元気で明るいイメージのお寿司屋さん。

リーズナブルな100円寿司や高級なカウンターのお寿司など一口にお寿司屋さんといっても色々なお寿司屋さんがありますよね。

そんなお寿司屋さんのアルバイトの仕事をご紹介します。

私はこんなところで寿司屋のアルバイトをやりました

私が働いていたお寿司屋さんは100円寿司と高級なカウンターのお寿司の中間的な価格帯の個人経営の回転寿司屋さんでした。

ちょうど駅に近い回転寿司屋さんでしたので地元のお客様だけではなく、県外からの観光客のお客様や外国人のお客様も多いお店でした。

とても明るく活気のあるお店作りをしているお寿司屋さんでしたので、とにかく常に「元気」が求められるようなところでした。

寿司屋アルバイトの仕事内容ってどんな内容?

お寿司屋さんのアルバイトは大きく分けるとキッチンの仕事・ホールの仕事に分かれます。

だいたいのお寿司屋さんでのアルバイトはキッチン担当かホール担当という風に役割分担されますが、私の勤めていたところではキッチン・ホール兼務という人もいました。

大まかにどんな仕事があるか説明します。

ホール

接客が中心の仕事です。

それぞれポジション(担当)が決められることが多いです。

案内

お客様をお席までご案内したり、説明などをします。

満席の場合はボードに名前を記入していただいてお待ちいただきます。

どのお客様をどのお席にご案内するか、待ち時間のお客様へのお声かけなど、難しい部分もあるポジションです。

ただ最近では機械で予約をして待ち時間までわかるお店もありますし、その場合はお客様を席までご案内する仕事のみとなります。

注文

お客様のご注文を承ります。

お寿司の場合、一度に多くのご注文を受けることも多いです。

最近ではほとんどのお店がタッチパネルでの注文又は端末を使用しての注文ですので、記憶力はあまり求められなくなりました。

しかし、直接お客様に声をかけられた時など、忙しくても明るく復唱確認を忘れずに迅速に対応しなくてはいけません。

ドリンク・汁物配膳

回転寿司の場合、ドリンク等もレーンを流れる所が多いです。

しかし商品のコンディション上であったり、アルコールなどによってはホール担当が配膳します。

お寿司屋さんのテーブルはつるつるとして滑りやすいところが多いので、こぼさないように注意が必要です。

バッシング

お客様のお食事が済んだ後お皿等を片づけ、速やかにテーブルを吹き上げます。

待っているお客様がいる場合、まだかまだかととても気にされています。

その一方でお食事をされたお客様はゆっくりと食べて急かされたくないものですので、お客様がお帰りになられた後はどのお客様にも配慮しながら作業を進めます。

会計

現在はほとんどのお店がタッチパネルなどを導入しているので、自動的に会計ができることが多いです。

ただ、自分でレジを打つ店舗もありますし、その場合は間違いなく正確で迅速な会計をします。

お客様をお見送りするポジションでもありますので、また来たいと思っていただけるよう笑顔で明るくお見送り致します。

キッチン

回転寿司では陰で大きな役割を持つキッチンのポジション。

見えざる仕事をご紹介します。

汁物

いつでも出来立ての熱々な汁物はキッチンで毎朝仕込みます。

あさりの汁物などの場合はできる限りお客様の間で差がでないように、あさりの数を揃えて出すなどの配慮が必要な場合もあります。

軍艦・巻物

とても注文が多いいくら軍艦やサラダ軍艦のような軍艦物とかっぱ巻き・鉄火巻きなどの巻物もキッチンで作ります。

