飲食店の仕事には向き不向きを感じる人がいます。

しかし、実際不向きだと感じていても本当に向いていないのでしょうか。

中には慣れていないことが向いていないことと勘違いしている人も少なくありません。

ここでは、飲食店の仕事はどんな人に向いているのか、得意な人の特徴やキャリアについて解説していきたいと思います。

「飲食店の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

飲食店の仕事の大まかな仕事内容

飲食店には、大きく分けて「調理」と「接客」の仕事内容があります。

それぞれにこなさなければならない業務は異なりますが、同じ飲食店の仕事内容には変わりありません。

そこで今回は、「調理」と「接客」についての仕事内容をご紹介いたします。

仕事上の役割とは?

「調理」は飲食店の味付け、盛り付けや料理の見た目などの中枢を担う仕事です。

飲食店独自の味は、店内で行われる調理作業によって決まるものであり、その味が直接集客に繋がることがあります。

飲食店に行っておいしくない料理が出てくると、不愉快になるのは当然です。

飲食店に来たからには、誰もがおいしい料理を望むことから、「調理」の仕事は、食材管理や調理法、衛生面などに細心の注意を払わなければなりません。

特に、調理者は食中毒予防のため手洗いは細目に行い、統一された調理法で味を均一に保たなければなりません。

さらに、食材の賞味期限管理も徹底しておこなわなければ大惨事になりかねません。

「接客」はお客様に満足して食事をしていただける環境を提供する仕事です。

例えば、お客様が来店されたにも関わらず、席にも誘導せず、さらに席に座ったお客様への対応を全くしなければお客様は「この店って何だか雰囲気悪い」と思うでしょう。

お客様は、おいしい料理を食べることだけが目的ではなく、お店の雰囲気を楽しみたいという目的を持った人も少なくありません。

飲食店に来店されるお客様は、「楽しく、おいしい料理を食べる」ことを目的とされる人が多く、常連ともなると飲食店独自の味付けや接客態度の気に入った従業員を目的に来店されることも珍しくありません。

中には、従業員に愚痴をこぼしにくるという人もいらっしゃいます。

飲食店の仕事は、単においしい料理を提供してお客様に満足していただける環境を提供するだけでなく、お客様自身のストレス発散の場、癒しの空間としてお客様に満足していただけるように対応していかなければなりません。

飲食店の仕事が得意な人の2個の特徴

飲食店の仕事に向いている人はどのような人でしょう。

人と話すことが好きな人、おいしい食べ物が好きな人などさまざまですが、ここでは、そんな飲食店に向いている人の特徴についてご紹介していきます。

人と接することが大好きな人

飲食店の仕事はお客様と会話する機会が多々あります。

世の中には人見知りで人と話すこと、接することが苦手な人もいらっしゃいます。

飲食店は知らない人と礼儀正しく話さなければならないことから、話すことが苦手な人にはあまりおすすめできません。

しかし、中には人見知りを克服したい、普通にしゃべれるようになりたいという人が敢えて、頑張って仕事に励んでいるケースも少なくありません。

食べることが大好きな人

飲食店の料理は、家庭で作るよりもおいしく感じるものです。

いつも食材に囲まれている飲食店の仕事は、食べることが大好きな人におすすめです。

接客のスキルは慣れれば自然とついてくるものです。

まずは、食材についての知識習得や、飲食店独自の味を知ることで仕事が大好きになることができるでしょう。

よって、食べることが好きであるということが、飲食店の仕事を始めるきっかけとなることがあります。

したがって、飲食店の仕事に向いているといえるのです。

「飲食店の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

逆に飲食店の仕事に向いていない人の特徴は?

