営業の仕事って楽しいと思いますか?

それとも営業の仕事は辛い、大変だと思いますか?

営業の仕事は、色々な人に出会えたり、刺激のある毎日を送れる仕事です。

給料も他の職種に比べると稼げる率が高いとも言えます。

給料をたくさん欲しい人やチャレンジ精神の多い人など一度はやってみたい仕事かもしれません。

ただ、営業の仕事は未経験者でも始めれますし、イメージしているより楽しい仕事です。

しかし、営業の仕事であっても辞めたいと思うことは少なくありません。

どの仕事でも何かしらのタイミングで辞めたいと思うように営業の仕事でも辞めたいと思うターニングポイントがあります。

今回は、実際の営業現場において辞めた理由や辛さなどを紹介していきます。

経験者が紹介!営業を辞めたいと思った理由やつらさとは?

営業職に就いて頑張っているけど、辞めたくなる時はあります。

それは営業に限らず他の仕事でも何かのタイミングや何かのきっかけで辞めたいと思うことがあります。

例えば、職場に馴染めない、人間関係がうまくいかない、何と無くイメージしていたことと違うから辞めたいなど理由も様々です。

ここでは、実際の営業現場で筆者が見た、聞いた営業を辞めたいと思った理由や辛いことなどを紹介します。

ノルマがきつい

営業活動をする上でモチベーションを維持することは大切です。

それは営業が個人商店と言われるくらい個人での活動時間が長いからです。

そのため、多くの会社は、各営業にノルマを課します。

このノルマがきついと感じてしまうと辞めたくなるきっかけになります。

ノルマが達成できない→会社からのプレッシャーがある→次のノルマを達成しようと躍起になるが達成できない→更なる会社からのプレッシャーという悪循環に陥ってしまい、退職したり、退職しようと考えてりします。

自分が思うように営業活動ができない

ノルマがきついのも仕事を辞めたいきっかけになりますが、自分が思うように成果を上げれないことも辛く、辞めたいと思えるきっかけになります。

特に営業成果がなかなか上がらず伸び悩む時期は多くの人が直面します。

その中で同じチームの同期や先輩後輩が成果を上げていると焦りを感じます。

焦りを感じてさらに闇雲にもしくはがむしゃらに頑張るが全然成果が上がらないことは営業として辛く苦しいことです。

会社からのプレッシャーがつらい

ノルマをあげれなかったり、会社の戦略に則って活動ができないと上司からのプレッシャーがかかります。

罵られることは今の時代、パワハラになってしまいますので怒鳴られたりは少ないかもしれませんがそれでもなぜ成績がいかないのかについて質問があったり、レポートを提出させられたり、行動監視など様々な方法でプレッシャーがかけられます。

プレッシャーがかかると精神的な疲れなどから思うように営業活動ができなくなってしまいます。

そのため、会社からのプレッシャーはジワリジワリと辛くなってきます。

土日関係なく仕事をしないといけない

営業の仕事は、お客様ありきとよく言われますが、自分の会社の規定で土日休みや水曜日休みなど設定されていたとしてもお客様にはそれは関係なく、問い合わせやリクエストが直接携帯にかかってきます。

ほとんどの営業は、会社からスマホや携帯を貸与されてますので手元のスマホや携帯が土日になるたびに仕事から完全に離れることはできずダラダラと仕事をしてしまう結果になり、仕事が楽しくなくなってしまいます。

後輩が先に出世した

営業にも会社によっては様々ですが、それぞれ昇進のポジションが用意されています。

筆者が営業時代のポジションは、平社員→係長→課長→部長です。

出世の条件やスピードなどは会社にもよるかもしれませんが、年功序列を廃止して会社の規定条件をクリアしたら誰でも昇進できる条件下で仕事をしていると後輩が成績好調で先に出世したなんてことも少なくありません。

