正社員等の仕事をする上で、大切なポイントとなるのが事務のお仕事と思います。

ただ、事務のお仕事が向いていないと思われる特徴があります。

ここでその特徴をあげ、更に対策を考察していきます。

「事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

事務仕事が向いてない人の5個の特徴

様々な特徴がありますが、ここでは大きく5点に絞ってみます。

おしゃべりな人

事務の仕事はどうしてもパソコンや書類など物体に向かって作業を進めていきます。

そして当然期限があります。

ここでおしゃべりが好きな人は、つい他の社員の方に話しかけたくなったり、確認の対話が必要以上に長くなったり、その結果き期限に間に合わないという事態を招きかねないことになっていしまいます。

その乗り越え方とは?

これはとても難しいことですが、まず自分はおしゃべりと自覚することかと思います。

席を立つと他に気が回っていしまうので、一つの作業が終わるまで席を立たないと決める。

作業が長くなりそうな場合はタイマーを使ってみるのも一つの手段かと思います。

ただ、この特徴は性格的な事であり、一面長所でもあります。

極論かもしれませんが、事務職ではない方がいいかもしれません。

最低限度の事務処理が必要とされる接客業や製造等の仕事を選択する方がいいのかと思います。

注意力散漫な人

別な言い方で言うと忘れっぽい方、更にいい加減な人とも言えます

事務職は何といっても正確な仕事が求められます。

1文字違っても、数字なら大変な事態を招きますし、文字であっても意味の違い、時に相手に大変な失礼な事態を招くこともあります。

こういう小さなミスは、注意力がなく、気持ちがふわふわした印象の方によくあると思います。

その乗り越え方とは?

まず確認作業を怠らない事です。

依頼されたことを反復して相手に確認。

そして自分の作業を見直すことです。

更には可能なら確認して頂ける上司等に見てもらうことも得策かと思います

字が汚い人

仕事で使用する文字がいわゆる丸文字や、ミミズが這うような文字、更には極端に小さかったり大きかったりすると、受け取った側はまず第一印象で評価が激減します。

今ではパソコン等があり、直接文章を書いたり、数字を書いたりすることは激減してきましたにで、致命的な欠点ではなくなってきているかもしれません。

けれども、署名したり、相手にメモを渡したり、何かの時に字が見られることもありますので、その際マイナス面が露呈してしまいます。

その乗り越え方とは?

まず字のきれいさは必要ないとあきらめないことです。

様々な場面で字が綺麗な方がいいに決まっています。

以前、テレビ番組でも「美文字」のシリーズを放映していたこともあります。

書店に行けば字をキレイに書くためのグッズも様々販売されています。

少しでも練習していけば改善されると思います。

事務作業が嫌いな人

直筆作業は苦手でも、今はパソコン等で入力出来たり、以前に比べれば格段に作業は苦痛ではなくなってきた気はします。

しかし、まず「私は事務が嫌い」と固定概念を持っている人はなかなか仕事に対する意欲がわかないでしょう。

パソコン入力になってからは、なおさら「機械は苦手」とはなから取り組めない方もいらっしゃいます。

しかし、今あらゆる仕事が事務処理を必要としていると思います。

配送にしても、販売にしても、発注、配送確認などスキャンを使ったり、パソコン入力したり、仕事をしていく上でさけては通れない作業と思います。

その乗り越え方とは?

まずは「パソコン嫌い・できない」等のアレルギー的な概念をはずして、やってみることです。

そして作業を開始すると必ずと言っていいほど、機械がフリーズしたりします。

この時がポイントです。

ここで、人に聞いて教えてもらう勇気が必要です。

更には疎ましく思われても怯まない「図太さ」みたいな心が必要です。

時間的に、更には経済的に余裕があればパソコンの教室に通ってみたり、わかりやすい解説の本を探して購入して練習してみるのも対策かと思います。

自信家の人

少し大げさな表現になってしまいましたが、自分の記憶力、事務能力に自信が強い人は思わぬところでミスを繰り返してしまうと経験上感じています。

この傾向の方は、まず、メモを取らない傾向があります。

自分の記憶に入っているからといっても、次から次へとある仕事を全て覚えられるはずがありません。

また、機械等がバージョンアップしたりして、マニュアルが変更になっても、自分のスキルに自信があるときちんと説明を聞けない傾向にもあるようです。

更にこの傾向の方は、人の話が聞けない。

アドバイスを疎ましく思ってしう。

そして自己否定とまで思っていまう人もいるかと思います。

小さなアドバイスを聞かなかったことで、大きな仕事のミス、雇用先の損失を招いてしまう場合も想定できます。

その乗り越え方とは?

