人材紹介の営業ってどんな仕事?飛び込み営業やったりするの?

皆様の疑問にお答えします!

現役で転職エージェントに在籍する筆者が、今回は人材紹介の営業について書かせていただきました。

大まかな仕事内容から、人材紹介の営業に向いている人の特徴、その後のキャリア、そこから学んだことや人材紹介の営業のすべてをお伝えします!

「人材紹介の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

人材紹介の営業はどんな仕事?

人材紹介とは、「優秀な人材を採用したい企業」と「転職をしたい人」の仲介役を行っています。

人材紹介の営業は、「優秀な人材を採用したい企業」を担当する仕事をしている人たちを指します。

ちなみに、「転職をしたい人」を担当する人たちは、キャリアコンサルタントもしくは、キャリアアドバイザーといいます。

それでは具体的に、人材紹介の営業はどんなことをしているのか説明していきます。

人材紹介の営業の大まかな仕事内容

新規顧客開拓

新しく取引する企業の開拓を行います。

アプローチ手法はテレアポがメインになり、飛び込み営業は非効率なのであまり行いません。

自分の担当企業から新しい顧客を紹介してもらうケースもあります。

新規開拓営業が苦手な方も、電話営業であれば入っていきやすく、私の会社の新卒も難なく電話営業に取り組んでいます。

既存顧客対応

新規顧客開拓は新人のときに行いますが、ある程度顧客づくりが完了すると既存の顧客対応がメインになります。

顧客との信頼関係構築

企業といっても、実際にやりとりするのは、経営者や採用担当者といった、感情ある個人です。

信頼関係を構築することで、独占求人を教えてくれたり、推薦した人材を書類選考なしで面接に行かせてもらったり他の転職エージェントより先に、求人情報を教えてくれたりします。

