきじゃない理由についてご紹介して参りました。

確かに働いている時間常に集中して働くのは難しいかもしれません。

そんな時に少し肩の力を緩めて気持ちを切り替えるのにはサボるという行動は時にいい選択と言えるでしょう。

ですがあくまでも気持ちの切り換えやリフレッシュを目的としたサボりでなければいけません。

これがただのサボりになることで状況は悪くなってしまいます。

何事にも言えることですが、ほどほどです。

働くことに重きをおいて毎日ずっと頑張るのでは集中力も体ももちません。

逆にサボる楽さを覚えて仕事をしなくなると慢性化しますしほどほどです。

とは言うもののほどほどというのが一番難しいものです。

あくまでも働きすぎずサボりすぎない。

これが上手く営業職で働いていくための気持ちの在り方なのかもしれません。

仕事をサボる人の特徴は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

営業求人