世界の中でも長寿国となっている日本ですが、健康寿命も伸びてきました。

ただ、皆が必ずしも健康のまま長生きできる保証はありません。

脳梗塞や心筋梗塞、肺炎や認知症は長寿になるにつれて発症頻度が高くなっています。

介護をすることになっても、すぐに動き始めることができないかもしれません。

家族が遠くにいて自分一人では何もできなくなる状況になるかもしれません。

もちろん健常なまま日常を過ごすことができればとても良いことです。

しかし病気は突然やってきます。

突然の出来事に対処できるように、自分や家族が自分自身の希望を言える内に「介護」について考える時間を持つことは大切です。

ここでは、家族が行う「介護」についてどのようなことが問題なのか、また問題に対してどのような対処法があるのかをご紹介します。

介護とは?

そもそも介護とは「要介護者に対して日常的に心身の状態に応じた支援をすること」です。

食事・排泄・薬や受診の管理など日常生活全てにおいて支援をします。

言葉で言うことは簡単ですが、介護は24時間体制です。

あなたも夜の遅い時間にトイレに行くこともあるでしょう。

高齢になると夜のトイレの回数が増える場合が多いです。

その一回一回を介助するのは大変なことです。

家族が介護状態になった時に「なんとかなる」「大丈夫」と簡単に考えてしまうのは危険です。

その家族の身体の状態をしっかりと把握し、担当の医師や看護師とこれからの介護について相談していくことが大切です。

薬の管理も看護師や薬剤師の知識を借りましょう。

専門知識がとても重要になります。

薬はおおよそ1ヶ月単位で処方されますが、身体の状態が悪くなったり、今までとは違う症状が出ることもあります。

今まで服用していた薬が合わなくなったり、薬が増えたことで服用方法が変わる場合もあります。

医師の説明をきちんと聞いて守ることも大切です。

例えば心筋梗塞の場合は血液がさらさらになる薬が処方されることが多いですが、納豆やビタミンKを多く含む食品が食べられなくなります。

認知症の方は説明を聞いても忘れてしまう為、納豆や青汁を飲み続けて重篤な状態になってしまうこともあります。

薬の管理は命に直接関わる重大なことなので、要介護者と一緒に一度医師の説明を受けるようにしましょう。

介護する前に家族でやっておくと良いこと

いざ家族を介護することになった時、混乱して判断ができなくなる場合があります。

自分の親や身近に高齢の家族がいた場合は、いざとなった時どうするのか話し合っておくことが大切になります。

もしその時になった場合、予めルールを決めておくことでスムーズに決まることも沢山あります。

ここでは、どのようなことを決めておくと良いのかをご紹介します。

本人がどう過ごしたいか希望を聞いておく

介護をする上で一番大切なことは「本人の意思」です。

病気になった後でも自分の意思表示ができる場合は自分の考えを伝えることができますが、言葉が出なくなったり脳に障害が残った場合は人格までも変わることがあります。

元気な内に自分の意志をしっかり家族に伝えておくことが、自分にとっても家族にとっても良い方向に向かう一歩となるでしょう。

家族にとっても、介護が必要になった時にどのようなことを望むのか知っているのと知らないのとでは、介護をすることに迷いが減ってきます。

例えば、「トイレだけはできるだけ自分で行いたい」や、「できるだけ歩きたい」等の希望に対して、入院中にリハビリテーションの相談ができたり、リハビリテーションに力を入れている病院を紹介してもらえたりします。

「認知症になっても自宅で過ごしたい」や「認知症になったら施設に入れてほしい」等の希望もしっかり話しておくと良いでしょう。

認知症になると、以前のように会話ができなくなったり、自分や家族の気持ちも伝えることができなくなってしまいます。

そうなると、家族はどうして良いのか分からなくなってしまう恐れもあります。

そうならない為にも、自分自身のこれからの介護生活について考えてみましょう。

自宅なのか施設なのか

障害を持ってしまった場合、自分の住み慣れた自宅で生涯暮らしたいのか、家族に迷惑をかけたくないから介護施設を希望するのか、それは自分で決断したいですね。

自宅にいたいと思う人も多いでしょう。

家族が遠くにいたり、家族がすでにいない人は、介護施設で過ごすことを選択する方が多いかもしれません。

自宅で過ごすということは家族や自分にとっても大変なことかもしれません。

家族に対しては、介護の度合いによっては24時間自分の世話を頼むようになります。

介護を家族に頼みづらい人もいるでしょう。

家族は自分の考えを100%理解してくれているわけではありません。

介護が必要になった時に自分はどうしたいのか、家族に事前に伝えておきましょう。

かかりつけの医療機関や福祉関係の連絡先を整理

かかりつけの病院をどこにするのかを決めることも大切なことです。

かかりつけは一つとは限りません。

整形外科や内科などそれぞれの病院を受診している場合も多いでしょう。

大規模病院が多くなってきている現代では、待ち時間が長時間化しています。

大規模病院に比べクリニックや小規模の診療所は待ち時間は短いことが多いです。

高齢者の患者さんはクリニックを何ヶ所もまわって薬を貰っている方が多いようです。

家族が遠くに住んでいたり、土地勘があまりない所で介護をすることになった場合、どの病院を受診しているのか、どのような薬を処方してもらっているのか、連絡先を含め手帳やパソコンにデータとして保存しておきましょう。

入院したことを伝える時も、退院後に再度通院するのかの連絡も必要になってくる場合があります。

すぐに連絡や確認ができるようにしておきましょう。

経済的な負担をどのようにするか決める

介護費用も決して安くはありません。

介護にかかる費用は、介護度によって国が負担してくれる限度額が変わってきます。

介護の必要度と介護度が比例していないと、患者さんにも家族にも精神的にも金銭的にも負担がかかってきます。

また家族が負担することになった場合は、兄妹や親類と何割負担するのかを決めておきましょう。

介護費用は施設に入所する場合、月々10万円以上かかる場合がほとんどです。

これに加えてオムツ代や介護服などの日常使用するものの代金もかかってきます。

一人っ子などで介護ができない、ほかに援助を求める親戚もいないという場合は、生活保護を受けることを検討する必要があるでしょう。

金銭管理などの問題が発生した場合は、市町村の相談窓口で後見人制度などの相談をおすすめします。

家族の中での役割分担を決める

一緒に住んでいる家族が介護をすることが多いですが、最近は高齢者が介護をしていることもあります。

高齢の配偶者を高齢の配偶者が介護することを「老老介護」と言います。

この老老介護は体力的な負担と精神的な負担が一気に発生することがあり、「介護疲れ」になることが多くあります。

この問題は、高齢者に限らず介護に大きな負担がかかっている全ての人に起きます。

最近では「介護に疲れて殺人を犯した」というニュースも多くなっています。

「介護疲れ」を減らし休憩を取る。

一人に介護負担をかけない為に役割分担は大切です。

一昔前では「女性が介護することが当たり前」と言う考えの男性が多くいましたが、女性の社会進出が進む中、男性も母親のオムツを換えたり、トイレに誘導したり、入浴介助をすることが求められてきています。

もちろん簡単なことではありませんが、介護の負担を分担し手伝うということは大切なことです。

負担を分担すると言葉で言うとは簡単ですが、実際に行うには覚悟が必要になってくるでしょう。

後々揉めないために密なコミュニケーションを心がける

要介護者と介護する側は密なコミュニケーションが求められますが、親族や他の家族とも密なコミュニケーションは大切です。

後々揉める原因になるものは財産分与や土地の権利等のお金に関することが多いですが、他にも要介護者の状態の把握も大切になってきます。

例えば、定期の通院に毎回付きそう人が違うことがあります。

その場合、付き添った人が病状を知らないと、医師の発言一つで普段介護をしている人を疑う原因にもなります。

そうなると家族感や親類感の信頼関係もなくなります。

介護される側も頼みごとがしにくくなり、身体の状態が悪化することもあり得ます。

そうならないように、病状の確認や介護をする上で自分が注意していること、負担がかからない介護のやり方など、家族や親類としっかりとしたコミュニケーションを図ることが大切であり、結果的に良い介護に繋がるのです。