現に筆者が体験した営業現場は、会社の規定条件をクリアしたら誰でも昇進チャンスがあり、先輩後輩関係なく、出世していきました。

負けず嫌いの人に多い傾向ですが、後輩に先に出世されることでやる気をなくしたり、モチベーションが下がってしまうことがあります。

そうなると焦りであったり、悔しさなどから精神的に疲れて仕事を辞めたくなります。

自己責任でないクレームが続発した

営業は会社の顔と言われており、お客様からすると第一コンタクト先になります。

そのため、クレームも営業へくることがほとんどです。

このクレームには、大きく分けて2タイプあり、1つは、営業自らのミスで発生するもの、例えば、見積もり金額を間違えて提案してしまったとか問い合わせのメールを見落としてしまい、回答が大幅に遅れてしまったなどの場合です。

もう一つは、会社のミスによるもの、例えば、商品の欠陥、サービスの品質低下などがあります。

クレームをもらって気分がいい人は少ないので誰しもクレームはよしとしません。

ただ、前者の場合は、自らが引き起こしたクレームなので自らを奮い立たせて真摯にクレーム対応できるのですが、後者の場合は、状況によってはなかなか割り切ってクレーム対応できない時もあります。

例えば、筆者が実際の現場で見た経験談は、新商品を拡販するように会社からプレッシャーがかかっている中、新商品に欠陥が見つかり、お客様にご迷惑をおかけしてしまったため、クレームがきました。

クレームならいいのですが、大きな被害や迷惑を被ったお客様からは賠償金を求められたり、呼び出されて怒鳴られたりしました。

そうなると営業の仕事は楽しくなくなってしまい、仕事自体が辛くなってしまいます。

ホントに辞める?辞める前にできることとは?

営業の仕事は、業種によっては離職率が高いことで有名です。

営業がどうしても辛いし、他にもやりたい仕事があるからそっちへどうしても行きたいと前向きに辞めるなら営業の仕事を辞めて他の仕事をしてもいいと思うのですが、上司が嫌いだからとか後輩の教育が嫌だからと自分都合の理由で辞めるのはもう一度考えた方がいいかもしれません。

営業の仕事を辞めたいと思った時に本当に辞めるかどうか、辞める前にやっておいた方がいいことはないかどうかについてここではお話ししていきます。

なぜノルマが達成できないのかをもう一度考える

営業の仕事で大変なことの一つはノルマを達成することです。

ノルマを達成できないと会社からのプレッシャーであったり、周りの人がノルマを達成していることに対して羨ましく思えて自分のモチベーションが下がったりしますし、仕事を辞めたいと思えてきます。

ここで大切なのは、考えれるだけの手段をやり尽くして色々試したもしくは上司や先輩、ノルマを達成している人に色々と話を聞いてアドバイスをもらって自分なりにやり尽くしたけど、ノルマがいかなかったなどの場合は、営業の仕事を辞めて他に行きたいと思うのであれば辞めてもいいかもしれません。

ただ、ノルマが達成できないけど、何をしていいかわからない、ノルマが達成できてないけど何もしていない、だけど周りがノルマを達成しているから面白くなくなって辞めたいと思えてきたなんて理由の場合は、まず、自分の営業活動を見直し、長所と短所を上司や先輩などに聞き、もう一度よく見直して見ましょう。

他にもノルマを達成している人にアドバイスを求めたり、どんなポイントやコツがあるかなどを聞いて改善してみるよう努めて下さい。

辞めたとして他にやりたいと思える仕事があるのかを考える

営業の現場にいると仕事を辞めたいという人は少なくありませんでした。

辞めたい理由も様々で、ノルマがつらいから、上司が嫌いだから、職場の雰囲気が合わない、なんとなく辞めたいなど色々あります。

実際に筆者が後輩などにアドバイスしたことですが、辞めた後に何かやりたいことがある、別の仕事に興味を持った、起業するからなど前向きな理由があって辞めるのはいいと思っていますが、自分の感情や衝動で辞めるのであれば一度考え直した方がいいかもしれません。

他にやりたいと思える仕事がない、辞めた後の進路がないのなら辞めても暇を持て余したり、辞めたことを後悔するだけになってしまいます。

実際の現場でも、上司と反りが合わず、喧嘩した勢いで退職した先輩がいました。

ただ、彼の場合、職場や仕事内容は非常に気に入っていたため、今となっては後悔しているようです。

こういったことにならないように営業の仕事を辞めたいと思ったら今一度考え直した方がいいかもしれません。

営業は大変な仕事だけど、やりがいを見つけるポイントとは?

