皆さんは女性の営業職というと、どのようなイメージを持っているでしょうか。

スーツを着てバリバリ働いているキャリアウーマン?

しかし、他にも女性が活躍できる営業はたくさんあるのです。

今回は、女性の営業という観点から、様々な営業職をご紹介していきたいと思います。

営業の女性が向いている仕事3個の特徴とは?

営業といっても、広い意味で言えば、接客・販売のような店頭の営業から、保険のような外交員、新規の飛び込み営業や既存のルート営業など、まさに様々な営業形態があります。

一言で営業といえば、スーツの男性が汗だくで外を回り、たくさんの方と名刺交換をしているような印象をお持ちの方も多いと思いますが、意外とそうでもないようです。

では、営業職を経験した女性が向いている仕事とは、いったいどのようなものがあり、どのような点が向いていると思われるのでしょうか?

いくつかご紹介してみましょう。

接客業

営業職は、自社の製品(有形・無形を問わず)の良さ(セールスポイント)を把握し、お客様に適正に提案を行いながら、製品の売上を持って会社に貢献する仕事です。

自社製品の良さをしっかりと把握しながら、対応によって自社の印象に大きな影響を与える役割も担っており、会社にとって非常に大切な業務です。

営業が良い印象を顧客や社会に与えることがあれば、話題になりより自社の評価が上がるでしょうし、一方でよろしくない対応を行えば、一瞬でSNSなどで広まります。

そういった意味合いでは、広報のような役割も担います。

営業の女性が向いている接客業

営業の女性が向いている接客業では、同じ女性を顧客にする接客が良いでしょう。

アパレルブランド、化粧品、美容雑貨、ライフスタイルグッズ(インテリアやキッチン雑貨)などに非常に向いているでしょう。

また、老舗の菓子店や和服など、歴史を重視するような商品の接客業も向いていると言えるのではないでしょうか。

特に、イメージを重視するブランドの接客販売員の場合には、ご自身の好みと近いブランドに就業すると、ご自身の満足感も上がるでしょう。

コンサルティング

コンサルティングも、営業の中の一つと言えます。

多くの場合は、いわゆる新規営業(インバウンド・アウトバウンド両方のケースがあるでしょう)が獲得してきた顧客に対し、コンサルティング業務を行うケースが多いのではないでしょうか。

この場合、コンサルティングを行うコンサルタントは、既存顧客にサービスを提供する営業であるととらえることができます。

ただし、通常の営業と異なる部分としては、一般の営業よりも担当社数が少なく、より深い部分に入っていく活動をすることでしょう。

営業の女性が向いているコンサルティング業

営業を行っている女性の中で、特に数字の分析が好きな方、濃密なコミュニケーションを取ることが好きな方、深耕営業を行うことが好きな方には向くでしょう。

ただし、激務になるケースも多いので、体力的な問題で、男性の方が比率が高い傾向にあると思います。

最近は、女性のライフスタイルが変化しても働ける制度や環境を設けている会社も多いので、就業を希望する場合には事前にサポート体制を確認すると良いでしょう。

また、PRコンサルティングやブランドコンサルティングなど、業界によって非常に華やかな職場も多いので、好まれる女性も多いのではないでしょうか。

介護職

営業の女性の特徴といえば、相手の反応や状況を見極めて最適なケアを行うことができるコミュニケーション能力の高さがその特徴といえるでしょう。

にこやかな会話や、ポイントが定まっていないぼんやりした相談の中で、論点をまとめながらケアを行い、商品の提案につなげる作業は、非常に難易度の高いコミュニケーションです。

しかし中には、顧客視点よりも自分自身の成績や会社から課せられるノルマの方が優先になり、ご自身の業務に対して疑問を持ったり、ストレスを感じる方もいらっしゃるでしょう。

このような場合、よりホスピタリティを求められる介護職などが向く場合もあります。

営業の女性が向いている介護職

コミュニケーションは好きだがノルマや商売気質が合わないという方は、相手とのコミュニケーションをしっかりととりながらケアを行う介護職も向くでしょう。

特に、医療度が高くなくお世話をするデイケアなどに関しては、やりがいと非常に感じるという声も多く聞きます。

一方で、介護の現場でも一般企業の参入が増えてきているため、経営という意味合いでは営業の経験をしっかりと活かせる場面も増えてきているでしょう。

営業の女性が向いていない仕事の3個の特徴とは?