介護で家族がやらなければいけないこと

本人の状態を把握し正しい知識を得る

病院で病状の説明がありますが、一般的な病気を理解していないと、医師からの病状説明が理解できない場合があります。

例えば脳梗塞後の要介護状態になった場合、脳梗塞とはどのような病気なのか、脳梗塞が発症した箇所はどこなのか、今の家族の状態がどうなっていて今後どこまで回復する見込みがあるのか、というところまで聞いておきましょう。

知識がなかったり理解しようと思う気持ちがなければ、要介護者に負担のない良い介護はできません。

病状の把握ができないということは、家族の生死に繋がることもあります。

家族の今の病状について把握することと、病気に対しての知識を自分のできる限り得ようとすることは大切です。

ただしこの場合、インターネットやSNSなどで情報を得るよりも、きちんとした参考書をおすすめします。

病歴を記録しておく

要介護者がいつどのような病気をして、それに対してどのような薬で治療をしているのかをきちんと記録に残しておきましょう。

要介護者が入院したり病状が悪化した場合は、病院の医師に説明しなければなりません。

また、服用している薬によって現在使える薬が限られてくることもあります。

禁忌薬を服用してしまえば、今の病状以上に危険な状態になることもあります。

病歴や薬の応対を把握することは、今の病状を把握することと同じくらい大切です。

また急な手術が必要になってしまった場合は、過去の輸血歴も大切な情報になります。

輸血の情報が大切になってくる理由は、昔の輸血は現代よりも管理が行き届いていなかった為、知らない間に輸血で感染症にかかっていることもあったからです。

医療従事者にも感染の危険がありますし、家族にも感染する恐れもあります。

感染の検査をするかしないかの医師の判断にも過去の輸血歴や、手術歴が必要になる事があります。

正しく確実な情報交換が行えるように、家族の情報をしっかり記録して把握しておきましょう。

地域包括支援センターなど公的なサポートが得られるか情報を得る

介護が必要になった場合は、家族の負担以外に市町村の公的なサービスがどれくらい受けることができるのか把握することで、家族に対する介護負担は大きく変わってきます。

デイサービスや訪問介護等のサービスを受けることで、家族はその間介護以外のことができます。

時には介護や家庭にも縛られず自由な時間を過ごすことも大切です。

何事にも息抜きは必要なのです。

公的な介護機関を利用することは恥じることではありません。

地方や高齢者に多いのですが、介護サービスを利用することが恥ずかしいと感じる人もいます。

周りから見られることよりも、より良い介護ができる環境を作ることを重視しましょう。

その環境を作ることが自分にも要介護者にも良い方向に向いて行く第一歩になるでしょう。

自宅で快適に過ごせるような環境作り

病気の治療が終わって自宅に帰ろうとする時、自分の身体の状態が以前と違うことは、沢山あるでしょう。

自分の身体の状態が変われば、自宅もそれに応じて変えていく必要があります。

例えば目に障害が残ってしまったとしましょう。

全く見えないわけではない状態でも、自宅の廊下や部屋の床に物が落ちていれば、つまずいて転倒する場合もあります。

また自分の部屋からトイレまでの距離が遠い場合は、トイレに間に合わないこともあるでしょう。

その場合家族の誰かと部屋を交代したり、手すりを付けて歩きやすいようにすることが大切です。

トイレが遠いなら部屋にポータブルトイレを置くことも一つの方法ではありますが、排泄した後に流すことができない場合もあります。

部屋の中に排泄物があることは良いことではありませんよね。

自分でトイレで排泄して自分の部屋に帰ることができる内は、環境を整えて「自分でできる」ことを増やしていけるようにしましょう。

バリアフリーの部屋にリフォームする

健常者であれば、今の住宅でも快適に過ごすことは容易なことでしょう。

しかし介護が必要になってしまった場合は違います。

一人で歩けなかったり、歳をとれば杖を使って歩くことも増えてくるでしょう。

自分の身体状況に合わせて自宅や部屋を変える必要があります。

これは「転倒の防止」のためです。

高齢者にとって転倒というのは命取りになるくらい危険なことです。

高齢者に多い転倒骨折部位は「大腿部頚部骨折」です。

この骨折は太ももの付け根の骨が折れることで、手術が必要にある場合が多いです。

高齢者にとって手術自体が身体に負担がかかるものです。

その後のリハビリテーションも、筋肉が衰えているため若い世代と比較して倍以上の時間と労力が必要になってきます。

筋力の低下と回復までに時間がかかることで、車椅子の生活になる人も少なくありません。

車椅子で生活することは想像以上に神経を使います。

部屋の段差で車椅子ごと転倒する場合もあります。

段差があって動けなくなることもあります。

その段差をなくすことも快適に暮らすための必要条件になってくるでしょう。

また車椅子が通れる幅の廊下であることも確認しなければなりません。

車椅子で廊下を通ることすらできなくては、快適な生活とは言えませんよね。

身体の変化に応じて環境を変えることは、今後の生活に直接繋がる大切なことです。

介護用ベッドはどうする?