採用計画のヒアリング

既存顧客もしくは新規顧客へ訪問し、経営者や人事責任者から今年度の採用計画のヒアリングを行います。

ここでは、求人表作成のために採用背景、求める人物像のヒアリングをします。

求人票の作成

各転職エージェントごとに、専用の求人表があるので、ヒアリングした採用計画を求人票に書き起こします。

転職者の紹介

求人票にマッチする転職者の応募があったら、企業に推薦を行います。

ただ推薦するのではなく、どういった点がその企業にマッチングするのか自分なりに提案します。

面接対策及びクロージング

転職者が自分が担当する企業を受けることになったら、面接対策を行い、面接での通過角度を上げるポイントを転職者に伝えます。

転職者が内定にいたった場合は、担当企業と協力しながら転職者が入社承諾するよう情報収集を行いクロージングをします。

採用課題のコンサルティング

担当企業の採用課題のコンサルティングを行います。

現在求人倍率も高く、計画通りに採用ができている企業は現状少ないです。

そのため、営業マンが、担当企業の採用プロセス上における課題の抽出を行い、課題解決のための施策提案を行うことがあります。

転職エージェントでは、他社企業の採用成功事例を保有してるため、転職エージェントだからこそ知っているノウハウをもとに、企業のコンサルティングを行います。

具体的な仕事の流れとしては

新規企業開拓 → 訪問・採用計画のヒアリング → 求人票の作成 → 人材の推薦 → 面接対策・クロージング 

が1社の企業に対して行う内容になります。

人材紹介の営業に向いている人の5個の特徴

次に人材紹介の営業に向いている人の特徴について説明していきます。

新規開拓営業もあるから、体育会系の人と思い浮かべる方も多いと思いますが、実際人材紹介の営業のお仕事は多岐にわたるため、色々なタイプの営業マンがいます。

以下のようなスキルをお持ちの方は、営業担当として活躍している人が多いですね。

マルチタスク能力が高い

そもそもそマルチタスクとは、「複数の作業を同時にもしくは短期間に並行して切り替えながら実行すること」をさします。

確かに、このスキルは人材紹介の営業にかなり求められます。

正直ひとつずつじっくりと物事を進めたいタイプの方は合わないと思います・・・。

人材紹介の営業の仕事はまずやることが多いです。

そもそも担当する企業も20社程ありますし、求人票も複数オーダーをもらいます。

求人票を書きながら、転職者の推薦もしなければいけないし、同時に転職者のクロージングもしていかなければいけない。

このように複数のタスクを同時並行で進めていくことが日々求められます。

そのためマルチタスク能力が高い方は、かなり適正あると思いますし、私の会社でも売れている営業マンはみんなマルチタスク能力高いですね。

プレゼンテーション能力が高い

営業マンが、プレゼンする相手は、担当企業、キャリアアドバイザー、転職者、3者になります。

担当企業には、採用のコンサルティングをする必要があります。

かつ提案する相手は、中小企業であれば経営者や人事責任者等、役職のある人への提案になります。

そのため、お偉いさまを説得させるプレゼンテーションスキルはかなり求められます。

特に企業にとっては、人材の採用は自社の経営を左右しますので、説得力や裏づけが重要になってきます。

また担当企業だけではなく、キャリアアドバイザー、転職者に対してもプレゼンテーションしなければいけないシーンがあります。

キャリアアドバイザーには、自分の担当企業の求人を転職者に紹介してもらう必要があるので、キャリアアドバイザーに向けて、いかに自分の企業が魅力的か、受けてもらうメリットを伝える必要があります。

転職者には、面接対策のときやクロージングのときに、自分の担当企業に転職するメリットについて話し説得していくことが求められます。

以上のように、人材紹介の営業は、対法人、対社内、対個人という3者へ、日々プレゼンテーションすることが求められるためプレゼンテーション能力が高い人にお薦めです!

コミュニケーション能力が高い

プレゼンテーション能力とかぶることが多いのですが、扱っている商材も「人」、仕事で関わるのも「人」なのでコミュニケーション能力が求められます。

私も企業担当していたときは、人と話さない日はなかったですね。

今はキャリアコンサルタントをしていますが今も同じです。

人材紹介の営業で求められるコミュニケーション能力とは何かというと、私としては「相手を不快にさせず、分かりやすい言葉で伝えられる能力」だと思います。

特に、相手を不快にさせないというのがかなり重要です。

なぜなら、社内にいるキャリアコンサルタントに、自分の担当企業を覚えてもらい、転職者におすすめしてもらわなければいけません。

いわゆる社内営業になるので、キャリアコンサルタントにまず自分のことを気に入ってもらうことが大切です。

そしてわかりやすい言葉で、自分の企業の求人を伝えていく必要があります。

そのため、コミュニケーション能力が高い人は、売れる営業マンになれます。

情報収集が好き

私の在籍している企業でも、情報収集が好きな人は多いです。

なぜ情報収集が好きなことが重要かというと、幅広い業界の知識を知っていることが求められるからです。

大手の転職エージェントでは、業界ごとに担当が分かれているケースが多いですが、人材紹介の営業は企業だけではなく、転職者が在籍する業界のことも知らなければいけないため、情報を知ることが好きなタイプじゃないと仕事に面白みを感じないと思います。

また例えば、新聞を読んでるとき、とある企業が新規サービスを展開するという記事があったら、それであればこんな人材の採用が必要かもしれないというような、アンテナの高さが必要です。

そのため情報収集が好きの好奇心旺盛なタイプの方は、人材紹介の営業に向いています。

私も営業していたときは、どこどこの企業が新しく資金調達してるから、絶対人材の採用するから新規開拓の営業しようとか、よく考えながら仕事していました。

傾聴力

人材紹介の営業は、有形営業ではないので、相手の話を聞く傾聴力が求められます。

しかもただ1問1答ではなく、深堀していく必要があります。

例えば、人事担当が「リーダー経験のあるシステムエンジニアが欲しい」とオーダーを出してきたときにただ鵜呑みにするのではなく、「貴社では何か組織的な課題があるのですか」というような深堀をしていくことが求められます。

「人材紹介の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その力を活かせる職種・仕事とは?