営業の女性が向いていると思われる仕事についてご紹介してきましたが、一方で営業の女性があまり向かないと思われる仕事にはどのようなものがあるでしょうか?

営業が嫌でたまらない、人と会話をするのが苦痛という方ならともかく、基本的に営業の女性は、華やかでコミュニケーション能力が高い傾向があると思われます。

そういった意味では、自分一人で探求を深めていくような業務、自分で工夫を行うことが裏目に出るような業務には息苦しさを感じるかもしれません。

開発職

特に現在増えているシステム関連の開発職や、もともと理系の出身者で適性がある方については、営業職から開発職へのキャリアチェンジなどがあるかもしれません。

その場合、コミュニケーションが非常に重視される、コミュニケーションがなければ成立しない営業職から、最低限のコミュニケーションで正確かつ合理的に業務を進める開発職は、性格が反対であると言えるでしょう。

また、業務工数がしっかりと管理されている開発職と、成果が優先である程度残業が見こされている営業について、働き方もかなり違いが出てきます。

さらに、営業職はある程度の業務の裁量が任されているケースが多いのですが、開発職の場合は仕様があり、開発工数が管理されているため、独自の工夫がマイナスに影響する場合もあります。

よって、営業のように個人裁量で、他者とコミュニケーションを取りながら業務を進めるやり方と、決まった枠の中で正確な業務を行う開発職とで違いを感じることが多いでしょう。

調理師・大工など製造職

営業職は常に顧客と接しながら、相手の反応を見つつ、最適な方法で商品を提案していく手法で業務を進めます。

一方で、調理師や大工など、製造の現場の方々は、基本的に顧客(エンドユーザー)と接する機会はあまりありません。

顧客とのコミュニケーションや、お客様の笑顔を何より自分の励みにしているという営業職の方は多いのですが、どうしてもエンドユーザーとの接点が少なくなってしまうため、手ごたえを直接感じるという機会は少なめになるでしょう。

もし転職する場合は、顧客の声を実感する機会を積極的に設ける方が良いでしょう。

NPOなどの団体職員

営業職において、目標をしっかりとクリアしていったり、利益を自社にもたらすことが何よりの励みでやりがいだという方の場合、NPO職員などは物足りなく感じるかもしれません。

そもそも、営利目的で事業を行う一般企業と、「特定非営利団体」というくくりで業務を行っているNPOとはまったく性格が異なります。

このため、利益をしっかりと取ることを目的とする企業の営業とNPOで業務の方針の違いにストレスを感じる営業の方は多いようです。

営業のスキルを活かせる職種・仕事にはどんなものがある?

営業職に就いている方の中には、今後のご自身のキャリアとして、営業職以外の職種に就こうと検討している方もいらっしゃるでしょう。

しかし、これまで営業としてキャリアを積み重ねてこられた場合、そのキャリアを活かせないのは大変もったいないですね。

せっかくであれば、これまでの経験をしっかりと活かしていきたいと思われるのではないでしょうか。

営業のスキルを活かせる職種や仕事には、どのようなものがあるでしょうか、ご紹介していきたいと思います。

ブランド品販売職

昨今、百貨店の売り上げや高級品の売り上げが厳しくなっていますが、そこにおいてコミュニケーションスキルが高く、コミットメントが強い営業経験者は非常に評価されます。

高級車や百貨店の外商部、宝石や着物などのラグジュアリー製品を扱った経験がある営業経験者は、スキルを活かすことができるでしょう。

特に外資系のブランドは引き続きアジア圏での売上促進に前向きなところが多く、日本での出店や撤退もめまぐるしいですから、ご自身の好みと相談しながら検討しても良いでしょう。

