お弁当屋さんの仕事ってどんなことするんだろう?と思っている方もいると思います。

この記事では、弁当屋バイトでよくある仕事の種類や、おすすめの選び方などを紹介したいと思います。

お弁当屋さんといえばどんなお弁当屋さんをイメージしますか?

お弁当屋さんといっても、ほっともっとやかまどやさんのようにお店を構えて、買いに来たお客さんから注文を受け、調理して売るというタイプのお弁当屋さん。

仕出し、給食のように、あらかじめ顧客から注文をとっておいて、または契約していて、当日決まった数のお弁当を作り、昼までに配達するというタイプのお弁当屋さん。

売れる量をある程度予測して作り、工事現場など買い物に不便な職場の近くなど、売れそうなところに売りに行くタイプのお弁当屋さん。

それぞれのお弁当屋さんの中間のお弁当屋さん、この2つ3つを兼ねているお弁当屋さんといろいろなタイプのお弁当屋さんがあります。

また、全国展開の大きなチェーン店のお弁当屋さんから、家族経営のこぢんまりとしたお弁当屋さんまで、経営形態もさまざまです。

それぞれいいところ、問題なところがあります。

しかし、仕事の内容、種類はほぼ同じで、お弁当屋さんの形態によって仕事の仕方が変わります。

お弁当屋さんの仕事ってどんな仕事があると思いますか?

献立表作り・メニュー作り・セールス広報

献立表やメニュー作りは専門性が高いので、大きいところでは、別に雇った専門のスタッフが行います。

小さなお弁当屋さんでもこれらの仕事は、経営者が自分でしたり外注するのが普通です。

お弁当屋さん同士の競争も激しいので、お客さんに合わせて特徴のある多種多様なメニューのお弁当が作られています。

お弁当屋さんもチラシを作って配布したり、セールスして仕事を取ってくる仕事は重要です。

いくらいいお弁当を作っていても誰にも知られなければ買いに来る人もなく意味がありません。

これらの仕事も専門のスタッフや経営者が外注したりしています。

調理、盛り付け

店舗型のお弁当屋さん

店舗型のお弁当屋さんでは、注文されたお弁当をその時その場で調理します。

調理といってもそれぞれの弁当で指定されている、決まったものを決まった時間温めたり、揚げたりするだけです。

誰でもできて、誰がしても同じものになるように雛形が作られています。

といっても日頃から家庭で料理している主婦の方なら、抵抗なく取り組めるでしょうが、全く料理をしてこなかった方にとっては、はじめは抵抗があるかもしれません。

しかし思っているほど難しいものではありません。

直に慣れます。

お客さんが待っていてもあわてないでマニュアルどおり実行していくことです。

仕出し、給食タイプのお弁当屋さん

お弁当屋さんで働くといえば、やはり調理や盛り付けするイメージが初めに浮かびます。

仕出しや給食タイプのお弁当屋さんでは、作る弁当の種類、量が決められています(責任者が、予約数プラスいくつかを、天候などを考慮して決めます)。

そして、あらかじめ責任者が考えた工程にそって、その日の調理の仕事の手順を指示したり、揚げる、焼く、盛り付けなどの担当を指名して決めます。

普通は誰が何をするのかは習慣的に決まっています。

その方がそれぞれの得意な仕事をすることになるので、仕事は効率的に進み、仕事をする人も自分の慣れた仕事なので安心してできます。

初めての方でもその方のできる仕事を考えてくれます。

調理といっても調味料を使って味付けしたり、炊き具合、焼き具合、揚げ具合の調整をしないといけないような微妙で難しいことは、ベテランの方がします。

野菜やくだものをむいたり切ったりする仕事は調理器具を使いますから初心者でも安全で安心です。

盛り付けは美味しそうに見えるよう、置くときの向き、量、色具合、置き方などを考えた配置が工夫されています。

それらの注意点をよく守って順番に盛り付けしていきます。

また前の日に次の日の下ごしらえを、ある程度しておきます。

洗い物

店舗型のお弁当屋さん

仕事中の洗い物はほとんどありません。

どんどん作っていく一方です。

使った調理器具はお店を閉めてから洗います。

仕出し、給食タイプのお弁当屋さん

大量の弁当を一度に作るお弁当屋さんでは、大型の調理器は使ったあとから洗っていきます。

衛生管理上の観点からと、その後の仕事の手順を効率良くするためです。

調理器やその部位によっては洗い方や使う洗剤が違ったりします。

これらの仕事は慣れた方がします。

それら以外の一般的な調理器具も、その仕事が終わればすぐに洗います。

お弁当屋さんの中には時間の関係で後に回すところもあります。

使い捨ての容器ではない弁当箱を使っているところでは、昼の休憩後に、回収した弁当箱を洗います。

大きいお弁当屋さんでは大きな食洗機で一度に洗います。

そして、次の日のお弁当作りがしやすいように配置します。

洗い物は、どこでも徹底的にきれいにというより、清潔にします。

洗剤を使って洗った後、洗剤も完全に洗い流します。

少しでも前の食材などが残っていたりすると、味がおかしくなっていたり、最悪の場合、食中毒を起こしたりすると大変だからです。

接客(オーダーを受ける 販売 レジ業務)

