皆様こんにちは。

こちらでは介護事務の仕事に関する業務内容などをお伝えしていきます。

もし興味がある方は是非ご一読いただければと思います。

「介護事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護事務の仕事は大きく4個の役割に分けられる

介護報酬請求業務

介護報酬請求業務とは、利用者の介護給付費明細書を作成し、介護サービス費を請求する作業のことです。

介護サービス事業所は月に一度前月に提供した分の介護報酬を自治体に請求しなければなりません。

そうすることで、その翌月に介護報酬が事業所に入金される仕組みになっています。

これに「入力の誤り」「記入漏れ」「計算ミス」などがあると、その月に施設が提供したサービス費用が入金されないこともあるため、経営の根幹にも関わる重要な仕事と言えます。

管理業務(労務管理・予算管理や備品購入・修繕など)

施設の経営面を把握した上で、事業運営費をまとめたり、執行状況を確認するといった業務があります。

年に複数回補正予算を作成したりと、財務状況を的確に把握することも仕事の一つです。

それだけでなく、職員の労務管理に携わる場合もあります。

労働条件通知書を作成したり、各種協定を結ぶ場合には書面を作成する仕事もあります。

また、事業所における修繕を取りまとめ、備品購入の窓口となります。

謂わば、業者との直接的な交渉をするということになります。

電話応対

事業所勤めをしていると、様々な電話応対をしなければなりません。

例えば福祉施設であれば、以下のような機関から電話連絡があり応対を求められます。

国民健康保険連合会

介護給付費明細書に関する詳細確認のやりとりなど。

福祉事務所

主に相談員に連絡が来ますが、介護扶助の関係から多少なりとも関連がある場合があります。

医療機関

こちらも主に相談員に連絡がきます。

電話を取り次いだり、伝言を預かりします。

福祉職の性質上、ある程度の福祉用語も分かっていないと、必要な連絡に差し障りが出てしまう場合があります。

来客応対

どのような事業所にも来訪者はあります。

その都度窓口で応対し、接客やお茶出しなども業務の一つに含まれます。

応接室や相談室など、各事業所によって応対する場所があり、そういったスペースの管理も必要になります。

もちろん、基本的な接遇マナーも必要です。

例えば、単に応接室に案内するだけではなく、座席も考えなければなりません。

基本的には入り口から最も遠い席が上座となりますので、そういった接遇知識や配慮を必要とします。

「介護事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護報酬請求業務の2個の業務

レセプト請求

介護サービスとは、介護保険法で給付されるサービスのことを指します。

訪問介護、通所介護などの「在宅介護サービス」や、介護保険施設に入所して受ける「施設介護サービス」などのことを言い、利用者の利用料は実際にかかった費用の1割負担になります。

例外として一部の高所得者は2割負担となっています。

介護サービスの利用料が10,000円だったら1割の自己負担金は1,000円です。

こちらを利用者が支払うのです。

残りの9割、9,000円はどこが負担するかと言うと、国や自治体です。

介護サービスが行われた際に、国と自治体の負担額と利用者の支払額を介護保険制度に基づいて計算し、サービスの単位数や利用者の保険番号、生年月日などの情報を入力していきます。