不動産営業

不動産の営業も現在人材を求められている業界の一つです。

特に首都圏の不動産は、東京オリンピックを控えていることもあり、地価が上がっていたり新しい高層マンションの建築も進んでいます。

このため、国内外からのニーズが非常に上がっており、投資要素などもあるため、外国語のスキルがある営業経験者は評価されるでしょう。

ホテルスタッフ

ホテルのスタッフも非常に重要なポジションです。

こちらも不動産と同じく、東京オリンピックを控えて人材の確保が課題になっている業界ですが、そもそもホテル業界は接客業の最高峰といわれるくらいにコミュニケーション能力が求められ、ホテルのランクによっては格式も重んじられます。

このため、コミュニケーション能力が高く、フレキシブルな対応能力が高い人材は、接客スタッフとしても、営業や経営面のスタッフとしても非常に重要視されるでしょう。

コンサルティング職

コンサルティングといっても様々な業界がありますが、状況分析力・プレゼンテーション能力・コミュニケーションスキルが重要です。

大きなお金が動く業界になりますので、数字感覚に長けてコミュニケーション能力が高い営業経験者は非常に重要なスタッフとなります。

また、コンサルティング業界でも対応する先は経営層などになり、最終的には関係構築能力が重要になりますので、新規・既存両方の営業経験が評価されるでしょう。

キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザーは国が力を入れて新設した資格職です。

具体的には既定の年数、キャリアアドバイザー業務を経験した上で、資格試験に合格すると、国が認定した資格が付与されます。

キャリア観の育成は日本が他国に比べて非常に遅れており、学校教育の中でもまだまだ取り組みが浅いため、実際に社会に出た後で自分自身のキャリアを組み立てることが出来なかったり、就労率の低下につながったりする恐れがあります。

ここに対して、大量の人材を確保し、多種多様な募集がある営業職の経験者は、コミュニケーション能力の高さも含めてニーズがあるでしょう。

これから営業の仕事をはじめるには、どうしたらいい?

営業の向き・不向きに関してご紹介してきましたが、それではこれから営業職に就きたいと考えている方は、どのような取り組みをして心の準備をする必要があるでしょうか。

営業=きつそう、難しそう、目標に追いかけられて大変、うんざりしそう、華やかさがなさそう などという印象が多いかとは思いますが、それだけではなく様々な営業職があることをお分かりいただけたかと思います。

これから営業を始めようと考えている方に、ぜひ考えていただきたいポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。

営業の仕事で就職するために

営業職の求人の見方

求人サイトで「営業」と検索すると、様々な営業の求人が出てくるでしょう。

理由は、これまでお話してきたとおり、営業職に様々な職種・業界があり、一口で「営業」といっても様々な求人があるからなのですね。

一方で、それほど営業職は、重要視されており、重要なスタッフであるということが言えます。

求人を選ぶポイント

営業については様々な求人が多いと思いますが、効率よく選定していくポイントは何でしょうか。

基本的には、職種×業界で選んでいただくのが良いのではないかと思います。

例えば、飲食業界の営業(接客)、ソリューション業界の営業(企画営業)、WEBや広告業界の営業(広告営業)など、広い意味の営業が、様々な業界ごとに特色を持って求人されています。

特に、自分が興味がない商品、むしろ嫌いな業界や商品を無理やり売っていくことはとてもストレスになるケースがありますので、できるだけ自分が興味を持てるもの、これから興味が持てそうなものを探して求人を選んでいく方が良いでしょう。

資格は必要?

基本的に営業職に対して資格が絶対に必要ということはありませんが、業種によっては資格が必要な場合もあります。

  • 不動産業界(必須ではないが必要になるケースがある)
  • 人材業界(必須ではないが必要になるケースがある)
  • 商社などの外国語が必要になるもの(必須ではないが必要になるケースがある)
  • 美容業界の接客(美容師免許)

などが代表的なものです。

一方で、営業活用に必要なため、運転免許(普通自動車免許など)が必須というケースがあります。

多くの場合は求人内容に記載されているものが多いですから、確認しておくと良いでしょう。

必要なスキルや経験は?