店舗型のお弁当屋さん

店舗型の弁当屋さんでは接客業務が含まれます。

お客さまへの店員の対応で、その店の印象が決まります。

お弁当屋さんによっては挨拶、注文を受けるとき、品物を渡すとき、お金を受け取るとき、おつりを渡すときなどに使う、決まった接客用語を指導されるところもあります。

現金を取り扱う店舗型のお弁当やさんでは、お金の受け渡しは慎重にする必要があります。

レジキャッシャーは、スーパーなどと違って、弁当屋さんのものは使い方も簡単ですぐに覚えられます。

仕出し、給食タイプのお弁当屋さん

接客業務は苦手なので避けたいという方は、店舗型でないお弁当屋さんをお薦めします。

店舗型でないお弁当屋さんでは、お客さまと接する機会はほとんどなく、オーダーを受けたり、集金する担当者は別に決まった人がいます。

しかし、一緒に働く方への挨拶などは、きちんとしましょう。

商品の陳列

店舗型のお弁当屋さん

スーパーなどの品物の陳列は、いろいろな意味合いが含まれています。

しかし、弁当屋さんでは、おいしく見えるようにそれぞれの弁当が盛り付けられていれば、あとはどんな種類の弁当が売られているのかがわかるように陳列します。

仕出し、給食タイプのお弁当屋さん

売り場がないので、陳列のような仕事はありません。

ゴミ出し、清掃

ゴミは仕事中でもある程度の量になると、どんどん外に出していきます。

大量に出るので置いておくと邪魔になりますし、衛生管理上もよくないからです。

ずっと室内にいてゴミ出しに外に出た時はほっとします。

心の休憩ができます。

お店関係はみんなそうですが、仕事場は絶えず清潔にしておくというのが普通です。

清掃も最後にきちんとして、一日の終わりになります。

学生の時の教室の清掃レベルより隅々まできれにします。

デリバリー

仕出し、給食タイプのお弁当屋さんでは、大量のお弁当を車で配達に行きます。

店舗型の弁当屋さんでも今は、デリバリーを始めています。

車、バイクや自転車に乗ってデリバリーをする人は募集の段階からそれをできる人として、またはデリバリーの仕事だけの人として募集しています。

デリバリーで働きに来ていなくても、お店近くのお客さんに弁当を持って配達というのは頼まれるかも知れません。

衛生管理は大切です

食品を扱う業種の管理責任者は、食中毒の予防に神経質に気を使っています。

何かあればすぐに業務停止となり会社にとって計り知れない損失を被るからです。

服装、服装に伴う髪の毛、手袋使用、マスク使用、靴裏の消毒、手洗いなど言われたことはきちんと守りましょう。

お弁当屋さんで働く時、何が気になりますか?

お弁当屋さんの現場はどんな雰囲気?

