飲食での転職をする際に、人材紹介を使うメリットを紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

先に、飲食の転職の注意点を見たい人はこちら

目次

閉じる
  1. 転職エージェントとは?
  2. 簡単な転職までの流れ
  3. 簡単な転職までの流れ1:転職エージェントへの登録
  4. 簡単な転職までの流れ2:転職エージェントとの面談
  5. 簡単な転職までの流れ3:転職エージェントから求人を紹介してもらう
  6. 簡単な転職までの流れ4:希望の求人に応募する
  7. 簡単な転職までの流れ5:企業との面接
  8. 簡単な転職までの流れ6:内定
  9. 飲食の転職で人材紹介を使うメリットとは?
  10. 飲食の転職で人材紹介を使うメリット1:一般公開していない求人を紹介してもらえる
  11. 飲食の転職で人材紹介を使うメリット2:自分に合った求人を紹介してくれる
  12. 飲食の転職で人材紹介を使うメリット3:転職の様々な相談に乗ってもらえる
  13. 飲食の転職で人材紹介を使うメリット4:企業やお店の話を聞ける
  14. 飲食の転職で人材紹介を使うメリット5:採用条件などの交渉を行ってもらえる
  15. 飲食の転職で人材紹介を使うメリット6:応募や日程調整・辞退などを代わりに行ってもらえる
  16. 飲食の転職で人材紹介を使うメリット7:働きながらでも転職活動ができる
  17. 逆にデメリットはあるの?
  18. 飲食の転職で人材紹介を使うデメリット1:自分のペースで活動できない
  19. 飲食の転職で人材紹介を使うデメリット2:紹介される企業は調整されてしまう
  20. おすすめのエージェント
  21. 大手転職エージェント
  22. 飲食業界専門の転職エージェント

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、転職にあたり、求職者に専任のキャリアアドバイザーがついて、面接対策や履歴書・職務経歴書などの書類の作成アドバイスなどのサポートを受け、今までの実績や経験、スキルと今後のキャリアプランに基づいた会社を紹介してもらえるものです。

求職者と企業のミスマッチがないように、求職者にあった企業や求職者のキャリアを活かせるような会社を紹介してもらえます。

相談・求人紹介・給与交渉・面接対策・企業との調整など転職に関する必要なサポートはすべて無料です。

費用は採用が決定した際にエージェントを利用した会社が支払うからです。

簡単な転職までの流れ

まずは転職エージェントに登録をします。

  • ①出来れば複数のエージェントに登録したほうが良いと思います。
  • ②次に転職エージェントとの面談。
  • ③面談内容に基づく求人紹介。
  • ④紹介された会社の中から会社を選んでエントリー依頼。
  • ⑤会社側の選考(書類選考・筆記試験・面談)。
  • ⑥内定。
  • ⑦転職。

といった流れになります。

簡単な転職までの流れ1:転職エージェントへの登録

まずはインターネットで検索して大手の転職エージェントに数社、登録します。

希望の業種や職種がある程度固まっている場合には、中規模どころのエージェントにも登録します。

大手の転職エージェントはいろいろな業種の多くの職種の案件を幅広く持っているところが魅力です。

けれど、多くの求職者が登録しているので、求人を紹介してもらう際にそこでまず競争が発生します。

中規模の転職エージェントは比較的、専門的なところが多く、「この業種に強い」とか「この職種に強い」といった特徴がありますので、今までのキャリアを活かして、よりキャリアアップをした人には良いと思います。

そのほかにも規模小さいけれど、その地域の会社には強い転職エージェントもあります。

転職エージェントの登録は部屋と選択は部屋を探すときに不動産会社を回るのと同じです。

同じ条件を出しても、お勧めされる部屋が違ったり、同じ物件でも不動産会社によって契約条件が変わってくるのと同じなのです。

それぞれの転職エージェントの特色をつかんで、登録をしましょう。

簡単な転職までの流れ2:転職エージェントとの面談

転職エージェントへの登録が終わると、大体3日以内に転職エージェントが連絡が来ますので、日程を調整して面談に臨みます。

転職エージェントの面談ルームで自分の担当になるキャリアアドバイザーと1対1での面談になります。

面談の内容は「転職理由」「希望の業界や職種」「今までの実績・経験・スキル」「現在の年収と希望年収」「転職活動の進捗」「転職時期」などになります。

上記の内容は、企業での面接時や履歴書や職務経歴書などを作成する際にも役立ちますので、面談を受ける前に自分で一度、整理してまとめておくと良いと思います。

簡単な転職までの流れ3:転職エージェントから求人を紹介してもらう

早い場合はその場でいくつか求人を紹介してもらえる場合もあります。

のんびり構えていてはいつまでたっても転職先が決まりませんし、面談の日程を調整するのも大変かもしれませんが、その場でエントリーするのではなく、一度持ち帰って、自分なりに調査や比較を行いましょう。