営業そのものに対してスキルや経験を求められることはあまりありません。

特に新卒に対しては求められるものはないでしょう。

中途の方に関しては、2年以上の社会人経験など、「一般的な社会人としての礼儀作法と基礎知識」が求められるケースがあります。

また、営業活動の中で、「マイクロソフトオフィスが使える」という条件も多いですが、多い条件としては、ワード・エクセル・パワーポイントの三つです。

こちらに関しては、これまでデスクワークを行ったことがない方には経験がないと思いますので、これからオフィスが必要な方は事前に練習しておくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

広い意味で行くと、営業職はニーズが多く、比較的オールマイティな職種ですが、一方で掘り下げていくと大変細かく分かれる、業界によりスペシャリスト職であることがご理解いただけると思います。

しかし、営業職として大変重要なポイントは、コミュニケーションを楽しめる能力とコミットメント力だと思います。

重要職種なだけに様々なプレッシャーがかかると思いますが、楽しめる余裕を持って取り組みましょう。


関連キーワード

営業求人

営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

保険営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

保険営業と聞くと、どんなイメージを持ちますか?人によっては「なかなか契約がとれなくてきつそう」「なにがなんでも売らなくてはいけない気がして辛そう」というネガティブなイメージを持つでしょう。その反面、「高収入のチャンスがありそう」「女性が活躍できそう」という良いイメージを持つ方もいると思います。これ、全て正解と言えます。保険営業は、売るものが保険という住宅についで高額といわれる商品であるため、売りにくい商品で営業としては大変です。そのため、保険営業の離職率は8割にものぼるといわれています。その反面、未経験でもチャレンジしやすく、高収入の可能性があることもまた事実。保険営業という仕事は、向き、不向

ブライダル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ブライダルにおける営業とは、実際にお客様を接客するウエディングプランナーや集客を行う広報、営業、経営戦略など様々な部署が存在します。会社を運営していく上で非常に重要な役割を持つお仕事となりますが、あまり知られていないお仕事でもありますので、実際の勤務の経験をもとにブライダル営業求人についてご紹介させていただきます。ブライダル営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ブライダルにおいて営業という役割は、「ウエディングプランナー」と呼ばれるお客様へ自社のサービスを販売するお仕事と、新たなお客様に来館してもらうための集客を大きな目的とした営業のお仕事が存在します。それぞれ集客から契約の獲得までを目的

人材営業で転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

「人材営業」と言うとどういった企業をイメージされますか?リクルートやマイナビ、エン転職にDODA。派遣だとスタッフサービスやパソナなど、様々な企業が思い浮かぶかもしれません。有名企業もたくさんありますが、その実、営業職の仕事ってどこまでご存知ですか?今回は、これから人材営業へ転職を考えている方へ、人材営業で転職を成功させるポイントやおすすめの転職先を紹介していきます。「人材営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →人材営業の転職で注意したほうが良い2個のこと仕事のスタイル人材業界で「営業職」と言われると、どんな仕事をイメージされますか?企業のニーズを聞く、求職者のニーズを聞く、求人

求人広告営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

求人広告営業での転職を成功させるには、どんな点に気をつければよいのか?そのポイントを解説していきます。「求人広告営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →求人広告営業の転職で注意したほうが良い3個のこと女性は活躍している職場かどうか実は、求人広告の業界はシビアな営業の現場です。新規営業がほとんどで、昔は、飛び込み営業、今でもテレアポをガンガンやるような業界です。今でこそ業界もだいぶ変わってきましたが、男性が多く働く業界の1つでした。面接を受ける際には、「女性の比率はどれくらいですか」というのは質問をしたほうが良いでしょう。女性が働きやすい職場を実現できている会社は、男性にとっても働きやす

