人材紹介の営業ってどんな仕事?飛び込み営業やったりするの?

皆様の疑問にお答えします!

現役で転職エージェントに在籍する筆者が、今回は人材紹介の営業について書かせていただきました。

大まかな仕事内容から、人材紹介の営業に向いている人の特徴、その後のキャリア、そこから学んだことや人材紹介の営業のすべてをお伝えします!

「人材紹介の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

人材紹介の営業はどんな仕事?

人材紹介とは、「優秀な人材を採用したい企業」と「転職をしたい人」の仲介役を行っています。

人材紹介の営業は、「優秀な人材を採用したい企業」を担当する仕事をしている人たちを指します。

ちなみに、「転職をしたい人」を担当する人たちは、キャリアコンサルタントもしくは、キャリアアドバイザーといいます。

それでは具体的に、人材紹介の営業はどんなことをしているのか説明していきます。

人材紹介の営業の大まかな仕事内容

新規顧客開拓

新しく取引する企業の開拓を行います。

アプローチ手法はテレアポがメインになり、飛び込み営業は非効率なのであまり行いません。

自分の担当企業から新しい顧客を紹介してもらうケースもあります。

新規開拓営業が苦手な方も、電話営業であれば入っていきやすく、私の会社の新卒も難なく電話営業に取り組んでいます。

既存顧客対応

新規顧客開拓は新人のときに行いますが、ある程度顧客づくりが完了すると既存の顧客対応がメインになります。

顧客との信頼関係構築

企業といっても、実際にやりとりするのは、経営者や採用担当者といった、感情ある個人です。

信頼関係を構築することで、独占求人を教えてくれたり、推薦した人材を書類選考なしで面接に行かせてもらったり他の転職エージェントより先に、求人情報を教えてくれたりします。