求人票という書類だけではわからない部分もあるからです。

また、転職エージェントでは非公開求人も多くありますので、転職エージェントからの求人紹介はマッチングの面からだけでなく、求人数の多さとういのも魅力の1つです。

簡単な転職までの流れ4:希望の求人に応募する

エントリーする企業が決まったら、履歴書や職務経歴書の添削をキャリアアドバイザーにお願いします。

また、面接担当者や企業側の目線での面接対策やアドバイスをしてもらいます。

不安要素は出来るだけ無くして、企業面接に臨めるように、キャリアアドバイザーに相談をしましょう。

書類と面接対策が整ったら、キャリアアドバイザーが推薦文を書いて応募を行い、選考や面接のスケジュール調整を行い、面接へと進みます。

簡単な転職までの流れ5:企業との面接

企業との面接は2次面接まであるところが多いようです。

その際の求職者と企業側とのスケジュール調整や選考結果の確認や企業の人事担当者からのフィードバックなどは転職エージェントのキャリアアドバイザーが行ってくれます。

簡単な転職までの流れ6:内定

内定が出た後は、求職者に入社の意思決定の確認が行われます。

意思決定までの期間は1週間程度のところが多いようです。

入社決定の場合は、キャリアアドバイザーが内定通知書をもらったり、給与の交渉、雇用契約の最終確認や入社日の調整などを行ってくれます。

また、在職中の場合は、退職の手続きなどの相談にものってくれます。

転職活動中は同時期に複数の会社へエントリーし面接を受けていることもありますので、第1希望のところ以外の内定をお断りすることになったり、面接を受けてみて、希望や条件が合わないことがあって内定をお断りすることになったりすることがあります。

内定を辞退をする場合には、出来るだけ早くキャリアアドバイザーに連絡をいれます。

メールよりも直接電話で話した方が確実です。

内定辞退の理由によっては企業側と再交渉をしてもらえて、結果、就職に結びつくこともありますので、内定辞退の理由を明確にし、辞退することへのお詫びの気持ちと誠意をもった対応をします。

内定を辞退したから、ほかの求人を紹介してもらえないということはありません。

むしろ、内定をもらえる人材という証明になるので、辞退の理由を考慮に入れた求人を紹介してもらえます。

納得のいかないことをそのままにして転職しては転職の意味がありません。

また、転職活動を行ったことで、現在の仕事や会社の良さが見えてきて、転職をしないという選択をすることも出来ます。

最終的には転職をする人の判断です。

飲食の転職で人材紹介を使うメリットとは?

飲食業界では残業が多くて勤務時間が長い、休みが取れない、給与が安いなど労働条件がほかの業種に比べて悪いブラック企業が、まだまだ多いです。

そのため、人手不足になり、ますます、労働条件が悪くなるという悪循環になっているところもあります。

それを好転させるために、労働条件の改善や整備を行う会社が増えてきていますが、求人募集を見るだけでは、見極めが難しいです。

転職エージェントを利用すれば、そういった飲食業界のホワイト企業を紹介してもらえます。

飲食の転職で人材紹介を使うメリット1:一般公開していない求人を紹介してもらえる

一般に公開して求人を募集すると、「応募が殺到して担当者が対応に追われて業務に支障が出る」「職種、仕事内容、給与、必要なスキルなどの条件が他社にわかってしまったり、新しい店舗や新しい企画があることなどの情報を公開してしまうことになる」「人材を募集することが公になることによって、社員が不安に思う」「長期に渡って募集をしていたり、募集の回数が多いと取引先などから、人材が定着しない要素があるのかとイメージが悪くなる」などの様々なマイナス要因が出てきます。

そういったマイナス要因をなくし、ミスマッチを防いで効率良く採用を進めるために、転職エージェントなどに非公開で求人募集を登録しているため、転職エージェントには、一般に公開されていない求人が数多くあります。

