飲食業はいわゆるサービス業です。

現在はサービス業の求人が多く、なかなか人手が足りない状態です。

様々な理由で、飲食業から引退して別の仕事に就きたいと思っている人は少なからず居ると思います。

私もその中の一人でした。

実際に飲食業界で数年働き、その後に全く違う職業に就いてみました。

今現在も別の仕事に就いていますが、気持ちの中では飲食業に戻りたいという気持ちがあります。

仕事が辛い時はつい転職を考えてしまいますが、実際に離れてみるとふとした瞬間に飲食業界に戻りたいという気持ちが出てきます。

では、辞めたいと感じる要因は何なのか、実際に転職したら上手くいったのか、実際に飲食業界を離れた私が感じた、飲食業の良さや辞めたいと思った時の要因をまとめてみました!

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

私は今までこんなお仕事をしてきました

飲食店をやめた後、手始めに就いた職業は介護職でした。

資格を無料で取得できる短期講座があったので、私はそこでヘルパー2級を取得しデイサービスで働き始めました。

元々立ち仕事だったので、業務の体力には問題ありませんでした。

しかし飲食業でも多少なりとも経験した”手荒れ問題”が出てきました。

飲食店で使用していた食器洗剤で多少の手荒れを起こしていましたが、介護職ではそれ以上に他の薬品も使用します。

入浴介助で使用していた肌に合わない石鹸や塩素など、飲食業時代より手荒れが酷くなってしまい、わずか一年で介護職は断念しました。

肌荒れ問題を考えた後、たどり着いたのは事務職でした

水仕事を一旦離れようと思い、今まで経験の無かった事務職に挑戦することにしました。

事務職未経験でしたが、20代のうちに経験しておかなければと思い、初めて事務職の仕事に飛び込みました。

就職した先はパソコンが普通に操作できればいい、ワード・エクセルが少しでも使えればいいという程度で、すぐに対応できる職場でした。

残業がほとんど無く、休日もカレンダー通りという環境に予定の立てやすさも感じました。

しかし、お給料が固定であり残業が無いため一定のお給料しか稼げないという壁にぶち当たります。

休みやアフター5に余裕が出来た分、お金に余裕が生まれなくなったことを実感しました。

事務職の契約期間が終わり、次に経験したのが発掘作業員!

期間満了で事務職を終えた後、気になって始めたのが発掘作業のバイトでした。

夏の炎天下の中、外で黙々と土を掘る仕事です。

飲食業でも、夏場は厨房が暑く辛かった経験がありますが、それとは比べ物になりません。

厨房で調理をしていた時のほうがまだ楽だと感じるほどに、外での仕事は過酷です。

時給も飲食業をしていた時とはあまり変わらないくらいのお給料で、飲食業にいた時の辛さは比べ物にならないと痛感しました。

もし、転職先に悩んでいるのであれば、こちらから相談してみると良いでしょう。

飲食の仕事辞めたい・・よくある5個の理由

今の仕事を辞めたいと感じた時に、人によっては様々な要因が思い浮かぶと思います。

しかし、その中には飲食業自体を辞めなくても働き先を変えるだけで済むものもあります。

私の経験も含め、飲食業界で働いている人が実際に感じている5個の理由を上げてみました。

よく残業がある

サービス業にありがちなのは、勤務先の人手不足やお客さんの動き次第で残業を強いられるということです。

自分の予定が狂ってしまう

友達との約束や病院や美容院の予約など、仕事が終わる見込みで予定を立てたのに帰れない・・・。

そんなことが続いてしまうと、予定を立て辛くなりプライベートが充実しません。

融通が利かない職場にいる場合は特にこの事を感じてしまいます。

家庭を理由に帰ると気まずい

家庭を持っている方、特に主婦層の方などはどうしても仕事を切り上げなくてはいけない場面がありますよね。

子供の迎えがあるから、行事があるから、病院に連れて行かないと・・・仕方が無い理由だけれど、それが一人だけ融通が通ってしまうと周りの目を気にして居辛くなってしまいがちです。