飲食店に向いていない人の特徴はさまざまありますが、ここではいくつかに分類してご紹介いたします。

短気な人

飲食店の仕事には「接客態度が悪い」、「料理に異物が入っている」などのクレームがつきものです。

さらに、お客様から嫌なことを言われることも少なくありません。

そのクレームや嫌なことに対して、いちいち反応してお客様に不快な思いをさせてしまうような人は飲食店の仕事に向いていません。

飽きやすい人

飲食店の仕事を覚えるためには、マニュアルの読破や地道な接客練習など覚えることがたくさんあります。

研修期間も他の職種と比べると比較的長めに設定されることも少なくありません。

まずは長い研修期間に耐え抜くためにも、根性のある人でなければなりません。

よって、飽きやすい性格の人は飲食店の仕事に向いていません。

大雑把な人

飲食店の仕事は意外に繊細です。

盛り付け一つでも1ミリ単位の位置できれいに食材をセットしていくなど、手先が器用で且つ、丁寧な仕事ができる人でなければなりません。

「大体でいいや」など思っている人は仕事を大雑把にする傾向があり、そのような人は飲食店の仕事には向いていません。

飲食店の仕事で活かせる経験

飲食店の仕事はあらゆる職種、日常生活で活かすことのできる経験を積むことができます。

ここでは、飲食店の仕事で活かせる経験についてご紹介いたします。

調理の基本

まずは包丁の扱いが上手になります。

初めて包丁を持つと、あまりの切れ味に怖くなる人も少なくありません。

飲食店で包丁を扱う機会が大変多く、慣れることで恐怖心が改善され、さらに、料理の味付けなども習得することができます。

また、食材に関する知識も習得できることから、日常生活などにおいても十分活かすことができます。

礼儀

飲食店では、お客様に失礼のないよう接客しなければなりません。

飲食店で常に心掛けている丁寧な接客が、日常生活でも自然に出てきて、周りから「礼儀がしっかりしている」と言われることも少なくありません。

飲食店で働くメリットとは?

おいしいまかないが食べられる

飲食店の料理はおいしくて当たり前です。

そんな飲食店の味をまかないで食べることができます。

飲食店独自の味を、格安で食べることができることから、従業員の中にはまかないのために働いているという人もいらっしゃいます。

いつもおいしいまかないが食べられることはメリットの1つといえるでしょう。

自然にコミュニケーション能力が身につく

以前は人見知りで、コミュニケーションを取るのが苦手という人が、飲食店で働きだしてどんどん話す明るい子になったという話をよくききます。

これは実際によくある話で、飲食店の接客は、仕事を割り切っていることから人見知りでも仕事としてお客様に接することで自然とコミュニケーション能力が身についていることがあります。

「飲食店の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

飲食店のキャリアについては最終的に自身で経営することです。

独立してオーナーになる

店長の上のキャリアは経営者(オーナー)しかありません。

店長として、飲食店の運営方法や店舗管理を勉強し、経営者になってからは経営を学ぶことができます。

しかし、経営は飲食店の存続が直接関わることからその采配が慎重になる場合があります。

将来独立を考えている方は、こちらの記事を参考に!

他の仕事にもこの経験を活かせる?

飲食店の経験は、他の仕事にも活かせます。

毎日たくさんのお客様を見ていると、自然と「いまどのような気持ちなのか」、「何を考えているのか」など、読み取れるようになってきます。

これは、先を読む力が養われることから、他の仕事に就いて次にしなければならないことの予測を自然と組み立てることができるようになります。

自分にあった飲食店求人の選び方や注意点

飲食店の求人について、自身の住んでいるエリアや生活環境をよく考えながら選ばなければ、せっかく採用をもらっても通勤に負担がかかったり、勤務する時間帯の融通がきかなかったりすることがあります。

