一昔前までは飲食業界で働いていると「ブラック」だとか「低賃金」といったイメージが付いて回ってきましたが、最近では比較的に飲食業界全体がホワイト化してきているのが現状です。

しかし、まだまだある意味昔ながらの企業体質が残っている飲食店が多いのもまた事実ですね。

ここではそんなブラック飲食店で働いている方に対してのアドバイスや、これから飲食業界で働いてみようかと検討している方に対して、ブラック飲食店の特徴をご説明してなんとか働かないように回避してもらおうと考えています。

筆者は飲食業界に15年以上従事し、現在は飲食関連会社の代表を務めさせてもらっていますので、過去から現在までの飲食店事情には精通しております。

経験から基づいた確かな情報をお届けいたしますので、どうぞチェックしていってくださいね。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

飲食業界にはまだブラックのイメージがある

最初に書きましたが、過去の色々な事例やニュースによって飲食業界=ブラックというイメージはいまだに完全に払拭されていません。

もちろんどの業界でもブラックな企業というのは存在しますが、飲食業界では5年~10年ほど前まではあり得ない雇用体系を平気で採用していました。

そんな昭和から続くブラックな業界である飲食店勤務というのに多少なりとも疑いの眼差しが向けられることは仕方ないことだと思います。

現在は新規参入している企業の多くが通常の企業と同じような給料体系や雇用関係をコンプライアンスに則り施行しておりますので、ブラック飲食店というのはだいぶ数が減ってきているとは感じられますが・・・。

飲食店でブラックだなと思う11個の職場の特徴

それではさっそくブラック飲食店として認定してもいいだろうという事例をいくつかご紹介します。

これらのうち、3つ以上該当している職場で働いている方は転職を視野に入れて働き方を考えた方がいいかもしれません。

労働時間が長すぎる

かつてのブラック飲食店といわれるところで働いていた人間の平均労働時間というのをご存知でしょうか?

ちなみに一般的な企業の法定労働時間の上限は「1日8時間、週に40時間」となっています。

これを越える時間働くといわゆる残業代として加算されていくのが通常です。

こうしてみると当たり前ですが、1ヶ月の労働時間はだいたい「160時間から180時間程度」となりますよね。

もちろん全ての企業で働く人たちがこれ以上の働きをしていると思いますが、それでも「250時間」くらい働いたらそうとう頑張った・・・という印象でしょう。

話を戻しますが、昔の飲食店では「250時間労働」が普通です。

むしろ基準値ともいえるでしょう。

私も20代のころ軽く「250時間」くらいは働いていました。

そんな飲食店でブラックといわれるところでは「300時間以上」という記録もあります。

下手したら同じ1ヶ月を過ごしているはずなのに人の2倍近く働いている計算になりますね。

こういったところは現在でも飲食業界の風習として残っていますが、やはり働き方としては間違っていると思いますので、自身の勤務時間と照らし合わせてみるとその異常性に気付くかと思います。

休憩時間が短すぎる

飲食業界では基本的に立ち仕事がメインです。

料理を作るにしろ、接客をするにしろ座ったままでは出来ませんからね。

そういった労働環境で10時間以上ぶっ通しで働くこともザラにあるのがブラック飲食店の特徴です。

休憩時間は5分程度のところも多く、あとはすぐに現場に戻らなければなりません。

私は若い頃はあまりこういった点は苦になりませんでしたが、やはり年齢が上がるに連れて体に異常が現れてきますのでおすすめ出来ませんね。

給料が安すぎる

ご紹介してきた時間数頑張ってきたとしても給料が良ければまだ頑張れますが、ブラック飲食店の特徴はやはりなんといっても給料が安いところ。

これは就職難の時代に他業種に就職が出来なかった人間たちが、いっせいに飲食業界に流れ込んできたときからの影響が大きいですね。

当時はどんなに薄給でも正社員という肩書きを求めて飲食業界に人材が流入してきていましたので、ここぞとばかりにブラック飲食店は人材を安価で買い取っていたというイメージです。

