近年、ブラック企業という言葉を社会でよく聞くようになりました。

政府の発表した「働き方改革」など、人が働くことについての意識が再認識させられる時代となってきているようです。

ここでは、飲食店を取り上げ、店長の仕事がブラックと言われている理由について解説していきたいと思います。

飲食店の店長の仕事がブラックだといわれている3個の理由

ここでは飲食店店長の仕事がブラックだといわれている理由をご紹介します。

1日にこなさなければならない業務が多く忙しすぎる

飲食店には、時間帯売上といって1時間内に売り上げなければならない目標の売上高があります。

時間帯売上は1日の損益の分岐点から算出されるものであり、簡単に説明すると1時間以内に目標売上高を達成しないと飲食店が損をするということです。

つまり、この時間帯売上をもとに従業員のシフトを組むため、目標売上を達成しそうにない場合は従業員のシフトカットをせざるを得なくなります。

よって、場合によっては従業員に運営を任せて店長は自身の業務を行うことがあります。

しかし、目標売上に達することのない場合はシフトカットしたことで、店長自身の業務に加え、シフトカットした従業員分の負担を強いられることもあり、悪循環となることも少なくありません。

よって、業務が間に合わず、忙しすぎると感じることが多々あります。

1日の労働時間が長すぎる

飲食店に店長は原則1人であることから、営業時間帯は店長が常勤しておかなけらばなりません。

よって、店舗によっては8時間を超えて労働することもあり、負担を強いられることがあります。

8時間を超えた分の給料は残業として支払われますが、労働時間だけみると飲食店はお客様商売のため、集客状況によっては長くなる場合も少なくありません。

希望通りの休日がもらえない

飲食店店長の休日は基本的に平日の集客の少ない日に設定されることが多くみられます。

しかし、飲食店は食材管理が徹底されていなければならず、集客状況で予想外の食材の出数があると出勤して食材の調達や、ヘルプに入らなければならないケースも多々あります。

また、お客様からの予約状況から、予定していた休日を変更しなければならないこともあり、飲食店店長の休日希望はほとんど通らないのが現実です。

実際に、飲食店の店長の仕事がブラックだなと思った瞬間

ここでは、飲食店店長の仕事がブラックだと思った瞬間をご紹介します。

営業時間内に1人営業の時間帯がある

飲食店は、時間帯売上という1日の目標売上があります。

しかし、その目標売上を達成しそうになければ従業員のシフトカットをしなければならないこともあり、場合によっては1人で運営しなければならないこともあります。

飲食店の来客が少ないアイドルタイムの時間帯は店長と従業員の2人で営業する場合があります。

しかし、時間帯売上によっては、唯一店長と二人三脚でシフトインしていた従業員をシフトカットしなければならないこともあり、その場合は1人営業となります。

1人営業とは、運営中の接客、調理の全てを1人で行うことです。

すべての流れを1人でこなさなければならず、負担は大きなものとなることからブラックだと思うことがあります。

稀に休日サービス出勤がある

飲食店には食材の出数がおおよそ決まっていますが、場合によっては予想外の出数により食材が足りなくなることがあります。

食材管理も店長業務の1つであることから、休日でも食材が足りなくなると調達に走ることがあります。

しかし、食材管理についての急な出勤については給料が支払われることもなく、休日サービス出勤扱いとなることからブラックだと思うことがあります。

月末処理になると業務過多により残業

飲食店の月末処理は、従業員管理、給与計算、食材の棚卸し、備品管理など数多くの業務があります。

しかし、その多くは月末当日に行わなければならない業務であり、事前に行うことができません。

特に食材の棚卸しについては、月末当日の閉店後に在庫数を確認しなければならず、通常の締め作業に加え、食材の棚卸しで相当な負担を感じることがあります。

月末当日になると、飲食店店長は実際運営どころではなく、ほとんど月末処理に追われます。

その業務は膨大で、売上や食材の棚卸しなどで数字が合わないことがあると残業を強いられることも少なくありません。

このことから、ブラックだと感じることがあります。

現役店長が語る!それでもこの仕事を選ぶワケとは?