採用計画のヒアリング

既存顧客もしくは新規顧客へ訪問し、経営者や人事責任者から今年度の採用計画のヒアリングを行います。

ここでは、求人表作成のために採用背景、求める人物像のヒアリングをします。

求人票の作成

各転職エージェントごとに、専用の求人表があるので、ヒアリングした採用計画を求人票に書き起こします。

転職者の紹介

求人票にマッチする転職者の応募があったら、企業に推薦を行います。

ただ推薦するのではなく、どういった点がその企業にマッチングするのか自分なりに提案します。

面接対策及びクロージング

転職者が自分が担当する企業を受けることになったら、面接対策を行い、面接での通過角度を上げるポイントを転職者に伝えます。

転職者が内定にいたった場合は、担当企業と協力しながら転職者が入社承諾するよう情報収集を行いクロージングをします。

採用課題のコンサルティング

担当企業の採用課題のコンサルティングを行います。

現在求人倍率も高く、計画通りに採用ができている企業は現状少ないです。

そのため、営業マンが、担当企業の採用プロセス上における課題の抽出を行い、課題解決のための施策提案を行うことがあります。

転職エージェントでは、他社企業の採用成功事例を保有してるため、転職エージェントだからこそ知っているノウハウをもとに、企業のコンサルティングを行います。

具体的な仕事の流れとしては

新規企業開拓 → 訪問・採用計画のヒアリング → 求人票の作成 → 人材の推薦 → 面接対策・クロージング 

が1社の企業に対して行う内容になります。

「人材紹介の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

人材紹介の営業に向いている人の5個の特徴

次に人材紹介の営業に向いている人の特徴について説明していきます。

新規開拓営業もあるから、体育会系の人と思い浮かべる方も多いと思いますが、実際人材紹介の営業のお仕事は多岐にわたるため、色々なタイプの営業マンがいます。

以下のようなスキルをお持ちの方は、営業担当として活躍している人が多いですね。

「人材紹介の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

マルチタスク能力が高い

そもそもそマルチタスクとは、「複数の作業を同時にもしくは短期間に並行して切り替えながら実行すること」をさします。

確かに、このスキルは人材紹介の営業にかなり求められます。

正直ひとつずつじっくりと物事を進めたいタイプの方は合わないと思います・・・。

人材紹介の営業の仕事はまずやることが多いです。

そもそも担当する企業も20社程ありますし、求人票も複数オーダーをもらいます。

求人票を書きながら、転職者の推薦もしなければいけないし、同時に転職者のクロージングもしていかなければいけない。

このように複数のタスクを同時並行で進めていくことが日々求められます。

そのためマルチタスク能力が高い方は、かなり適正あると思いますし、私の会社でも売れている営業マンはみんなマルチタスク能力高いですね。

プレゼンテーション能力が高い

営業マンが、プレゼンする相手は、担当企業、キャリアアドバイザー、転職者、3者になります。

担当企業には、採用のコンサルティングをする必要があります。

かつ提案する相手は、中小企業であれば経営者や人事責任者等、役職のある人への提案になります。

そのため、お偉いさまを説得させるプレゼンテーションスキルはかなり求められます。

特に企業にとっては、人材の採用は自社の経営を左右しますので、説得力や裏づけが重要になってきます。

また担当企業だけではなく、キャリアアドバイザー、転職者に対してもプレゼンテーションしなければいけないシーンがあります。

キャリアアドバイザーには、自分の担当企業の求人を転職者に紹介してもらう必要があるので、キャリアアドバイザーに向けて、いかに自分の企業が魅力的か、受けてもらうメリットを伝える必要があります。

転職者には、面接対策のときやクロージングのときに、自分の担当企業に転職するメリットについて話し説得していくことが求められます。

以上のように、人材紹介の営業は、対法人、対社内、対個人という3者へ、日々プレゼンテーションすることが求められるためプレゼンテーション能力が高い人にお薦めです!

コミュニケーション能力が高い

プレゼンテーション能力とかぶることが多いのですが、扱っている商材も「人」、仕事で関わるのも「人」なのでコミュニケーション能力が求められます。

私も企業担当していたときは、人と話さない日はなかったですね。

今はキャリアコンサルタントをしていますが今も同じです。

人材紹介の営業で求められるコミュニケーション能力とは何かというと、私としては「相手を不快にさせず、分かりやすい言葉で伝えられる能力」だと思います。

特に、相手を不快にさせないというのがかなり重要です。

なぜなら、社内にいるキャリアコンサルタントに、自分の担当企業を覚えてもらい、転職者におすすめしてもらわなければいけません。

いわゆる社内営業になるので、キャリアコンサルタントにまず自分のことを気に入ってもらうことが大切です。

そしてわかりやすい言葉で、自分の企業の求人を伝えていく必要があります。

そのため、コミュニケーション能力が高い人は、売れる営業マンになれます。

情報収集が好き

私の在籍している企業でも、情報収集が好きな人は多いです。

なぜ情報収集が好きなことが重要かというと、幅広い業界の知識を知っていることが求められるからです。

大手の転職エージェントでは、業界ごとに担当が分かれているケースが多いですが、人材紹介の営業は企業だけではなく、転職者が在籍する業界のことも知らなければいけないため、情報を知ることが好きなタイプじゃないと仕事に面白みを感じないと思います。

また例えば、新聞を読んでるとき、とある企業が新規サービスを展開するという記事があったら、それであればこんな人材の採用が必要かもしれないというような、アンテナの高さが必要です。

そのため情報収集が好きの好奇心旺盛なタイプの方は、人材紹介の営業に向いています。

私も営業していたときは、どこどこの企業が新しく資金調達してるから、絶対人材の採用するから新規開拓の営業しようとか、よく考えながら仕事していました。

傾聴力

人材紹介の営業は、有形営業ではないので、相手の話を聞く傾聴力が求められます。

しかもただ1問1答ではなく、深堀していく必要があります。

例えば、人事担当が「リーダー経験のあるシステムエンジニアが欲しい」とオーダーを出してきたときにただ鵜呑みにするのではなく、「貴社では何か組織的な課題があるのですか」というような深堀をしていくことが求められます。

どんな会社で人材紹介の営業募集があるの?