休日が平日

土日祝日休みというのがほとんど無いのがこの業界です。

シフト制または定休日プラスシフト制の休日が多く、週末に連休を取ることが難しい職種です。

オフィスで働いている友人たちとの予定を立てたいけど、自分は週末に休みが取れない・・・など周りと休みが合わずにプライベートが閉塞的になりがちです。

周りの友人にサービス業の人が少ない時などはよく痛感すると思います。

また、子供の行事が集中する週末に休みがなかなか取れないなど、家族の不満に繋がることもあります。

毎回自分だけ週末に休みをもらうのが申し訳ないと感じる事や、家庭持ちの人が多い職場では誰かが我慢しなければならないことがあります。

休みを取ることに罪悪感を感じてしまった時、ちゃんと定休がある仕事に就きたいと思ってしまいます。

身体的理由

立ち仕事が辛い

事務職と違い常に動き回る仕事であるため、飲食業を初めて経験した人達は体力的に辛さを感じてしまいがちです。

お客さんの前ではなおさら手抜きの姿勢など見せることが出来ず、ホール担当者になれば特に意識的にも疲労が溜まってしまいます。

元々体力的に自信の無い人や、腰痛持ちの人などは辛く感じてしまいます。

手荒れが酷い

職業病といわれる手荒れが酷い場合などは仕事の変更を考える要因です。

飲食業や美容師さんなどは手荒れに悩まされ引退する方も多くいらっしゃいます。

仕事は好きだけど、自分の体も大事にしたいと思った時、飲食業を引退することを考えると思います。

仕事の内容自体が自分に合わない

就職・アルバイトで何の気なしに入ってみたものの、もしかしてこの仕事に向いてない?と感じる瞬間があると思います。

どの職業にも向き不向きがあり、やはり仕事の内容的に自分に合わないストレスを感じてしまうことがあるでしょう。

調理が嫌い

なんとなく仕事を始めてみたけれど、調理自体が嫌い・苦痛と感じてしまう場合もあります。

苦手なだけなら克服することも出来ますが、ストレスを感じるほど仕事が合わないと思ってしまったら仕事を変える事を考えてしまいます。

接客業が嫌い

サービス業自体が嫌いな人も少なくありません。

接客はしたくないけど調理なら大丈夫と思い就職してみたら、人が足りなくてホールに回されたなどの理由もよくあります。

合わない配置転換で仕事が苦痛に感じたときも転職を考える理由に挙げられます。

人間関係の不満

どの職業にもありがちなのが人間関係の問題です。

現在の退職・転職理由の中で最も多いのが人間関係が上手くいかないということが上げられています。

人の入れ代わりが多い店ならば多少我慢すれば居なくなることもありますが、固定した従業員で働いている場所では転職を考えてしまいますよね。

もしも人間関係だけが理由ならば職場を変えるだけで済みますが、人間関係にプラスして上記の例がいくつか重なった場合、飲食業の仕事自体を辞めたいと考えてしまいます。

今の職場が自分に合っていないと感じたら、こちらから相談してみると良いでしょう。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

他にも飲食店を辞めたいと言う人の理由と対策は、こちらの記事を参考に!