介護が必要になった時に悩むことの一つに、布団があります。

高齢者向けのベッドや介護用ベッドは沢山の種類がありますが、高額になります。

高額な医療費や介護料金に加えてベッドまで購入となると、あまり気が進まなくなるのではないでしょうか。

介護用のベッドや手すりは介護度に応じてレンタルすることが可能です。

料金も月額1,000円程でレンタルできます。

もちろんその他車椅子のレンタルや床ずれ防止の為の除圧マット、マットレスの間に空気を入れて耐圧分散する「エアマット」という介護用品もレンタルすることができます。

介護用ベッドは要介護者本人の自立支援にも繋がりますし、介護をする側の腰痛防止にもなります。

介護をする時に悩むことの一つに、腰痛があります。

ぎっくり腰やすべり症になる人も少なくありません。

腰痛になってしまうと、介護自体が苦痛なものになってしまいます。

介護をより良くする為にも、介護用のベッドについて考えた方が良いでしょう。

介護で家族が大変なこと

付きっきりなので休みがとれず時間的に拘束される

介護は24時間体制です。

「人」が相手なので長い休息はできません。

その為自分の時間はかなり減ります。

介護するということは、自分以外の人の人生を見るということです。

呼ばれた時に用事だけを済ませるだけではありません。

「自分だったらこうしてほしい」「自分だったらこうしてもらうと嬉しい」など自分と置き換えて考えてみましょう。

トイレや移動時の介助で肉体的にしんどい

トイレの介助は腰にかなりの負担がかかります。

子供ならまだしも、一人で大人を抱えるのです。

体重を全て持ち抱えることはかなりの重労働です。

移動時の介助は転倒防止のため、要介護者の傍で介助することが多いです。

要介護者がふらついていきなり介護者に全体重がのしかかってくることもあります。

自分でも一人の体重を支えられる余力を持ちましょう。

体重を支える時や介助する時に上手くコツを使うことを「ボディメカニクス」と言います。

腰の重点を低く保ち、足を肩幅に開いた状態で要介護者を抱えます。

このボディメカニクスを身につけることで、介護は大分楽になります。

徘徊など片時も目が離せなくて精神的負担がある

徘徊行為がある要介護者には、精神的な負担と時間的拘束がかかります。

理由は徘徊がある人はちょっとした時間、目を離した隙にどこに行ってしまうのか分からないからです。

日々の介護に疲れて少し横になってしまった時に玄関から出て行ってしまい全く知らない所へ行ってしまったり、最悪の場合はそのまま行方不明になることもあります。

その為自分の仕事もなかなかできなくなりますし、目を離せないため時間的な拘束が大きくのしかかってくるでしょう。

認知症による人格の変化

認知症を患うと人格が変わることがあります。

暴力を振るったりすることもあります。

自分のことすら分からなくなることもあり、トイレに行くことも忘れてしまいます。

トイレに誘導しても、すでに便が出ていたり尿汚染していることもあります。

自分がどんなに頑張って介護していても、要介護者は介護をしてもらっていることを忘れる為「自分の介護を認めてもらえない」と感じてしまう時もあります。

介護施設がサポートするためにやってくれる4個のこと

介護の大変な部分をご紹介しましたが、これでは介護は自分には無理だと思う人が多いでしょう。

そこで介護の負担を減らす為に、市町村の担当者や介護施設がどのようなことをどこまでしてくれるのか、どのようなことを相談して良いのかをご紹介します。

短時間で良いので休みたい・パートで良いから働きたい

介護で時間が取れなくても介護にかかる料金はかかりますし、自分自身も一日しっかり休みたいと思うことも自然なことです。

そんな時は「デイサービス」の利用をおすすめします。

デイサービスは日中介護施設の大きな部屋に要介護者が数人〜数十人集まり、一日を過ごします。

お迎えにも来てもらえる為、自宅から要介護者を送りだしたら自分の時間が持てます。

その間はパートの仕事をしたり、自由に過ごすことができます。

要介護者も、デイサービスに行くことで自分ではなかなか行けない所に散歩に行ったり季節の催しものに参加して、笑顔が多く見られるようになります。

また、職員は介護をすることでお給料を貰っているので、介護をしてもらうことに遠慮する必要もありません。

自分がどのように介護してほしいのかは、ケアマネージャーを通して介護施設に頼むことを忘れないようにしましょう。

認知症が進まないように会話を多くしてほしい、トイレは時間がかかるけど一人でさせてほしい等の要求がよくあります。

寝る前のトイレを済ませてほしい・オムツ交換を一度で良いから代わってほしい

排泄に関わる人の中には、一度で良いから誰かに代わってほしいと思う人が多いです。

普段の生活で人の排泄の介助をする機会はほとんどないでしょう。

医療機関などに勤めている人以外は抵抗があるものです。

夜寝る前にオムツに替えてほしい、昼の時間にトイレの誘導やオムツ交換を手伝ってほしいと思う人は「訪問介護」がおすすめです。

訪問介護は自宅にホームヘルパーが訪問し、30分~1時間の介護をしてくれます。

一人暮らしの要介護者には、洗濯したり料理をしてくれたりします。

パートタイムの仕事をしたい人は、パートの時間は訪問介護にお願いして働くこともできます。

夜間の訪問介護を行っている所もあります。

寝る前に夜間用のオムツに替えてしっかり漏れないようにしたり、睡眠に入る前にトイレ誘導も依頼できます。

排泄の介助をちょっと代わってもらうだけで、精神的にとても楽になります。

これは家族間でもできるので、家族がどのような介護を行っていてどんな気持ちでいるのかを、きちんと理解する努力をしましょう。

徘徊等のある要介護者の見守りをしてもらえる

自宅にいる時は玄関のカギを開けたり、夜中に自分の行きたい所に出て行ってしまったりと心配事が絶えませんね。

徘徊する要介護者を拘束することはほとんど不可能です。

要介護者も自分の意志を持った人間です。

行きたい所もあれば、自分のしたいこともあります。

家族だからこそ止められなかったり、辛くあたってしまったりもするでしょう。

そんな自分に自己嫌悪になってしまうことも多々あります。

そんな時は「グループホームへの入居」をおすすめします。

このグループホームというのは、認知症の要介護者が集まって生活する所です。

認知症の要介護者が集まるグループホームは、要介護者にも生活しやすい環境です。

もちろん訪問介護やデイサービスと比較すると料金は高くなりますが、家族の負担は軽減されます。

軽度の認知症であればデイサービスや訪問介護でも負担は少なくなりますが、重度の認知症の介護は予想以上に大変です。

施設に入ることも施設に入れることも、要介護者を見捨てたことにはなりません。

恥じることでもありません。

むしろ要介護者が良い環境で生活を送れるように援助していることになります。

施設に入居させることを拒む人も少なくありませんが、自分の負担と介護に対する考えを改めて考えてみてはいかがでしょうか。

まずは「介護認定」をしましょう。

上記で介護保険で受けられるサービスについてご紹介しました。

まず、介護が必要な状態になったら、市町村の福祉課に行き介護認定を受けましょう。

介護の状態は要支援1~要介護5に分かれ、その介護レベルに応じて受けられるサービスが変わってきます。

例えば要介護1の要介護者はデイサービスをおおよそ週2回まで利用できる限度額の設定になっていますが、要介護5はほぼ毎日の日のようにデイサービスを利用することができるような限度額設定になっています。

介護認定が終わって担当のケアマネージャーが決定してから、受けるサービスを決めたり施設を探したりできるようになります。

裏を返せば、介護認定を受けないと公的サービスは利用できないということです。

家族が認知症になったことや身体が不自由になったことを一人で抱え込まず、市町村の福祉課に相談してください。

担当のケアマネージャーが決定した後は、介護のことや自分の介護に対する想いをしっかり相談して、より良い介護ができるようにしましょう。

介護は一人で抱え込み過ぎるのは禁物です

介護は「人」が相手です。

介護は想像するよりもとても大変で、身体的苦痛や精神的苦痛も多いです。

家族に相談できなかったり市町村の相談窓口を知らなかったりすると、日々の介護が辛いものになってしまって介護自体が嫌になってしまいます。

自分一人で抱え込まないことが大切です。

近年核家族化が進み、高齢者の二人暮らしが増えています。

老老介護も増えていて、誰にも相談できず殺人を犯す人もいます。

市町村や近所の人と連絡を取り介護について話すだけでも、要介護者や介護者を救うことに繋がります。

辛いことや一人悩んでいることを誰かに相談しましょう。

そもそも介護は「人一人の人生の最後を助けること」です。

介護は人を助ける術であり、自分にも大切な人生の糧となります。

家族を介護し要介護者の想いを叶えることができるのは、一緒に生活していた家族が一番です。

例え認知症を患い自分のことや最近のことを忘れても、家族のことは覚えているものです。

名前が出てこなくても、娘のことを自分の妹だと思っていても、職員と家族では表情が全く違ってきます。

それだけ家族の存在は大きいものです。

家族の介護をしながら自分も成長し、悔いのない介護ができるように、自分の精神状態や身体状態を一定に保つことを忘れないでおきましょう。

負担を一人で抱え込むことが、介護を一生懸命頑張っていることではありません。

より良い介護ができるように、できるだけのサービスを受けながら助け合うことを大切にしましょう。



関連キーワード

介護求人

介護求人についてもっと深堀りした情報を見る

ホームヘルパーの仕事内容をご紹介!経験者だからわかる良い点・大変な点も教えます!

「長く安定して働きたい」と、介護の仕事を目指している方も多いのではないでしょうか。高齢化が進むにつれて、介護サービスの必要性はますます増え、介護市場は今後も拡大すると予測されています。介護の仕事と一口にいっても、いろいろな種類がありますが、「ホームヘルパー」という仕事はご存知でしょうか?ホームヘルパーは、その名の通り利用者の自宅に訪問して介護を行う仕事です。介護の仕事なので、もちろん体力的にも精神的にもきついことがありますが、やりがいも多い仕事です。また、雇用形態によっては、好きな時間に働くことができるので、お子さんがいる方でも安心して働くことができます。では、肝心な仕事内容はどんなことを行う

特別養護老人ホームの面接で聞かれる4個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

特別養護老人ホームの高齢者施設で勤務を希望する場合、主に2つの審査があります。1つ目は書類審査です。履歴書を送付し、採用担当者が確認します。確認後、合格できればすぐに採用面接が実施されます。履歴書を確認する1次審査に関してはよっぽどのことが書いてある、もしくは施設側が受け入れている年齢層などのイメージを大きく逸脱していない限りは合格し次の採用面接にいくパターンが多いです。採用面接をしないで入職を許可する事例はほとんどない為、面接は避けて通れない道です。ここではその採用面接において主に聞かれる質問内容や受け答えのコツ、面接時の服装などについて説明していきます。特別養護老人ホームの仕事内容特別養護

グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことや、その場合の上手な転職方法を解説していきます。グループホームでの業務は資格がない人にでも応募が可能な為、出入りの多い職種と言われています。介護業界で働いてみたいという方がグループホームで経験を積み、他の形態の介護施設に転職なんてこともざらにあるんです。今まさにそんな転職をお考えの方には必見な内容をまとめましたので、少しでも興味のある方は、ぜひご覧いただければ幸いです。グループホームへの転職や、グループホームからの転職は多い?他の介護の施設と異なり、特にグループホームは介護系の資格を取得していない、無資格の状態でも応募が可能な施設が多く、

埼玉で働きやすい福祉施設10選。女性が活躍できる職場環境プラチナ認定企業だけを厳選!