先ほどご紹介した時間で給料が20万円以下というところも全然ありましたので、かなり異常な就業環境だということが分かって頂けるかと思います。

現在でいえば「250時間働いていて、手取りが20万円以下であればブラック」という認識で構わないかと思います。

これは社保を差し引いた金額での計算ですから、それすら支払われていないというのであれば確実にブラック飲食店だといえるでしょう。

サービス残業が多い

アルバイトではあまりありえませんが、正社員であればザラにあるのが「サービス残業」。

シフト上決められた時間数が過ぎても、店の混雑状況や片付けの進行具合によっては帰れないことがたびたびあるのがブラック飲食店の特徴です。

さらに悪いところで、働いた結果終電を逃して帰れなくても一切の保障が出ないところが「スーパーブラック」な現場です。

サービス残業をした上、帰りのタクシー代などが自腹ではかなり割りに合わないですよね。

休めない

社員の数が圧倒的に足りなくて、希望の休みが取れないもしくはそもそも規定の数だけ休みの日数を消化出来ないというのもブラック飲食店の特徴です。

普通の企業なら有給休暇なども設定されているでしょうが、飲食店で有給休暇を設定してくれているところはかなりのホワイト企業です。

スタッフが少なすぎる

様々な要因から離職率が高く、慢性的に人手不足なのがブラック飲食店。

そうなると正社員はもちろんですが、アルバイトであったとしてもフルタイム出勤が義務付けられます。

まだフリーターならいいですが、学生に対しても同じような勤務体系を強いるようなことがありそういったところがブラック飲食店としてニュースでも取り上げられていましたね。

アルバイトなのに正社員のような責任が生じる

上記のような状態が続くと数年働いているアルバイトがもはや社員のような責任感で働くことになります。

会社から正社員としての恩恵を一切受けていないのに、責任だけ取らされるというのは納得出来ませんよね。

もちろん最終的な社会的責任は会社が背負うことになりますが、アルバイトは働いているうちに段々と錯覚していき精神的に追い詰められていくのも、ブラック飲食店の悪い特徴のひとつです。

求人内容と契約内容が違う

求人では月8日休みと書いてあるのに、実際に雇用契約を結ぶ際に休みの日数が少ないということもブラック飲食店ではありがちな話です。

実際にはそれよりもさらに少ない休日の数になりますね。

また、社員登用までの試用期間が3ヶ月と書いてあるのに、いつまで経ってもアルバイト扱いというケースも多く存在します。

給与は変わらないのに仕事ばかりが増える

数年ブラック飲食店で働いていると出来る仕事も増えて、任される仕事も段々と増えてきます。

アルバイトの出勤管理や仕入先とのやり取り、または販促媒体との打ち合わせと増える仕事はたくさんあります。

人数が少ないため仕方がなく引き受けた仕事がドンドンと積み重なっていき、ミスがあると怒られるという悪循環こそ昔から続く飲食店の悪い風習ですね。

辞められない

不満や不調などが溜まっていったとしても簡単には辞められない、というのがブラック飲食店最大の特徴です。

厳しい労働環境で一緒に頑張ってきた仲間をおいて自分ひとり辞めるわけにはいかない、という不思議な精神状況になっていますのでなかなか辞めると切り出すことが出来ないんですね。

そしてその頃には勇気を持って辞表を提出しようと思っても、上の人間から止められてしまうという状態です。

「あと2ヶ月だけ働いてくれ」「正社員がもう一人入るまで続けて欲しい」などの文言で退職を引き伸ばすのもブラック飲食店特有の方法です。

サービスの質が悪い

当たり前ですが、そんな労働環境下では良いサービスを提供することなど出来ませんよね。

お客さんからしたら「安い価格」だけがウリであり、それ以外の質は著しく悪くなりますので余計に経営が苦しくなり、無駄な営業時間の延長が行われそれに伴う勤務時間の増加という悪循環しか生まないシステムなのです。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ブラックかもしれない飲食店に勤めてしまった場合の対策は?