色々な仕事をしたけど・・・。やっぱり飲食業の仕事が良いと思う7個の理由

飲食業界から離れてみた時に、感じることがいくつもありました。

実際に働いていた頃は他の職種に憧れていましたが、隣の芝生は青く見えるという事だと気づくことも多々あります。

飲食業から離れて改めて気づいた仕事の良さをお伝えしたいと思います。

お客さんの笑顔や感謝の言葉を思い出す

飲食業を引退した後、事務職など様々な職をやってみましたが、時々思い出すのがお客様からの感謝の気持ちです。

直接感想を言われた時や、自分の料理を褒めてくれたときなど、飲食業を辞めた今でも思い出し名残惜しくなります。

介護職の時は面と向かって利用者さんに感謝をされる事はありましたが、事務業では誰かに感謝されることなんてほとんどありません。

仕事はやって当たり前という風潮の中で仕事をしていると、お客さんからの評価があることは自分の仕事のモチベーションに繋がるのだと気づかされました。

生活に直結するスキルである

仕事上であっても調理ができるということは自分の生活にプラスになります。

実際に勤務先のメニューを覚えて自分でサラッと作り、友人や知人に振舞うことが出来ます。

料理が苦手な人や出来ない人から「どうやって作ったの?」「こんな方法があったんだ!?」と驚かれることもあります。

仕事上だけのスキルではなく、自分の生活に潤いを与えるスキルであることは間違いないです。

コミュニケーションの充実

事務職は黙々とパソコンに向かって座り続けていたり、コピー機の前に立っていることが多いです。

そんな時ふと思い出すのが仕事でのコミュニケーションでした。

常に状況が変わる飲食業では、厨房やホールの人達のコミュニケーションが過密で、会話をしないことなどほとんどありませんでした。

何気ない会話も重要で、会話中に誰かの体調不良に気づいたり、辛そうな時に声をかけたりということができたのも飲食業です。

仕事中のコミュニケーションの大切さがわかり、他の仕事ではなかなか出来ないことなのだと再認識しました。

稼いだ分だけ反映される給料

私が経験した事務職は固定給だったため、お給料の違いを痛感しました。

飲食業で働いていた時は、残業も適度に交えながら働いていたので、手取りの金額は今の事務職より8万円も多かったです。

事務職はプライベートの確保が出来る代わりにサービス業と違ってプラスのお給料が難しくなります。

目標のために稼ぎたい!と思った時にやはり飲食業にいた時のほうが断然稼げていました。

飲食業は人間力の高い人が多い

飲食店の経験者に多いのがボキャブラリーを持った人の多さだと感じました。

お客様の動きに合わせて常に不測の事態に備え頭をフル回転させる業種であるため、会話や対応が普通の人を上回っている人材が多かったです。

事務職では一定の会話しかしなかったのに対し、飲食業では上記で挙げたコミュニケーションが充実しています。

そこにプラスして人間力の高い人達との会話はとても充実した内容になりました。

いくら忙しくても、どれだけ疲れていても、このような人達と働く現場は苦痛に感じませんでした。

仕事の達成感が違う

事務職や介護職では時間内に行う作業が決まっていました。

毎日同じ内容の繰り返しを時間内に終わらせます。

そんな時、飲食業での仕事を思い出すと達成感の違いに気づかされます。

飲食店で働いていれば、今日が忙しくなるのか暇になるのかわかりません。

お客さん次第でその日の仕事の度合いが変わってきます。

予想もしないほど忙しかった時、やり遂げた後の達成感は格別でした。

その場で一緒に働いていた人達で労い合い、みんなで達成する喜びが味わえたのが飲食業でした。

食費が断然安い

飲食業の特権といえば、なんと言っても賄いではないでしょうか?

お店によっては数%割引でお店のものを食べれたり、お昼は無料で提供しているところもあります。

他の仕事ではお昼を用意するのに時間やコストがかかります。

毎日のことなので、一ヶ月の昼食代を計算した時に飲食業にいた時の方が断然安いです。

毎日早起きしてお弁当を作るのが辛い、コンビにでお弁当を買うとなんだかんだ500円以上は使ってしまう、そうした苦労をせずに働けていたのは生活にとって非常にプラスになりました。

中にはお店の割引券などの従業員割引制度もあったりと、普通に働いていてもプライベートで得をすることも出来ます。

大変なこともたくさんあるけど、やっぱり飲食の仕事で働きたいと思った人は、こちらから出して貰うと良いでしょう。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実際に飲食業を辞めて別の職種で働いた経験者が、改めて感じた飲食業の良さ、そして飲食業へ戻りたいという気持ちが伝えられたかと思います。

これを読んでいる方々の今感じている辞めたい理由はなんでしょうか?