「介護などの福祉施設で働きたい」「でも、出産や子育てなどでなかなか思うように仕事が続けられない、条件に合った職場が見つからない」という女性も多いです。今回はそういった方々の中でも、埼玉県やその近辺に住んでいる人向けに、埼玉県の「多様な働き方実践企業認定制度」でプラチナ企業として認定を受けている福祉施設を紹介します。認定企業の中でもいくつか厳選しているので、女性も働きやすく・活躍もしやすい職場が見つかりやすいはず!ぜひ参考にしてみて下さいね。プラチナ認定企業とは?プラチナ認定企業とは、埼玉県が認定を行っている取り組みです。仕事と介護や育児の両立を支援する「多様な働き方実践企業認定制度」の一環とし

介護支援専門員求人の募集内容は?激務?過去の離職率もチェックして求人を選ぼう!

日本は現在、過去に例を見ない程の高齢化社会を迎えています。加齢や疾病により介護が必要となる高齢者もそれに比例して増えており、要支援・要介護の認定を受けている高齢者は平成30年10月現在で650万人を超えている状態です。2000年から介護保険制度が開始され、それと共に介護支援専門員、通称ケアマネージャーと呼ばれる資格も創設されました。創設から20年が経ち、介護支援専門員が活躍する場面も多く存在するようになりました。今回は、介護支援専門員が活躍している働き先やおすすめの求人について紹介していきたいと思います。介護支援専門員の大まかな仕事内容大まかな仕事内容介護支援専門員の仕事は、日常を送るにあたり

生活相談員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

生活相談員への転職にはどのような点に注意したらいいのでしょうか?よりよい職場環境とはいったいどういった場所なのでしょうか?今回は、生活相談員の転職についての注意点や、転職活動の成功させるポイントをご紹介します。また、相談員の転職で年収を今よりも上げるために知るべき情報についてや、人気なおすすめ職場とその理由まで詳しくお話しさせていただければと思います。この記事を読んで、転職を成功に導きましょう!生活相談員の転職で注意したほうが良い2個のこと業務範囲生活相談員は事業所の規模や会社が生活相談員に求める役割についてどの程度言及しているかによって大きく異なります。利用者や家族との会話から日々の様子を知

訪問介護バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて解説します

現在の日本は高齢化社会で、介護についての問題が多く取り上げられていますよね。今回は、在宅で生活している高齢者への介護サービスで活躍している訪問介護の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。訪問介護は、要支援や要介護で日常生活に介助が必要なお年寄りへのサービスです。訪問介護バイトではどんな仕事をしているのか、求人内容はどのような感じなのか分かりやすくお話をしていきます。介護職に興味がある方や高齢者と関わることが好きな方、何か人のためになる、やりがいのある仕事に興味がある方の参考になればと思います。訪問介護とはどんな仕事?訪問介護とは利用者の自宅に出向き、日々の生活で必要な介護を行う仕事で

生活相談員の悩みで多い5個のこととその解決法。

生活相談員の悩みをここで具体的にお話しさせていただきます。介護施設では法律上配置義務を課せられている施設もある「生活相談員」という職業を皆さんはご存知でしょうか?実は生活相談員は大変で、悩みを抱える事も少なくありません。今回はそんな生活相談員がストレスを感じる悩み事と、その解決方法についてご紹介させていただきます。また、生活相談員に向いてる人はどのような人かという事も経験者の筆者目線の意見としてお話しさせていただきます。生活相談員の悩みで多い5個のこととその解決法とは?生活相談員は利用者やその家族の方が抱える悩みや困り事を解決するお手伝いをする事が仕事となります。生活習慣や考え方が異なる人を支

ケアマネージャーの仕事がおすすめな理由は?女性が働きやすい?!経験者がお話しします!

2000年に介護保険制度が始まり、介護サービスの利用はそれまでの措置制度から契約制度に変わりました。それと同時に誕生した資格がケアマネージャーです。ケアマネージャーが誕生してから約20年経ちましたが、まだその役割は十分に知られていないのではないかと感じます。今回はケアマネージャー経験者である私が仕事をする中で感じた事や、ケアマネージャーという仕事のおすすめポイントを紹介したいと思います。ケアマネージャーのおおまかな仕事内容とは?ケアマネージャーの正式名称は介護支援専門員といい、仕事内容は大きく分けて3つあります。一つ目は介護を必要とする方の相談を受け、解決方法を一緒に考えた上で支援させて頂く仕

生活相談員になるには?主な就職先や必要な資格・勉強しておくべきことを教えます!

生活相談員になるにはどうすればいいのかお悩みの方は必見です。現代日本では高齢者の数が増加の一途を辿り、介護を必要とする方も増えています。その方たちを支援するための施設の数も増えています。ニュースなどで介護職員のことを取り上げられる場合は多々ありますが、施設で働く他の職種については知る機会があまりありません。今回はそんな施設で働く職種の一つ、生活相談員になりたい方に向けて、取るべき資格や勉強しておくべきことなど詳しい内容をご紹介させていただきます。生活相談員の大まかな仕事内容は?生活相談員の仕事内容は多岐にわたりますが、大まかな仕事内容としては調整を行う事です。生活相談員が関わる人は、要介護状態

生活相談員とはどういう仕事?仕事内容や良い面・辛い面についてお話しします!

現代日本は急速に高齢化が進んでいます。総務省統計局が発表した2018年9月現在の高齢者(65歳以上人口)は3557万人、高齢化率は28.1%となり、高齢者人口は増加の一途を辿っています。高齢者の方が増えた事に伴い、介護施設も増え、福祉の仕事に就く人も多く存在するようになりました。「福祉の仕事」と言われ、多くの人が連想するのは、身体支援等を生業とする「介護」の仕事です。しかし、福祉の仕事の中でも身体支援を主とする仕事ではない職種がある事はご存知でしょうか?今回はその中でも施設の顔となる「生活相談員」とはどんな仕事なのか、現役の生活相談員でもある私が、皆様にご紹介したいと思います。生活相談員とはど

グループホームのアルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった5個のことやそこで身に付く力とは?

グループホームでのアルバイトは、各地域で求人が出ています。需要が高く、今後も人材確保が必須な業界です。今回は、グループホームの業務で実際のイメージがわきにくい部分や、どのようなメリットがあるのかをアルバイト経験のある私がご紹介していきます。気になる時給相場や身につくスキル、求人の選び方もお教えしちゃいます!私はこんなところでグループホームのアルバイトをやりました徒歩数分の家から近く、住宅街の中に立地しているグループホームでアルバイトをしていました。入居している人は認知症を患っている人ばかりでしたが、身体的に自立している人もいれば歩行器や車イスを使用している人と様々でした。介護度は軽度な1の方も

認知症デイサービスとは?その仕事内容や役割、やりがいなど詳しく解説します!

今回は認知症デイサービスとはどのようなものか書いていこうと思います。昨今は認知症という言葉は介護をしていない方でも知っている方が増えてきていると思います。しかし、デイサービスに認知症専門のものがあるということを知っている人は少ないと思います。介護の仕事をしていても知らない人もいるくらいなのではないでしょうか。実際、認知症専門のデイサービスの数自体も少ないです。そのため、勤務経験があるという人はもっと少ないと思います。認知症デイサービスとはどんな仕事?一般的なデイサービスと仕事内容自体はほとんど変わりありません。送迎前に申し送りをして、送迎に出かけます。利用者様が来所されてからは入浴・排泄・食事

介護施設で働くなら!おすすめ施設の特徴や、仕事の探し方を解説します

これから介護施設で働いてみたいという方は、どんな仕事があるのか気になるところですね。一般に介護はキツい仕事だと言われており、ネガティブな事柄が取り上げられるケースが多いように思われます。果たして本当にそれだけなのでしょうか。確かに大変な部分があることは否定できませんが、それ以上に働きがいや仕事への喜びに繋がることもあるのです。そこで今回は、介護施設の仕事内容、介護施設で働くならどのような所が良いのか、勤務先を選ぶポイントなどをご紹介していきたいと思います。現役の介護士として働く私の経験も交えながらお話を進めていきます。どうぞ参考になさってみてください。介護施設とは?みなさんは、介護施設と聞くと

デイサービスで働くメリットとは?4年働いた私が3個のメリットを紹介

デイサービスのメリットって働いてみないとわからないですよね?私はデイサービスで合計で4年ほど勤めていた経験があります。合計というのは認知症専門のデイサービスと一般型のデイサービスの2か所で勤務経験があるからです。今回はデイサービスで働くメリットについてを私の経験をもとに書いていこうと思います。また、この職業におすすめな人の特徴もお話しさせていただきますので、自分に合うかもと思った方はぜひ挑戦してみてください。デイサービスの仕事の概要とはデイサービスは朝、利用者様の自宅へお迎えに行きます。施設では基本的に入浴・食事・レクリエーション・排泄を行います。施設に入所するほどではないけど、自宅でずっと一

グループホームのシフトでこれは嫌だな…と思う4個のあるある。そんな働き方、変えたくないですか?