まずは謙虚に、自分を見つめ全て自分の頭で、又やり方ではいけないと自覚することが必要かと思います。

このことは簡単なようで、とても難しい事かとは思います。

そして事務職だけに通じることではないかと思うと少し飛躍的な展開かとは思います。

ここでは、そのような精神論では現実的ではないので、具体的にはともかくメモにする、など形に残す作業を怠らないことが必要ではないでしょうか。

更にはそのメモを目に付くところに貼る、すぐに伝言のメモを相手に渡すなど、後回しにしないことで随分仕事の能力はアップすると期待できます。

そして、記憶があやふやになったり、作業がうまくいかなくなった場合にも、人に聞いていくことが大切です。

「事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

様々な観点から事務職が向いていない方の特徴、そしてその乗り越え方を考察してきました。

現代は、仕事の種類が多角的になり、自分の能力、特徴にあった仕事をあらゆる角度から選択できます。

その中で就無職にこだわらなくても損傷がないとは思いますが、反面、事務能力は専門的でなく様々な仕事のツール等を通して最低限度でも必要になってきました。

そこで事務職に限らず、仕事をする上では新しい事が必要になった際、それを受け入れる意欲、更には学ぼうとする謙虚な姿勢も求められるように考えますと、仕事を通して何らかのステップアップが出来ることが大切だと思います。




事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

大学事務の転職を成功させるためにやるべき3つのことと、上手な転職方法を解説します

みなさんは「大学事務」と聞くと、どのような仕事内容を思い浮かべますか?学生の履修相談を行ったり、申請された証明書を発行したりする窓口業務オープンキャンパスなどの行事で、大学をアピールする「学校の顔」としての役割毎日の講義が円滑に行われるよう準備する調整役時には学校の顔役としてフロントに立ったり、学生や教員が学問を探求できる環境を整えるために裏方に徹したり。大学事務の仕事は縁の下の力持ちとして、教員と連携して大学運営の中枢を担うやりがいのある仕事です。担当する職務によっては、学生と接する時間が多かったり、海外でのプレゼンテーションに参加したりと人との出会いが多く刺激のある仕事です。今回は大学事務

大学事務求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

少子化の影響で大学への進学者数が減少している昨今ですが、大学事務の仕事は人気が落ちていないようです。どんなところが人気なのか、実際に仕事をするとどんな感じなのか、面白い点や不安に感じる点も解説していきます。大学事務のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容大学事務の仕事は、おおまかに二つの内容に分けられます。法人関連業務法人としての大学を動かしていくための業務を中心に行います。学長や役員クラスの秘書、対外的な業務を一手に担う公報、卒業生を対象としたイベント等を運営する校友関連、運営のための寄付を募る業務…と大学によって様々ですが、基本的には在学中の学生とは関わらない業務がメインです。対象が学校法人

大学事務の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3つの特徴やキャリアについて解説します

決して華やかではないけれども、人気職種としてあげられるのが、大学事務です。派遣会社にも案件はありますが、なかなか合格にこぎつけられないのが実状です。大学事務は、その名の通り、大学内での事務なので、交通の便を含めた環境がとても良く、生徒の授業時間に合わせたはっきりした勤務時間で、働きやすい環境といえます。資格なしで始められるのも利点です。そのため、他業種から転職したスタッフも多くいます。しかしながら、誰もが好きになることができる仕事というのは、この世にはありませんよね。大学事務の仕事を得意とする人は、どういった人なのでしょうか。大学事務が誇りの仕事にできる人を調査してみたいと思います。大学事務の

特許事務求人でよくある募集内容や雇用形態やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは特許や知的財産権という言葉を聞いたことがあるかと思います。この特許や知的財産権はどうやって保護するか知っていますか?特許や知的財産権を守るためには特許庁に特許を申請しなければなりません。では誰がやるのか?特許庁へ特許申請や知的財産権の保護を申請するのは弁理士の役割です。ただ、特許申請などに関しての書類作成は弁理士ではなく特許事務が取り扱っています。特許申請に必要書類を作成と聞くと特許事務の仕事は難しい仕事や必要な知識がなければチャレンジすることができない仕事のイメージがあります。実際は未経験者でも特許事務の仕事をすることが可能です。今回は特許事務の求人に関して色々とまとめてみました。

学校事務の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

学校事務の仕事に向いているのがどんな人なのか、どんな経験が活かせるのかを解説します!逆に学校事務の仕事には向いていない人についても詳しく解説しています。また、学校事務の仕事をする中で得た経験やスキルを活かしてキャリアアップした仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?そもそもどんなスキルが活かせるのかということも、しっかり見ていきます。学校事務の仕事内容とは?具体的な仕事の内容を見ていきましょう。学校事務の仕事の内容を大きく分けると、その分類は2種類の仕事になるといえます。その2種類とは、学校ならではの仕事と、そこが学校であってもなくても同様の事務職であれば発生する仕事です。2種類の分類に沿っ

金融事務求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

金融事務は雇用元が金融機関であるという安心感から、事務職の中でも人気の仕事です。金融事務の求人もよく見かけますが、どういう仕事内容なのかよく分からないという方も多いかと思います。そこで今回は、金融事務の仕事を検討している方や求職中の方に向けて、金融事務の仕事について解説していきます。金融事務のおおまかな仕事内容金融事務といっても、具体的な仕事内容は想像しづらいもの。この章では、金融事務のおおまかな仕事内容や、求められる役割について紹介していきます。おおまかな仕事内容金融事務の仕事内容は、銀行と証券会社で異なります。まず、銀行は窓口業務とバックオフィス業務が主です。銀行の窓口業務では、口座の開設

医療事務への転職を成功させるために!狙い目な病院や転職方法、準備・勉強しておくべきこととは?