それはもしかしたら一時的なものの可能性もあります。

実際に飲食業界から離れてみると見えてくるいい部分がたくさんあります。

自分がこの仕事に向いている・向いていないだけではなく、他の仕事にも向いていそうかいないかも考えてみる必要があります。

飲食業から事務職を経験した際は「暇疲れ」というものに悩まされました。

常に動き回る仕事だった人がデスクワークに転向すると、体や頭の稼働率の違いに苦労することもあります。

職場の人間関係も、仕事が違うと付き合い方の雰囲気も全く違います。

飲食業はみなさんの生活の中で欠かせない職業です。

最近では人手不足の影響で営業時間の縮小を余儀なくされているお店もあります。

今辞めたいと思っている人達が、この記事をきっかけに少しでも飲食業ならではの良さを感じ、働き続けたいと思っていただける事を願っています。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

飲食求人

飲食求人についてもっと深堀りした情報を見る

名古屋の飲食店求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気なお店・エリア・年収相場を解説します

日本を代表する大都市の一つ、名古屋にはあまり知られていませんが、東海地方の名物が集結するグルメの街としての顔もあります。日本でグルメというと大阪、福岡、北海道などの名前が上がりますが、実は名古屋もグルメの豊富な都市です。グルメが豊富ということはそれだけ飲食店が豊富ということです。飲食店が豊富だと当然ですが、求人も豊富にあります。名古屋は、愛知県の玄関口である名古屋駅があり、在来線や新幹線が停車するため、地方や都市部から人が多く行き交います。また、名古屋独自で発展した繁華街も多くあるため、昼夜賑わいのある飲食エリアも存在しています。今回は、名古屋の飲食店求人にスポットをあてて名古屋の飲食店求人に

ケーキ屋の転職を成功させるために!狙い目な職場の3つの特徴と上手に転職するための注意点

ケーキ店で働いているけれど最近なんだかマンネリ気味という方、ここ数年ステップアップのことを考えているという方、そろそろ転職の時期かもしれませんね。私は20年近くケーキ店でパティシエとして働いて来ましたが、パティシエという職業は何度か転職をして色んなお店を見てこそ力が付くと言う一面が大いにあると感じています。一般のオフィス勤めであれば転職回数はとても重要視されますが、パティシエは極端に短い期間の転職をのぞけば回数はマイナスポイントにはなりません。今回は、ケーキ店で働くパティシエたちの転職事情をいろんな角度からご紹介して行きましょう。本当に転職して良い?パティシエが転職を考えるタイミングとはパティ

ケーキ屋の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

特別な技術を必要とするパティシエという仕事。子どもたちの将来なりたい職業ランキングでも常に上位に入っている、華やかで明るい印象の世界です。パティシエたちは日々切磋琢磨しながら新しいケーキを生み出し、私達の生活を彩るケーキを製造しています。とても明るく素敵な世界に見えますが、実は忍耐とたゆまぬ努力が必要な世界。オフィス勤務に比べると体力も必要ですし、労働時間もとても長く覚悟がないと働き続けられない厳しい世界です。そんな修行を乗り越えて活躍するパティシエたちの懐事情は一体どうなっているのか、気になるところですよね。今現在は会社員として働いている人の中にも、やっぱりパティシエへの道を諦めきれない!と

うどん屋の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

うどん屋さんはお子様からお年寄りまで幅広い世代に人気で、1人でも家族でも入りやすい親しみのある飲食店です。うどん屋の仕事をしてみたいなと思っても、どんな仕事をしているのかや、どんな人がうどん屋に向いているのかなど、気になる点も多いかと思います。そんなうどん屋の仕事や求人情報について、仕事の選び方や選ぶ際の注意点をご紹介していきたいと思います。うどん屋ではどんな仕事をするの?うどん屋の仕事は調理スタッフとホールスタッフがあり、それぞれ役割が違います。調理スタッフはうどんを茹でたり、出汁やトッピングを準備します。トッピングには揚げ物が多く、天ぷらやかき揚げなどを揚げていきます。お客さんが食べ終わっ

居酒屋の就職を成功させるには?やっておくべきこと、面接対策など、経験者が解説します!