1. 株式会社エフエージェイ

株式会社エフエージェイは、東証一部上場のWILL GROUPの一員です。

製造業のアウトソーシング事業(人材派遣・職業紹介)を行っています。

中途採用でも製造経験者を中心に募集しています。

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、詳しくはリンク先よりご確認ください。

2. 株式会社 クリーク・アンド・リバー社

株式会社 クリーク・アンド・リバー社は、東証一部上場企業です。

エージェント業務、 アウトソーシング業務、コンサルティング業務の他にも教育事業、著作権およびコンテンツの管理/流通などの事業を展開しています。

中途採用では、広告系の営業経験や、人材紹介営業の経験者、クリエイティブ系の職種経験者などを中心に募集しています。

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

その他に人材紹介営業の募集は?

上記の会社以外にも人材紹介営業の仕事はたくさん募集されています。

見てみたい人は、以下のボタンからチェックしてみて下さい。

その力を活かせる職種・仕事とは?

エキスパート

多くの転職エージェントでは、エキスパート職というものがあります。

ようするに、生涯現役で、人材紹介の営業をすることができます。

一生の仕事として、取り組まれているベテランのプレーヤーの方も多くいらっしゃいます。

もちろん私の会社にも、エキスパート職の方は何人もいます。

マネジメント

チームをもち、部下の教育、事業の仕組み作り、新規チームの立ち上げ等、マネジメントのキャリアを構築していくこともできます。

人材紹介の営業は、プレーヤーの選択も、マネジメントの選択もどちらも可能です。

企業担当の人事

人材紹介の営業から、一番多いキャリアパスは企業の人事担当ですね。

私の会社も辞めた方は、企業の人事担当になっている方が多いです。

人材紹介の営業をやっていると、職種への理解や、採用手法等、採用における仕事を理解しているため企業側の人事担当として即戦力で活躍できるので、人事担当になるケースがあります。

起業

中には起業する人もいます。

企業とのコネクションさえできてしまえば、自分で転職エージェントを立ち上げることが可能です。

転職エージェントは、人さえいればビジネス始められるので、自身で立ち上げてしまう人もいますね。

また転職エージェントではない、ビジネスを立ち上げる方もいます。

経営者等と知り合う機会が多いため、もともと起業目的で、人材紹介の営業をしている方もいます。

キャリアコンサルタント

営業職から転職者の担当者をするキャリアコンサルタントになる方もいます。

私もその一人ですね。

人材業界の仕事を続けていくのであれば、営業・キャリアコンサルタント両方の経験をしたほうがいいと思います。

実際私も、キャリアコンサルタントをやったからこそ、もっと企業にこういうアプローチしたほうがいいと思えるようになったので、この業界でキャリアを積んでいくのであれば、キャリアコンサルタントになるのもひとつの道です。

キャリアコンサルタントになるには、こちらの記事を参考に!

経験者が語る!人材紹介の営業から学んだこと

入社してから、楽しいことばかりではなかったですが、学んだことは以下の3つですね。

  • 最後までやり抜く力
  • 発想力
  • 情報収集力

このビジネスって、人の気持ちが最後までかかわってくるので、最後までやり抜いてみないとどうなるかわからないことが多いです。

最初は自分の担当企業への志望度が低くても、最終面接やクロージングの段階で急に第一志望になることがあります。

そのため最後まであきらめず、クロージングまでやりきることは、非常に大切ですし、諦め癖がある私には大きな学びになりました。

もうひとつは、発想力です。

ただ企業からオーダーされた人材を紹介するのではなく、転職者の仕事内容が企業のビジネスにどうマッチするかということを考えならが企業に人材の提案をするので、発想力は鍛えられました。

発想ができるようになると企業への提案に対しても面白みを感じるようになります。

また上にも記載しましたが、情報収集力は身に付きました。

情報ビジネスと言われても過言ではないくらい、人材紹介の営業は情報収集力が必要です。

情報が多ければ多いほど、転職者のクロージングに活用できますし、企業に訪問したときもより深いヒアリングをすることができます。

要するに、情報をより多くもっているほうが、この仕事では信頼されやくなります。

そのため入社したからは、いろいろなメディアを活用して情報収集できるようになりました。

「人材紹介の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました!