ルート営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

ルート営業は、一般の営業とは異なり中々求人に出てくることが少ない職種です。そのため、ルート営業の給与の実情について分からない人も多いでしょう。給与の実態が不明であると、ルート営業の求人に応募するのに足が引けてしまう人もいるかもしれません。ルート営業の求人に応募しようとしている人の不安が払拭されるように、不明な部分が多いルート営業の年収の実情を紐解いていきます。「ルート営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →ルート営業の給料の相場はどのくらい?一般の営業の給料が会社によってピンキリであることと同様に、ルート営業も一様ではなく、会社によって給料に差があります。しかし、ルート営業の求人を調査

法人営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

法人営業の仕事をすると、年収はどれくらいなのか?おおまかな相場観が伝わるように解説をしていきます。「法人営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →法人営業の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合業界によって大きく異なるケースもありますが、概ね280万円~350万円程度でスタートと考えておけば良いと思います。月給20~25万円でボーナスが2ヶ月分出ると想定すると、ちょうど280万円~350万円となります。正社員で転職した場合どういうポジションでの転職なのかによって大きく幅が出てきます。たとえば、担当営業での転職場合は、最初は新卒に毛が生えた程度の年収でスタートする場合もあります。

フリーペーパー広告営業求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

あなたは営業のお仕事が好きですか?嫌いですか?または、少し興味がありこのサイトに辿り着きましたか?これから挑戦してみたい!!そう思っている方は是非最後まで読んで頂けると嬉しいです。営業が苦手な方にも少しコツをお教えできるかもしれません。今回は、フリーペーパーの広告営業求人についてお話ししていきます。フリーペーパー広告営業の大まかな仕事内容さて、今回はさまざまな営業の中でも、フリーペーパーの営業についてです。まずは、フリーペーパーについて。よく、新聞に月1回挟まっていたり、お洒落なカフェなどに置いていたり、簡単にいえば地元のお店を紹介したりしている媒体です。本のようになっているのもあれば、広告の

内勤営業求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

会社で働くとなった時、多くの方が思い浮かべるのが営業職。商品を売り、利益をもたらすこの職種は会社にとってはなくてはならない存在です。そんな営業職ですが、実は①会社の外に出て商品を売り込む外勤営業②会社を訪れた顧客に商品を売り込む内勤営業の2つに分類されることを知っていますか?外を出歩く外勤営業はよく見かけますしイメージも浮かべやすいですが、内勤営業はイメージを浮かべにくい方も多いのではないでしょうか。今回はそんな内勤営業求人の仕事内容、求人のポイント、疑問点を紹介してきます。内勤営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容会社を訪れた顧客、会社に問い合わせをされた顧客に対して営業活動を行うのが内

貿易営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の4個の特徴と上手に転職するための8個の注意点

学生時代に学んだ英語や多言語を仕事に活かしたいと考えると貿易営業はまず浮かぶ仕事かもしれません。違う仕事に就いたけど貿易の仕事にチャレンジしてみたいとか、今の貿易の仕事より条件のいいところにいきたいと考えている人も少なくはないと思います。今回は、貿易営業の転職を成功させるためのポイントや注意点について紹介します。貿易営業の転職で狙い目な会社の4個の特徴貿易営業へ転職するにあたり気になるのはどういうところをチェックするのか、どういうところが狙い目なのかになると思います。詳しく紹介していきます。資格について言及がある資格取得もしくは資格保持に対して募集内容で触れている会社は、資格を持っていることで

ルート営業正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

もし皆さんが求職者であったら、一般の営業とルート営業の二つの求人が有ったら、どちらに応募をするでしょうか。一般の営業はイメージが湧いたとしても、ルート営業のイメージは湧きにくく、迷ったことがある人もいるでしょう。そんな知られざるルート営業について、ルート営業正社員はどのような仕事内容なのか、おすすめ求人のポイントは何か、などを紹介していきます。ルート営業正社員にはどんな仕事があるの?ルート営業正社員の仕事内容は、一般の営業とは異なる仕事内容となります。一般の営業には無い、ルート営業独自の仕事内容を紹介していきます。既存顧客への新商品、新サービスの営業既存顧客へ新商品、新サービスの営業を行います