ここでは、自分にあった飲食店求人の選び方や注意点についてご紹介いたします。

【選び方①】雇用形態から探す

飲食店の雇用形態には、大きく分けて「正社員」、「契約社員」、「アルバイト」の3種類があります。

正社員は給与も月給制をとっていることも多く、時間帯や給与も比較的安定しているところが多いです。

次に「契約社員」ですが、基本的に勤務する期間が限定されていることが多いです。

例えば、勤務するときの契約で「1年間」という契約を締結するとします。

この1年間は社員として勤務する期間であり、正社員と同じ待遇を受けることができます。

しかし、契約締結時に期間を限定されていることから、期間終了後に継続できずそのまま退職するケースも少なくありません。

よって、正社員よりかは不安定な雇用形態といえます。

一方、アルバイトは正社員や契約社員とは異なり、時給制をとることが多いです。

アルバイトは学生の勉強時間の合間で行ったり、社会人で普通に一般企業で働いている空いた時間を利用して行ったりする場合が多いです。

中には、就職しても何もすることを決めていない人がアルバイト1本で生計を立てることもありますが、企業の方針によってはシフトカットされることもあり、非常に不安定な雇用形態といえます。

このように、飲食店の求人を雇用形態から探すのもよいですが、自身の生活環境を考慮して慎重に選ばなければなりません。

【選び方②】職種から探す

飲食店の職種では、「調理員募集」や「接客対応してくれる人募集」という内容で求人募集にかけられることがあります。

人見知りで接客が難しいと思っていたり、調理の勉強をしたいと思っている人は調理志望、一方、人と接することが大好きでコミュニケーションをとることが得意という人は接客志望するなど、飲食店の求人を職種から探すこともできます。

しかし、飲食店の職種から探すと、企業側からみると接客志望の人は「調理ができない」と思われたり、調理志望の人は「人間関係に何か問題があるのでは?」と疑心暗鬼に思われがちです。

よって、面接時など自身をよくアピールすることが大切です。

【選び方③】お店の業態から考える

スーパー、百貨店などお店の業態はさまざまあります。

飲食店でも同じように、同じ肉を提供するにも、焼肉店で提供するのと、ステーキ屋で提供するのはその業態が異なります。

「働いて何をしたいのか」がしっかり理解できている人はお店の業態から、飲食店の求人を探してみるのもよいでしょう。

しかし、同じ業態でも業務内容が異なり思っていた仕事と違うことがあります。

この場合、柔軟に対応するか、辞めるかの判断をしなければならないことから情報をよく分析して選ばなければならないこともあります。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

飲食店に限らず、給与や雇用条件については働くうえで十分確認しておかなければなりません。

現在の生活水準で月にどれくらいのお金が必要なのか、社会保険はつけるべきなのかなど自身でよく考えて把握できている人は給与や雇用条件から、探してみるとよいでしょう。

しかし、高い給与を求めたり、完璧な待遇を求めたりするとなかなか仕事に就くことができません。

ある程度の妥協は必要で、最低何が必要なのか、どの程度まで妥協することができるのかを判断しなければならないこともあります。

【選び方⑤】エリアから考える

飲食店で働くうえで、エリアは重要です。

いくら給料などの待遇がよくても、通勤距離が長すぎると負担を感じ、長続きしません。

例えば通勤時間に1時間も2時間もかかる距離に毎日通勤したいと思う人がどれだけいるでしょうか。

普通はなるべく通勤時間はかけたくないという方が多いことでしょう。

通勤距離は、仕事のやる気や気力に大きく影響を及ぼすことから仕事を探す場合はエリアから探すのもよいでしょう。

まとめ

ここでは、飲食店の仕事はどんな人に向いているのか、得意な人の特徴やキャリアについて解説してきました。

本来は飲食店の仕事は誰でもできる簡単な仕事です。

しかし、その膨大な業務と覚えなければならないマニュアルで戸惑いを生じるをことがあります。

その壁を乗り越えなければ先には進めないのと一緒で、飲食店の仕事は、社会全体の歯車の中で、勉強することがたくさんあります。

日々勉強することによって、壁を乗り越えられる自信を身につけることができることから、気づけば飲食店の仕事が得意に感じ、楽しく仕事をすることができるようになっていることも少なくありません。

