今、焼肉屋の仕事に興味を持っている人や、何か仕事を始めたいなと思っている人はいませんか?

今回はそんな人たち必見!

焼肉屋の仕事はどんな人に向いているか、また得意な人の特徴について詳しく解説していきます。

何か自分に当てはまるものがあったり、ピンとくるものがあればあなたは焼肉屋での仕事に向いているのかもしれません。

自分が焼肉屋での仕事に向いているかどうかチェックしてみてください。

焼肉屋の仕事はどんな仕事?

まず初めに焼肉屋での仕事とはどういったものなのか、簡単にお話ししていきます。

焼肉屋での仕事はだいたい大きく分けて5つに分かれています。

レジ、ウェイトレス、キッチン、ドリンカー、洗い場。

この5つの仕事に分かれ各自、自分のポジションで働きます。

大まかに各自どういった仕事をするのか説明すると、レジではお客さんのお会計をしたり、ウェイトレスは料理の配膳や片付け、キチンは料理の調理、ドリンカーはドリンクやデザートを作ったり、洗い場は洗い物をする仕事になります。

焼肉屋の大まかな仕事内容

焼肉屋の5つの仕事について、各仕事内容を大まかに説明していきます。

レジ

レジでお客さんのお会計や、店内のテーブルの使用状況、空いている席の確認や来店されたお客さんのご案内、電話での予約の受付などです。

レジでテーブルの使用状況や、空いている席の確認、予約の確認をするため、レジの仕事は意外と重要な仕事になります。

また、混雑時にはテーブルの使用状況や何番テーブルのお客さんのお会計が済んでいるか、お客さんの案内や片付けするテーブルなどを伝えなければなりません。

また、予約を受け付けた際などには他のスタッフにいつ予約を受け付けたかなども伝えなければなりません。

ウェイトレス

来店されたお客さんのご案内や、注文の受付、料理の配膳や、網やトングの交換、帰られたお客さんのテーブルの片付けとセッティングなどです。

注文の受付や料理の配膳の際にテーブルナンバーを覚える必要があります。

また、注文を受ける際や料理を配膳した際に、お客さんに料理の食材についてや肉の部位について聞かれることが多くあります。

そのためある程度料理や肉の部位について知識もつけないといけません。

お客さんが帰ったのを確認するとすぐに片付けに取り掛かり、セッティングをしてなるべくお客さんを待たせないようにしなければなりません。

キッチン

食材の仕込みや、注文を受けた料理の調理、また肉や野菜の盛り付けなどです。

食材の仕込みは混雑時などスムーズに作業をするためにも混雑する前(出勤してすぐに)仕込みの作業に取り掛かります。

キッチンでは肉の種類や部位についての知識も必要になります。

忙しい時間帯などはキッチンもパンク状態になるため注文をよく確認して肉の種類、部位やタレなどの味付けを間違えないようにしなければなりません。

キッチンでミスをしてしまうとウェイトレスが配膳した際にクレームになってしまうため気を付けないといけません。

ドリンカー

注文を受けたドリンクを淹れたり、アルコールやカクテルを作ったり、デザートを作ったりします。

アルコールはカクテルなどのレシピを覚える必要があります。

デザートにもレシピがあるものは覚えないといけません。

洗い場

キッチンで使用した調理器具や、ウェイトレスが下げてきたお皿やグラスなどの食器の洗浄などです。

洗い場の仕事は基本キッチンやウェイトレスが手が空いているときにします。

混雑時には洗い場の人が出勤します。

なるべく洗い物をためずに洗い物があればすぐに洗う必要があります。

洗い物をためてしまうと、お皿やグラスなどキッチンやドリンカーが使えなくて困ることがあるのでこまめに洗い物を済ませます。

焼肉屋の仕事はどんな人に向いている?

それでは、焼肉屋での仕事はどういった人に向いているのか、また向いている人の特徴などについてもまとめてみました。

常に忙しく働きたい人

常に忙しく働きたい人といってもあまりピンとこないかもしれません。

しかし、仕事の好みは大きく2つに分かれると思います。

1つは静かに1人でコツコツと作業をするような仕事。

もう1つは常に動き回り自分の仕事に充実を感じられる仕事。

焼肉屋の仕事はどちらかというと常に動き回り自分の仕事に充実を感じられる仕事だと思います。

休日なんかは特に忙しく、家族連れのお客さんから団体のお客さんまでいろんなお客さんが来店してきます。

常に忙しく、慌ただしい店内の中でどれだけ早く店を回せるか考えながら働くのに充実を感じる人もいると思います。

忙しいほど仕事が楽しく感じる。

そういった働き方が好きな方には焼肉屋の仕事は向いていると思います。

厳しい規則の下で働きたくない人

厳しい規則の下で働きたくない人というと少し聞こえは悪いかもしれませんが、高校生のバイトなどで規則が厳しいところで働くのはちょっとと思う人、焼肉屋は意外と規則が緩いです。

髪型や髪の色なども焼肉屋の制服によっては、ハチマキやタオルを巻くところはお客さんの目につかないため、髪型や髪色に関しては規則が緩いところがあります。

私が以前には働いていた焼肉屋ではネックレスもOK、ピアスはぶら下がってなければOK、ミンティアぐらいの大きさならOK、など規則がとても緩かったため楽しく仕事をすることができました。

もちろん手は衛生のためネイル禁止、指輪禁止でしたがその他の規則が緩かったため苦に感じることはありませんでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は焼肉屋の仕事はどんな人に向いているか、また得意な人の特徴を解説してきました。

仕事や仕事内容などについても簡単にまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

焼肉屋の仕事に興味を持っている人や、また今回この記事を見て焼肉屋の仕事に興味を持った人、焼肉屋の仕事に向いている人の内容に何か当てはまるのもはありましたでしょうか?

自分が働いてみたいと思っていた仕事、自分にとって働きやすそうな仕事、長く続けられそうな仕事だと思ったら一度面接を受けてみるのもいいかもしれませんね。

規則の話をしましたが、焼肉屋によっては異なるとこも多くあると思います。

そのため、面接を受ける前には自分でネットなどを使ってその焼肉屋について簡単に下調べや、実際に働いていた人の口コミなどを見てみるのもおすすめします。


関連キーワード

飲食求人