会社の「花形」ともされ現場では中心的な存在である「営業職」。

しかし高いレベルに設定されることの多いノルマ・目標や、働き方次第では労力の割に稼げないといったネガティブなイメージも根強く、営業職に興味があっても一歩踏み出せないでいたり、もしくは現在営業職として働いていて想像以上のきつさから転職を模索している人もいるでしょう。

今回は現在営業職として働いている私自身の経験や職場で同僚や先輩から聞いた話などをもとに、営業の仕事がきついと言われる理由やその乗り越え方をいくつか解説していきます。

それでも私が営業職を続けている理由も最後に紹介しておきますのであわせて確認してみてください。

「営業職」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業のおおまかな仕事内容とは?

営業職の仕事内容を簡潔に説明すると、「自社の商品・サービスを顧客に知ってもらい、利用してもらうこと」といえます。

営業職の中にも飛び込み営業や提案型営業などいくつかの分類があり会社や業種によって呼称もさまざまですが、営業職として会社に求めらていることは、会社の顔として自社商品・サービスを顧客に紹介・提案し契約を獲得することです。

責任ややりがいを実感しやすい分、体力的・精神的な負担も他職種に比べて大きく離職率も高い職種です。

営業の仕事がきついと言われる5個の理由とは?

営業職は一般に「きつい」仕事の代名詞として語られますが、具体的にどのような場面できつさを感じるのでしょうか。

私自身が感じたことやまわりでよく聞く代表的なものをいくつか紹介しておきます。

同時にそれらの壁を乗り越えるために考えられる方法もあげておきますので参考にしてみてください。

わかりやすいノルマや目標がある

営業職には必ずといっていいほど「ノルマ」や「目標」が設定されます。

具体的には「月間〇件契約獲得」や「受注金額〇円必達」といった絶対的な指標から「営業成績上位〇位以内」といった相対的評価をされるものまであります。

最近は「ノルマ」という言葉のマイナスイメージを払しょくするために「目標」という言葉に代えている会社も多いですが、求められる内容にはほとんど違いはなく、目標を達成できなければ研修を課されたり減給されることが多いようです。

それを乗り越えるための方法とは?

ノルマを達成できる能力があればそもそも壁には感じないでしょうが、毎回のノルマをなんとかギリギリで乗り切っていたりノルマ達成・未達成を行き来するような不安定な成績の人はとても負担を感じます。

克服する方法として、この仕事を「自分ゴト」としてとらえ「やらされている感」をなくすという手法が考えられます。

ノルマがきついと感じるのは会社や上司という「他人」に設定されたためというところが大きく、自分自身で立てた目標ならば挑み方やプレッシャーの感じ方も異なってきます。

具体的には、設定されたノルマと同等かそれ以上のレベルに自分自身で設定した異なる「目標」に向かって日々取り組んでいく、という方法が考えられるでしょう。

プレッシャーがかかる

営業職にかかるプレッシャーには上述のノルマによるものだけでなく、上司や同僚からの期待や無言のプレッシャーというものもあります。

営業職が従事する業務は結果が「契約」という形ではっきり表れ、逆に契約をなかなか取れないでいる状態も社内では目立ってしまいます。

上司から直接口頭でプレッシャーをかけられることもありますが、「できて当然」という同僚の視線にもダメージを受けることは少なくありません。

それを乗り越えるための方法とは?

まわりからのプレッシャーに打ち勝つためにはノルマ克服方法と同じく、自身の仕事に対して「自分ゴト」として向き合うことが大切になります。

いい意味でまわりの空気や期待に流されずに、自身の職務をまっとうする気持ちと実際に取り組む姿勢をもっていればプレッシャーに押しつぶされることはなくなります。

しかし、プレッシャーがまったくなければいいという単純な話ではなく、ある程度のプレッシャーはいい刺激となって業務成績にも好影響を与えますので、プレッシャーから「逃げる」のではなくしっかりと向き合うことが必要でしょう。

向き合った結果として自分自身のやるべきことに意識を集中させることができるようになるのが理想といえます。

人間関係がつらい

営業の仕事はお客様との良好な人間関係の構築が非常に重要となります。

契約をいただくためにはまずは自分自身を売り込むことが欠かせません。

自分は信頼のおける人間であるということを理解してもらえれば「君が言うのなら」というふうに商談が進んでいくことも少なくありません。

しかし人間関係の構築は「仕事」として行う場合、それなりの労力を必要とします。

好き嫌いを超えたところで考えなければなりませんし、自分に合う合わないという言い訳は通用せず、営業職として働く以上どのような人であっても「お客様」であれば一定の人間関係を構築することが求められます。

それを乗り越えるための方法とは?