この記事を読んで、飲食店の仕事が向いていないと思っている方の参考になれば幸いです。

実際に飲食求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

飲食求人

飲食求人についてもっと深堀りした情報を見る

名古屋の飲食店求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気なお店・エリア・年収相場を解説します

日本を代表する大都市の一つ、名古屋にはあまり知られていませんが、東海地方の名物が集結するグルメの街としての顔もあります。日本でグルメというと大阪、福岡、北海道などの名前が上がりますが、実は名古屋もグルメの豊富な都市です。グルメが豊富ということはそれだけ飲食店が豊富ということです。飲食店が豊富だと当然ですが、求人も豊富にあります。名古屋は、愛知県の玄関口である名古屋駅があり、在来線や新幹線が停車するため、地方や都市部から人が多く行き交います。また、名古屋独自で発展した繁華街も多くあるため、昼夜賑わいのある飲食エリアも存在しています。今回は、名古屋の飲食店求人にスポットをあてて名古屋の飲食店求人に

ケーキ屋の転職を成功させるために!狙い目な職場の3つの特徴と上手に転職するための注意点

ケーキ店で働いているけれど最近なんだかマンネリ気味という方、ここ数年ステップアップのことを考えているという方、そろそろ転職の時期かもしれませんね。私は20年近くケーキ店でパティシエとして働いて来ましたが、パティシエという職業は何度か転職をして色んなお店を見てこそ力が付くと言う一面が大いにあると感じています。一般のオフィス勤めであれば転職回数はとても重要視されますが、パティシエは極端に短い期間の転職をのぞけば回数はマイナスポイントにはなりません。今回は、ケーキ店で働くパティシエたちの転職事情をいろんな角度からご紹介して行きましょう。本当に転職して良い?パティシエが転職を考えるタイミングとはパティ

ケーキ屋の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

特別な技術を必要とするパティシエという仕事。子どもたちの将来なりたい職業ランキングでも常に上位に入っている、華やかで明るい印象の世界です。パティシエたちは日々切磋琢磨しながら新しいケーキを生み出し、私達の生活を彩るケーキを製造しています。とても明るく素敵な世界に見えますが、実は忍耐とたゆまぬ努力が必要な世界。オフィス勤務に比べると体力も必要ですし、労働時間もとても長く覚悟がないと働き続けられない厳しい世界です。そんな修行を乗り越えて活躍するパティシエたちの懐事情は一体どうなっているのか、気になるところですよね。今現在は会社員として働いている人の中にも、やっぱりパティシエへの道を諦めきれない!と

うどん屋の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

うどん屋さんはお子様からお年寄りまで幅広い世代に人気で、1人でも家族でも入りやすい親しみのある飲食店です。うどん屋の仕事をしてみたいなと思っても、どんな仕事をしているのかや、どんな人がうどん屋に向いているのかなど、気になる点も多いかと思います。そんなうどん屋の仕事や求人情報について、仕事の選び方や選ぶ際の注意点をご紹介していきたいと思います。うどん屋ではどんな仕事をするの?うどん屋の仕事は調理スタッフとホールスタッフがあり、それぞれ役割が違います。調理スタッフはうどんを茹でたり、出汁やトッピングを準備します。トッピングには揚げ物が多く、天ぷらやかき揚げなどを揚げていきます。お客さんが食べ終わっ

居酒屋の就職を成功させるには?やっておくべきこと、面接対策など、経験者が解説します!