そのため、より多くの求人の中から、自分にあった求人を紹介してもらえるのです。

飲食の転職で人材紹介を使うメリット2:自分に合った求人を紹介してくれる

飲食業界に知識のあるキャリアアドバイザーが求職者の経験や実績やスキル、今後のステップアップの希望などを考慮して、プロの目からみた求人を紹介してくれます。

そのためミスマッチが少ないですし、一般の求人では探せないような条件や質の高い企業を紹介してもらえたりします。

飲食の転職で人材紹介を使うメリット3:転職の様々な相談に乗ってもらえる

転職をどう進めていけばわからない、自分のキャリアのレベルがわからない、などの相談から、履歴書、職務系隷書などの書類の書き方、面接の受け方などをサポートしてもらえます。

1人で悩むよりも、プロに相談しながら、転職活動を進めていくことが出来ますので、確実で安心です。

飲食の転職で人材紹介を使うメリット4:企業やお店の話を聞ける

職場の雰囲気や労働条件、客層、一緒に働く人の年齢層や男女比率や勤続年数の長さ、今回の募集の理由など踏み込んだ内容のことも聞くことが出来ます。

また、現在の飲食業界の情報や求人の傾向なども聞くことが出来るのも魅力です。

飲食の転職で人材紹介を使うメリット5:採用条件などの交渉を行ってもらえる

給与、休み、残業などの大切な労働条件の交渉を行ってもらえます。

求職者のキャリアと企業側の条件とをすり合わせながら、求職者のために交渉を行ってくれるので、納得のいく転職ができます。

飲食の転職で人材紹介を使うメリット6:応募や日程調整・辞退などを代わりに行ってもらえる

キャリアアドバイザーに相談しながら、作成した履歴書や職務経歴書にキャリアアドバイザーの推薦文を添えて応募をしてくれます。

面接のスケジュール調整も行ってくれますし、内定、入社意思決定後の入社日のスケジュール調整も行ってくれます。

また、内定辞退をするときも、キャリアアドバイザーが代わりに行ってくれるので、少し気持ちが楽です。

飲食の転職で人材紹介を使うメリット7:働きながらでも転職活動ができる

自分に合う求人の紹介から求人先の会社やお店の状況、応募~面接~入社までの転職に関してのあらゆるサポートをキャリアアドバイザーがしてくれますので、働きながら、時間がなかなか取れない中でも、転職活動が行えます。

また、前職の退職の手続きについてもアドバイスやサポートをしてもらえますので、退職から入社までスムーズに進めていくことが出来ます。

逆にデメリットはあるの?

飲食の転職で人材紹介を使うデメリット1:自分のペースで活動できない

転職エージェントでは転職相談・求人紹介・給与交渉・面接対策・企業との調整など転職に関する必要なサポートを求職者はすべて無料で受けることが出来ます。

なぜなら費用は求職者の入社が確定してから、転職エージェントを利用した会社が紹介料、コンサルティング料として支払うからです。

つまり、求職者の入社が決まらなければ、収入になりません。

そのため、出来るだけ早く入社までの道筋をつけたいために、見込みのある人のスケジュールは早め早めになりがちで、見込みのない人には紹介や連絡が来なく放って置かれることもあります。

また、登録してから大体3か月くらいで紹介が打ち切られることが多いようです。

そのため、自分のペースで転職活動がしずらいことがあります。

飲食の転職で人材紹介を使うデメリット2:紹介される企業は調整されてしまう

転職エージェントは「どれだけ転職を成功させるか」というのが目的です。

そのため求職者の「スキル・経験・実績」に合わせた「紹介できる会社」が求職者の「希望の給与や労働条件」とがマッチしないこともあります。

つまり、いくら応募してみたいところがあっても、転職の成功の可能性が低いところは紹介してもらえません。

また、求職者の応募が少ない会社を紹介されたり、給与や職種、役職などを調整して紹介されたりします。

今の自分の経験や実績を活かしてもっと大きくスキルアップしたい!と思っている人にとってはデメリットになるかもしれません。

おすすめのエージェント

大手転職エージェント

大手転職エージェントは、ネームバリューやそれまでの実績から、多くのクライアントを持っていますので、求人数、職種が豊富です。

そのため、多くの求人の中から、自分に最も合うところを紹介してもらえます。

リクルートエージェント

https://www.r-agent.com/

国内最大手の転職エージェントです。

幅広い業種、職種案件を持ち、内定率も高いため、転職エージェントを利用して転職の場合は、まずはリクルートエージェンシーに登録して、ここを基軸にして、ほかの転職エージェントと比較するのが良いと思います。