医療事務に転職するためには、事前にいくつか準備すべきことがあります。気になる病院やクリニックのホームページを見ておくこともその一つです。知識不足では転職が難しくなることも予想されるので、注意しましょう。医療事務への転職で狙い目な病院の条件とは? 医療事務へ転職する場合、どのような勤務先が良いのでしょうか?同じ医療事務でも、医療機関よって勤務時間や業務内容は異なります。病院とクリニックではどちらが良いのか、休日はシフト制が良いのかなどによっても勤務先が変わってきます。まずは、ご自身が何を重視するのかを考えましょう。私自身の経験から、おすすめする診療科とその理由について説明します。勤務先を選ぶ際の

住宅事務求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

憧れのマイホームを建てるために訪れるのが住宅展示場。今回はそんな住宅展示場の事務仕事である「住宅事務」の求人募集内容についてや、仕事内容・おすすめの求人チェックポイントをご紹介していきます。住宅事務のおおまかな仕事内容ハウスメーカーや工務店などの住宅展示場には、営業さんだけでなく事務仕事をしている人もいます。そんな事務仕事はどんな仕事内容なのか、どういった役割なのかをまずは順番に見ていきましょう。おおまかな仕事内容集計をする営業さんがお客さんと打ち合わせした結果ややりとりの内容、進行状況などを営業さんに聞き取り、パソコンで入力して表にまとめていきます。契約や打ち合わせのノルマが決まっているので

貿易事務派遣求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

派遣の貿易事務に応募したくても、いざ求人を見るとなかなか決められないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは自分に合った仕事を探したい人のために、派遣の貿易事務について待遇や仕事内容を解説します。派遣の貿易事務はどんな仕事?派遣の貿易事務は海貨業者やフォワーダーなど、輸出入を担う業者で通関書類を整えて船舶等を手配したり、商社やメーカーなどで関連業者と連携しながら輸出入書類を作成し、物の流れや請求、支払いなどのお金の面を管理する仕事です。貿易事務は派遣社員の需要が高い分野で、初心者でも補助業務を見つけやすいですし、キャリアを重ねて必要なスキルを身につけて行けば、年齢に関わらず働き続け

医療事務の派遣会社のおすすめ7選。元内部関係者の私が解説します

医療事務として働くには、病院に直接雇用してもらう他に派遣会社の社員として働くという方法があります。最近は、派遣社員という働き方を選択する方が増えているそうです。その理由の一つが、派遣社員の報酬です。私は以前医療事務を派遣する会社で働いていましたが、病院で直接雇用されているパートのスタッフよりも派遣社員の方が高い報酬を受け取っている派遣社員は実際多いです。報酬を理由に、派遣として働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし国内には数多くの派遣会社があるため、医療事務として働きたいと考えた時にどの会社を選べば良いのか迷ってしまうと思います。そこで今回は医療事務派遣の元内部関係者として、


事務仕事に関するコラム

事務の仕事内容12個の業務。経験者が教えます!

「仕事は事務をやっています」という人がいたら、みなさんどのようなイメージをもたれるでしょうか。ずっと座っていられていいなとか、なんだか楽そうだなと思っている方もいらっしゃるかもしれません。逆に、ずっと事務所や同じ場所にいないといけないなんて、大変そうと思われる方もいらっしゃるかもしれません。今回は、イメージだけでは分からない、事務の仕事内容についてお話しさせていただきます。事務の仕事の経験がない方にも分かりやすいように、説明したいと思っております。この記事を読んで、事務の仕事内容や魅力について、多くの人に知ってもらえたら嬉しいです。事務の仕事は大きく5個の役割に分けられる書類作成や書類整理事務

事務員の仕事内容21個の業務。色々な事務員の仕事を経験者が教えます!

事務のお仕事は求人数も求職数も多いお仕事です。どの職場でも事務作業は発生しますし、人気もある職業ですね。ただし、離職率も高い職業でもあるんです。今回は事務員の仕事内容について経験者である筆者がまとめてみます!事務員の仕事は大きく5つの役割に分けられる事務員の仕事は一日の中でも多くあります。時には電話応対だけで一日が終わった…なんていうことも。事務員の役割を大きく5つに分類してみました。接客来客があれば適切な場所までご案内し、お茶やコーヒーなどをお出しします。お帰りの際に玄関まで見送る会社もあります。補助作業会議の資料を作成したり、コピーをとったり、書類をファイルに綴ったりといった補助作業はどの