ここでは、飲食店店長がこの仕事を選ぶワケをご紹介いたします。

お客様と接することが楽しい

飲食店の醍醐味はたくさんのお客様と楽しく接することができることです。

お客様から地域のイベント情報の交換をしたり、他飲食店の話をしたりと世間話をする機会が多々あります。

常連客になると、お客様から話しかけてくることもあり、話すことが好きな人ならやりがいを感じることも少なくありません。

さまざまなお客様と色んな会話ができることから飲食店の仕事は楽しいと思えるのです。

調理作業にやりがいを感じる

飲食店の調理作業中、味付けや盛り付けがしっかり決まると気持ちが満足します。

思った通りの味や盛り付けができると、自信に繋がり、やりがいを感じることがあります。

また、お客様がおいしそうにニコニコしながら食事している光景をみると気持ちの良いものです。

これらを総合的に判断し、飲食店の調理作業は店長にとってストレス発散となり、お客様のおいしそうな姿をみると、心が和やかになるのです。

1日終わりの達成感

飲食店の1日は大変ハードなものです。

お食事時のピークを乗り越えた後の達成感以上に、1日終わりの達成感は気持ちの良いものです。

閉店後の締め作業が終わり、帰宅しようとお店を出た瞬間の解放感は何ともいえない心地よさを感じることができます。

まとめ

ここでは、飲食店店長の仕事がブラックと言われている理由について解説してきました。

飲食店店長の業務は大変多く、時間帯も不定期で業務が終わらなければ定時を過ぎてでも完遂しなければならないことからブラックといわれることがあります。

しかし、店長の業務を効率よく行えればそのようなことにはなりません。

要するに、捉え方によって良し悪しが分かれるのです。

飲食店に興味のある人、これから店長を目指している人の参考になれば幸いです。


関連キーワード

飲食店店長仕事

飲食求人についてもっと深堀りした情報を見る

名古屋の飲食店求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気なお店・エリア・年収相場を解説します

日本を代表する大都市の一つ、名古屋にはあまり知られていませんが、東海地方の名物が集結するグルメの街としての顔もあります。日本でグルメというと大阪、福岡、北海道などの名前が上がりますが、実は名古屋もグルメの豊富な都市です。グルメが豊富ということはそれだけ飲食店が豊富ということです。飲食店が豊富だと当然ですが、求人も豊富にあります。名古屋は、愛知県の玄関口である名古屋駅があり、在来線や新幹線が停車するため、地方や都市部から人が多く行き交います。また、名古屋独自で発展した繁華街も多くあるため、昼夜賑わいのある飲食エリアも存在しています。今回は、名古屋の飲食店求人にスポットをあてて名古屋の飲食店求人に

ケーキ屋の転職を成功させるために!狙い目な職場の3つの特徴と上手に転職するための注意点

ケーキ店で働いているけれど最近なんだかマンネリ気味という方、ここ数年ステップアップのことを考えているという方、そろそろ転職の時期かもしれませんね。私は20年近くケーキ店でパティシエとして働いて来ましたが、パティシエという職業は何度か転職をして色んなお店を見てこそ力が付くと言う一面が大いにあると感じています。一般のオフィス勤めであれば転職回数はとても重要視されますが、パティシエは極端に短い期間の転職をのぞけば回数はマイナスポイントにはなりません。今回は、ケーキ店で働くパティシエたちの転職事情をいろんな角度からご紹介して行きましょう。本当に転職して良い?パティシエが転職を考えるタイミングとはパティ

ケーキ屋の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

特別な技術を必要とするパティシエという仕事。子どもたちの将来なりたい職業ランキングでも常に上位に入っている、華やかで明るい印象の世界です。パティシエたちは日々切磋琢磨しながら新しいケーキを生み出し、私達の生活を彩るケーキを製造しています。とても明るく素敵な世界に見えますが、実は忍耐とたゆまぬ努力が必要な世界。オフィス勤務に比べると体力も必要ですし、労働時間もとても長く覚悟がないと働き続けられない厳しい世界です。そんな修行を乗り越えて活躍するパティシエたちの懐事情は一体どうなっているのか、気になるところですよね。今現在は会社員として働いている人の中にも、やっぱりパティシエへの道を諦めきれない!と

うどん屋の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

うどん屋さんはお子様からお年寄りまで幅広い世代に人気で、1人でも家族でも入りやすい親しみのある飲食店です。うどん屋の仕事をしてみたいなと思っても、どんな仕事をしているのかや、どんな人がうどん屋に向いているのかなど、気になる点も多いかと思います。そんなうどん屋の仕事や求人情報について、仕事の選び方や選ぶ際の注意点をご紹介していきたいと思います。うどん屋ではどんな仕事をするの?うどん屋の仕事は調理スタッフとホールスタッフがあり、それぞれ役割が違います。調理スタッフはうどんを茹でたり、出汁やトッピングを準備します。トッピングには揚げ物が多く、天ぷらやかき揚げなどを揚げていきます。お客さんが食べ終わっ

居酒屋の就職を成功させるには?やっておくべきこと、面接対策など、経験者が解説します!