「居酒屋で働いてる人ってみんな楽しそう! 私もバイトしてみようかな~」「でも忙しそうだし、私にできるかな?」居酒屋といえば定番のアルバイトですよね。また、正社員でも「未経験可」「やる気のある方大歓迎」などの門戸の広い求人が多く、気になる人も多いのではないでしょうか?そんな皆さんに向けて今回の記事では、居酒屋の仕事内容を中心に、居酒屋で就職するにはどうすればよいのか?などを居酒屋で3年間働いてきた筆者が徹底的に解説していきます。居酒屋の仕事はどんな仕事?「お客様に料理やドリンクを運んだりするんでしょ?」実は、お客様には見えないところで大変な仕事がたくさんあります。居酒屋では、おおまかに「キッチン

飲食コンサルタントの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

これから飲食コンサルタントの仕事を目指している方、転職をお考えの方、年収について非常に興味が有るかと思います。ここでは、飲食コンサルタントの年収についてご紹介させて頂きます。飲食コンサルタントの年収の相場はどのくらい?飲食店コンサルタントの年収は、個人のスキルは勿論の事、努める会社によっても様々ですし、個人で起業した場合は、仕事した分全てが収入に成りますので、相場は有って無い様なものです。どの様な形で飲食店のコンサルタントの仕事をしたとしても、その人のスキルにより大幅に年収が変わると言うのが、現状です。それだけに、毎日休まず10年働いたからと言って収入が上がる分けでなく、逆に勤務年数が短くても

ピザデリバリーバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「友人を集めてホームパーティー」「悪天候で買い物に行くのが億劫」そんな時にみなさんも一度はピザデリバリーを注文した経験があるのではないでしょうか。比較的時給が高く、効率良く稼げるピザデリバリーバイトについてここでは解説していきます。ピザデリバリーバイトの大まかな仕事内容誰しもが街で一度は見かけた事のある、屋根付きの三輪原付きバイクが、ピザデリバリー用のバイクです。基本的にはこのバイクを運転して、注文を受けた商品をお客様の元に届けるのが主な仕事内容となります。そこまで注文の数が多くない通常時の仕事内容を一例として、実際の業務の流れは下記のようになります。1.主にインストアスタッフが電話やネットで

ピザ屋バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ピザは、日本の食卓シーンでもおなじみの料理となっており、人気の高い料理です。マルゲリータやシーフード、チキンなど、様々な種類があるのも魅力の一つです。ピザが好きな人は、あの良い匂いの中で働いてみたいと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。そんな魅力溢れるピザ屋のバイト求人でよくある募集内容や、おすすめの求人内容などについて紹介をしていきます。ピザ屋バイトってどんな仕事?ピザ屋バイトの仕事は大きく分けて、店内でピザを作るインストア業務と、ピザをバイクで配達するデリバリー業務に分けられます。インストアとデリバリーで、給料は変わります。デリバリーの場合は、空き時間にチラシ配りを行うことがあり

ファミレスのキッチンバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

ファミリーレストランは気軽に行くことができる身近な飲食店ですよね。特に近年ではドリンクバーは当たり前、値段もお手頃で美味しい料理が食べられるというイメージです。そこで働いている人は、学生などの若いアルバイトの人や、長年いるベテランまで様々です。今回はそんな身近にあるファミリーレストランのキッチンでのバイトについてご紹介いたします!ファミレスのキッチンバイトの大まかな仕事内容ファミリーレストランのキッチンでは、お客様から注文をいただいた品物を作るお仕事です。食事の部門からデザート部門まで幅広く調理担当します。近年様々な大手チェーン店が増えてきましたが、殆どの調理場が半調理品の仕上げ作業という場合

牛丼屋求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

街によくある牛丼屋。あれだけの速さでご飯が出てくるのは、牛丼屋ならではと思います。そんな牛丼屋で働くにはどうしたらよいのでしょうか?アルバイト、正社員含めて牛丼屋求人について解説をしていきます。牛丼屋の仕事ってどんな仕事?牛丼屋はファーストフードに分類される飯屋です。24時間365日休まないお店です。その中では、牛丼や定食類を作ったり、仕込みをする「キッチン」、お客様に提供し、食器類を片付け、テイクアウト用の品を揃える「ホール」大まかにはこの二つの役割から仕事が成立します。キッチンは、牛丼のお肉の煮込み、ご飯炊き、サラダや、定食、トッピングなどの仕込みや、配送された食材を冷蔵庫にしまう作業も行