グループホームのシフト事情をここでは詳しくお話しさせていただきます。グループホームは、主にシフト勤務なので、メリットデメリットがありますが、融通が利くのでライフスタイルに合わせられるのは大きなメリットです。今回はそんな介護職のシフト制のデメリットを中心に、グループホームでの対処法をご紹介させていただきます。夜勤が嫌だと感じる方もいれば、そもそもシフトを作りたくないという方も中にはいらっしゃるはず。そんな方は、今回の記事をぜひ参考にしていただければと思います。グループホームの仕事の大まかな内容認知症の高齢者を対象とした介護業務グループホームに入居している高齢者のほとんどが認知症を患っています。認

夜勤の介護は大変?経験して気づいた5個のメリット・デメリット

介護の仕事をしていると、3交代勤務があります。特に入所系の施設では夜勤が入ってきます。介護の仕事をしたいと考えている人で、夜勤に対して不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。これまでとは全く違った勤務体制でもあり、夜に働くといったことに対して不安な気持ちがあるのは当然です。「眠らずに働くってできるの?」とか「仕事量はどうなのかな?何をするのかな?」など不安は尽きませんよね。夕方から朝まで働くことを想像するのは難しいですよね。なんとなく大変なイメージとしか出てこず、なかなか介護の仕事に就くことができずにいる方もいるでしょうね。この記事では、夜勤を経験して介護士だからこそ分かる夜勤のメリット

介護が向いてない人の8個の特徴と対策とは?介護業界15年の私が解説します

介護福祉士の仕事をしていると、「自分はこの仕事に向いていないのではないか…」と感じてしまう瞬間はありませんか。仕事で失敗をしてしまった時や体が疲れてしまっている時など、ふとした時にそのように感じることがあります。これは、仕事をしている中で誰もが一度は感じてしまうことだと思います。どんな仕事をしていても、誰でも失敗してしまうことがあります。そしてそんな時に、「自分に介護は向いてないかも」と感じてしまうのです。 この記事では、介護の仕事に向いていない人の8個の特徴とその対策をお伝えします。また、新人育成をしていく中で「この人は介護の仕事に向いていないのでは?」と感じることもあると思います。そんな時

介護施設の仕事に向いてる人の特徴は?仕事内容や向き・不向きについてご紹介します!

介護の仕事がしてみたい方にとって、その仕事内容は気になるところでしょう。一般的に言われているのが「三大介護」というものです。これは「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。その他にも介護業界には様々な仕事があります。そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話をしていきたいと思います。介護業界で働いてみたい方は、是非参考にしてみてください。介護の仕事にはどんなものがあるの?介護の仕事は実に多彩です。施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などの業務もあります。また訪問系は調理、入浴、整理整頓などの身のまわりのサポートなどがあります。デイサービスやデイケ

ケアマネージャーを辞めたいと思う4個の理由とその乗り越え方とは?

ケアマネージャーの資格を取得するためには、規定に示されている資格を取得した上で、福祉の現場で5年以上900日以上の経験を重ね、「介護支援専門員実務研修受講試験」と呼ばれる試験の受験資格を取得する必要があります。受験資格を取得した後は、その試験に合格、実務研修を受講し登録を済ませることで、ようやくケアマネージャー資格が取得できます。その資格を取得した後で初めて仕事に就くことが許されます。それだけの苦労を重ねてようやく就職したケアマネージャーの仕事でも、辞めたいと感じることが出てくるかもしれません。今回は、ケアマネージャーを辞めたいと思う理由とその乗り越え方について記していこうと思います。ケアマネ

高齢者向け住宅求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方とは?向き不向きややりがいなどを解説!

高齢者向け住宅の求人について、ご紹介していきます。入居者の高齢者の方々の生活を支えるサービスをするこの職業ですが、いったいどんな魅力があるのでしょうか?また、向いている人・向いていない人の特徴や求人選びのコツなんかも介護業界で働きたいという方は気になりますよね?今回はそんなサービス付き高齢者向け住宅の仕事内容について詳しくお話しさせていただければと思います。ぜひ求人探しの参考にしてみてくださいね!サービス付き高齢者向け住宅求人での大まかな仕事内容高齢者向けの建物に住んでいる入居者様の生活を支援するのが大まかな仕事内容になります。時には部屋へ伺い、訪問介護として掃除や洗濯をといった生活支援を行っ

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容をご紹介!就職・転職の際にご覧下さい!

有料老人ホーム正社員を目指している方は必見です。老人ホームには様々な職種が設けられていることを皆さんはご存知でしょうか?施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc。今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホームで身に付くスキルやあなたに合う求人の選び方や注意点もお伝えできればと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではな

訪問介護を辞める理由にはどんなのものがある?現場にいた私が感じた辛さを紹介

ヘルパーとして要支援者、要介護者のお宅を訪問しサービスを行う訪問介護。やりがいもありますが大変なことも多く、辞めてしまう人が少なくありません。今回は私の経験から、訪問介護を辞めたい理由やこの職業の辛さについて考えてみました。介護職はすぐに辞めてしまう人が多いですが、それでも続けられるやりがいについてもお話しさせていただきます。経験者が紹介!訪問介護の仕事を辞めたいと思った理由や辛さとは?私は訪問介護の仕事で、ヘルパー兼サービス提供責任者として働いていました。退職を選ぶヘルパーの理由で多かったものをまとめています。移動が辛い辞めるほどの理由にはならないかもしれませんが、訪問介護の仕事で一番辛いの

訪問介護のやりがいとは?経験者の私が感じる6個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

訪問介護のやりがいをここで詳しくお教えしちゃいます。訪問介護は、人手不足が社会問題化している介護職の中でも、最も求人が多いと言われています。とにかく募集を出しても人が集まらないと嘆く事業所も多く、いろいろな理由から敬遠されていることは間違いないのですが、逆にずっとこの職業だけを続けている人もたくさんいます。そんな訪問介護のやりがいを、私の経験を踏まえてお話させていただきます。訪問介護の仕事ってどんな仕事?要支援者や要介護者の自宅を訪問し、家事や排泄、入浴など身のまわりのことの介護を行う仕事です。仕事内容はケアマネージャーが作成したケアプランに基づきますので、例えば排泄介助のサービスで訪問しても

生活相談員の仕事に向いてる人はどんな人?ストレス?楽?向き不向きの特徴を知ろう!