その上で介護報酬の請求書(レセプト)を作成して国や自治体に負担額を請求し、利用者への請求書や領収書の作成も行います。

このような業務を介護報酬請求事務と言います。

対象者に対する利用料徴収

先に述べました通り、国と自治体に9割を請求し、残りの1割は対象利用者に請求します。

請求書を作成し、未収金が出ないよう、徴収します。

管理業務(労務管理・予算管理や備品購入・修繕など)の4個の業務

労務管理

基本的には労務管理は事業所の労務担当者が取り仕切る形になりますが、それまでの過程には以外に大きく関与する機会があります。

例えば、「パートを雇いたい」という事業所の意向があったとします。

すると事務員はハローワークや折り込みチラシ、場合によっては人材紹介業者とやりとりをしながら募集をかけます。

それだけではなく、応募があり無事に入職した場合は労働条件通知書を作成し、事業所と本人の雇用関係と、その内容を明らかにする書面を作ります。

更にはフルタイムで働くパートであれば、社会保険加入手続きなどを社会保険労務士とやりとりしながら話を進めます。

その他に、労働基準法にもある程度精通していることが求められます。

なぜかと言うと、労務管理とは労働基準法と密接に繋がっている部分があるからです。

予算管理

事業所では必ず年間の予算編成を組んでいます。

これはどこの会社も同じです。

年度末に差し掛かってくると、翌年度の予算を検討し始めます。

主に収入面を踏まえ、年間の支出予定や支出見込みを立てつつ、年間の収支差額におおよその概算を出したりもします。

また、年間を通し2回〜3回程度の補正予算を考えることもあります。

要は、当初予算の執行状況を見つつ、余っていたら他から回すなどしてバランスを取り直すということです。

備品購入

事務用品や介護用品など、事業所で使用する備品の購入手続きや支払いまでを行います。

ここ最近ではネットもかなり普及しているので、そちらから購入することも多くなっていると思います。

事業所の財布の紐を握っているのは事務員であると言っても過言ではありません。

なにしろ予算管理をしているわけですから、どういうものがどのように使われて、どのように買い足されていくか、知っていないといけない立場でもあるということです。

修繕

事業所に生じる破損や経年劣化など、建物や所有物管理も業務の一つになります。

以前私が勤めていた事業所は老朽化が進んでいたため、事業所の修繕が頻繁にありました。

その時も事務方職員が業者とやり取りをして尽力されていたことを今でも覚えています。

ちなみに、壊れたから単純に業者へ依頼して修理してもらう、というだけが仕事ではありません。

業者によって施工料はそれぞれ違います。

先に述べた通り、事業所の財布の紐を事務員が握っているのであれば、やはり安くて信頼度の高い業者を選びたいものです。

なので、いくつかの業者に見積もりを依頼して、事業所長宛てに修繕可否を問う起案書を作成するような仕事もあります。

大変なのは、壊れた箇所は早急に直したいですが、施設の予算を踏まえて複数の業者に見積もり依頼や手配を急いでかけなければならないということです。

「介護事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

措置施設事務員との仕事内容の違い

措置施設とは、環境上、または経済的理由で困窮した高齢者を、行政が本人の調査を行い、入所の必要性があると判断した場合「措置」として入所する施設のことを指します。

もう少し分かりやすく言えば、本人の財力や意思で入る施設ではなく、行政が判断して入所させる施設ということです。

介護事務の仕事の場合は、主に介護保険事業所がメインとなります。

介護保険事業所は「契約」が主体です。

同じ事務職でも、契約と措置の事業所では多少仕事内容が異なります。

例えば介護保険事業所では、提供するサービスによって「単価」と呼ばれる金額がそれぞれ決まっています。

しかし措置施設に関しては、そこまで細かい概念がありません。

ですから、請求業務一つとっても、介護事務の方がやや煩雑な仕事になっているかもしれません。

介護事務の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

レセプト業務はミスが許されない仕事と言われています。

どんなときも緊張感を絶やさずに仕事に取り組まなければならないため、大変だと感じる部分は沢山あります。

ですがその分、毎月10日にレセプト業務が終わると、喜びと同時にホッとする感覚を味わえます。

難しい仕事だからこそ、達成感や日々の成長を実感できるところはやりがいを感じる部分と言えるのではないでしょうか。

その他にも、介護事務は縁の下の力持ちといった存在とも言えます。

表舞台で決して目立ちはしませんが、事業所を支えている存在が常にあると思ってもらえることもやりがいに繋がると思います。

影の功労者

介護職員は直接的に利用者を介護もしくは支援し、介護事務員は間接的に利用者や職員を支援するというイメージです。

施設の職員は、事務員の支えがあるから安心して仕事に就けるわけです。

しっかりと収入源にあたる計算をコツコツと重ね、同僚となる職員を新しく採用する準備を行い、安心して介護ができるよう、事業所の修繕や運営面を支えている、影の功労者と呼んでも過言ではないでしょう。

