学校事務の仕事に向いているのがどんな人なのか、どんな経験が活かせるのかを解説します!

逆に学校事務の仕事には向いていない人についても詳しく解説しています。

また、学校事務の仕事をする中で得た経験やスキルを活かしてキャリアアップした仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?

そもそもどんなスキルが活かせるのかということも、しっかり見ていきます。

学校事務の仕事内容とは?

具体的な仕事の内容を見ていきましょう。

学校事務の仕事の内容を大きく分けると、その分類は2種類の仕事になるといえます。

その2種類とは、学校ならではの仕事と、そこが学校であってもなくても同様の事務職であれば発生する仕事です。

2種類の分類に沿って、詳しく解説していきます。

学務課、教務課、学生課の仕事

学校によって呼び方が異なることもありますが、学校という組織ならではの仕事といえます。

簡単にいうと、児童生徒学生に関する仕事です。

大学や専門学校であれば、学生の募集に関する業務があります。

オープンキャンパスや説明会を開催したり、入学に関する資料などを請求を受けて送付したり、入試に際して名簿を作ったり受験票を送付したり、入試会場を設営したりといったこともしています。

単位取得の状況を把握したり、年度ごとの授業の時間割を調整したりといった学生の名簿の管理やカリキュラムに関する仕事もあります。

学生から請求があった各種証明書の発行や、学費や入退学等の学籍に関しての問い合わせや申請・相談も受けています。

また、就職に関して、各企業に案内をして企業説明会を開催することなどもあり、説明会に関する事務作業を行うことも。

広報活動や、学則の作成・修正等も行います。

また、同窓会に関する事務を担うこともあります。

小さな学校であれば、司書教諭に代わってラベルなどを貼る図書の装備をしたり、蔵書の登録をしたり貸出業務を行ったりといった図書室の管理を兼ねることもあります。

総務事務、一般事務、経理事務

いわゆる「事務職」とまとめられる業務に当たります。

学校も一般の企業と同じように来客があったり電話がかかってきたり、もちろん組織の中で働いている人がいるわけですから給与が発生したりしています。

来客や電話の応対といった一般事務の業務や、勤怠管理、給与計算といった人事や総務事務の業務が学校でも欠かせません。

学校によっては、学務や教務に関する事務とは分けて、一般事務や総務事務として雇い入れていることもあります。

経理事務では、前述の総務事務や一般事務と同じく、一般の企業と同様に経理に関する事務を行う職種です。

学校でも当然備品や設備品の購入や、印刷の外注など金銭の支払いの機会は多くあります。

経費や予算の管理に関しては経理が担当することも多く、学校経営を支えています。

学校事務の仕事はどんな人に向いている?向いている人の4個の特徴とは?

学校事務の仕事に向いている人は、ズバリどんな人なのでしょうか。

持っている能力・スキル、また経験だけではなく、性格や特性などにも注目してお伝えします。

細かいことによく気がつく人

学校事務に限らず、事務職全般に関していえることかもしれませんが、些細なことまで目を配れる人は重宝されます。

学校事務の仕事では、いわゆる一般事務的な仕事や児童生徒学生に関する仕事などの数字による成果が見えにくいことも多くなっています。

だからといって、そこで茫洋と過ごしてしまっていては評価も低くなってしまいますね。

マニュアルかららこぼれてしまうような事柄でもよく拾える人はやはり学校事務に向いているといえます。

相手にあわせた対応ができる人

学校の特性として、出入りする人にはいくつかの分類ができます。

教師・教員、生徒・児童・学生、その父兄(保護者)、各種業者、地域の人などなどです。

事務職であれば、組織全体の受付の役割を担うことも多くなっています。

多くの事務職の職務内容に、電話や来客に応対するような業務が含まれますね。

来客や電話などで、子どもを含む接する相手それぞれにあわせた対応ができるだけのコミュニケーション能力とビジネスマナーを持った人は、学校事務の仕事に向いています。

人前に出ることをいとわない人

事務職というと裏方の仕事のようなイメージもありますが、学校事務の仕事の場合、人前に立つ機会があることも。

学校の規模や、小学校なのか中学校なのか高校なのか、それとも大学なのかといったことでも異なりますが、学校の説明会や入試の時などにかり出されることがあります。

説明や注意事項などを案内することになりますが、あまりにあがり症であったり、整然とした説明が苦手だったりすると、この手の業務をこなすのは大変ですね。

人前に立ち、ハキハキと必要事項を伝えることが必要になることがあります。

地味な人

というと、けなしているようにも見えますが、「細かいことによく気がつく人」の項にも先述したとおり、学校事務の仕事は成果が見えにくく、また細かいことの積み重ねの仕事です。

派手に一発逆転を狙うような仕事ではありません。

実直であることが必要です。

正確に、小さなことでも怠らずに毎日こなしていけるという意味で、地味であることには価値があるのです。

逆に、学校事務の仕事が向いていない人って?