「人間関係」はときに営業職を苦しめる要因の一つになり得るものですが、乗り越えるための方法にはどのようなものが考えられるでしょうか。

とことん「仕事」として割り切ってしまうというのも一つの手でしょう。

成績優秀な同僚に、現場でまるで「演者」のようにキャラを作り上げてお客様に接している人がいます。

彼いわく、自分の感情やプライドを前面に出して営業していると必要以上に悩んでしまって成績どころではなくなってしまうそうです。

そのため仕事は仕事と完全に割り切り、お客様の前では「成績優秀な営業マン」というキャラになりきることで人間関係にまつわる悩みに対処していると言っていました。

たしかに私のまわりの「できる営業マン」は現場を一種の「ステージ」に見立ててキャラを演じ切るタイプの人が多いように感じます。

彼らは意識的もしくは無意識に、ストレスをため込みすぎない働き方を実践できているため結果も出ているのでしょう。

営業の人間関係の悩みは、こちらの記事も参考に!

ずっと同じ働き方では成績が頭打ちになる

営業職の仕事はずっと同じように働いているだけではいずれ成績が頭打ちになってしまう特徴があります。

一つの商品やサービスに対するお客様の印象というのは時の流れとともに良くも悪くも変化します。

ヒット商品であれば「飽き」がくるのも早いですし、長い間市場に出ている商品も鮮度は低下しているので次第にお客様の関心は薄れていきます。

営業の現場で常に同じセールストークしかできない人はそういったお客様の繊細な「気移り」に対応できず、何が原因かわからないまま成績が下降していくことが多いです。

それを乗り越えるための方法とは?

この問題への対処方法は「働き方を常に見直す」ことですが、具体的にどのようにすればいいのでしょうか。

方策の一つとしては、日頃のお客様との会話などから自社商品・サービスがどのように思われているかを探る、ということが考えられます。

直接感想を聞くことができれば越したことはありませんが、そうでなくてもたとえば競合する商品の紹介をあえてしてみたり、最近興味があるものについてヒアリングしたりすることで、お客様の反応を観察しそれがどのような「感情」を表しているのかということを探ることができます。

なによりも大切なのはこのような姿勢で日々営業活動に励むことでしょう。

常にお客様目線で自社商品・サービスを観察することが成績の頭打ちを回避する最善の策といえます。

営業エリアが限られている

業種や会社の規模にもよりますが、営業職は一定の地理的範囲を営業エリアとして割り当てられ、エリア外で自由に営業したり勝手にエリアを拡大することは基本的には認められません。

また「このエリアは厳しいです」という単純な理由だけではエリアの変更や拡大は認められにくく上司からは「工夫しろ」と言われるだけで、そのエリアから逃れることができない場面も多々あります。

それを乗り越えるための方法とは?

エリア内の訪問先を一通り行き尽くしてしまい「二巡目」に入るときには、それなりの工夫が必要になります。

上述した「働き方を変える」ということとも重なりますが、お客様へのアプローチの仕方を変えたり、セールストークの中身を抜本的に見直したりすることが必要となるでしょう。

お客様からしても、同じようなセールストークで訪問されても門前払いするでしょうが、「今回はちょっと違うな」と思えば話だけでも聞いてみようかと思うかもしれません。

訪問する時間帯を変えるなど、細かな部分も含めて営業方法に「マイナーチェンジ」を逐次加えていくことが大切でしょう。

「営業職」が自分に向いているか診断するにはこちら →

きつい時もあるけど、営業がおすすめの理由

ここまで営業の仕事のマイナス面ばかりを強調してしまいましたが、それでも私が現在も営業職として働いているのは、それだけの価値がある仕事だと感じているからです。

きつい時もたくさんありますがそれでもこの仕事をおすすめできる理由を最後に紹介しておきます。

固定給だけではないので稼ぎやすい

営業職の魅力としてよく取り上げられるのが「収入面」に関してです。

営業職は通常の固定給以外にも「歩合給」という形で月給にボーナスが設けられていることがほとんどです。

この歩合制度はノルマ・目標と連動しており達成した月にはその分手取りも多くなるので、目に見えるかたちで結果が反映されることがこの仕事の大きな魅力の一つといえます。

決算月などには「キャンペーン」と称して営業職員に対していつも以上のインセンティブが与えられることもあります。

私の場合、ちょうど入社した月がキャンペーン月であり初任給が前職の3倍近くまで跳ね上がったのを覚えています。

営業職は決して楽な仕事ではありませんがその分稼ぎやすい職種であることも事実であり、「とにかく今は稼ぎたい」という人にはおすすめです。

良いも悪いも自分次第

営業職の一日の行動は大部分が営業職自身の裁量に任されており、勤務時間中にいつどこで何をしているかということを会社も上司も完全には把握していません。

会社が営業職員に求めているのは「結果」つまり契約を獲得することであり、そのためにどれだけ働いたかやどれだけ頑張った、ということはあまり気にされていないのが現実です。