働きやすい条件の第一は、職場の雰囲気です。

職場の雰囲気はそこで働く人によって作られます。

お弁当屋さんではどんな人たちが働いているのでしょうか。

まず、責任者の方の人柄は職場全体に大きく影響します。

お弁当屋さんの場合、アルバイトやパート中心の職場なので、ほとんどの責任者の方は大切なスタッフとして丁寧で親切に扱ってくれます。

アルバイトやパートの人達に、どれだけいい仕事をしてもらえるのかが自分の仕事になるからです。

無理なこともできるだけ聞いてあげようという姿勢の方が多いです。

働いている人達もほとんどがアルバイトとパートです。

学生さん、主婦、中高年者と年齢は幅広く、上下関係がなく、立場が同じなので親しく対応してくれます。

お弁当屋さんで働いてみて分かるいいところと大変なところ

メリット

料理についてわかる、できるようになる

今まで料理など全くしてこなかった人は、自分でもこれぐらいのことはできるんだという自信がつきます。

店舗タイプのお弁当屋さんでも、仕出し給食タイプのお弁当屋さんでも一から作るメニューはほとんどありません。

それでも調理するのを横で見ている間に、料理についてのいろいろなことがわかってきます。

そのうち簡単なことはできるようになりますし、調理の基本を理解できていきます。

店舗型のお弁当屋さんでは接客スキルがあがる

大きな声を出して挨拶をするのが苦手でできないと思っていた人でも、不思議と大きな声を出せるようになります。

他の人が大きな声を出していると、反対に大きな声を出さない方が不自然で恥ずかしくなります。

他の人に合わせて少しずつ声を出している内に、かえって大きな声を出す方が気分がいいということも体感し、出せるようになっていきます。

お客様の年齢層も幅広く、様々な方が来店するので、接客スキルが磨けます。

お弁当を安く買える

食材やお弁当をもらえたり、安く買えたりします。

まかないも好きなものを好きなだけ食べさせてもらえたりします。

これはありがたいし助かります。

自分の生活に合わせた都合のいい働き方ができる

多くのお弁当屋さんで、自分の都合のいい時間、都合のいい日を選べて働けます。

自分の生活を守りながら働けるのは、大きな魅力です。

デメリット 

店舗型タイプのお弁当屋さん

食事時間はみなさん同じなので、同じ時間帯にみんな重なります。

このピーク時がとにかく忙しいです。

その間は休みにくいです。

トイレに行くのも我慢してしまいます。

このときのために働きに来ているともいえます。

待たなくていいように、少ないですが予約する人もいます。

逆に言えば、ピークさえ越せば、あとはゆったりしています。

メニューが多くて、覚えられない、ややこしい、盛り付けなどのパターンを覚えるのが大変、という方もいるでしょう。

仕出し、給食タイプのお弁当屋さん

店舗型と違って、こちらはお弁当の数量・種類が決まっていますから、計画的に作業を進められます。

なので店舗型のお弁当屋さんのように、お客さんがある時間に集中するといった大変さはありません。

しかし、昼前までに大量のお弁当を作らないといけないので、逆算して朝早くからの準備となります。

朝早いのは辛いと言う方は難しいかもしれません。

どちらも仕事中はずっと立ちっぱなしで、座れません。

気にならない方はいいのですが、そうでない方にとっては辛いかもしれません。

お弁当屋さんでアルバイトするときのおすすめの選び方をお教えします

未経験者は、マニュアルがしっかりしているチェーン店がおすすめ

小さなお弁当屋さんは、こぢんまりとしていて親切で優しく、暖かい雰囲気があっていいのですが、決めごとやマニュアルのようなものがなく、その場その場で臨機応変に動かないと行けないという場面が多くなります。

積極性のある方にはいいのですが、自分のすること、方法、手順が理解でき仕事の見通しがわかって働きたいという方は、しっかりしたマニュアルのあるチェーン店がおすすめです。

オープニングスタッフなら、みんな一緒のスタート

オープニングスタッフなら、知らない集団に一人で入っていくというストレスがありません。

みんな同じ条件です。

新鮮で新たな気分で働き始められます。

シフトの希望が通りやすいと、働きやすさアップ!

シフトを選べる自由度は要チェックです。

自分の生活を守れて働ける条件を確保しましょう。

早朝勤務や深夜勤務はある?手当がつくので、給料アップにつながります

早朝、深夜の勤務で高収入を得たいという方は、働ける時間や給料のアップ率をチェックしておきましょう。

ちりも積もれば山となる!交通費の支給もしっかりチェック

交通費もしっかりチェックしましょう。

給料がよくても交通費が出なかったり、少ないとその分給料が低いのと同じです。

交通手段・通勤時間・立地条件

  • 徒歩、自転車、バイク、バスや電車、どの交通手段で通勤したいのか。
  • 通勤時間が短い方がいいのか。
  • 多少時間がかかっても給料の高いところがいいのか。
  • あまり近いところで、ご近所さんと顔を合わすようなところは避けたい。

それぞれの事情で、条件が変わってきます。

一つ一つ自分にとって都合の良い条件の職場を探しましょう。

お弁当屋さんで働くイメージがつかめたでしょうか。

たくさんあるお弁当屋さんの中には上記の内容が当てはまらないお弁当屋さんもあるでしょうが、これがお弁当屋さんで働くイメージです。

自分に合った職場を見つけて、気持ちよく働きましょう。

  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
ユーザー満足度No.1!テレビCMでもお馴染み。高時給バイトも多数あります。 公式サイト 公式サイト
求人件数も豊富で、やりたいバイトが見つかりやすい!圧倒的におすすめなバイト求人サイトです。 公式サイト 公式サイト
マッハバイトで応募して採用されると、最大で1万円、最低でも5,000円の祝い金を貰える! 公式サイト 公式サイト