エキスパート

多くの転職エージェントでは、エキスパート職というものがあります。

ようするに、生涯現役で、人材紹介の営業をすることができます。

一生の仕事として、取り組まれているベテランのプレーヤーの方も多くいらっしゃいます。

もちろん私の会社にも、エキスパート職の方は何人もいます。

マネジメント

チームをもち、部下の教育、事業の仕組み作り、新規チームの立ち上げ等、マネジメントのキャリアを構築していくこともできます。

人材紹介の営業は、プレーヤーの選択も、マネジメントの選択もどちらも可能です。

企業担当の人事

人材紹介の営業から、一番多いキャリアパスは企業の人事担当ですね。

私の会社も辞めた方は、企業の人事担当になっている方が多いです。

人材紹介の営業をやっていると、職種への理解や、採用手法等、採用における仕事を理解しているため企業側の人事担当として即戦力で活躍できるので、人事担当になるケースがあります。

起業

中には起業する人もいます。

企業とのコネクションさえできてしまえば、自分で転職エージェントを立ち上げることが可能です。

転職エージェントは、人さえいればビジネス始められるので、自身で立ち上げてしまう人もいますね。

また転職エージェントではない、ビジネスを立ち上げる方もいます。

経営者等と知り合う機会が多いため、もともと起業目的で、人材紹介の営業をしている方もいます。

キャリアコンサルタント

営業職から転職者の担当者をするキャリアコンサルタントになる方もいます。

私もその一人ですね。

人材業界の仕事を続けていくのであれば、営業・キャリアコンサルタント両方の経験をしたほうがいいと思います。

実際私も、キャリアコンサルタントをやったからこそ、もっと企業にこういうアプローチしたほうがいいと思えるようになったので、この業界でキャリアを積んでいくのであれば、キャリアコンサルタントになるのもひとつの道です。

キャリアコンサルタントになるには、こちらの記事を参考に!

経験者が語る!人材紹介の営業から学んだこと

入社してから、楽しいことばかりではなかったですが、学んだことは以下の3つですね。

  • 最後までやり抜く力
  • 発想力
  • 情報収集力

このビジネスって、人の気持ちが最後までかかわってくるので、最後までやり抜いてみないとどうなるかわからないことが多いです。

最初は自分の担当企業への志望度が低くても、最終面接やクロージングの段階で急に第一志望になることがあります。

そのため最後まであきらめず、クロージングまでやりきることは、非常に大切ですし、諦め癖がある私には大きな学びになりました。

もうひとつは、発想力です。

ただ企業からオーダーされた人材を紹介するのではなく、転職者の仕事内容が企業のビジネスにどうマッチするかということを考えならが企業に人材の提案をするので、発想力は鍛えられました。

発想ができるようになると企業への提案に対しても面白みを感じるようになります。

また上にも記載しましたが、情報収集力は身に付きました。

情報ビジネスと言われても過言ではないくらい、人材紹介の営業は情報収集力が必要です。

情報が多ければ多いほど、転職者のクロージングに活用できますし、企業に訪問したときもより深いヒアリングをすることができます。

要するに、情報をより多くもっているほうが、この仕事では信頼されやくなります。

そのため入社したからは、いろいろなメディアを活用して情報収集できるようになりました。

「人材紹介の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました!

人材紹介の営業の仕事についてなんとなくイメージつきましたでしょうか。

新規開拓営業は大変ですが、お客様と一緒に採用課題に向き合い解決していくことは非常にやりがいを感じます。

新規開拓営業なんて意外とすぐなれちゃうので、あまり心配しなくても大丈夫ですよ!

ビビりの私にもできたくらいです。

それより、学んだことのほうが大きいですし、皆様にもぜひ、人材紹介の営業に魅力を感じていただけたら大変うれしいです。


関連キーワード

営業求人