生活相談員の仕事って具体的にどういうことをしていると思いますか?名前だけ見ると「生活に関わる事の相談を受けるお仕事」ですが、それだけではありません。今回は、実際にどのような業務をしているのか、相談員に向いてる人の特徴、その後のキャリアアップや必要な資格も踏まえて、紹介していきます。よく知らない方は生活相談員が楽な職種なのかをこの記事で見極めていただければと思います。生活相談員の仕事にはどんなものがあるの?利用者やそのご家族の方たちに対して、専門的な知識を持って生活の相談を受ける、ソーシャルワーカーとしてのお仕事です。これが生活相談員の役割であり、この職種に期待されている事でもあります。また、ケ

介護求人サイトを徹底比較!おすすめの6個のサイトを紹介します

介護の仕事を探そうと思った時、今の時代はネットで求人サイトを探しそこから仕事を検索される方が多いと思います。とはいえ、今は求人サイトは沢山あり、介護職に特化したサイトも増えてきています。介護の仕事を探す上で人気のある介護求人サイトを比較し、おすすめをまとめてみました。介護求人サイトのおすすめ6選私自身介護職を何回か転職し、その度求人サイトを利用してきました。そんな私のおすすめするサイトをご紹介します。ハローワークインターネットサービスご存知の通り、厚生労働省職業安定局が行っているハローワークの求人を見ることができます。介護職専門のサイトではないですが、介護の求人も沢山あります。一般(フルタイム

特別養護老人ホームの給料はどのくらい?相場や給料が高い人との違いについてお話しします

特別養護老人ホームの給料事情について今回はお話していきたいと思います。近年では少子高齢化の為、介護職に携わる人が減ってきていて介護業界は人員不足だと言われています。『介護職どうだろう?できるかな?』とお悩みの方にとって、この記事が仕事探しの後押しとなれば幸いです。高齢者介護施設も様々ですが、今回は特別養護老人ホーム、略して特養の年収についてご説明します。特別養護老人ホームの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合最終学歴にもよりますが、150,000円〜200,000円が相場です。給与が低くて大変!というイメージを持たれがちな介護職…もちろん会社によっても違いますが、実際はそこまで低収

グループホームの人間関係でよくある5個の悩み。それぞれどんな対処をすればいいの?

グループホームの人間関係での悩みとはいったいどんなことなのでしょうか?グループホームの仕事では、一般的な仕事と違って、入居者との人間関係がとても重要とされています。基本的に、介護士として入居者の方の身体介助等をするので、生活を支えている分、とても濃い信頼関係が要される仕事なんです。そこで今回は、グループホームの職員の悩み5個や、そんな時の対処法まで、しっかりご紹介していきたいと思います。グループホームでの大まかな仕事内容とは?グループホームでの介護士としての業務は、入居者のトイレ介助やオムツ交換といった身体介助や、一緒に洗濯物を畳んだり食器を洗うといった生活する上での家事を一緒に行う事が大まか

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

ケアマネージャーで正社員になりたい方は必見です。「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の年収事情や良い求人の探し方、具体的な業務内容などをお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にする

老人保健施設でパートをやってて良かった3つのこと

老人保健施設のパート求人の応募を検討中の方は必見です!リハビリ目的の入所施設である老人保健施設(略して老健とも言います)。ここで、私は約4年間パートで働きました。老健パートはとても忙しく、辞めたいなんて思った日もあれば、やってて良かった事もたくさんあったので、とてもやりがいの持てる職業でした。今回は私の経験を踏まえて老人保健施設の業務内容やメリットなどを詳しくお伝えしたいと思います。私はこんなところで老人保健施設のパートをやりました私が働いていた老人保健施設は、4フロアに分かれて100床ありました。そのうちの20床がショートステイ用のベッドです。系列病院である脳神経外科の病院から回ってくる入所

介護の仕事探しをスムーズに進める方法をご紹介!就職・転職をお考えの方は要チェック!

介護の仕事はどのような方法で探すと上手くいくと思いますか?介護職は、人を支えたり手助けしたいという人が目指す職業ですよね。そんな仕事を天職にしたいのであれば、自分に合う職場を見極めなければいけません。求人の募集内容には、介護施設の職員や訪問介護など様々な種類があります。また、人とのコミュニケーションが必要とされる仕事なので、向き不向きもあるかと思います。そこで、介護職に就きたい方におすすめな仕事探しがスムーズに進む方法を四つ、経験者が解説していきたいと思います。介護の仕事にはどんな種類がある?一言で介護と言っても様々な種類がありますので、簡単に解説します。施設介護職員ほとんどの介護職員が勤務先

グループホームで働くメリット8選。私が感じた良いところをまとめました

グループホームで働くメリットとはなんでしょうか?“介護”というイメージが強いグループホームでの仕事は、誰かの為に働きたい方にはもってこいな仕事です。グループホームで働くことにより、介護福祉士の資格をとるために優遇されたりなど、実は様々なメリットがあります。今回はそんなグループホームで働くことであなたのタメになるメリット8選をご紹介していきたいと思います。仕事にやりがいを持てないという方は、人の為になる“介護”の仕事をはじめてみてはいかがでしょうか?グループホームの大まかな仕事内容グループホームは多くの種類の中にある介護施設の1つです。1つのフロアでの入居者の人数は最大で9名で他の施設と比較する

有料老人ホームの年収はどのくらい?給料が高い人は何が違うの?給料をあげたい人必見!

高齢化が進む昨今、在宅での生活が難しくなったり、体が動かなくなった時のことを考え、有料老人ホームに入る方が増えてきています。要介護度等で入所に制限のある公的施設と違い、民間の施設である有料老人ホームは、入所しやすいという事情から人気が高くなり、たくさん新しい施設が建っています。有料老人ホームには、特定施設である「介護付き有料老人ホーム」と、施設の形態は取っているけれども、介護保険上は在宅サービスに位置付けられる「住宅型有料老人ホーム」「サービス付き高齢者住宅」等があります。様々な形の有料老人ホームがあり、その分求人もいつでもたくさんあります。そんな有料老人ホームの給料事情について見ていきましょ

特別養護老人ホームの仕事内容は?向いてる人の特徴や働くメリットについてもご紹介します

特別養護老人ホームの仕事に興味のある方は必見です。介護度が高い人が入所しているのが「特別養護老人ホーム」。また、他の介護施設と違う所は要介護者の人数が多いという点です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、そんな人数も多く、様々な経験を得られるであろう特養で働くメリットや、どんな人が介護に向いているのかをご紹介します。特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、週2~3の入浴介助が一般的な介護になりま

デイケアで働くにはどうしたらいい?仕事の探し方や他の介護職との違いについて教えます!

これからの日本は高齢化社会であり、非常に深刻な問題の一つとして定義されています。そのような中で介護職の必要性は非常に高くなってきているのにも関わらず人手不足なのが現状です。原因としてはハードな割に給与が低い、危険できついなど様々な理由があります。しかしながらポジティブに考えると需要が高く、またスキルを身につければ、どこに行っても働くことができ、住む場所など自由に選べ生活できるとも言えます。このようなプラスな面もある介護職について今回はデイケアで働く方法と仕事内容や仕事の探し方を説明していきます。デイケアってどんな仕事?他の介護の職種との違いとは?デイケアサービスとは、通所リハビリテーションの別

ショートステイで働くおすすめの理由をご紹介!仕事の探し方についても教えます!

介護のショートステイで働くとどのような点がメリットになるのでしょうか?今回は、そんなショートステイがおすすめと言える6個の理由や、経験者が感じたことを具体的にご紹介させていただきます。実際に働いて経験していないと知りえない情報を今回はお話しさせていただきますので、介護業界に興味のある方は必見ですよ。また、私は介護業界内で転職をしていますので、上手な求人の探し方についても触れていきたいと思います。ショートステイのおおまかな仕事内容とは?ショートステイの仕事内容は施設介護とほとんど同じと言えます。施設介護の仕事に送迎がプラスされるというイメージです。一般的にはショートステイの利用者様は施設に入所さ

デイサービスで働くには?資格は必要?勉強しておくべきことやスキルについてご紹介!

デイサービスで働くにはどうすればいいの?デイサービスって聞いたことはあるけどどんな仕事なんだろう。デイサービスと聞くと、介護の仕事というイメージはできますが一体どんな仕事内容なのか経験がないとよく分かりませんよね。ここでは、私がデイサービスで働いていた時の経験をもとに、この仕事の魅力や仕事の探し方などをお伝えしていきたいと思います。デイサービスってどんな仕事?他の介護の職種との違いとは?利用者の方にデイサービスがある場所へ来てもらい、日中の日常生活の入浴や食事の提供やリハビリテーションなどのお世話することになります。日常生活のお世話ってなに?デイサービスではまず利用される方に通所してもらうこと

介護でホワイトな職場の2個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

介護でホワイト企業に勤める為には、求人探しや面接時にどのような点に気をつければ良いのでしょうか?最近はブラックな介護の職場も当たり前のようにあるようです。今回はそんなブラックな職場の特徴やデメリットについて、また介護のホワイト企業の特徴に触れながら、どのようにしてホワイトな職場を見つけていくのかを具体的にご紹介します。介護業界のホワイト企業探しの参考にしていただければと思います。介護にブラックな職場はまだ多い?ブラックな職場と言っても、その人によっては「まだブラックと呼べるほどではないよ」と思えるものもあるかもしれませんが、一般的なブラックな職場という意味では少なくないのではないかと思います。

デイケアの仕事内容8個の役割と向いている人の特徴

デイケアの仕事内容とは一体どんなことをしているのかご存知でしょうか?現在介護職は深刻な人手不足と言われています。国も介護職の働き方や待遇など改善に向けて様々な議論が進んでいます。今回は、数ある介護職の中からデイケアの仕事について解説していきます。介護職のデイケアの仕事は大変そうなイメージもあるとは思いますが、ここで業務の役割を知っていただき、自分にもできるかを見極めていただければと思います。デイケアの仕事はどんな仕事?デイケアは通所リハビリテーションと言い、介護サービスを受けると共にリハビリを中心に行い身体機能の改善を目的にしたサービスとなります。そのため施設には医師、看護師、理学療法士、作業

居宅介護支援事業所求人でよくある募集内容は?仕事内容や求人選びのポイントも教えます!