すなわち営業職の働き方は基本的に「自分次第」でありノルマ・目標を上司と相談して設定したりといったこと以外はほぼ自分に裁量権があります。

どこで何時間休憩をとろうがノルマをクリアさえしていればあまり小言を言われる場面はありません。

最低限の仕事をしていれば他職種に比べると「自由」な部分が大きい職種でしょう。

営業職を続けている理由としてこの「自分次第」という特徴があがることも少なくありません。

誰かに理不尽な指示・命令を受けたり意味がないと思えるような仕事を任されたり、といった「不本意」な場面に遭遇することが営業職員は他職種と比較して少ない傾向にあります。

私自身も収入面以上に「自由度が高い」という魅力の方が営業職を続けている理由として大きいように感じています。

現場の中心的存在として働くことができる

営業職はその業務特性から現場における「中心的」な存在であることが多く、それがこの職種が「花形」ともいわれるゆえんです。

どのような業種でもお客様を獲得しないことには事業運営ができませんが、営業職は「契約」つまり「お客様」を獲得するというまさに事業運営の最も基本的な業務を担っているので、中心的存在となるのです。

同僚からの期待や視線を感じることも多くそれをプレッシャーに感じることもありますが、同時に自分が従事している職務がいかに重要かということを実感できるので、働きがいややりがいといったことをひしひしと感じることができます。

裏方に回るような仕事よりも前面に立ってみんなを引っ張っていくような仕事をしたい方にはうってつけの職種といえるでしょう。

まとめ

営業職の仕事は口コミやネット上の情報などを見るかぎり、あまりポジティブな意見を得ることができません。

たしかに辛い瞬間や苦しい経験をたくさんする現場ではありますが、これだけ離職率が高くても依然人気の高い職種であることも事実です。

また、積極的に口コミを流布する人やネットに投稿する人の多くは「ネガティブ」な印象を受けた人の確率が高いことが知られています。

そのためネット上などの意見を真に受けすぎるのも利口とはいえないでしょう。

興味をお持ちの方には一度挑戦してみることをおすすめします。

営業職の仕事から得ることは想像以上にたくさんあるはずです。


関連キーワード

営業求人

営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

保険営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

保険営業と聞くと、どんなイメージを持ちますか?人によっては「なかなか契約がとれなくてきつそう」「なにがなんでも売らなくてはいけない気がして辛そう」というネガティブなイメージを持つでしょう。その反面、「高収入のチャンスがありそう」「女性が活躍できそう」という良いイメージを持つ方もいると思います。これ、全て正解と言えます。保険営業は、売るものが保険という住宅についで高額といわれる商品であるため、売りにくい商品で営業としては大変です。そのため、保険営業の離職率は8割にものぼるといわれています。その反面、未経験でもチャレンジしやすく、高収入の可能性があることもまた事実。保険営業という仕事は、向き、不向

ブライダル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ブライダルにおける営業とは、実際にお客様を接客するウエディングプランナーや集客を行う広報、営業、経営戦略など様々な部署が存在します。会社を運営していく上で非常に重要な役割を持つお仕事となりますが、あまり知られていないお仕事でもありますので、実際の勤務の経験をもとにブライダル営業求人についてご紹介させていただきます。ブライダル営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ブライダルにおいて営業という役割は、「ウエディングプランナー」と呼ばれるお客様へ自社のサービスを販売するお仕事と、新たなお客様に来館してもらうための集客を大きな目的とした営業のお仕事が存在します。それぞれ集客から契約の獲得までを目的

人材営業で転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

「人材営業」と言うとどういった企業をイメージされますか?リクルートやマイナビ、エン転職にDODA。派遣だとスタッフサービスやパソナなど、様々な企業が思い浮かぶかもしれません。有名企業もたくさんありますが、その実、営業職の仕事ってどこまでご存知ですか?今回は、これから人材営業へ転職を考えている方へ、人材営業で転職を成功させるポイントやおすすめの転職先を紹介していきます。人材営業の転職で注意したほうが良い2個のこと仕事のスタイル人材業界で「営業職」と言われると、どんな仕事をイメージされますか?企業のニーズを聞く、求職者のニーズを聞く、求人原稿を作成する…。そんな、色々な仕事をイメージされるかもしれ