人材紹介の営業の仕事についてなんとなくイメージつきましたでしょうか。

新規開拓営業は大変ですが、お客様と一緒に採用課題に向き合い解決していくことは非常にやりがいを感じます。

新規開拓営業なんて意外とすぐなれちゃうので、あまり心配しなくても大丈夫ですよ!

ビビりの私にもできたくらいです。

それより、学んだことのほうが大きいですし、皆様にもぜひ、人材紹介の営業に魅力を感じていただけたら大変うれしいです。

「人材紹介の営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

営業求人

営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

保険営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

保険営業と聞くと、どんなイメージを持ちますか?人によっては「なかなか契約がとれなくてきつそう」「なにがなんでも売らなくてはいけない気がして辛そう」というネガティブなイメージを持つでしょう。その反面、「高収入のチャンスがありそう」「女性が活躍できそう」という良いイメージを持つ方もいると思います。これ、全て正解と言えます。保険営業は、売るものが保険という住宅についで高額といわれる商品であるため、売りにくい商品で営業としては大変です。そのため、保険営業の離職率は8割にものぼるといわれています。その反面、未経験でもチャレンジしやすく、高収入の可能性があることもまた事実。保険営業という仕事は、向き、不向

ブライダル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ブライダルにおける営業とは、実際にお客様を接客するウエディングプランナーや集客を行う広報、営業、経営戦略など様々な部署が存在します。会社を運営していく上で非常に重要な役割を持つお仕事となりますが、あまり知られていないお仕事でもありますので、実際の勤務の経験をもとにブライダル営業求人についてご紹介させていただきます。ブライダル営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ブライダルにおいて営業という役割は、「ウエディングプランナー」と呼ばれるお客様へ自社のサービスを販売するお仕事と、新たなお客様に来館してもらうための集客を大きな目的とした営業のお仕事が存在します。それぞれ集客から契約の獲得までを目的

人材営業で転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

「人材営業」と言うとどういった企業をイメージされますか?リクルートやマイナビ、エン転職にDODA。派遣だとスタッフサービスやパソナなど、様々な企業が思い浮かぶかもしれません。有名企業もたくさんありますが、その実、営業職の仕事ってどこまでご存知ですか?今回は、これから人材営業へ転職を考えている方へ、人材営業で転職を成功させるポイントやおすすめの転職先を紹介していきます。人材営業の転職で注意したほうが良い2個のこと仕事のスタイル人材業界で「営業職」と言われると、どんな仕事をイメージされますか?企業のニーズを聞く、求職者のニーズを聞く、求人原稿を作成する…。そんな、色々な仕事をイメージされるかもしれ

求人広告営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

求人広告営業での転職を成功させるには、どんな点に気をつければよいのか?そのポイントを解説していきます。求人広告営業の転職で注意したほうが良い3個のこと女性は活躍している職場かどうか実は、求人広告の業界はシビアな営業の現場です。新規営業がほとんどで、昔は、飛び込み営業、今でもテレアポをガンガンやるような業界です。今でこそ業界もだいぶ変わってきましたが、男性が多く働く業界の1つでした。面接を受ける際には、「女性の比率はどれくらいですか」というのは質問をしたほうが良いでしょう。女性が働きやすい職場を実現できている会社は、男性にとっても働きやすい場所である可能性が高いはずです。離職率はどうか前の項目に