デューダ

https://doda.jp/

転職エージェントとしてはリクルートエージェントに次ぐ大手です。

自分自身で全ての転職活動を行える転職サイトとキャリアアドバイザーと共に転職活動を行っていく転職エージェントの両方のアプローチで転職を進めていくことが出来ます。

多くの人がリクルートエージェントとデューダの転職エージェントの両方に登録して比較をしているようです。

飲食業界専門の転職エージェント

エフジョブ

https://www.fs-job.net/

業種・業態・身につくスキルから求人を探せる転職エージェントサービスです。

株式会社アイティーケー

https://i-t-k.co.jp/af/lp_illust/

厚生労働省認可の飲食専門人材エージェント企業。

サイトでの求人紹介は無く、すべてエージェントを通しての紹介となるようです。

H Agent

https://hagent.jp/

半年にわたるお祝い金や、2社同時お試し入社など他とは違う特徴の人材エージェントがこちら。

サイトでの求人紹介は無く、すべてエージェントを通しての紹介となるようですね。


関連キーワード

飲食求人

飲食求人についてもっと深堀りした情報を見る

名古屋の飲食店求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気なお店・エリア・年収相場を解説します

日本を代表する大都市の一つ、名古屋にはあまり知られていませんが、東海地方の名物が集結するグルメの街としての顔もあります。日本でグルメというと大阪、福岡、北海道などの名前が上がりますが、実は名古屋もグルメの豊富な都市です。グルメが豊富ということはそれだけ飲食店が豊富ということです。飲食店が豊富だと当然ですが、求人も豊富にあります。名古屋は、愛知県の玄関口である名古屋駅があり、在来線や新幹線が停車するため、地方や都市部から人が多く行き交います。また、名古屋独自で発展した繁華街も多くあるため、昼夜賑わいのある飲食エリアも存在しています。今回は、名古屋の飲食店求人にスポットをあてて名古屋の飲食店求人に

ケーキ屋の転職を成功させるために!狙い目な職場の3つの特徴と上手に転職するための注意点

ケーキ店で働いているけれど最近なんだかマンネリ気味という方、ここ数年ステップアップのことを考えているという方、そろそろ転職の時期かもしれませんね。私は20年近くケーキ店でパティシエとして働いて来ましたが、パティシエという職業は何度か転職をして色んなお店を見てこそ力が付くと言う一面が大いにあると感じています。一般のオフィス勤めであれば転職回数はとても重要視されますが、パティシエは極端に短い期間の転職をのぞけば回数はマイナスポイントにはなりません。今回は、ケーキ店で働くパティシエたちの転職事情をいろんな角度からご紹介して行きましょう。本当に転職して良い?パティシエが転職を考えるタイミングとはパティ

ケーキ屋の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

特別な技術を必要とするパティシエという仕事。子どもたちの将来なりたい職業ランキングでも常に上位に入っている、華やかで明るい印象の世界です。パティシエたちは日々切磋琢磨しながら新しいケーキを生み出し、私達の生活を彩るケーキを製造しています。とても明るく素敵な世界に見えますが、実は忍耐とたゆまぬ努力が必要な世界。オフィス勤務に比べると体力も必要ですし、労働時間もとても長く覚悟がないと働き続けられない厳しい世界です。そんな修行を乗り越えて活躍するパティシエたちの懐事情は一体どうなっているのか、気になるところですよね。今現在は会社員として働いている人の中にも、やっぱりパティシエへの道を諦めきれない!と

うどん屋の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

うどん屋さんはお子様からお年寄りまで幅広い世代に人気で、1人でも家族でも入りやすい親しみのある飲食店です。うどん屋の仕事をしてみたいなと思っても、どんな仕事をしているのかや、どんな人がうどん屋に向いているのかなど、気になる点も多いかと思います。そんなうどん屋の仕事や求人情報について、仕事の選び方や選ぶ際の注意点をご紹介していきたいと思います。うどん屋ではどんな仕事をするの?うどん屋の仕事は調理スタッフとホールスタッフがあり、それぞれ役割が違います。調理スタッフはうどんを茹でたり、出汁やトッピングを準備します。トッピングには揚げ物が多く、天ぷらやかき揚げなどを揚げていきます。お客さんが食べ終わっ

居酒屋の就職を成功させるには?やっておくべきこと、面接対策など、経験者が解説します!