介護業界で働くにあたり資格は沢山ありますが、その中で一番取得が難しいのがケアマネージャーの資格です。試験や研修も大変ですが、基礎資格で5年以上の実務経験が必要なので、受験資格を得るまでも簡単ではありません。それでも今も根強い人気のあるケアマネージャー。この仕事を目指している人は沢山います。この記事では、居宅介護支援事業所でのケアマネージャーの仕事やおすすめ求人のポイントを詳しくお話していきます。居宅介護支援事業所にはどんな仕事があるの?居宅介護支援事業所で居宅ケアマネージャーとして働く場合、その仕事内容は一言では言えませんが、基本的な仕事内容をピックアップして一つずつ説明していきましょう。担当

介護士正社員求人でよくある募集内容をご紹介!求人選びに悩んでいたら今すぐチェック!

超高齢化社会となり、介護や福祉の仕事に興味を持っている方も多いと思います。すでに国全体で介護士の需要が高まっており、仕事に困らないために介護士を目指すことを検討している方も多くいるようです。しかし正社員として働く場合、どのような勤務先や働き方があるのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。またこれまでの世間一般のイメージから、介護士として働くことへの不安や疑問をお持ちの方も多くいらっしゃることと思います。そこで今回は、介護士正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類、おすすめ求人のポイント、そして最後には多くの方が気になる疑問について解説していきます。介護士正社員のおおまかな仕事内

静岡介護求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な施設・エリア・年収相場を解説します

今回は、静岡県の介護求人選びで後悔しないための見極めポイントを色々とご紹介します。介護の仕事は今やどこの都道府県でも人手不足です。静岡県でも募集している介護施設は沢山あります。ここでは静岡のローカルな情報も含めてお届けしますので、介護の仕事を探している方や未経験から挑戦したいと思っている方もぜひ参考にしていただけると嬉しいです。介護職はどんな仕事?介護施設によって仕事内容は異なりますが、基本的には高齢者の生活を支援することが介護職の仕事内容です。歩く時にフラフラしてしまう人には傍ですぐに支えれるように見守りを行います。排泄を失敗してしまう人には定期的にトイレに誘導したり、上手く排泄できない方に

介護老人保健施設とはどんな施設?仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

介護老人保健施設とはどんな施設なのか、皆さんはご存じですか?数多くある老人ホームの中でも、介護老人保健施設はあまり詳しく知られていない印象があります。介護老人保健施設とは、専門の職員によりリハビリを行い、入所者が在宅復帰することを目的としている施設です。そんな介護老人保健施設について、そこでの具体的な業務内容や、給料事情などを詳しく説明していきたいと思います。この職業に就くためにやるべきことや求人の探し方までしっかりお話させていただきます。介護老人保健施設とはどんな施設?介護保険施設の一種になります。公的な施設ですので、収入に応じて減免の対象になります。介護老人保健施設は終身目的の施設ではあり

ショートステイ求人でよくある募集内容をご紹介!就職・転職の参考にご覧下さい!

ショートステイの求人について勤務経験のある私がその時の体験も交えて書いていけたらと思います。そもそもショートステイとは介護職の一種で、短期間において利用者の送迎からお世話までをする業務です。実は、アルバイトやパートも未経験から出来るので、ショートステイは副業にもおすすめだったりします。しかし、この職業には向き不向きもありますので、この記事で具体的な業務内容や気になる疑問などをご覧いただき、ご理解いただいた上で職探しの参考にしていただければと思います。ショートステイのおおまかな仕事内容ショートステイは利用者様が短期間施設に入所する所となっています。短い人は1泊から利用されています。長い人は施設入

障害者介護求人でよくある募集内容をご紹介!働き先の種類は?求人選びのコツ教えます!

障害者介護の求人を検討中の方は、この記事をぜひ最後までご覧ください。介護業界は人手不足ということもあり、様々な求人があります。ここでは、身体や知的、精神に障害を持っている方への介護をする職業について、詳しい業務内容や役割、気になる疑問等についてお話させていただければと思います。また、おすすめな求人についてもご紹介させていただきますので、あなたの希望に合う職種が見つけられる手助けとなれば幸いです。障害者介護のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容障害者介護の仕事は高齢者介護と同じで施設、通所、訪問の他、作業所での募集も多くあります。障害の種類や度合いによって介護度や仕事内容は変わってきます。障害者

特別養護老人ホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

特別養護老人ホームへ転職を検討している方は必見です。「転職したい」と思う瞬間は誰でも出てきますよね。それは人間関係だったり業務内容だったり様々です。今回は転職で特別養護老人ホームで働いてみたい方が知っておくべき情報をまとめてみました。転職は悪い事ではないので、今回は転職を成功させるために必要な心構えややるべきこと、さらには年収アップの方法までお教えしちゃいます。特別養護老人ホームで転職する人は多い?特別養護老人ホームでの転職は非常に多いと思います。施設のやり方に納得できなくて他の施設に行く場合と、介護職自体が合わない場合があります。あとは他のグループホームやデイサービスなど形態の違う施設に転職

有料老人ホームの転職を成功させるために!狙い目な施設の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

近年、増加傾向にある求人の中で有料老人ホームがあります。有料老人ホームは高齢化社会の中で急速に発達しています。介護福祉士の資格を持っている人の転職の中で多いのも有料老人ホームです。しかし有料老人ホームは「個人経営が出来る」と言う事で転職に失敗する事もあります。たくさんの有料老人ホームの中でたくさんの特徴やたくさんの施設経営があります。ここでは有料老人ホームにおける転職についてご紹介します。転職を成功させるためには何をすれば良い?自分が行こうと思う有料老人ホームの特色を調べる一言に有料老人ホームと言ってもたくさんの特色があります。認知症の要介護者が多い有料老人ホームや、比較的寝たきりの要介護者が

埼玉の介護求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

埼玉で介護求人をお探しの方は必見です。高齢化が進み、介護についての話題が多く聞かれるようになりました。施設の情報もCMなどを通して数多く得ることができるようになりましたが、特色や取り組み方は施設の数だけあると言えます。今回はそんな多様化が進む施設の介護職の中から、埼玉介護求人でおすすめの募集内容や特徴をお伝えしたいと思います。介護職はどんな仕事?福祉施設において利用される方の生活を支援する仕事です。基本的には、施設を利用される方が「自分だけではできないこと」について支援し、「ご自身でできること」は尊重することになります。尊重も支援の一つです。介護求人のおすすめ募集内容の特徴介護求人の募集内容は

介護職の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

介護の仕事にチャレンジしてみようと思って、やはり一番気になるのが介護職の給料ですよね。どんなにやりがいのある仕事でも、給料が低すぎて生活できなければ意味がありません。今回は、介護の求人を見る前に是非読んでほしい「給料」についてお話していきたいと思います。介護職の年収相場や給料UPのポイントを含めた転職術なども経験を基にご紹介しますので、是非転職や職場選びの参考にしてくださいね。介護職の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合の介護職の給料相場高校卒業後に介護施設に入社した場合、ほとんどの人は無資格の状態だと思います。平均的な総支給額は月15万円~17万円で、社会保険や厚生年金等で差引か

ケアマネージャーの転職を成功させるために!狙い目な会社や施設の5個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