ここ最近は、福祉業界において多職種協働という言葉が飛び交いますが、まさに介護事務員もその一員であり、福祉業界において欠くことのできない仲間だと思います。

様々な情報や知識に触れられる

先ほども述べましたが、多職種協働であるため、介護技術、介護知識、医療知識、社会保障制度、多くの社会資源情報などに触れる機会が多くあります。

ですから、必然的に人脈が広がり、自身における飛躍に繋げることも容易にできます。

ステップアップを望まないにしても、人脈や知識が増えるということは、自身の身内や友人、知人の相談にも乗ってあげられますし、必要とあらば人を紹介することもできるようになります。

こういった人脈や情報は自身の財産となって、必ずプラスに影響すると言えると思えます。

少数部署で業務をまとめる

事業所において、介護事務を複数名採用しているところは多くありません。

自身のスキルを上げしっかりと仕事がこなせるのであれば、単独ポストとして自分のペースややり方で仕事を進めることも可能です。

介護職員の場合は複数名と情報や状況を共有しながら、決められた技法や考え方に基づき仕事をすることもあり、そこが窮屈と感じることもあります。

しかし少数部署および単独業務であれば、休日の調整や仕事のペースなども自分の裁量で調整ができますから、そこがこの仕事の利点と言えるでしょう。

介護事務の醍醐味

基本的には一定の型となる業務はありますが、あとは自分自身のスキルやスタンスで仕事を進められるということと、自分の存在が事業所の外部評価にも繋がるということが、介護事務の面白さだと言っても良いと思います。

画一的業務ではない

同じような作業を繰り返す業務ではなく、普通の一般事務や電話応対などと似通った仕事ができるのも、面白さを感じられる理由の一つです。

運営や経営にも参加できる

介護施設の運営に直接関われるのも介護事務の醍醐味と言えます。

例えば、普通の会社の庶務担当の事務員であれば、運営や経営にも触れることはなかなかないでしょう。

ですが介護事務においては、精力的に参加することができるのですから、この仕事を面白いと感じる大きなポイントだとおもいます。

自身の存在が思ったより作用する

自分が頑張ることで「いつもありがとう」と声を掛けてもらい、人と触れ合う喜びや充実感を得ることができます。

外部とのやりとりも多いですが、そこで親切、丁寧に対応すれば施設の評判を上げることにも繋がります。

自分の存在が施設の評判に繋がるということも、この仕事の醍醐味だと思います。

介護事務の仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

介護保険制度

仕事の性質上、やはり介護保険とは切っても切れない縁があります。

少しずつでも介護保険制度を学美、理解を深めておいた方が良いでしょう。

介護保険事業計画

2000年の介護保険法施行に向けて、地方自治体が策定する介護保険の保険給付を円滑に実施するための計画であり、3年に1度の策定が義務付けられています。

その中で報酬単価が改正されるなど諸々の変動がありますので、前もって動向を追いかけておくと仕事に役立つかもしれません。

「介護事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか?

介護事務の仕事は介護事務専任の職員として募集をしている場合は少ないので、希少価値が高いと思われます。

専任の介護事務員になるためには、介護事務の資格は必須です。

気になっている方がいれば、ぜひともチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

「介護事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

  介護の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  介護の仕事を探せるおすすめ求人サイト
【高時給な仕事が多い!】介護専門の派遣会社。全国各地に支店があり、きめ細かい丁寧な対応が強みです。 公式サイト 公式サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
【介護初心者に優しい】介護の資格ナシの人も応募可!派遣の場合は、介護資格講座の受講料が0円で受講させてくれます 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

介護事務求人

介護求人についてもっと深堀りした情報を見る

グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

今回は、グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、その場合の上手な転職方法を解説していきます。少しでも興味のある方は、ぜひご覧いただければ幸いです。グループホームへの転職や、グループホームからの転職は多い?他の介護の施設と異なり、特にグループホームは介護系の資格を取得していない、無資格の状態でも応募が可能な施設が多く、そのため入社にかかる敷居が低いこともあり、介護に興味がある人が最初にくぐる門のようなイメージがあります。もちろん資格が必須の場所もありますし、長期的に働くベテランの人や、施設長といった管理職になる人もいますので全てがそうとは限りません。グループホームで勤務してい