「居酒屋で働いてる人ってみんな楽しそう! 私もバイトしてみようかな~」「でも忙しそうだし、私にできるかな?」居酒屋といえば定番のアルバイトですよね。また、正社員でも「未経験可」「やる気のある方大歓迎」などの門戸の広い求人が多く、気になる人も多いのではないでしょうか?そんな皆さんに向けて今回の記事では、居酒屋の仕事内容を中心に、居酒屋で就職するにはどうすればよいのか?などを居酒屋で3年間働いてきた筆者が徹底的に解説していきます。居酒屋の仕事はどんな仕事?「お客様に料理やドリンクを運んだりするんでしょ?」実は、お客様には見えないところで大変な仕事がたくさんあります。居酒屋では、おおまかに「キッチン

飲食コンサルタントの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

これから飲食コンサルタントの仕事を目指している方、転職をお考えの方、年収について非常に興味が有るかと思います。ここでは、飲食コンサルタントの年収についてご紹介させて頂きます。飲食コンサルタントの年収の相場はどのくらい?飲食店コンサルタントの年収は、個人のスキルは勿論の事、努める会社によっても様々ですし、個人で起業した場合は、仕事した分全てが収入に成りますので、相場は有って無い様なものです。どの様な形で飲食店のコンサルタントの仕事をしたとしても、その人のスキルにより大幅に年収が変わると言うのが、現状です。それだけに、毎日休まず10年働いたからと言って収入が上がる分けでなく、逆に勤務年数が短くても

和食求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

未経験OKの飲食店の仕事は、求人がたくさんあり応募しやすい仕事ですが、その種類は多岐にわたります。今回は、飲食店の中で和食料理店の仕事について紹介します。和食のお仕事にはどんなものがあるの?飲食店で勤務する場合、主にホールで働くかキッチンで働くかのどちらかの選択になります。ホールスタッフの場合は、和食料理店に限らず洋食店であってもイタリアンレストランであっても、基本的に仕事内容は同じです。朝出勤したら店舗の清掃をし、テーブルやイスのセットをしたりナフキンや爪楊枝を揃えて、お客様をお迎えする準備をします。そしてお客様が来店されたら元気に「いらっしゃいませ」とお声がけをし、お席に案内します。お水や

ピザデリバリーバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「友人を集めてホームパーティー」「悪天候で買い物に行くのが億劫」そんな時にみなさんも一度はピザデリバリーを注文した経験があるのではないでしょうか。比較的時給が高く、効率良く稼げるピザデリバリーバイトについてここでは解説していきます。ピザデリバリーバイトの大まかな仕事内容誰しもが街で一度は見かけた事のある、屋根付きの三輪原付きバイクが、ピザデリバリー用のバイクです。基本的にはこのバイクを運転して、注文を受けた商品をお客様の元に届けるのが主な仕事内容となります。そこまで注文の数が多くない通常時の仕事内容を一例として、実際の業務の流れは下記のようになります。1.主にインストアスタッフが電話やネットで

ピザ屋バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ピザは、日本の食卓シーンでもおなじみの料理となっており、人気の高い料理です。マルゲリータやシーフード、チキンなど、様々な種類があるのも魅力の一つです。ピザが好きな人は、あの良い匂いの中で働いてみたいと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。そんな魅力溢れるピザ屋のバイト求人でよくある募集内容や、おすすめの求人内容などについて紹介をしていきます。ピザ屋バイトってどんな仕事?ピザ屋バイトの仕事は大きく分けて、店内でピザを作るインストア業務と、ピザをバイクで配達するデリバリー業務に分けられます。インストアとデリバリーで、給料は変わります。デリバリーの場合は、空き時間にチラシ配りを行うことがあり

ファミレスのキッチンバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

ファミリーレストランは気軽に行くことができる身近な飲食店ですよね。特に近年ではドリンクバーは当たり前、値段もお手頃で美味しい料理が食べられるというイメージです。そこで働いている人は、学生などの若いアルバイトの人や、長年いるベテランまで様々です。今回はそんな身近にあるファミリーレストランのキッチンでのバイトについてご紹介いたします!ファミレスのキッチンバイトの大まかな仕事内容ファミリーレストランのキッチンでは、お客様から注文をいただいた品物を作るお仕事です。食事の部門からデザート部門まで幅広く調理担当します。近年様々な大手チェーン店が増えてきましたが、殆どの調理場が半調理品の仕上げ作業という場合


飲食求人に関するコラム

和食配膳が向いている人の3個の特徴や必要なスキル・適正とは?