ルート営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

ルート営業は、一般の営業とは異なり中々求人に出てくることが少ない職種です。そのため、ルート営業の給与の実情について分からない人も多いでしょう。給与の実態が不明であると、ルート営業の求人に応募するのに足が引けてしまう人もいるかもしれません。ルート営業の求人に応募しようとしている人の不安が払拭されるように、不明な部分が多いルート営業の年収の実情を紐解いていきます。ルート営業の給料の相場はどのくらい?一般の営業の給料が会社によってピンキリであることと同様に、ルート営業も一様ではなく、会社によって給料に差があります。しかし、ルート営業の求人を調査することで、ルート営業の給料相場を割り出すことができます

法人営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

法人営業の仕事をすると、年収はどれくらいなのか?おおまかな相場観が伝わるように解説をしていきます。法人営業の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合業界によって大きく異なるケースもありますが、概ね280万円~350万円程度でスタートと考えておけば良いと思います。月給20~25万円でボーナスが2ヶ月分出ると想定すると、ちょうど280万円~350万円となります。正社員で転職した場合どういうポジションでの転職なのかによって大きく幅が出てきます。たとえば、担当営業での転職場合は、最初は新卒に毛が生えた程度の年収でスタートする場合もあります。部下を持つような管理職になれば、600万円~800万円

フリーペーパー広告営業求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

あなたは営業のお仕事が好きですか?嫌いですか?または、少し興味がありこのサイトに辿り着きましたか?これから挑戦してみたい!!そう思っている方は是非最後まで読んで頂けると嬉しいです。営業が苦手な方にも少しコツをお教えできるかもしれません。今回は、フリーペーパーの広告営業求人についてお話ししていきます。フリーペーパー広告営業の大まかな仕事内容さて、今回はさまざまな営業の中でも、フリーペーパーの営業についてです。まずは、フリーペーパーについて。よく、新聞に月1回挟まっていたり、お洒落なカフェなどに置いていたり、簡単にいえば地元のお店を紹介したりしている媒体です。本のようになっているのもあれば、広告の

内勤営業求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

会社で働くとなった時、多くの方が思い浮かべるのが営業職。商品を売り、利益をもたらすこの職種は会社にとってはなくてはならない存在です。そんな営業職ですが、実は①会社の外に出て商品を売り込む外勤営業②会社を訪れた顧客に商品を売り込む内勤営業の2つに分類されることを知っていますか?外を出歩く外勤営業はよく見かけますしイメージも浮かべやすいですが、内勤営業はイメージを浮かべにくい方も多いのではないでしょうか。今回はそんな内勤営業求人の仕事内容、求人のポイント、疑問点を紹介してきます。内勤営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容会社を訪れた顧客、会社に問い合わせをされた顧客に対して営業活動を行うのが内

貿易営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の4個の特徴と上手に転職するための8個の注意点

学生時代に学んだ英語や多言語を仕事に活かしたいと考えると貿易営業はまず浮かぶ仕事かもしれません。違う仕事に就いたけど貿易の仕事にチャレンジしてみたいとか、今の貿易の仕事より条件のいいところにいきたいと考えている人も少なくはないと思います。今回は、貿易営業の転職を成功させるためのポイントや注意点について紹介します。貿易営業の転職で狙い目な会社の4個の特徴貿易営業へ転職するにあたり気になるのはどういうところをチェックするのか、どういうところが狙い目なのかになると思います。詳しく紹介していきます。資格について言及がある資格取得もしくは資格保持に対して募集内容で触れている会社は、資格を持っていることで

ルート営業正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

もし皆さんが求職者であったら、一般の営業とルート営業の二つの求人が有ったら、どちらに応募をするでしょうか。一般の営業はイメージが湧いたとしても、ルート営業のイメージは湧きにくく、迷ったことがある人もいるでしょう。そんな知られざるルート営業について、ルート営業正社員はどのような仕事内容なのか、おすすめ求人のポイントは何か、などを紹介していきます。ルート営業正社員にはどんな仕事があるの?ルート営業正社員の仕事内容は、一般の営業とは異なる仕事内容となります。一般の営業には無い、ルート営業独自の仕事内容を紹介していきます。既存顧客への新商品、新サービスの営業既存顧客へ新商品、新サービスの営業を行います