ここまで営業の仕事が辛いや営業の仕事を辞めたいことについて紹介してきました。

やっぱりイメージ通り、営業って大変なんだなと思ってしまった人も多いと思います。

正直言って営業の仕事は楽ではありません。

ある意味、自分で全てを調整していくことが多いので自由ですし、楽といえば楽かもしれません。

ただ、自分で全てを調整していくのはそれでしんどいところもあります。

その反面、営業の仕事にはやりがいになるポイントや仕事が楽しくなるきっかけ、大きな達成感を得られるチャンスが多い仕事でもあります。

ここでは営業のやりがいについて紹介します。

営業成果が出た時

営業の仕事でやりがいを感じるのは、何と言っても営業成果が出た時です。

頑張った達成感や臨時ボーナスが支給されたり、目に見える形で成果が出てくるとますますやる気になりますし、大きなやりがいを感じます。

大変と感じていたノルマをクリアした時も営業としてのやりがいを感じたり、今後の営業活動への自信にもなります。

筆者も実際の現場では、スランプに陥ったり、周りが営業ノルマをクリアしているなら自分だけクリアしてなかった時は焦りややる気がなくなったりしましたが、営業成果が目に見えて出てくるとやる気やモチベーションは上がり、営業活動が楽しくなりました。

大きな案件を契約した時

大きな案件を契約できた時は、大きな達成感や喜びがあり、営業としてのやりがい、自信、モチベーションなどにつながります。

実際に筆者が大きな案件を契約した時、なんともいえない喜びがありました。

それは、ノルマ達成ができる確実な契約であったこと、営業活動に対しての自信とモチベーション、営業の仕事に対しての面白みなどを感じました。

昇進・昇給した時

営業のノルマをクリアしたり、一定の成績を上げて会社が規定している条件をクリアすると昇給であったり、昇進できたりします。

この昇進や昇給の時は、営業としての活動結果の延長なので自らの営業活動への自信やモチベーション、仕事に対してのやる気などが上がります。

また、昇給や昇進は、会社から認められた証拠なので、頑張って営業活動したことに対して達成感を感じます。

お客様から感謝された時

営業だけではなく色々な仕事で共通していますが、営業ももちろん、お客様から「ありがとう」や「助かったよ」と一言言ってもらえるだけで日頃の苦労が報われたり、やる気やモチベーションに繋がったりします。

お客様から感謝されたり、喜ばれることで何か昇給したり、会社から大きな評価を得られるわけではありません。

それでも頑張って色々とサポートしているお客様から一言感謝されたり、喜ばれることで仕事へのやる気は大きく変わってきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

営業の仕事を経験したことない人にとって営業の仕事はどう映りますか?

ノルマがあって精神的にも肉体的にも大変なイメージですか?

それとも色々な場所へ出向いて色々な人に出会えるため、ノルマは大変でも楽しそうな仕事のイメージですか?

筆者の体験上、結論は営業の仕事を楽しい仕事と思います。

もちろん、楽ではありません。

ノルマがあったり、クレームがあったり、色々なイベントがあったりと大変です。

その大変さがあったとしても自分が頑張った成果が反映され、営業成績として現れたり、お客様から感謝されたりすると今までの大変さを吹き飛ばすくらいの喜びや楽しさが湧いてきます。

また、営業の仕事は色々な人に出会うことができます、色々な人に出会って、色々な話を聞くことで自分自身の成長のヒントになったり、勉強になったりして面白いです。

この記事を読んで営業の仕事に興味を持った人がいればぜひチャレンジしてみて下さい。


関連キーワード

営業求人