どこの回転寿司も軍艦などのシャリはロボットが作ることが多いので、のりを巻いて具をのせるという感じです。

巻物も最初は難しいですが、シャリの量などに注意しながら巻き上げます。

その他サイドメニュー

揚げ物やサラダなど寿司屋では色々なサイドメニューがあります。

どれも作り方のマニュアルに沿って、社員や先輩に教えてもらいながら、慣れれば簡単なものが多いです。

ただ、季節限定の商品が多くあるため、やっと覚えたメニューがすぐ入れ替わるという大変さはありますね。

皿洗い

回転寿司はほとんどが食洗器など機械を導入していることが多いです。

ほとんどは機械がしてくれますが、下洗いが必要だったり、多少はキッチン担当が洗うこともあります。

寿司屋などの飲食店で使う洗剤は強いので、体質によっては手荒れしてしまう人もいます。

板前

100円寿司では板前はいませんが、回転寿司屋の一番メインのポジションです。

多くは社員などアルバイト以外が務める事が多いですが、アルバイトが任される時もあります。

男性が多いイメージですが私のいた寿司屋では女性の板前さんもいました。

握り

メインのお寿司を握ります。

シャリを作るロボットが握るお店もあります。

このシャリは板前さんが何度も何度も練習をして、ほぼどのシャリも同じg数で握られます。

握り方にも色々な方法があり、慣れるまでは難しいですが、慣れるととても綺麗なお寿司が握れるようになります。

接客

板前がいる寿司屋の場合、カウンター越しにお客様とネタの話など握りながら色々なお話をする機会があります。

ただお寿司を食べるのと、板前さんのちょっとした豆知識など色々な話をしながら食べるのとでは美味しさが違います。

また、お客様に合わせてお話の仕方などを変える程よい距離感の図り方も必要です。

ネタ仕込み

冷凍のネタを仕入れているお店もありますが、魚市場で仕入れた魚をお店で捌くところもあります。

その場合朝早くから捌いて、準備をします。

寿司屋アルバイトの時給は?

一般的に100円寿司など回転寿司店で900~1200円(首都圏の場合)が多いようです。

ホールやキッチンなど担当の仕事で多少違いはありますが、普通の飲食店のアルバイトより少し高かったりする場合もありますね。

また、私の住む鹿児島の場合は800円~1000円ぐらいの時給です。

お店にもよりますが、私の働いていたお寿司屋さんでは夏・冬・お正月にちょっとしたボーナス(お小遣い程度)を貰えました。

また、賄いがあったり、従業員割引で安くお寿司を食べられたりする場合も多いのでその点を含めて寿司屋バイトはなかなかいい時給ではないでしょうか。

寿司屋アルバイトでやりがいを感じたこと

私はホールの業務を中心にキッチンに入ったりもしながら働いていました。

お客様に「おいしい」とお寿司をほめて頂いた時はもちろんとても嬉しかったですが、特に嬉しかったのが「こんにちは!あなたに会いに来たよ」と言って頂いたことでした。

お客様と接する機会の多いホール担当は入店のご案内や注文とり・お会計といった仕事の繰り返しになります。

寿司屋は回転率が大切なのでとにかくすべての仕事にスピードと丁寧さが求められます。

ホール担当はスピードと丁寧さをしっかり実践しつつ笑顔も絶やしません。

そんな慌ただしい中でお客様は思った以上に私たちの事を見てくださっています。

何気ない気配りや声掛けがお客様の心に響いて褒めて頂いたり、その結果としてリピーターになってくださるととても嬉しく、やっていてよかったなーと思えます。

寿司屋アルバイトのメリットとは?