あなたがこれを読みながら自分の勤め先に疑問を持ってしまったり、すでにかなりの自覚症状があるくらい劣悪な労働環境であればすぐにでも辞めた方がいいと思います。

はっきりと言ってしまえば、そういったところはあなたの人生を保障してくれるような気持ちは一切ありませんし、あなたの代えはすぐにでも現れると思っています。

そんなところで人生の貴重な時間を浪費する必要はないわけですね。

それでもブラックな飲食店で働いてしまっている場合や、気付いたときにはどうしたらいいかをご説明いたします。

辞めた方がいいケース

体を壊した

これはもう大前提として労働の定義から外れていますよね。

生活を豊かにするために人々は働くわけですが、それによって身体に不調が現れるというのは、もはや何のために働いているのか分かりません。

場合によっては治療費などを請求することも出来ますので、いますぐ辞めて治療に専念してください。

心を病んだ

こちらも非常に深刻な問題です。

ある意味身体を壊すよりもやっかいな状態とも言えるでしょう。

筆者も周りにそういった人間を見たことがありますが、心は身体よりも治しづらい部分です。

本当に心が壊れきってしまう前に、自ら辞表を提出して自分を守っていかないと取り返しのつかないことになりますのでご注意下さい。

継続的にパワハラやセクハラを受けている

パヮハラやセクハラというのが、かなり頻繁に横行しているのがブラック飲食店の現場です。

上司からの叱咤激励とは思えないほどの恫喝など、かなりの頻度で行われているのであれば今すぐ辞めた方がいいと思います。

正直、そういった上司自身がすでに精神的におかしくなっている可能性が高いので話し合うということが出来ないであろうと推測されます。

給料が支払われない

かなり論外な状況ですが、給料が支払われないというのは、雇用者と労働者の関係が成り立っていないわけですからすぐに辞めましょう。

2ヶ月分くらいまでならあとから請求して支払われるケースもありますが、それ以上になるとハッキリいってその経営者は「夜逃げ」しますから。

いわゆる「飛んだ」と呼ばれる状態ですね。

そうなると遡っての給料請求も出来ませんから、自身に余計な負債が増えるだけだと思いますよ。

ちなみに何人か飛んだ経営者の下で働いていた方を知っていますが、いまだに支払われたという話は聞いたことがありません。

検討や対策の余地があるケース

スタッフや店長とコミュニケーションが上手くいかず居心地が悪い

こちらの場合はなんとか改善に向けての余地がかろうじてあるかな・・・といったケースですね。

何人かでも自分の味方がいればなんとか精神的にも救われますが、店長などと仲が悪くなると居心地が良くないのも理解できます。

そういった場合は思い切って店長と話し合いの場を設けて「自分が必要かどうか」を確認するといいと思います。

その結果が納得出来れば続ければいいですし、悪ければ辞めればいいだけの話です。

もしかすると事態が好転するかもしれませんので、現状の居心地の悪さが続くくらいなら勇気を持って話し合いをしてみてもいいんじゃないかというパターンですね。

契約内容や業務内容に不満があるが具体的に行動していない

契約内容に不備があった場合、それを指摘するのは心苦しいかもしれませんが、そこは労働者として当然の権利ですのでハッキリと伝えた方がお互いのためにもなると思いますね。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

さて、色々な状況におけるブラック飲食店の特徴をご紹介してきました。

最初にも申し上げましたが、3つ以上当てはまる場合はそこで勤務を続けることに対して疑問を持つべきだと思います。

「月の労働時間250時間、月給手取りで20万円」というのはかなりリアルな数字だと思いますので、参考にしてみてくださいね。

もちろんあなたがそこでかけがえのない経験を積めているというのであれば話は違いますが・・・。

ここで書いてきた内容は一端に過ぎないかもしれませんが、私が見てきたブラック飲食店の代表的な例として挙げました。

なにかここから得た情報で現状を打破するきっかけになれば幸いです。

まず第一に大事にしなければいけないのはあなたの人生です。

その中で不当な労働時間、低い賃金で貴重な時間を切り売りしていると理解出来るのなら転職活動に前向きになって欲しいと思います。

飲食店のホワイトな職場の見分け方は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

飲食求人