アルバイトを始める場合、一番やりやすそうで募集が多いアルバイトといえば、飲食店ではないでしょうか。でも飲食店とひとくくりに言っても、様々な場所での仕事があります。できた料理を配膳する仕事であれば、ファミリーレストランやファーストフード店もあれば、居酒屋やホテルなどもよく似た仕事です。一度働いた経験があれば、次の職場でも経験を活かすことのできる仕事ですが、職場が変わると仕事の仕方も全く変わってきます。今回は、和食料理屋さんで配膳の仕事をするスタッフにスポットを当てて、紹介していきます。和食配膳はどんな仕事?和食配膳の仕事は、和食料理屋さんでお客様が気持ちよく料理を満喫できるように、おもてなしをす

ホールスタッフの仕事内容14個の業務。経験者が教えます!

レストランや喫茶店などの飲食店で働くホールスタッフは、どのような仕事をしているか知っていますか?注文を取って出来上がった商品をお客様に渡す、レジで会計するという流れが、お客の立場からでも垣間見れる仕事ですね。ホールスタッフが行っている裏方の仕事はなかなか目に見えないものです。そこで、ホールスタッフの仕事内容について掘り下げ、詳しく紹介していきます。ホールスタッフの大まかな仕事内容は?お客様と一番接する機会が多いのがホールスタッフです。お店の印象は料理の美味しさもありますが、スタッフの印象も随分多くあります。来店から帰るまで、お客様に心地良いひと時を過ごしてもらうために、十分な気配りをしながら業

回転寿司の仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

今ではお手頃に食べれるようになった回転寿司屋さん。皆さんもよく行かれると思います。100円均一からお皿の色でお値段が変わる本格的なにぎりたてのお寿司を提供する回転寿司屋さんもあります。今回はそんな回転寿司屋さんでは、実際どのようなお仕事をされてるのか、仕事内容をいくつかをピックアップして、わかりやすくお話したいと思います。回転寿司の仕事の大まかな内容は?やはり、回転寿司と言えど、お寿司を提供する場ですので、お寿司を作るスタッフ、仕込みをするスタッフ、サイドメニューを用意するスタッフなどキッチンの中やホールと言われるお客様がお座りになっているお席の周りで、遅れてるお寿司やレーンに流せない商品、ド

飲食店のホールの仕事のコツとは?失敗談も交えて、3年働いた私が解説します!

外食をしたことはきっと誰にでもあると思います。その時、接客していた店員さんは、素敵でしたか?イマイチと思う部分がありましたか?お店の食事がとっても美味しくても、店員の動作が乱暴だったり素っ気無くされると、同じお店にまた行きたいとは思えなくなってしまいます。そんな「接客業と言えば」の代表のような飲食店のホールの仕事やコツについて解説します。飲食店のホールの仕事内容まず、レストランに入るところから想像してみましょう。「いらっしゃいませ、何名様でいらっしゃいますか?」「お席にご案内いたします」「メニューがお決まりの頃、お伺いします」など、お店に入って食事をして外へ出るまでの全てを案内するのが、飲食店

飲食業界の転職エージェントでおすすめな会社7選とその理由・エージェントを使うメリットとは?

飲食業界で転職を考えているあなた、どのような方法で転職活動を始めていますか?求人サイトやハローワーク、転職エージェントなどを使う人が多いですよね。でも、飲食業界で転職をするなら転職エージェントを利用するのが一番です。飲食業界は労働時間が不規則だったり、休日があまりとれなかったり、離職率が高い職場だったり、あまりよくない労働環境の会社もありますよね。それを求人や面接で判断するのはとても難しいです。転職エージェントなら、業界独自の情報やその会社の情報が詳しくありますので、入社してから「こんなはずじゃなかった!」という失敗を防ぐことができます。今回は飲食業界で転職するにあたってのおすすめの転職エージ