求人広告営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

求人広告営業での転職を成功させるには、どんな点に気をつければよいのか?そのポイントを解説していきます。求人広告営業の転職で注意したほうが良い3個のこと女性は活躍している職場かどうか実は、求人広告の業界はシビアな営業の現場です。新規営業がほとんどで、昔は、飛び込み営業、今でもテレアポをガンガンやるような業界です。今でこそ業界もだいぶ変わってきましたが、男性が多く働く業界の1つでした。面接を受ける際には、「女性の比率はどれくらいですか」というのは質問をしたほうが良いでしょう。女性が働きやすい職場を実現できている会社は、男性にとっても働きやすい場所である可能性が高いはずです。離職率はどうか前の項目に

ルート営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

ルート営業は、一般の営業とは異なり中々求人に出てくることが少ない職種です。そのため、ルート営業の給与の実情について分からない人も多いでしょう。給与の実態が不明であると、ルート営業の求人に応募するのに足が引けてしまう人もいるかもしれません。ルート営業の求人に応募しようとしている人の不安が払拭されるように、不明な部分が多いルート営業の年収の実情を紐解いていきます。ルート営業の給料の相場はどのくらい?一般の営業の給料が会社によってピンキリであることと同様に、ルート営業も一様ではなく、会社によって給料に差があります。しかし、ルート営業の求人を調査することで、ルート営業の給料相場を割り出すことができます

法人営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

法人営業の仕事をすると、年収はどれくらいなのか?おおまかな相場観が伝わるように解説をしていきます。法人営業の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合業界によって大きく異なるケースもありますが、概ね280万円~350万円程度でスタートと考えておけば良いと思います。月給20~25万円でボーナスが2ヶ月分出ると想定すると、ちょうど280万円~350万円となります。正社員で転職した場合どういうポジションでの転職なのかによって大きく幅が出てきます。たとえば、担当営業での転職場合は、最初は新卒に毛が生えた程度の年収でスタートする場合もあります。部下を持つような管理職になれば、600万円~800万円

フリーペーパー広告営業求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

あなたは営業のお仕事が好きですか?嫌いですか?または、少し興味がありこのサイトに辿り着きましたか?これから挑戦してみたい!!そう思っている方は是非最後まで読んで頂けると嬉しいです。営業が苦手な方にも少しコツをお教えできるかもしれません。今回は、フリーペーパーの広告営業求人についてお話ししていきます。フリーペーパー広告営業の大まかな仕事内容さて、今回はさまざまな営業の中でも、フリーペーパーの営業についてです。まずは、フリーペーパーについて。よく、新聞に月1回挟まっていたり、お洒落なカフェなどに置いていたり、簡単にいえば地元のお店を紹介したりしている媒体です。本のようになっているのもあれば、広告の

内勤営業求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

会社で働くとなった時、多くの方が思い浮かべるのが営業職。商品を売り、利益をもたらすこの職種は会社にとってはなくてはならない存在です。そんな営業職ですが、実は①会社の外に出て商品を売り込む外勤営業②会社を訪れた顧客に商品を売り込む内勤営業の2つに分類されることを知っていますか?外を出歩く外勤営業はよく見かけますしイメージも浮かべやすいですが、内勤営業はイメージを浮かべにくい方も多いのではないでしょうか。今回はそんな内勤営業求人の仕事内容、求人のポイント、疑問点を紹介してきます。内勤営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容会社を訪れた顧客、会社に問い合わせをされた顧客に対して営業活動を行うのが内

貿易営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の4個の特徴と上手に転職するための8個の注意点

学生時代に学んだ英語や多言語を仕事に活かしたいと考えると貿易営業はまず浮かぶ仕事かもしれません。違う仕事に就いたけど貿易の仕事にチャレンジしてみたいとか、今の貿易の仕事より条件のいいところにいきたいと考えている人も少なくはないと思います。今回は、貿易営業の転職を成功させるためのポイントや注意点について紹介します。貿易営業の転職で狙い目な会社の4個の特徴貿易営業へ転職するにあたり気になるのはどういうところをチェックするのか、どういうところが狙い目なのかになると思います。詳しく紹介していきます。資格について言及がある資格取得もしくは資格保持に対して募集内容で触れている会社は、資格を持っていることで