「居酒屋で働いてる人ってみんな楽しそう! 私もバイトしてみようかな~」「でも忙しそうだし、私にできるかな?」居酒屋といえば定番のアルバイトですよね。また、正社員でも「未経験可」「やる気のある方大歓迎」などの門戸の広い求人が多く、気になる人も多いのではないでしょうか?そんな皆さんに向けて今回の記事では、居酒屋の仕事内容を中心に、居酒屋で就職するにはどうすればよいのか?などを居酒屋で3年間働いてきた筆者が徹底的に解説していきます。居酒屋の仕事はどんな仕事?「お客様に料理やドリンクを運んだりするんでしょ?」実は、お客様には見えないところで大変な仕事がたくさんあります。居酒屋では、おおまかに「キッチン

飲食コンサルタントの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

これから飲食コンサルタントの仕事を目指している方、転職をお考えの方、年収について非常に興味が有るかと思います。ここでは、飲食コンサルタントの年収についてご紹介させて頂きます。飲食コンサルタントの年収の相場はどのくらい?飲食店コンサルタントの年収は、個人のスキルは勿論の事、努める会社によっても様々ですし、個人で起業した場合は、仕事した分全てが収入に成りますので、相場は有って無い様なものです。どの様な形で飲食店のコンサルタントの仕事をしたとしても、その人のスキルにより大幅に年収が変わると言うのが、現状です。それだけに、毎日休まず10年働いたからと言って収入が上がる分けでなく、逆に勤務年数が短くても

ピザデリバリーバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「友人を集めてホームパーティー」「悪天候で買い物に行くのが億劫」そんな時にみなさんも一度はピザデリバリーを注文した経験があるのではないでしょうか。比較的時給が高く、効率良く稼げるピザデリバリーバイトについてここでは解説していきます。ピザデリバリーバイトの大まかな仕事内容誰しもが街で一度は見かけた事のある、屋根付きの三輪原付きバイクが、ピザデリバリー用のバイクです。基本的にはこのバイクを運転して、注文を受けた商品をお客様の元に届けるのが主な仕事内容となります。そこまで注文の数が多くない通常時の仕事内容を一例として、実際の業務の流れは下記のようになります。1.主にインストアスタッフが電話やネットで

ピザ屋バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ピザは、日本の食卓シーンでもおなじみの料理となっており、人気の高い料理です。マルゲリータやシーフード、チキンなど、様々な種類があるのも魅力の一つです。ピザが好きな人は、あの良い匂いの中で働いてみたいと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。そんな魅力溢れるピザ屋のバイト求人でよくある募集内容や、おすすめの求人内容などについて紹介をしていきます。ピザ屋バイトってどんな仕事?ピザ屋バイトの仕事は大きく分けて、店内でピザを作るインストア業務と、ピザをバイクで配達するデリバリー業務に分けられます。インストアとデリバリーで、給料は変わります。デリバリーの場合は、空き時間にチラシ配りを行うことがあり

ファミレスのキッチンバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

ファミリーレストランは気軽に行くことができる身近な飲食店ですよね。特に近年ではドリンクバーは当たり前、値段もお手頃で美味しい料理が食べられるというイメージです。そこで働いている人は、学生などの若いアルバイトの人や、長年いるベテランまで様々です。今回はそんな身近にあるファミリーレストランのキッチンでのバイトについてご紹介いたします!ファミレスのキッチンバイトの大まかな仕事内容ファミリーレストランのキッチンでは、お客様から注文をいただいた品物を作るお仕事です。食事の部門からデザート部門まで幅広く調理担当します。近年様々な大手チェーン店が増えてきましたが、殆どの調理場が半調理品の仕上げ作業という場合

牛丼屋求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

街によくある牛丼屋。あれだけの速さでご飯が出てくるのは、牛丼屋ならではと思います。そんな牛丼屋で働くにはどうしたらよいのでしょうか?アルバイト、正社員含めて牛丼屋求人について解説をしていきます。牛丼屋の仕事ってどんな仕事?牛丼屋はファーストフードに分類される飯屋です。24時間365日休まないお店です。その中では、牛丼や定食類を作ったり、仕込みをする「キッチン」、お客様に提供し、食器類を片付け、テイクアウト用の品を揃える「ホール」大まかにはこの二つの役割から仕事が成立します。キッチンは、牛丼のお肉の煮込み、ご飯炊き、サラダや、定食、トッピングなどの仕込みや、配送された食材を冷蔵庫にしまう作業も行