営業求人に関するコラム

営業が上手い人の特徴とは?今すぐ真似したい5個のポイントを紹介します

営業マンになったはいいけど、ノルマが達成できない、伸び悩んでいる、という人も多いのではないでしょうか。小手先のやり方は色々ありますが、根本的な問題から改善した方が、数字につながるかもしれません。営業が上手い人の特徴を参考に、今すぐ改善に向かえる余地はないかを検討してみましょう。営業の仕事内容についておさらいしておこう営業は自社そのもの、または商品やサービスを売る、契約を取り付けるのが仕事です。店などで物を売るのとは違い、購入意志が明確ではない人に対して意欲を掻き立てねばならず、なかなか骨の折れる仕事です。顧客との信頼関係の構築ができるかどうかが、重要なポイントといえます。営業が上手い人の特徴9

営業のコツで知っておくべき15つのコツ。某企業で法人営業統括を務めた私がすべて明かします

突然ですが、皆様は「営業」という仕事に関して、どのような印象をお持ちでしょうか?営業職の経験がない方だと、テレビドラマなどの影響もあり、ノルマが厳しい、過酷、大変な仕事などのネガティブな印象が強い方が多いように感じております。営業という一言で表現されますが、法人向けの営業、個人向けの営業など営業対象によっても異なりますし、飛びによる新規開拓営業や、既存客向けのルート営業など営業形態によっても大きく異なります。営業とは簡単に言うと、顧客に自社のサービスや製品の購入を促し、契約・受注を取り付ける仕事ですが、売るもの、売り方、相手先によって全くと言っていいほど内容が異なってきます。ここからは営業の詳

女性が営業で活躍するための6つのコツや、得意な人の4つの特徴

現在は男女平等の時代です。昔は男性が営業というのは当たり前の時代ではありましたが、女性が営業というのは中々ありませんでした。強いて言うなら生命保険の営業職くらいというイメージしかなかったでしょう。今回は女性が営業で活躍するためのコツとは何かをお伝えさせて頂きます。営業の大まかな仕事内容営業の大まかな仕事内容をご説明致しましょう。そもそも営業とはお客がお求めているけど当人は気が付いていない、会ったら役に立つというのもを提供していく仕事になります。保健や備品のセールスなんかがそうですよね。セールスというとあまり良いイメージはないかもしれませんが、ニーズに合わせた戦略によってお客さんが購入してくれる

営業コンサルタントの仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

みなさんは、「営業コンサルタント」と聞いてどのような業務を思い浮かべるでしょうか?「コンサルタント」と聞いたら、アドバイスする人・経営を立て直してくれる人…様々なイメージがあると思います。「コンサルタント」と一言で言っても、その種類や業態は様々です。どのような領域を担当するかによって業務内容はもちろん変わっていきます。しかし、共通しているのは「コンサルタント」は、困っている人のアドバイザーということです。今回は、そんな困っている人のアドバイザーである「コンサルタント」の中でも、“営業”に特化している「コンサルタント」の仕事内容を、主に3つに分けてご紹介します。少しでも「コンサルタント」という職

商社営業の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

商社営業と聞くとかなり仕事ができそうなイメージですよね!ドラマのようなスーツをぴしっとしてアタッシュケースを持ち、かっこよく客先の会社へ行きプレゼンをして商談を決めてくるというイメージ。私自身も学生の頃はそんな印象を持っていました。だから、そんな商社営業マンにもなりたかったですし、まだ商社営業マンにはなれないとも考えていました。そして、学生の頃より社会経験を積んだ今は商社営業の実態を分かってきました。だから、今回は商社営業の仕事内容についての話をしていけたらと思います。商社営業の仕事は大きく3個の役割に分けられる販売先の営業これは鉄板・鉄則です!商社とか関係なく営業と名のつくものは常に販売先に