営業求人に関するコラム

営業のコツで知っておくべき15つのコツ。某企業で法人営業統括を務めた私がすべて明かします

突然ですが、皆様は「営業」という仕事に関して、どのような印象をお持ちでしょうか?営業職の経験がない方だと、テレビドラマなどの影響もあり、ノルマが厳しい、過酷、大変な仕事などのネガティブな印象が強い方が多いように感じております。営業という一言で表現されますが、法人向けの営業、個人向けの営業など営業対象によっても異なりますし、飛びによる新規開拓営業や、既存客向けのルート営業など営業形態によっても大きく異なります。営業とは簡単に言うと、顧客に自社のサービスや製品の購入を促し、契約・受注を取り付ける仕事ですが、売るもの、売り方、相手先によって全くと言っていいほど内容が異なってきます。ここからは営業の詳

女性が営業で活躍するための6つのコツや、得意な人の4つの特徴

現在は男女平等の時代です。昔は男性が営業というのは当たり前の時代ではありましたが、女性が営業というのは中々ありませんでした。強いて言うなら生命保険の営業職くらいというイメージしかなかったでしょう。今回は女性が営業で活躍するためのコツとは何かをお伝えさせて頂きます。営業の大まかな仕事内容営業の大まかな仕事内容をご説明致しましょう。そもそも営業とはお客がお求めているけど当人は気が付いていない、会ったら役に立つというのもを提供していく仕事になります。保健や備品のセールスなんかがそうですよね。セールスというとあまり良いイメージはないかもしれませんが、ニーズに合わせた戦略によってお客さんが購入してくれる

営業コンサルタントの仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

みなさんは、「営業コンサルタント」と聞いてどのような業務を思い浮かべるでしょうか?「コンサルタント」と聞いたら、アドバイスする人・経営を立て直してくれる人…様々なイメージがあると思います。「コンサルタント」と一言で言っても、その種類や業態は様々です。どのような領域を担当するかによって業務内容はもちろん変わっていきます。しかし、共通しているのは「コンサルタント」は、困っている人のアドバイザーということです。今回は、そんな困っている人のアドバイザーである「コンサルタント」の中でも、“営業”に特化している「コンサルタント」の仕事内容を、主に3つに分けてご紹介します。少しでも「コンサルタント」という職

商社営業の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

商社営業と聞くとかなり仕事ができそうなイメージですよね!ドラマのようなスーツをぴしっとしてアタッシュケースを持ち、かっこよく客先の会社へ行きプレゼンをして商談を決めてくるというイメージ。私自身も学生の頃はそんな印象を持っていました。だから、そんな商社営業マンにもなりたかったですし、まだ商社営業マンにはなれないとも考えていました。そして、学生の頃より社会経験を積んだ今は商社営業の実態を分かってきました。だから、今回は商社営業の仕事内容についての話をしていけたらと思います。商社営業の仕事は大きく3個の役割に分けられる販売先の営業これは鉄板・鉄則です!商社とか関係なく営業と名のつくものは常に販売先に

営業経験を活かせる仕事おすすめ7選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

営業の仕事を経験した人、今営業をしていて将来のキャリアアップに活かせないか考えている人は少なくないと思います。営業の仕事ができたら色んな場面に活かせると営業職の人から言われたことがある人もいるかもしれません。ただ、実際に営業経験がどういう仕事に活かせるのか、営業経験を活かして転職ができるのかなど具体的な話を聞いた人は少ないかもしれません。今回は、営業経験を活かしてできる仕事について紹介します。営業職で働いていて転職を考えていたり、営業職を辞めて違う仕事を考えている人など参考にしてもらえたら幸いです。営業経験を活かせる仕事ってどんなもの?まず、営業職として働いて得られるスキルはどういうものかにつ