介護支援専門員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

現代日本は過去に例を見ないほどの高齢化社会を迎えています。加齢や疾病により介護が必要となる高齢者もそれに比例して増えており、要支援・要介護の認定を受けている高齢者は平成30年10月現在で650万人を超えている状態です。2000年から介護保険制度が開始され、それとともに介護支援専門員、通称ケアマネジャーと呼ばれる資格も創設されました。誕生から19年が経ち、介護支援専門員の活躍する場所も多く存在するようになっています。今回は介護支援専門員が活躍している働き先やおすすめの求人について紹介していきたいと思います。介護支援専門員のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容介護支援専門員の仕事は、日常で介護が必

生活相談員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

生活相談員の転職についてどのような点に注意したらいいか、よりよい職場環境とはいったいどういった場所なのか。転職について注意点、転職活動の成功させるポイントをご紹介します。生活相談員の転職で注意したほうが良い2個のこと業務範囲生活相談員は事業所の規模や会社が生活相談員に求める役割についてどの程度言及しているかによって大きく異なります。利用者や家族との会話から日々の様子を知り、変化があれば福祉職の観点からその変化が後々の生活環境に影響するのか推測し相談するためにも送迎という役割を担うことが多いです。生活相談員が添乗員として行く場合だけなく、生活相談員自身がドライバーとなり送迎をすることが多いです。

訪問介護バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて解説します

現在日本は高齢化社会で介護についての問題は多く取り上げられていますよね。今回は在宅で生活している高齢者への介護サービスで活躍している訪問介護の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。訪問介護は、要支援や要介護で日常生活に介助が必要なお年寄りへのサービスです。訪問介護バイトではどんな仕事をしているのか、求人内容はどのような感じなのか分かりやすくお話をしていきます。介護職に興味がある方や高齢者との関りが好きな方、何か人のためになること、やりがいのある仕事に興味がある方の参考になればと思います。訪問介護とはどんな仕事?訪問介護とは利用者の自宅に出向き、日々の生活で必要な介護を行う仕事です。訪

介護施設の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

介護の仕事がしてみたい方にとって、どんな仕事内容なのか気になるところです。一般にいわれているのが「三大介護」というものです。これはどういったことかといいますと「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。その他にも介護業界には色々な仕事があります。そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話を進めていきたいと思っています。介護業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。介護施設の仕事にはどんなものがあるの?介護の仕事は実に多彩です。施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などといった業務もあります。また訪問系ですと調理、入浴、整理整頓などの身の回り

高齢者向け住宅求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方とは?向き不向きややりがいなどを解説!

サービス付き高齢者向け住宅でのお仕事について、ご紹介していきます。求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方から、向き不向きややりがいまで解説していきますので、ぜひ参考にしてください!サービス付き高齢者向け住宅求人での大まかな仕事内容高齢者向けの建物に住んでいる入居者様の生活を支援するのが大まかな仕事内容になります。時には部屋へ伺い、訪問介護として掃除や洗濯をといった生活支援を行ったり、パット交換や入浴の介助といった身体介護を行います。施設によっては施設内にデイサービスを設けている場所もあり、デイサービスでは事前に決まっている参加者で集まってレクリエーションやリハビリといった活動を行います。

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

生活相談員の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

介護関連のお仕事を探していると、「生活相談員」という職種の名前を目にすることがあります。名前だけ見ると「生活に関わる事の相談を受けるお仕事」ですが、それだけではありません。実際にどのような仕事なのか、どんな人が向いているのか、その後のキャリアアップや必要な資格も踏まえて、紹介していきます。生活相談員の仕事にはどんなものがあるの?利用者やそのご家族の方たちに対して、専門的な知識を持って生活の相談を受ける、ソーシャルワーカーとしてのお仕事です。これが生活相談員の役割であり、この職種に期待されている事でもあります。また、ケアマネージャーや医療機関などとの連絡・調整を行い、各種介護サービスの手続きや介

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」福祉の業界で働いている方で、このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の仕事と良い求人の探し方をお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にするケアマネージャーは「施設ケアマネージャー」と呼

特別養護老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

特別養護老人ホームでは、介護度が高い人が入所しています。また、他の介護施設と違う所はその「要介護者の人数」です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、人数が多いです。要介護者が多いという事は、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、特別養護老人ホームの仕事はどんな人が向いているのか、どんな人が介護に合っているのかをご紹介します。特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、週2~3の入浴介助が一般的な介護になります。仕事上の役割とは?特別養護