学校事務に向いてている人はどんな人なのか見てきたところで、反対に、学校事務に向いていない人とはどのような人なのか、解説をします。

気が利かない人

元来の性格は変えられないとしても、訓練や心構えで、ある程度は仕事をする上で必要な気配りは身につけることができます。

学校事務に限らず、事務職では、言われたことだけやるというような仕事のし方では回っていきません。

学校事務の仕事をしてみたいけれど自分は気が利くタイプではないなと思っていても、心がけ一つでカバーすることはできます。

業務上必須のことを怠らないのは当然としても、さらにもう一歩進んだ気配りをすることは悪いことではありません。

優先順位も勘案しながら、「後でもできるけど今しておけば後がラク」「これをしておけば、次の人がすぐに仕事が始められる」というようなことを考える癖をつけるようにしましょう。

職場の業務全体がスムーズに回るということになれば、どこに行っても重宝されます。

人と接するのが嫌いな人

「向いている人」の項でも述べたとおり、色々な立場の人と接することがあるのが学校事務の仕事です。

嫌な顔をせずにお茶を出したり取り次いだりができなくては、当然務まりません。

自分以外の職員や教員に用があるのだとしても、真っ先に電話に出て取り次いだり、受付で話を聞いたりする機会は多くあります。

そのときの態度や、相手に与える印象で、組織そのものの印象が左右されることがままあります。

組織全体の「顔」としての役割があることを肝に銘じて、来客・電話等の応対の業務に当たらなくてはなりません。

学校のみならず、色々な組織で事務職が担うものになるといえます。

成果主義の人

仕事をする上で、成果を求めるのはもちろん悪いことではありません。

ただし、学校事務の仕事ではその成果が数字として表されることは多くありません。

縁の下の力持ちとして、たくさんある細かい仕事を、ミスなくこなしてく必要があります。

ですから、目に見える成果にしか価値を見いだせないタイプの人には、仕事をした実感が得にくい大変な仕事ということになってしまいます。

日々ミスをせずに積み上げることが大事だという考え方の人の方が向いているといえるでしょう。

「向いている人」の中でも先述したような地味にしっかりとした仕事をすることに抵抗がある、派手な成果を得たいという人には向いていません。

自己中心的な人

どのような仕事でも同じことがいえるかもしれませんが、学校事務の仕事では特に我の強いタイプではうまくいきません。

学校という組織の中で、メインとなるのはやはり児童生徒学生、および教員であって、事務職はサポートする立場に徹した方がいいからです。

これは事務職一般にもいえることかもしれませんね。

なくてはならない仕事であることに誇りを持つことは大事ですが、サポートをする職種であることは理解しておいた方がいいでしょう。

学校事務の仕事で活かせる経験

学校事務の仕事に転職をしようという場合、どのような職務経験が活かせるのでしょうか。

また、職務経験以外にも、学校事務の仕事に活かせそうな経験を挙げてみます。

学校以外の職場での事務職経験

当然のことではありますが、学校ではなくても事務職として仕事をした経験は学校事務という仕事の中で活かすことができます。

学校事務とひとくくりにいっても、先にも述べたとおり、学生課などの学校ならではの仕事もあれば、総務や経理といった学校以外の組織と共通した仕事もあります。

前職で総務や経理を担当していたということは、パソコンのオフィスソフトを使ってするような作業や、経理に関する業務などの経験をそのまま活かすことができます。

また学生課などでも電話応対や書類作成といった一般的な事務作業も行っているので、活かしていくことができます。

学校であることで、他の一般企業と異なる点といえば、内部の存在として児童生徒学生やその保護者に応対することがあるということでしょうか。

その点も、例えば個人情報保護に関する内容が児童生徒学生に関わることであったり、対象者が未成年者であったりすることなどに差がありますが、事務職として特別その他の組織でする職務内容から大きく逸脱することはありません。

接客などの経験

事務職においても、コミュニケーションスキルは非常に重要なものです。

学校では、教員、児童生徒学生、その保護者、地域の人、業者など色々な人と接することになります。

それぞれに対して事務職員としてふさわしい態度で相対する必要があります。

接客などの職務経験は、色々な人との応対において活かすことのできる経験だといえます。

特に小学校で働く場合には、児童と接することになります。

大人と接するのと違う面も多々あるので、子どもの利用の多い施設や店舗での接客経験があるという場合は強みになります。

サークル活動、子育て経験等

色々な人と接する、という点について、仕事として接客業に従事していなくても活かすことのできる経験はあります。

趣味のサークルや学校のサークルなどでも、年齢や立場の異なる人と接することがありますね。

また、子育て経験がある人の中にはPTAや保護者会などに関わっている人も多いのではないでしょうか。

サークルやPTAなどの活動では、その運営や所属している人同士のコミュニケーションを図るために様々なことをこなしてきているはずです。

仕事としてしてきたこと以外にも、十分活かせる経験になっていることがあります。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

学校事務の仕事を続けるのもいいですが、この仕事をしてきたことで身につくことを活かして、さらにキャリアアップしたい!という方もいることでしょう。

どのような仕事で学校事務の経験を活かすことができるのでしょうか?

学校事務の仕事では、ここまでにも述べてきましたが学校ならではの仕事と、どのような組織でも発生しうる事務仕事とがあります。

いずれも、事務職として働く上では経験として活かせるものばかりになっています。

経理事務、営業事務などの仕事への転職も有利になります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

やはり、教員ほどの関わりでないとしても、児童生徒学生と身近に接することができるというのは学校事務ならではの得がたい経験です。

中でも小学校であれば児童=小さな子どもと接することが多くなります。

学習塾、遊戯施設といった、子どもや学生の多く利用する施設等での仕事への転職には有利になってきます。

事務の業務をしていく中で身につくパソコンのオフィスソフトを扱うスキルや、コミュニケーションスキルなどは、どのような仕事でも活かせるオールマイティなものといえます。

接客をメインとする仕事でも、また、他に資格を取得するなどして違う職種を希望する場合でも、プラスの部分として乗せていくことができます。

まとめ

一般企業ではない、学校という組織を支える学校事務の仕事について、その内容や向き不向き、活かせる経験などを解説しました。

学校事務は教育の場にあって教師や教員とは違う形で、学校で学ぶ子どもたちのサポートをする仕事です。

それと同時に教師や教員のサポートをして、学校組織を支えています。

事務のスキルやコミュニケーション能力を活かして教育を「支える」ということができる、やりがいのある仕事になっています。