寿司屋アルバイトは飲食店に多い「賄い」などの他に意外と知られていないメリットが色々とあります。

賄い

寿司屋では多くの所で美味しい賄いが食べられます。

賄いがない場合でも従業員割引があることがほとんどですので、嬉しいですよね。

また新商品が出る際などお客様に味を伝える為に試食会がある場合もあります。

魚の名前を覚えられる

役に立つかはわかりませんが、魚の名前に詳しくなります。

魚の難しい漢字なども自然と覚えられます。

また、魚は一般的な名称と地方での呼び名などがあり、そんなことも仕事をしているうちに自然と覚えます。

接客が比較的簡単

普通の飲食店やなどに比べて、回転寿司はほとんど機械が導入されています。

基本的な接客力は必要ですが、それは働くうちに培われていきます。

初めての接客業・久しぶりの接客業の方でも安心して働けます。

シフトが多様

寿司屋は営業時間が長いことが多いです。

そのためたくさんのアルバイトで交代制のシフトです。

多くの所が午前中・昼・夜と三交代ですので好きな時間帯に働けます。

そのため時間の拘束がある主婦・夫の方や学生さんにも人気です。

明るい・元気な気持ちになれる

「寿司屋って明るい人が働く職場」と思っている人が多いと思います。

しかし、もともと明るい人だけが集まってくるというわけではありません。

私は働いていた寿司屋でアルバイトの教育係をしていましたが、最初は割と大人しい学生さんや大人しい主婦の方が多く働いていました。

お店のコンセプトやマニュアルに沿って、基本的な事を覚えていってもらううちに、どんどん笑顔が出て元気が出てきていました。

そんな雰囲気の中で働けるので、あまり険悪なムードだったりすることは少ない職場です。

サバサバとした人が多いので、働きやすいのは大きなメリットです。

寿司屋アルバイトで身についたこんなスキル

寿司屋アルバイトはアルバイトといっても色々な勉強ができる仕事です。

基本的なマナーが身につく

回転寿司では単純作業の繰り返しに思われがちですが、お客様との接客の中で敬語の使い方などが身に付きます。

また、気難しいお客様がいらっしゃることもあるので、対応力や臨機応変さなど色々な事が学べます。

テキパキと笑顔で動かなくてはいけない仕事なので知らず知らずのうちに感じいい対応も身に付きますよ。

握り・巻き・捌き

ホール担当だと習得は難しいかもしれませんが、キッチンであれば美味しい握りや巻き寿司がお店で食べられるようなレベルで作ることができるようになります。

寿司はなかなか家では作れないものなので、ホームパーティで披露するととても喜ばれます。

私は足が悪くて外出できない祖父母と家で手作り寿司パーティーをしました。

普段なかなか外食ができないのでとても喜んでもらえましたよ!

他にも卵を何十個も割って卵焼きを作ったり、きびなごなど小魚を手で簡単に捌けるようになったりします。

外国人とのコミュニケーション力UP

寿司はとても外国人に人気があります。

私の勤めていた寿司屋もとても多かったです。

英語メニューなどで対応しましたが、イレギュラーな要望もあります。

そんな時は身振り手振りで対応しなくてはなりません。

最初は戸惑いますが、次第に慣れてくるので、外国人の対応に少し自信が持てます。

社交性・協調性

寿司屋はパートの主婦層、板前の男性、男子学生、女子学生などなど色々な年代の人が働く職場です。

そのため、一緒に仕事をすることで大変なこともありますが、とても良い人間関係の勉強になります。

社会に出ると仕事自体も大変ですが、人間関係も非常に重要。

色んな人と接する機会をたくさん作ることで、どんどん人間関係は円滑になりますよ。

そして寿司屋は元気で明るいイメージに吸い寄せられてか、とてもはつらつとした人が多い気もします。

幅広い年代の人がいますが、とても働きやすい職場傾向のところが多いです。

私が働いていた寿司屋は10代~60代までいましたが、時にはシフトを変更したり助け合いながら、時には仕事のやり方で喧嘩をしたりしながらでしたが、アルバイト同士も社員とアルバイトもすごく仲が良かったです。

寿司屋アルバイトをやっている中で嬉しかった瞬間

アルバイトは楽なことばかりではありませんが、私が今まで働いた中で一番楽しかったのは寿司屋バイトでした。

お客様におすすめができた瞬間

寿司屋は色々なメニューがあります。

握りだけで数十種類、全メニューだとすごい数です。

私の働いていた寿司屋では定番メニューに合わせて、本日のおすすめの握りなどもご紹介していました。

かなりの数がある中でお客様に「どれが一番おすすめ?」と聞かれることがよくあります。

最初の頃は板前さんに聞いたり、本日のおすすめ握りをお伝えしたりしていたのですが、慣れてくると旬のものやお客様に合わせたものをおすすめできるようになります。

テンプレートな接客ではない、人間味のある接客にお客様はとても喜んでくださることが多かったです。

その反応にこちらもとても嬉しくなりますよ!

寿司屋アルバイトはこんな人におすすめです!

色々なアルバイトで悩んでいる方、一つでも当てはまればぜひ働いてみませんか?

元気・明るさに自信あり!の人

やはり寿司屋は活気が大切。

大人しい人でも研修などを通して元気な接客はできるようになりますが、もともと元気だね!明るいね!と言われる人はよりおすすめのお仕事です。

釣り好き・お魚好きの人

やはり寿司は魚がメイン!

寿司屋にもよりますが、魚市場から毎日魚を仕入れるような寿司屋だと、毎日魚を見るので段々魚の良し悪しも分かるようになってきます。

また、お客様にも魚好きの方が多いので、知識が多い方は話が盛り上がります。

寿司屋アルバイトのおすすめの選び方

寿司屋は色々な種類や店舗があります。

一番働きやすそうな自分に合ったところで働きたいですよね。

店舗の大きさは結構重要です。

賑やかな忙しい店舗で働きたい人は大型の店舗がおすすめ。

こじんまりしてスタッフ同士も和気あいあいとした店舗で働きたい人は小さめの店舗がおすすめです。

まとめ

今回はよく目にする寿司屋アルバイトのお仕事の話でしたが、いかがでしたか?

寿司屋はアルバイトの中でも仕事が覚えやすく、楽しいうえに、身に付くスキルも色々とあります。

アルバイト探しで悩んでいる方はぜひ一度寿司屋アルバイトにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?