「居酒屋で働いてる人ってみんな楽しそう! 私もバイトしてみようかな~」「でも忙しそうだし、私にできるかな?」居酒屋といえば定番のアルバイトですよね。また、正社員でも「未経験可」「やる気のある方大歓迎」などの門戸の広い求人が多く、気になる人も多いのではないでしょうか?そんな皆さんに向けて今回の記事では、居酒屋の仕事内容を中心に、居酒屋で就職するにはどうすればよいのか?などを居酒屋で3年間働いてきた筆者が徹底的に解説していきます。居酒屋の仕事はどんな仕事?「お客様に料理やドリンクを運んだりするんでしょ?」実は、お客様には見えないところで大変な仕事がたくさんあります。居酒屋では、おおまかに「キッチン

飲食コンサルタントの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

これから飲食コンサルタントの仕事を目指している方、転職をお考えの方、年収について非常に興味が有るかと思います。ここでは、飲食コンサルタントの年収についてご紹介させて頂きます。飲食コンサルタントの年収の相場はどのくらい?飲食店コンサルタントの年収は、個人のスキルは勿論の事、努める会社によっても様々ですし、個人で起業した場合は、仕事した分全てが収入に成りますので、相場は有って無い様なものです。どの様な形で飲食店のコンサルタントの仕事をしたとしても、その人のスキルにより大幅に年収が変わると言うのが、現状です。それだけに、毎日休まず10年働いたからと言って収入が上がる分けでなく、逆に勤務年数が短くても

和食求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

未経験OKの飲食店の仕事は、求人がたくさんあり応募しやすい仕事ですが、その種類は多岐にわたります。今回は、飲食店の中で和食料理店の仕事について紹介します。和食のお仕事にはどんなものがあるの?飲食店で勤務する場合、主にホールで働くかキッチンで働くかのどちらかの選択になります。ホールスタッフの場合は、和食料理店に限らず洋食店であってもイタリアンレストランであっても、基本的に仕事内容は同じです。朝出勤したら店舗の清掃をし、テーブルやイスのセットをしたりナフキンや爪楊枝を揃えて、お客様をお迎えする準備をします。そしてお客様が来店されたら元気に「いらっしゃいませ」とお声がけをし、お席に案内します。お水や

ピザデリバリーバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「友人を集めてホームパーティー」「悪天候で買い物に行くのが億劫」そんな時にみなさんも一度はピザデリバリーを注文した経験があるのではないでしょうか。比較的時給が高く、効率良く稼げるピザデリバリーバイトについてここでは解説していきます。ピザデリバリーバイトの大まかな仕事内容誰しもが街で一度は見かけた事のある、屋根付きの三輪原付きバイクが、ピザデリバリー用のバイクです。基本的にはこのバイクを運転して、注文を受けた商品をお客様の元に届けるのが主な仕事内容となります。そこまで注文の数が多くない通常時の仕事内容を一例として、実際の業務の流れは下記のようになります。1.主にインストアスタッフが電話やネットで

ピザ屋バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ピザは、日本の食卓シーンでもおなじみの料理となっており、人気の高い料理です。マルゲリータやシーフード、チキンなど、様々な種類があるのも魅力の一つです。ピザが好きな人は、あの良い匂いの中で働いてみたいと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。そんな魅力溢れるピザ屋のバイト求人でよくある募集内容や、おすすめの求人内容などについて紹介をしていきます。ピザ屋バイトってどんな仕事?ピザ屋バイトの仕事は大きく分けて、店内でピザを作るインストア業務と、ピザをバイクで配達するデリバリー業務に分けられます。インストアとデリバリーで、給料は変わります。デリバリーの場合は、空き時間にチラシ配りを行うことがあり

ファミレスのキッチンバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

ファミリーレストランは気軽に行くことができる身近な飲食店ですよね。特に近年ではドリンクバーは当たり前、値段もお手頃で美味しい料理が食べられるというイメージです。そこで働いている人は、学生などの若いアルバイトの人や、長年いるベテランまで様々です。今回はそんな身近にあるファミリーレストランのキッチンでのバイトについてご紹介いたします!ファミレスのキッチンバイトの大まかな仕事内容ファミリーレストランのキッチンでは、お客様から注文をいただいた品物を作るお仕事です。食事の部門からデザート部門まで幅広く調理担当します。近年様々な大手チェーン店が増えてきましたが、殆どの調理場が半調理品の仕上げ作業という場合


飲食求人に関するコラム

和食配膳が向いている人の3個の特徴や必要なスキル・適正とは?