人手不足の介護業界の中で、ケアマネージャーの求人はそう数多くはありません。どちらかと言えば飽和状態で、未経験から応募してもすんなり採用にならない唯一の職種であると思います。しかしながら全く求人がないわけではありませんし、経験者の転職はそう難しいものではありません。ケアマネージャーとしての転職を考えた際に押さえるべきポイントをまとめましたので、参考にしていただければと思います。ケアマネージャーで転職する人は多い?介護業界全般に言えることですが、転職する人は多いです。他の職種ほどではないにしろ、先日まであそこでケアマネをしていた人が今ここにいるな…ということはよくあります。そして転職がマイナスにな

介護バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

今後ますます需要が増え続けていくであろう介護業界。介護のバイト求人も数多く募集しています。今回は、介護のアルバイトでおすすめの求人やその特徴をご紹介します。また、向いている人や向いていない人の特徴、介護の仕事のやりがいなどをご紹介します!まずはアルバイトから始めて、将来介護業界の仕事を目指してみるのも良いのではないでしょうか。介護バイトの大まかな仕事内容介護の仕事をおおまかに説明すると高齢者のケアをすることです。高齢になると物覚えが悪くなったり、身体能力の低下などが顕著に現れます。そのような高齢の方たちが快適な生活を送れることができるようにサポートすることが、介護の仕事内容となります。入居して

介護士の年収はどれくらい?複数の介護職経験がある私が仕事別に紹介します給料を上げるための転職術も!

介護士は給料が低いと言われています。給料が低いという理由から、敬遠されることも少なくありません。私自身沢山の介護の仕事を経験してきました。正職員、パート、派遣、そしてその時の職種や施設形態、年収をご説明します。また、それらの経験から得た転職術もお伝えできればと思います。私はこんな介護職の経験をしてきましたまずは、簡単に私の経歴をご説明します。22歳~25歳:介護老人保健施設の介護士(正職員)25歳~26歳:特別養護老人ホームの介護士(フルタイムパート)27歳~30歳:デイサービスの介護士(フルタイムパート・派遣社員)30歳~32歳:グループホームのケアマネージャー(派遣社員)有料老人ホームのケ

埼玉デイサービス求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な施設・エリア・年収相場を解説します

今回は埼玉県のデイサービス求人について紹介します。デイサービスって何でしょう?言葉だけ聞くと「昼間のサービス」となりますね。この言葉は福祉用語です。つまり、福祉の分野での数あるサービスの一つといえます。デイサービスは、「対象とする人に対して昼間にサービスを提供します」というものなのですが、対象者には障害児児童、高齢者など、様々あります。ここではそのうち「高齢者のためのデイサービス」についてご紹介していきます。デイサービスの仕事はどんな仕事?デイサービスは、在宅で介護が必要な高齢者が日中過ごす施設です。ここでの介護職員の仕事は、食事、入浴、レクリエーション、送迎、記録やご家族へのアドバイスなど介

老人ホームの仕事ってきつい?仕事内容や向いてる人の特徴についてご紹介します!

老人ホームの仕事について、ここで具体的にお話しさせていただきます。「老人ホームの清掃は大変そう」「介護の仕事はきついだろうな」そんなイメージの方は多いのではないでしょうか?近年、少子高齢化という事で介護職員が足りないと言われており、なおかつ介護職は3K(きつい・汚い・給与が安い)と言われています。しかしそんな事は無いのです。そこで今回は老人ホームの仕事の内容や、向いてる人・向いてない人の特徴などをご紹介しますので、参考にしていただけたら幸いです。老人ホームの仕事ってどんな仕事?入居されている高齢者の方が快適に生活して頂けるようサポートさせて頂くお仕事です。そして、入居者様に幸せな生活を送ってい

介護士の仕事内容や向いている人・向いていない人の特徴・メリットについて経験者が解説します

全国的に介護福祉士の人材不足が問題となっており、専門学校は入学者が減る一方です。しかし高齢者は増加傾向にあり、この人材不足は深刻な問題となっています。現在、介護の仕事に興味がある方やこれから転職をして介護の仕事をしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。介護の仕事をしたいと考えているけれど、自分にできるかどうか不安を感じ踏み出せずにいる方も多いでしょう。今回は、具体的な介護士の仕事内容や介護士に向いている人・向いていない人、介護士の仕事のメリットなどをご紹介したいと思います。不安を感じている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。介護士とはどんな仕事?介護の仕事について、ここでは基本的な内容につ

訪問介護の正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

介護のお仕事には様々な種類があります。ここでは、その中の訪問介護の正社員求人について書いていきます。訪問介護とはホームヘルパーのお仕事で、正式名称は訪問介護員と言われます。今回は、実際に訪問介護で行う仕事内容やおすすめの職種、向いている人の特徴をご紹介させていただきます。訪問介護の正社員はどんな仕事?この点は、会社によって対応する範囲・方針が違うと思います。ですので、私が経験したお仕事内容を書いていきます。訪問介護の正社員の大まかな仕事内容介護排泄、入浴等の衛生管理清掃調理、食事介助買い物代行、買い物同行通院介助、通院同行・薬取り管理訪問先での物品管理・補充依頼、賞味期限や使用期限の管理等安全

介護ヘルパー求人の募集内容は?どんな種類があるの?雇用形態の違いもご説明します!

介護ヘルパーは求人数も多くよく目にすると思いますが、募集内容だけでは分からなこともあると思います。身のまわりのサポートをしてくれる介護ヘルパーの支援で自宅での生活が成り立っている高齢者が多く、少子高齢化社会の現代では社会的にとても重要な職業です。今回はそんなやりがいが充分ある介護ヘルパーの募集や業務の詳しい内容、よくある疑問を以下に解説致します。介護ヘルパーへの転職や就職をお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。介護ヘルパーのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容在宅で暮らす要支援者や要介護者の自宅を訪問し、家事や身のまわりの介助を行います。サービス内容は多岐にわたりますが、ケアマネージャーの立

介護老人保健施設求人の募集内容や募集職種は?自分に合った求人の選び方教えます!

介護老人保健施設の求人は、どのような仕事内容なのでしょうか?高齢者の話し相手になったりリハビリを行ったりと、介護老人保健施設に入所された方が自宅に戻れるよう生活を支援するというイメージでしょうか。そんな仕事にぜひ携わりたいという方に「求人を探す際のポイント」や「自分に合うところを見つける為の方法や注意点」をご紹介します。介護老人保健施設での仕事の疑問点も解決していきますので、仕事探しや転職活動の参考にしてみてはいかがでしょうか?介護老人保健施設求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容仕事内容としては、入所されている高齢者の生活の支援です。食事・排泄・入浴などの日常生活全般の支援をします。特別

訪問介護求人の募集内容は?どんな施設があるの?求人選びに悩んでいたらご覧下さい!

訪問介護の求人は数も多くよく見かけると思います。ただ、そこに書いている募集内容だけでは、訪問介護の仕事内容など分からないことも多いのではないでしょうか?今回は、そんな訪問介護に興味がある方に是非知っておいていただきたい情報をまとめました。雇用形態における違いやよくある疑問にもお答えしますので必見ですよ。訪問介護求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ホームヘルパーとして要支援者や要介護者などのお宅を訪問し、家事(生活援助)や、排泄入浴、食事など体に関する介護(身体介護)を行います。訪問介護求人は社会でどういう役割を求められる?高齢化社会に伴い要介護者が増え、介護保険の財源を圧迫している昨今、

認知症介護の仕事はどんな人に向いている?仕事内容や向いている人の特徴について解説します

今回は、認知症介護の仕事について書いていきたいと思います。近年は介護をしていない人でも、認知症というのは聞いたことがあるくらい有名となっています。主に高齢者に多い認知症ですが、介護となると「大変そう」というイメージを持たれてる方も多いかと思います。実際に介護の現場はどのような仕事をするのでしょうか?認知症の方と多く接し勤務経験のある私が、認知症介護について説明していきます。認知症介護の仕事はどんな仕事?認知症介護という仕事とはどんなものか。介護の仕事をしていると「認知症」の方と接するのは日常的です。それくらい認知症の方が多いということです。お年寄りのほとんどが認知症というわけではないのですが、