ルート営業正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

もし皆さんが求職者であったら、一般の営業とルート営業の二つの求人が有ったら、どちらに応募をするでしょうか。一般の営業はイメージが湧いたとしても、ルート営業のイメージは湧きにくく、迷ったことがある人もいるでしょう。そんな知られざるルート営業について、ルート営業正社員はどのような仕事内容なのか、おすすめ求人のポイントは何か、などを紹介していきます。ルート営業正社員にはどんな仕事があるの?ルート営業正社員の仕事内容は、一般の営業とは異なる仕事内容となります。一般の営業には無い、ルート営業独自の仕事内容を紹介していきます。既存顧客への新商品、新サービスの営業既存顧客へ新商品、新サービスの営業を行います


営業求人に関するコラム

営業が上手い人の特徴とは?今すぐ真似したい5個のポイントを紹介します

営業マンになったはいいけど、ノルマが達成できない、伸び悩んでいる、という人も多いのではないでしょうか。小手先のやり方は色々ありますが、根本的な問題から改善した方が、数字につながるかもしれません。営業が上手い人の特徴を参考に、今すぐ改善に向かえる余地はないかを検討してみましょう。営業の仕事内容についておさらいしておこう営業は自社そのもの、または商品やサービスを売る、契約を取り付けるのが仕事です。店などで物を売るのとは違い、購入意志が明確ではない人に対して意欲を掻き立てねばならず、なかなか骨の折れる仕事です。顧客との信頼関係の構築ができるかどうかが、重要なポイントといえます。営業が上手い人の特徴9

営業のコツで知っておくべき15つのコツ。某企業で法人営業統括を務めた私がすべて明かします

突然ですが、皆様は「営業」という仕事に関して、どのような印象をお持ちでしょうか?営業職の経験がない方だと、テレビドラマなどの影響もあり、ノルマが厳しい、過酷、大変な仕事などのネガティブな印象が強い方が多いように感じております。営業という一言で表現されますが、法人向けの営業、個人向けの営業など営業対象によっても異なりますし、飛びによる新規開拓営業や、既存客向けのルート営業など営業形態によっても大きく異なります。営業とは簡単に言うと、顧客に自社のサービスや製品の購入を促し、契約・受注を取り付ける仕事ですが、売るもの、売り方、相手先によって全くと言っていいほど内容が異なってきます。ここからは営業の詳

女性が営業で活躍するための6つのコツや、得意な人の4つの特徴

現在は男女平等の時代です。昔は男性が営業というのは当たり前の時代ではありましたが、女性が営業というのは中々ありませんでした。強いて言うなら生命保険の営業職くらいというイメージしかなかったでしょう。今回は女性が営業で活躍するためのコツとは何かをお伝えさせて頂きます。営業の大まかな仕事内容営業の大まかな仕事内容をご説明致しましょう。そもそも営業とはお客がお求めているけど当人は気が付いていない、会ったら役に立つというのもを提供していく仕事になります。保健や備品のセールスなんかがそうですよね。セールスというとあまり良いイメージはないかもしれませんが、ニーズに合わせた戦略によってお客さんが購入してくれる

営業コンサルタントの仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

みなさんは、「営業コンサルタント」と聞いてどのような業務を思い浮かべるでしょうか?「コンサルタント」と聞いたら、アドバイスする人・経営を立て直してくれる人…様々なイメージがあると思います。「コンサルタント」と一言で言っても、その種類や業態は様々です。どのような領域を担当するかによって業務内容はもちろん変わっていきます。しかし、共通しているのは「コンサルタント」は、困っている人のアドバイザーということです。今回は、そんな困っている人のアドバイザーである「コンサルタント」の中でも、“営業”に特化している「コンサルタント」の仕事内容を、主に3つに分けてご紹介します。少しでも「コンサルタント」という職

商社営業の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

商社営業と聞くとかなり仕事ができそうなイメージですよね!ドラマのようなスーツをぴしっとしてアタッシュケースを持ち、かっこよく客先の会社へ行きプレゼンをして商談を決めてくるというイメージ。私自身も学生の頃はそんな印象を持っていました。だから、そんな商社営業マンにもなりたかったですし、まだ商社営業マンにはなれないとも考えていました。そして、学生の頃より社会経験を積んだ今は商社営業の実態を分かってきました。だから、今回は商社営業の仕事内容についての話をしていけたらと思います。商社営業の仕事は大きく3個の役割に分けられる販売先の営業これは鉄板・鉄則です!商社とか関係なく営業と名のつくものは常に販売先に