アルバイトを始める場合、一番やりやすそうで募集が多いアルバイトといえば、飲食店ではないでしょうか。でも飲食店とひとくくりに言っても、様々な場所での仕事があります。できた料理を配膳する仕事であれば、ファミリーレストランやファーストフード店もあれば、居酒屋やホテルなどもよく似た仕事です。一度働いた経験があれば、次の職場でも経験を活かすことのできる仕事ですが、職場が変わると仕事の仕方も全く変わってきます。今回は、和食料理屋さんで配膳の仕事をするスタッフにスポットを当てて、紹介していきます。和食配膳はどんな仕事?和食配膳の仕事は、和食料理屋さんでお客様が気持ちよく料理を満喫できるように、おもてなしをす

ホールスタッフの仕事内容14個の業務。経験者が教えます!

レストランや喫茶店などの飲食店で働くホールスタッフは、どのような仕事をしているか知っていますか?注文を取って出来上がった商品をお客様に渡す、レジで会計するという流れが、お客の立場からでも垣間見れる仕事ですね。ホールスタッフが行っている裏方の仕事はなかなか目に見えないものです。そこで、ホールスタッフの仕事内容について掘り下げ、詳しく紹介していきます。ホールスタッフの大まかな仕事内容は?お客様と一番接する機会が多いのがホールスタッフです。お店の印象は料理の美味しさもありますが、スタッフの印象も随分多くあります。来店から帰るまで、お客様に心地良いひと時を過ごしてもらうために、十分な気配りをしながら業

回転寿司の仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

今ではお手頃に食べれるようになった回転寿司屋さん。皆さんもよく行かれると思います。100円均一からお皿の色でお値段が変わる本格的なにぎりたてのお寿司を提供する回転寿司屋さんもあります。今回はそんな回転寿司屋さんでは、実際どのようなお仕事をされてるのか、仕事内容をいくつかをピックアップして、わかりやすくお話したいと思います。回転寿司の仕事の大まかな内容は?やはり、回転寿司と言えど、お寿司を提供する場ですので、お寿司を作るスタッフ、仕込みをするスタッフ、サイドメニューを用意するスタッフなどキッチンの中やホールと言われるお客様がお座りになっているお席の周りで、遅れてるお寿司やレーンに流せない商品、ド

飲食店のホールの仕事のコツとは?失敗談も交えて、3年働いた私が解説します!

外食をしたことはきっと誰にでもあると思います。その時、接客していた店員さんは素敵でしたか?イマイチと思う部分はありましたか?お店の食事がとても美味しくても、店員の動作が乱暴だったり素っ気なくされると同じお店にまた行きたいとは思えなくなってしまいます。そんな「接客業と言えば」の代表のような飲食店のホールの仕事やコツについて解説します。飲食店のホールの仕事内容まず、レストランに入るところから想像してみましょう。「いらっしゃいませ、何名様でいらっしゃいますか?」「お席にご案内いたします」「メニューがお決まりの頃、お伺いします」など、お客様が店に入って食事をして外へ出るまでの全てを案内するのが、飲食店

飲食業界の転職エージェントでおすすめな会社7選とその理由・エージェントを使うメリットとは?

飲食業界で転職を考えているあなた、どのような方法で転職活動を始めていますか?求人サイトやハローワーク、転職エージェントなどを使う人が多いですよね。でも、飲食業界で転職をするなら転職エージェントを利用するのが一番です。飲食業界は労働時間が不規則だったり、休日があまりとれなかったり、離職率が高い職場だったり、あまりよくない労働環境の会社もありますよね。それを求人や面接で判断するのはとても難しいです。転職エージェントなら、業界独自の情報やその会社の情報が詳しくありますので、入社してから「こんなはずじゃなかった!」という失敗を防ぐことができます。今回は飲食業界で転職するにあたってのおすすめの転職エージ